ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ: 腕時計



このブログでも何度も取り上げてきたセイコー5。

2019年9月の日本国内正規販売復活を第1弾、ジョジョそしてブライアン・メイとのコラボを第2弾とすると、第3弾にあたるラインナップがこのたび発売されました。

前回の記事では5ファゾムスとかアトラスを希望したのですが無論かなえられるはずもなく笑

今回の目玉はこの「ボーイ」スムースベゼルバージョン。

実は既存デザインのカラーバリエーションも同時に出ているのですがなかなかエキセントリック方向に振れているので私はスルーです笑

ちょいと「ブラックベイ」風味



最初は正直「なんか中途半端なもの出してきたな~」と思ったんです。
わざわざボーイからデザイン変えてインデックスも針も細身にしてイマイチ…と。

でも何度か見ているうちに気づきました。

これ、チューダー「ブラックベイ」のスムースベゼルモデルのイメージですね。
チューダーが「ブラックベイ32/36/41」と称しているこのあたりのモデル。
どうです、似てると思いませんか。

そう考えだすとなんだか12時位置の細長い三角インデックスも正解のような気がしてくるから不思議です笑

コンパクト&シンプル&スポーティ!



このモデルの魅力は何と言ってもそのサイズ感。

厚さ11.5 ㎜、横40 ㎜、縦44.6 ㎜に抑えてきました。
SBSA001が厚さ13.4 ㎜、横42.5 ㎜、縦46 ㎜ですからそれぞれ1.9mm、2.5mm、1.4mm小さくなっています。加えてこのシンプルなデザインですからかなりコンパクトな印象を与えるかと。

まあ個人的には例によってワンサイズ下(できれば横36mm)を希望したいところですが。

そして上でも書いていますがインデックスがすべて細めに(ドットも少し小さめに)、時分針も細めになり分針はデザインも大きく変わっています。
分針も元のデザインで細身にしたらどうだったか見てみたい気もしますが、まあこれはこれで良いかと思います。

敢えて挙げればベゼルの1段目がフラット(っぽい)なのが少し気になりますね。恐らく厚みを抑えるための工夫なのでしょうが。まあ考えようによってはSUSのDNAと言えなくもない笑


サイズとデザイン以外の基本スペックは第1弾、第2弾と同じです。

ムーブメントは入門機の4R36。デイデイト表示のパワーリザーブ41時間。風防はハードレックスで裏蓋スケルトン、それに10気圧防水。なので「ダイバーズデザインの普通の時計」です。いや回転ベゼルじゃなくなった分、ダイバーズデザインからも少し離れたかな。

カラーバリエーションも豊富でグレー、ブルー、ブラックがメタルブレスとNATOベルト。
(相変わらずメタルブレスとNATOベルトで値段が同じなのはちょっと笑っちゃいますけど)

メタルのみがブラック文字盤の針とインデックスのフチがゴールドのSBSA047、ローズゴールドコンビのSBSA048、イエローゴールドコンビのSBSA050。NATOのみがカーキのSBSA055となっています。

価格とまとめ

気になるお値段は定価30,800円(税込、以下同じ)から。第1弾から-2,200円ですね。
流通限定なので割引はなし、ポイント10倍で実質27,720円。ゴールドコンビモデル2種は37,400円の実質33,660円となっています。

これまたなかなか悪くないチョイスだと思います。

伝統の「ボーイ」の顔でないのは少し残念ですが、どシンプルで見ているうちにだんだんかっこよく感じてくるデザイン。気軽に使える機械式時計でスポーティな雰囲気もあり、サイズも良好。何と言っても実質アンダー3万なのが非常にいい。

「ブラックベイ」のこれみたいにベージュのステッチレザーベルトなんか付けたらかなりいい感じになりそう。起毛っぽいのも合うと思います。
少し話は変わりますが、第1弾で一番人気だったオールブラックのSBSA025のバリエーションが増えました。

メタルブレスのSBSA075、そして今回のスムースベゼルのSBSA059です。

値段はSBSA075が42,900円の実質38,610円、SBSA059が35,200円の実質31,680円。
ただSBSA075は記事作成時点で楽天市場では 「ザ・クロックハウス」さん しか取り扱っていませんでした。




2020年「本当にお願いだから落ち着いてくれ」と言いたくなるようなペースで魅力的な新製品をリリースし続けるセイコー。

また来ました。というかついに来ました。

セカンドダイバー、通称「植村ダイバー」が初めて現代デザイン版としてリリースです!

