!!!あくまでも私の個人的な考察ですので、予想が外れても一切の責任は負いません!!!

SBDC051 ファーストダイバー現代デザイン。

現行プロスペックスの中でも屈指の人気モデルです。

デザインソースは1965年の国産初のダイバーズウォッチ、通称「1stダイバー」です。
2017年のバーゼルワールドでその完全復刻版SBDX019が発表されましたが、限定の2,000本が即完し今では倍以上のプレミアム価格で取引されています。

それと同時に「現代デザイン」ということでリリースされたのがこちらのモデル。

ファーストの特徴はラグと一体化した板のようなケース。そしてリューズがセイコーダイバー伝統の4時位置ではなく一般的な3時位置であること。そして視認性抜群の無骨な四角いインデックスと四角い針。最後にブラックというよりスレートグレーの文字盤です。

概ねそれは踏襲されていますが、最大の違いは針。特に時針のアロー(矢印)型の針はインパクトが強いですね。ネット上では賛否両論、否の方が優勢って感じです。
インデックスがテーパード(先細)なのも違う点ですね。文字盤カラーはグレーではなくブラックですが、ややグレーがかった色味にあえてしているものと思われます。

針とインデックスが惜しい。特に針がバータイプであれば…まあ価格が3.5倍のSBDX019と明確な差別化を行なうために仕方ないのでしょうが。

まあ率直に言って出た当初は「SBDX019を買えなかった人のための廉価版じゃん!」と思いました。
しかしセイコーダイバーの中では小さめの幅42.6mmというサイズ感と価格以上の高級感で、現在では幅広い支持を集める人気モデルへと成長しています。

ディスコンの根拠


何と言っても「スモウ」との実勢価格が逆転していることです。
同じ6R15ムーブメントだった先代スモウSBDC031は定価66,000円(税込、以下同じ)に対しSBDC051は110,000円。明確なグレードの差がありました。

しかし現行スモウSBDC083は70時間ロングパワーリザーブの6R35採用など強力に進化し値段も上昇。さらに流通限定モデルと化し原則値引きなしとなったため、標準的な実勢価格はこうなっています。

SBDC083:93,500円
SBDC051:88,000円

この逆転現象をモデルチェンジによって解消する。セイコーがそう考えたとしても不思議ではありません。

それを裏付けるような動きもあります。ずばり、現在の実勢価格です。

少し話が前後しますが、セイコーダイバーのメーカー想定価格を知るには「ネットコアショップ」と呼ばれるお店を調べるのが一番。

ここの値付けがまさしくメーカーが意図している実勢価格と考えて間違いないと思います。ほぼ間違いなく同一価格になっています。ちなみに多くのショップがポイント倍付で10倍(ネット流通限定モデルは5倍)の設定となっているので実質価格は10%OFFとなります。

しかし同じくコアショップに名を連ねていながら一部独自の値付けをしているのが大手家電量販店であるヨドバシカメラ・ビックカメラ・ジョーシン。
これらのお店で急に値を下げだした時に考えられる理由のひとつがディスコンです。

想像ですが、全国に実店舗を持つ家電量販店では見た目の良く似た新旧モデルの併売を避けたいのでしょう。そのためメーカー側からディスコンの話が来た時にいち早く売り切りに入るように思います。

この記事を執筆している2020年2月4日時点での価格は以下の通りです。

各ネットコアショップ…実勢価格88,000円、実質価格79,200円(ポイント10倍計算)

これが基本です。定価110,000円の2割引きでポイント10倍。あとは楽天スーパーセールやYahooの5の日などのキャンペーンを駆使していかに実質価格を下げるかの勝負になります。

ヨドバシ…78,000円、実質70,200円(ポイント10%)
ビック(楽天市場店)…80,672円、実質80,162円(1%)
ジョーシン(楽天市場店)…80,672円、実質80,162円(1%)

注目はヨドバシ。「値下げしました」のマークが踊っています。
楽天に出店している2店は実質ではその他のコアショップと変わりありませんが、ポイントより実際に払う金額を重視する方には良いですしうまくショップのポイントアップ期間を捕まえればさらに美味しいですね。

