オリジナリティ抜群、オンリーワンの味噌ラーメン


JR南武線武蔵新城駅。注目のラーメン屋さんが相次いでオープンしプチ激戦区となったこの駅でも屈指の行列を誇るお店です。駅から5分ちょっと歩きます。平日昼で店外3名待ちでしたが、ワンオペなので結構待ち時間長くかかりました。

こちらの店主さんは私個人が日本屈指のつけ麺屋と思っているくり山@白楽の出身です。他には小池@上北沢、豚星。(店名に「。」つき)@元住吉など。正直、大好きな店ばかりです。どのお店もくり山とは違うラーメンなのが凄いですね笑

メニューはデフォのみそら~めんが小150g750円、並200g780円、大250g880円。みそまぜそばは並200g780円大300g880円、数量限定の坦坦まぜそばが並200g840円、大300g940円。「ら~めんのおとも」で「しめのご飯」みどり、きいろ、あかが各80円。「みそまぜそばのおとも」にある「ジャンク好き」はとろけるチーズ・チーズソース・みそマヨで100円。

猛烈にジャンク好きに惹かれますが笑、オリジナリティが高いと評判のこちら、やはり初訪はデフォでいくべきでしょう。

20190219_133722
みそら~めん並 780円

よそで見たことのないこのビジュアル。
カラフルな野菜、たっぷりの豚バラ。そしていかにも濃厚そうなスープとラー油のコントラスト。そそられますね。

ベースは動物系の濃厚でクリーミーなスープ。そこに麦味噌の特徴だという甘さ+ラー油の刺激でどことも似ていないオンリーワンの味。ちなみに油断していると意外と辛いです。
濃厚で味も濃いけど重たくない、という印象。好みが分かれると店主さん自ら仰ってますがそうなのかな?個人的には万人受けしそうな気がしました。

具は豚しゃぶっぽい豚バラ肉、もやし、ダイコンとニンジンの千切り、刻み紫タマネギ、万能ねぎ。

そしてすこぶるスープの持ち上げがいいもちっとした中太麺。これと具を一緒にワシワシとかきこむ。美味い。具だくさんなので惜しげもなく食べられるのがまた良い。

濃い味なので後半になると少し飽きてきますが、そこも抜かりありません。充実した卓上の味変アイテム。花椒、ブラックペッパー、一味唐辛子、ゆずの華(ゆずの皮粉末)と、辛味も痺れも香りも揃ってます。

しかしそれで終わりではありません。

20190219_134548
しめのご飯(きいろ) 80円

スープをちょっと残して丼を上げ「しめのご飯お願いします」とオーダー。きいろはもちろんカレーですね。カレー粉、フライドオニオン、のり。他に大葉と青ネギの「みどり」、赤い粉とラー油の「あか」があります(のりは共通)。

きいろはもちろんカレー。合わない訳がありません。ただスープまで完食することになるので腹いっぱい。うう苦しい。でも大満足。

ぜひ再訪したいですが回転が悪いので時間に余裕のある時に。
その時はみそまぜそば+ジャンク好きを食べてみたいです。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com