フルリニューアルしたファーストダイバー現代デザインを購入したユーザーの絶賛レビューを眺めながらじっと我慢していたあなた。

6月末でキャッシュレス5%ポイント還元が終わってしまうのは百も承知で、それでも歯をくいしばって耐えていたそこのあなた。

こいつを待ってたんですよね?私もです笑

植村ダイバー(セカンドダイバー)とは、その歴史


セカンドダイバー(以下「セカンド」)の名称通り、セイコーの150mダイバーズウォッチの第2弾としてリリースされたモデルで初出は1970年。当ブログでもファーストと3rd(タートル)についてはたびたび取り上げてきましたが、その両者の中間に位置するモデルです。

通称「植村ダイバー」。

冒険家の植村直己さんが1974年から76年にかけての北極圏12,000km横断の際に使用したことからそう呼ばれています。
1984年に冬季マッキンリー単独登頂に成功した直後に消息を絶った植村さんの伝説とともに、このモデルもセイコーダイバー屈指の人気と知名度を誇ってきました。

そんな伝説と高い人気のゆえに生半可な復刻はできないと感じてのことでしょうか、セイコーが続々とヴィンテージダイバーの復刻を出す中で最後まで登場しなかったのがこのセカンド。

しかし2019年夏、ついに完全復刻SBDX031がリリースされます。

かなり高い再現性でその唯一無二のデザインが表現されていましたが、495,000円(税込、以下同じ)という値段と45mmのサイズがネックになったか、世界2,500本限定ですがこの記事作成時点でもまだ若干ですが新品在庫があるようです。
そしてこのたび、価格を抑えた現代デザイン版が待望の登場です!

現代デザインの特徴と基本スペック


そして今回の現代デザインですが、ざっくりまとめると以下の2点になります。

1.デザインは結構オリジナルに近い
2.オリジナルよりサイズが小さい

いや、凄くいいじゃないですか!

まずデザイン。
セカンドの最大の特徴は何と言っても独特なケース形状、とりわけ4時位置のリューズガードです。
一見3rdに似ていますが、そちらがほぼ左右対称なのに対しセカンドはリューズを包み込むようなラインになっています。

そしてこの不格好なフォルムがもの凄く格好いい。

そしてスクエアに近い短いインデックス。今回のモデルでは若干テーパードさせているようですが「四角くて短い」という印象を損ねるほどではありません。

 

細かいところでは時分針がファースト現代デザイン(SBDC101等)と同じ、秒針も形状はSUMO(SBDC083等)と同じようですね。
でもオリジナルの秒針同様、赤い部分をドットにしているのが芸が細かい!先端のニードルをなくしてしまえばほぼオリジナルと同じなんですが…まあ例によって完全復刻との住み分けで致し方ないところなのでしょう。

さらに細かいことを言えばベゼルの書体とかリューズのデザインとかも違うのですが、そこまで言うならSBDX031買えってことなんでしょう笑

写真の印象では若干SBDX031より縦長に見える気がしますが、縦横比はほぼ同じでした。


サイズは厚さ13.2 ㎜、横42.7 ㎜、縦46.6 ㎜。
SBDX031が厚さ13 ㎜、横45 ㎜、縦49.7 ㎜ですから厚さはほぼ同じで横2.3 mm、縦は3.1mm小さくなっています。
オリジナルの迫力は多少薄れますが、実用性はこちらの方がかなり上。極細腕の自分としても嬉しい限りです。オリジナル至上主義の方にはSBDX031がありますしね。

ムーブメントはおなじみの70時間ロングパワーリザーブ6R35。200m潜水用防水で風防はサファイアガラス。まっすぐせり上がったボックス型ではなく周囲を斜めに落としたドーム型のようです(真正面からの写真でダイヤル上の目盛りが2重に見えるのはこの部分に映りこんでいるものと思われます)。以上が基本スペックとなります。

SBDC109

ブラックダイヤルにブラックベゼルのプレーンなモデルです。オリジナルはラバーベルトですがこちらはメタルブレス装着。
ちなみにセイコーグローバルブランドコアショップのみでの販売、いわゆる流通限定モデルです。



SBDC111

SBDC109からダイヤルとベゼルのカラーをカーキに変更。そしてシリコンラバーベルト。同じく流通限定モデルです。



価格とまとめ


価格はSBDC109が154,000円で111は132,000円。
ファースト現代デザイン+10,000円という値付けにしてきました。

流通限定モデルで値引き対象外ですので実勢価格も上の通り。楽天市場での実質価格はまだポイント付与率にばらつきがありますが、ヨドバシがポイント10倍で販売していますのでいずれ他店も追随するものと思われます。

