タオル補正

手にした居場所


振り返れば、いくつかのターニングポイントがありました。

その最初のものは既に述べたアンダラ2ndシーズンです。

ここで見せた彼女のド根性と漢気。

以降、井上小百合は闘将・柱谷哲二ばりの「闘ってる感」を纏うようになります。
この頃からかつてのトレードマーク「大人に言われてやった」ツインテール姿は激減し、ライブでの凛々しいポニーテールが彼女の新たなイメージになりました。
全くの余談ですが、漢気が強すぎるあまり46時間TVの漢気じゃんけんで勝ち残ってしまったのも今となってはいい思い出です笑


そして2015年10月の舞台『すべての犬は天国へ行く』。

ひとりの演者としての彼女の可能性が観る者の目に明らかになった記念すべき舞台です。
外部から「狂った村」への訪問者として観客と同じ目線の狂言回しの役割を果たしつつ、徐々にその狂気に飲み込まれていくという役を見事に演じ切りました。
早撃ちエルザに扮する彼女の登場シーンで鳥肌が立ったのを今でも憶えています。


忘れてはならないのが2016年2月の『乃木坂工事中』での「かわいいが苦手」発言。

デビューから4年。自分のビジュアルにコンプレックスを持ちながらアイドルとしてのあるべき姿に囚われてきた彼女が、その呪縛から解き放たれた瞬間でした。
普通のアイドルグループなら「自分が可愛いとわかってて嫌味言ってんのかこいつ」と叩かれそうなところを乃木坂のビジュアルレベルの高さによって免れるというのも凄いですよね笑


こうして長い時間をかけてゆっくりと本来の自分を出せるようになり、自分の生きていく場所を見つけることができた彼女。

「ツインテールの妹キャラで泣き虫の守ってあげたい女の子」だったはずの彼女は、いつしか「凛々しいポニーテールの漢気キャラで誰かを守るために立ち上がる女性」へと成長していました。

笑顔の日ばかりではなかったけれど


ままならない乃木坂人生でした。

18枚のシングルで選抜入りしたものの、実にそのうち17回が3列目。2列目になったのは福神になった『いつかできるから今日できる』のわずか1回。

でも、素晴らしかった。

『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』と『行くあてのない僕たち』。
代表作と呼べる作品がふたつもできました。

どちらの楽曲も彼女が当時置かれていた状況とリンクし、それを残酷なまでに美しく描き出したMVが残っています。

運営の扱いはどこまでも「名脇役」どまりだったかもしれません。
それでも舞台ではヒロイン格を演じ続けてきました。

2014年:4月 帝一の國
2015年:6月 じょしらく、7月 帝一の國 ~決戦のマイムマイム~、10月 すべての犬は天国へ行く
2016年:3月 帝一の國 ~血戦のラストダンス~、4月 大人のカフェ 飲みかけで帰ったあの娘、5月 じょしらく弐 ~時かけそば~、10月 墓場、女子高生
2017年:5月 あさひなぐ、12月 夜曲
2018年:4月 若様組まいる~アイスクリン強し~、6月・9月 乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
2019年:3月 愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」、6月 TXT vol.1「SLANG」、9月 LITTLE WOMEN ~若草物語~、10月 フラガール

生き急ぐように舞台に上がり続け、そして最後は必ず想像を超えてきた彼女。

そんな日々の末に、夢である女優としての道が大きく開けました。


ままならない、それでも素晴らしき日々。

君じゃないとさ


あんなに可愛いのに「かわいいが苦手」で中身は男子小学生。
お金が大好き、でも使うのは人のため。口が悪い。言葉が少し足りなくてよく炎上する。
負けず嫌いで意地っ張りで、プライドと不安の間で行ったり来たり。

でもひとたびさゆ推しになってしまえば、そんなすべてが井上小百合でした。

普段はふざけた内容しか送ってこないモバメで、時々ポロっと吐露する本音がファンへの信頼を感じさせて嬉しかったものです。


そして、これほど推し甲斐のあるメンバーもいませんでした。

「自分が応援した子が階段を上っていく」ことこそ醍醐味と考えるアイドルファンの方には理解できないかもしれません。

でも、彼女を推してきたおかげで、色んな感情を味わい色んな景色を見ることができました。

毎回の選抜発表でドキドキして。
代表曲があって。全体ライブで見せ場もあって。
頻繁に舞台に出演して間近でその姿を観ることができて。
アンダラ2ndシーズンや中国シリーズでは決して忘れることのできない感動的な景色を見せてくれて。

乃木坂では極めて珍しい、泥臭く生き様を見せるタイプだった彼女。
あきらめない限り未来はあるということをその歩みで証明してくれました。

私自身、その姿に何度励まされたことか。


最後に例によって勝手ながら彼女の今後について考えてみます。

演技はもちろん歌もダンスも高いレベルで、なんならイラストも書けて料理も作れちゃう隠れ万能戦士なさゆ。
と言っても、もはや舞台女優としての姿しか思い浮かびませんね笑

そこで願うことはふたつ。

ひとつは乃木坂の後輩が『犬』を再演し、その時に鳥居みゆきさん演じたデボア役をさゆがやること。

もうひとつは、いつかどこかの舞台で伊藤万理華と共演することです。


井上小百合さんの8年間に、あらん限りの感謝を込めて。

残りの半年間がどうか笑顔に満ちた日々でありますように。