ヨドバシが引き金を引いてアマゾンがポイントで対抗したのかな?という感じですね。
いずれにせよこの値動きは怪しい。ディスコンの匂いがプンプンします。

※この記事をアップしている最中にも刻々と価格が動いています。
あくまでも作成時点の価格ということでご了承ください。

SBDC051の購入を検討中でモデルチェンジの変更点などがさほど気にならないのであれば、実質7万円は即決してもいい値段だと思います。

モデルチェンジ時の予想変更点・価格


さて、仮にディスコンになった場合にもすぐに後継モデルが出るのは間違いないでしょう。

そこで想定される変更点は以下の通りです。

ムーブメントを6R15から70時間ロングパワーリザーブの6R35に変更。これはほぼ確実でしょう。
風防のサファイヤクリスタル化も間違いのないところ。
もしかしたら?と思うのがSBDY049に採用されたベゼルインサートのセラミックス化。
セイコーがこのファースト現代デザインを高級時計へとアップグレードしようとするならあり得ます。
同じ理由で流通限定モデル化もかなり怪しい気が。スモウとの価格の逆転現象をなくそうとすればこれもけっこう可能性が高いように思います。

それ以外の変更点は特にないと思われます。
不評の時針デザインを変えてほしいところですがSBDX019との差別化のためやらないでしょう。個人的にはSBDX019なんてもう市場にないので、転売ヤーの息の根を止めるために針とインデックスをSBDC027(※)のやつに変えてしまえばいいと思うのですが。

※2015年に出たスモウのケースで針とインデックスをファースト風の四角いものにした限定2,000本のモデル。こちらもやはり倍ぐらいの価格で取り引きされています。

ということで変更点はスモウのSBDC031からSBDC083の時とほぼ同じと予想します。
SBDC083の定価は先代から27,500円上昇しました。ムーブメントで22,000円、サファイヤクリスタルで5,500円といったところでしょうか。

とすると単純に考えて定価125,000円+税ですが、セイコーのこれまでの値付けを見ると恐らく130,000円+税で143,000円ではないでしょうか。


ということでまとめます。

予想変更点

◎:6R35へムーブメント変更
◎:風防のサファイヤクリスタル化
△:ベゼルインサートのセラミックス化
○:流通限定モデル化

予想価格

定価:130,000円+税=143,000円
実勢価格:143,000円
実質価格:128,700円

現行の標準的な実質価格79,200円と比べ約160%、5万円の上昇…勝手に予想しておいて言うのもなんですけど厳しいなあ笑

仮に流通限定モデルにならずに2割引きだった場合はこうなります。

実勢価格:114,000円
実質価格:102,960円

個人的には針とインデックスがSBDC027と同じになってこっちの値段なら買います笑



タイプ別買い時ジャッジ


以上の内容を踏まえ、現在の買い時度を5点満点で評価します。

買い時度…4.5(こまめに相場をウォッチ、場合によっては即買い)

・パワーリザーブもデザインも現行に不満のない人
以前からずっとこのモデルが欲しくて検討していたのであれば手遅れになる前に決断した方がいいと思います。新作発表(※)を待つとしてもマメに相場をウォッチして底値を探っておいた方が良いでしょう。
※セイコーは2020年バーゼルに出展せず3月中に何らかの形で発表するそうです

買い時度…3(新作発表を待ちましょう)

・パワーリザーブ70時間が必要な人
ロングパワーリザーブは確かに便利です。70時間あれば丸2日してなくてもまだ動いているわけですし。ただ1本使いの人には関係ないし、逆に毎日とっかえひっかえの人も70時間じゃ足りないですよね。
意味があるのは2本使いの人と、平日のメイン時計として使って週末は別の時計をする人。その場合はモデルチェンジ後の価格設定を確認して納得がいけば新作を購入するのが良いでしょう。

・どうしても時針のデザインが気になる人
モデルチェンジでデザイン変更があるかを確認すべきです。デザイン変更されれば価格上昇しても納得感が高まります。

ちなみに私は「どうしても時針のデザインが気になる人」です。「SBDX019を迷っているうちに買い逃した人」でもあります笑


関連記事:
【近頃気になる時計】セイコー プロスペックス ディスコンしそうなモデルたち(インデックス)
【近頃気になる時計】セイコー プロスペックス SBDY009 ディスコンしそうなモデルたち②
【近頃気になる時計】セイコー プロスペックス SBDY015 ディスコンしそうなモデルたち③
【近頃気になる時計】セイコー プロスペックス SBDC029 ディスコンしそうなモデルたち④