とするとSBDC109が138,600円で111は118,800円となります。


改めてまとめると、植村ダイバー初の現代デザインはオリジナルの雰囲気をうまく残しつつサイズダウンして実用性を高めた非常に魅力的なモデルです。

もうひと声、安くなんなかったのかなとは思いますけど、めちゃくちゃ欲しい。

もうこの際ファースト現代デザインもこのセカンドも3rdも買ってしまおうか、なんて自暴自棄に笑なりそうです。

実際にこれ発売されたら(2020年7月17日発売予定)その3つを並べて店頭で悩む人が続出しそう。(タートルの最新型は今のところネット限定ですけど)

いやそれを言ったら本当はSUMOも欲しいんだけどな…

あ~欲しい笑




またまた来ましたよ、セイコーから。まったく何度目の速報やら笑

細腕さん待望のツナ缶メカニカルの小径モデルの登場です!

ツナ缶とは


今回はツナ缶「ライク」なのでサラッと書きます。

セイコーダイバーズのアイコン、「ツナ缶」。
横から見ると台形のごっつい外胴プロテクターが特徴で、初出は1975年。

いわゆる1968ダイバーで300m空気潜水を既に実現していたセイコーにプロダイバーの方から「これじゃ350mの深海作業には足りん」という挑発的…いや切実なお手紙が。じゃあやってやろうじゃねーかということで綿密なヒアリングに基づき当時の持てる技術と新たな特許を惜しげもなくつぎ込んで、ついでに日常使用なんて概念もすっぽり捨て去って外胴プロテクターと巨大なサイズを持つ600m飽和潜水仕様の初代ツナ缶が誕生したわけです。

現行で一番わかりやすいのがクォーツですが下の写真のSBBN031です。


しかしその無骨の極みとも言うべきスタイルが逆に男心をくすぐり、一部の好事家たちの熱烈な支持を受けてきました。

かくいう私も極細の手首を持ちながらこのスタイルに痺れ、厚さ14.7 ㎜、横47.7 ㎜、縦47.7 ㎜という超絶サイズにもかかわらず(「いけるんじゃないか」と自分に言い聞かせ)、しかも基本的には興味のないクォーツにもかかわらず!SBBN015を購入寸前までいったことがあります。上のSBBN031の先代モデルですね。この時は迷っているうちにディスコンになり音速で店頭から消えました。

今にして思えばセイコーダイバーのディスコンを気にするようになったきっかけがこのSBBN015だったのかもしれません。

サラッと書くつもりがだいぶ長くなりましたが、このツナ缶に憧れつつもそのあまりに巨大なサイズに涙を呑んでいた細腕さんたちの期待に応え(ではないと思いますが笑)、近年ではこれをタウンユースにアレンジしたものを各セレクトショップやLOWERCASEなどがこぞって限定モデルとしてリリースし人気を集めてきました。

しかし。
それらはいずれもソーラー。

機械式時計マニアとしては「いいからさっさとメカニカルで出さんかい!」ってなもんです。

とはいえ外胴をかますというアイコニックな構造そのものがサイズアップの要因なのですからなかなか難しいのかと思っていました。

そしたら出ましたよ。
なんだいけるんじゃん笑


このたびセイコープロスペックスの「ストリートシリーズ」としての登場です。
英語の公式サイトだと「ストリート」が単独シリーズになっていますが日本語だと「ダイバースキューバ」の1モデルになっていますね。

カラーはサンドベージュとグレーの2色展開。「サファリルック」がテーマだそうです。

いやダイバースキューバでストリートシリーズでサファリって、海か街かアフリカかはっきりせんかい!って感じですが。

NIKE AIRMAX90のCI5646とかと合わせればばっちりですね。カラバリも完全一致です笑

基本スペックとカラーバリエーション


まず最も重要なサイズ。厚さ12.7 ㎜、横43.2 ㎜、縦44 ㎜にまとめてきました。
これなら細腕さんもニッコリです。横43mm超は決して小さくありませんが、実は重要なのは縦。ツナ缶は横と縦幅の差が極めて小さいため収まりがいいのです。これぞ本当の「ベビーツナ」ですよね。

