地元に愛された名店、平成とともにその幕を閉じる


小田急線鶴川駅から少し歩いた住宅街に佇む尾道ラーメンの名店。
営業時間が昼の2時間半のみという敷居の高いお店なのですが、このたび平成の終わりとともに閉店するという噂を聞き急ぎ行ってきました。

平日のランチ時間帯に到着。店内行列6人。その後も次々とお客さんが来店します。
調理は女将さんが一手に担い、ご主人さんは接客をするという役割分担。

尾道ラーメンの定義は諸説ありますが、醤油ダレに鶏ガラベースのスープと瀬戸内海の小魚煮干しの出汁を合わせ、麺は平打ち。そして見た目の特徴は豚の背脂を浮かせる、というのが一般的なイメージでしょうか。

待っている間にオーダーを聞かれます。
地元の常連客が多いようで、言う前からご主人さんがオーダーを当ててしまうお客さんが多数。

こちらは尾道ラーメンを標榜していますが、醤油だけでなく塩や味噌味もあります。
しかしここはやはり王道の醤油。そしてチャーシューの評判がかなり良いのでチャーシューメンにし、さらに中盛(1.5玉210g)にしました。閉店されるので悔いを残さないように注文も全力です笑

餃子の注文が多かったこともあり、到着から着丼まで20分ほどかかりました。

20190422_113715
チャーシューメン 900円 + 中盛 100円

見てください、このチャーシュー!
デフォのラーメンはこの半分くらいのサイズのチャーシューが2枚。
チャーシューメンはこの大ぶりのやつが豪勢に7枚。+250円でこれなら、自分は絶対にこっちですね。

鶏ガラベースに煮干し出汁を加えた優しいスープ。体にスーッと染みこんで、やっぱこういうの好きだよな~俺って日本人だよな~と思ってしまいます。煮干しはさほど強くなく風味を補強している感じですね。
後でけっこう喉が渇いたので恐らく強めの醤油ダレなのでしょうが、食べている最中はキツさは全く感じません。
表面の背脂はそれほどの量がなく、甘みと旨味のサポートを加えている印象です。

麺は中太ストレート。しっかりとした断面を持つかなり美味しい麺です。とは言っても「満鶏軒」の時に書いた昨今のセメント煮干しラーメン店のような細くてゴワ感あってパツパツなあれとは一線を画すしなやかな麺です。
あれはあれで好きなんですが、なんかつい焦ってワシワシ食べちゃうんですよね。たまにはこういう麺をゆっくり食べるのももいいな~。

具はネギ、メンマそしてチャーシュー。

このチャーシューが素晴らしい。

ホロホロ系なんですが箸で崩れるほどではなく絶妙な硬さが残っており、味もしっかり。そのままいただいても、麺と一緒に食べても、スープに浸しても、全部美味しい。
これが7枚も入っているんですよ。食べても食べてもなくならない幸せ。

半分以上食べたところでカウンターにあるおろしニンニクを投入し味変。これもまた合います。あっさり系ラーメンなのに、チャーシューとニンニクで食後感はガツン系の趣。

とても満足度の高い一杯でした。

2019年4月29日が最終営業日だそうです。
もう食べれないのがとても残念です。

ごちそうさまでした。



人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com