荒ぶる極太麺と猛るエビ、でも結構食べやすい


前回の「てち」に続きJR南武線武蔵新城駅の第2弾。場所は駅から真西へ5分ほど歩いた住宅街の中。平日夜で店外6名待ちでした。

こちらは蓮爾登戸店の店主をされていた方が新たに出したお店です。「蓮爾」と言えば二郎インスパイア系の中でおそらく最も暴力的な麺、そしてエビ。

系譜をたどるとそのオリジンは町田街道の町谷原交差点そばにあった「ラーメン二郎 町田店」。ここでMO=町田オリジナルというエビの粉末入りのメニューが提供されていました。そのお弟子さんが同地に開店したのが初代の蓮爾。余談ですがこちらは私が初めて食べた二郎系ラーメンです。衝撃でした。
その後閉店してしまいましたが、そのレシピを受け継いだ方(現在は新町一丁目店の店主)が蓮爾登戸店をオープン。この間ずっと受け継がれてきたのが超極太麺とエビであり、このゼンゼンにおいてもそれは踏襲されています。

蓮爾登戸店も並びルールがありましたが、こちらでもそのあたりは徹底されています。最新のルールを公式Twitterでご確認いただいた方が良いかもしれませんが参考までに私が行ったときのルールを書いておくと、入店は声がかかってから、店先の待ちは3名、それ以上は道路挟んだコーンのところに右から左へ。食券は先買いでなく一旦並んで前の人が買ってから。という感じでした。

さて、最初からエビエビ言ってますが、エビはデフォではありません。メニュー構成はラーメン、えびラーメン、それぞれの汁なしとつけ麺。麺量は少なめ250g、普通350g、大450gで大は50円増し。

20190219_192255
えびラーメン 少なめ ニンニク 900円

200円の差があるので迷うところですが、やはりせっかくですのでえびラーメンをチョイス。昼の「てち」がベリーボリューミーだったので弱気に「少なめ」で笑

丼から立ち昇るエビの香り。
スープは結構はっきりと甘みを感じます。みりん由来らしいですが、エビなのでなおさらという感じ。そして二郎系としては塩気が控えめであり、旨味で食べさせるタイプなのが好感。

天地返しすると目の粗いエビ粉を大量に纏った極太麺が登場します。
やっぱり啜れない暴力的な麺。ですが記憶の中の蓮爾の「小麦粉そのまま食ってる感(誉めてます)」はなく、おかしな表現ですが「ちゃんと麺」。ゴワゴワですが表面はややモチっと感があり美味しい。

豚はフワトロで非常に良。野菜はちょいクタの絶妙な茹で加減でした。
固形物を食べきってスープだけになると大量のエビ粉が出現します。もったいない笑

かなり美味しく250gもペロッといけました。普通にしておけばよかった…
ぜひ再訪したいし、久しぶりに蓮爾登戸店にも行こうかな、なんて思っちゃいました。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com