べんてんのファンも唸らすその実力


2014年6月に惜しまれつつ閉店した高田馬場の大行列店「べんてん」(現在は成増で再開)。最終営業日には用意した130杯が朝6時10分に並んだお客さんで終了したという伝説が残っています。

そのスタッフだった方が開いたのがこちらのお店。
場所は地下鉄東西線の早稲田駅と神楽坂駅の中間、やや早稲田寄り。大江戸線の牛込柳町駅からも10分ちょいで歩けます。

メニュー構成はこちら。ラーメン800円、つけめん850円、塩ラーメン900円、新・塩ラーメン900円、焦がし正油ラーメン 950円、塩油そば900円、冷やし油そば900円。出身店を踏襲しつつ、さらに豊富なバリエーションを提供しています。
麺量は小150g、並250g、中350g、大盛650g、特盛1000gとボリューム満点。並と中が同額で小は100円引き、大盛200円、特盛300円。

平日昼で8人待ち。友人によれば所要時間の目安は「並びひとりあたり6分」とのことですが、大体この日もそんな感じでした。ワンオペで丁寧に作業されているので回転は良くありません。

若干緊張感のある店内。そしてべんてん同様に真っ昼間からビール中瓶(おつまみ付き)600円を頼んでいる方が大勢います笑

こちらは何を食べても外れがなく毎回悩むのですが、この日はつけめん中盛に辛味をプラス。

20190305_123801
つけ麺中盛 800円 + 辛味 100円

色の濃いつけ汁。スープのジャンルとしては豚骨魚介に入るのですが、いわゆる「またおま系」のような濃度やクドさとは無縁。むしろシャバ系です。
味の構成は山岸一雄さんの「東池袋大勝軒」の進化系で、出汁をガツンと効かせて甘さと酸味は控えめにした感じ。

動物系による太いコクと、魚々していないがしっかり効いている魚介、そして甘辛酸。そのバランスが高い次元で保たれていると言えばいいでしょうか。クセがないからどんどんいけて、味が濃いのに飽きがこない。なんとも絶妙なつけ汁。

そして麺。
ツルツルでのど越し抜群、かつきちんと腰がありプツッと切れる素晴らしい麺。ちなみに製麺機は「べんてん」から譲り受けたものを使っているそうです。
その美味しさゆえに腹パンパンになってもまだ入り「限界だと思ってからもうちょっといける」逸品です。

写真には写っていませんが、具は短冊状のチャーシューとメンマがたっぷりつけ汁に沈んでいます。そして海苔とネギ。

チャーシューそのものの味つけは薄めですが、厚みがあるので噛んでいくと肉の旨味が出てきて美味しいです。逆にメンマは味が濃いめ。

これらをあの極上麺と一緒に口いっぱいに頬張ると幸せなことこの上なし笑

辛味は甲殻類の風味と辛さを加えて味変アイテムとして非常に効果的。
でもデフォの味も大好きなのでなかなか投入できなくていつも持て余すんだよな…ちなみに辛さ自体はそれほどでもありませんが、意外と量があるので全て投入すると結果的にだいぶ辛く感じます。

スープ割をするとさらに魚介が香り立ち、毎回「あ~やっぱラーメンも食べたかったなあ」と思うまでがお約束。

店を出た時には美味しいものを思いっきり食べた感が残る、極めて満足度の高い一杯です。

多少の違いはもちろんあるのでしょうが、全体の印象としてはべんてんと遜色ないかと。
個人的にはとしおかの方がやや旨味が強くマイルドなように感じます。

べんてん同様、昼のみ営業で大行列と条件は厳しいですが、何度も行きたくなるお店です。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com