ちなみに前述のクォーツSBBN031が厚さ14.7 ㎜、横47.7 ㎜、縦47.7 ㎜。
機械式のSBDX013に至っては厚さ17.2 ㎜、横52.4 ㎜、縦53.5 ㎜です。ちょっと何言ってんのかわからない笑
ムーブメントは入門機の4R36でパワーリザーブは約41時間。200m潜水用防水に風防はハードレックス、そしてシリコンバンドです。

デザインは様々な要素を持ち寄った感じ。まあこれまでのタウンユースツナ缶も様々なアレンジが施されていますのでその流れでしょうが、その中でも落ち着いていていいデザインだと思います。

12時位置のインデックスはツナ缶伝統の逆三角形。それ以外はファーストダイバーっぽい太めのバーインデックス。

時分針はファーストダイバー的な角ばった棒状のもの。SBDC101や107とは若干異なり、過去に一部のLOWERCASE限定で採用されていたものと同じようです。秒針は矢印の先に針が伸びたモンスター系と同じものですね。

細かいですがデイデイトが「黒地に白文字」ですね。セイコーダイバーは逆(「白地に黒」)が多いのですが、個人的にはこっちの方が好きなのでポイント高いです。
チャコールグレーの外胴はPVD加工でしょうか。
そして黒とベースカラーのツートンベゼル。ベゼルサイドも外胴と同じカラーですね。

SBDY059

ベースカラーはサンドベージュ(「コヨーテベージュ」と記載しているショップもありました)。夜光も写真では退色ベージュに見えますね。


SBDY061

ベースカラーはグレー(同じく「ライノグレー」)。こちらの夜光は普通に白です。


ちなみに発売日は公式では6月下旬、一部販売店では6月26日予定という記載になっています。

価格と今後への期待


価格は64,900円(税込、以下同じ)。
流通限定なしなので2割引きで実勢価格は51,900円。これでポイント10倍になれば実質46,710円。実質でアンダー5万円。いいとこついてますね。

もしかしたらSBDY049の値下げ解禁はこの059/061との競合を見越してのものだったのかもしれません。

 

個人的にはこのサイズで1975年の初代ツナ缶モチーフのデザインがあると嬉しいですね。

針とインデックスはオリジナルと同じドットインデックスで秒針がロリポップ。時分針は現行ではベゼルサイドはPVD加工なし。
要するに顔は先日発表された限定のSBDX035でダイヤルとバンドのカラーをブラックに変えたバージョンですね。できればデイデイトじゃなくデイトで。
ソーラーでは以前に出たSBDN043というモデルの369インデックスもバーじゃなくドットにすればかなりそのイメージに近いです。
本当は外胴もシルバー、それにメタルブレスというかつてのSBBN015デザインが欲しいですけど、メタルブレス版が出る可能性はほぼないでしょう。


それにしても今年のセイコーさんの勢いは凄い。正直「ちょっと落ち着け」と言いたいくらい笑
本当はオリンピックで大量に流入するインバウンド顧客を見込んでいたんでしょうね。そこにこれでもかと魅力的なモデルを投入しておけば自国で買うより安い海外ユーザーが飛びつくという目論見で。そう考えるとなかなかシビアです。

でも一部スイス勢が新作発表を行なわない現状において、積極果敢に魅力的な新製品をリリースし続けるセイコーは世界中の腕時計マニアの注目を集め、これまでより多くの愛好家を生み出すことになるかもしれません。

そうなることを心から願っています。



新型ファーストダイバー現代デザイン、3モデル公開!


待ちわびてたやつが来ました!笑

2020年の大注目モデル、リニューアル版ファーストダイバー現代デザイン。
当ブログでも先代のSBDC051を「ディスコンしそうなモデル」、さらに3月5日に発表されたリニューアル版の限定モデルSBDC107も「満点のフルリニューアル」として取り上げてきました。




※ファーストダイバーとは何ぞや、につきましてはSBDC051の記事をご参照ください。

そしてこのたび、いよいよセイコー公式サイトで新型の通常モデル2種と新たな限定モデル1種が公開されました!

基本スペックと各モデルの特徴


サイズは厚さ13.2 ㎜、横40.5 ㎜、縦47.6 ㎜。先代から厚さで0.6mm、縦横共に2.0mm以上小さくなっていることはかなりの装着感向上が望めます。
ムーブメントはおなじみの70時間ロングパワーリザーブ6R35。200m潜水用防水で風防はサファイアガラス。

これらの基本スペックはSBDC107含め、すべて共通です。

SBDC101

ブラックベゼルにチャコールグレーダイヤル。最もオリジナルのファーストダイバーの雰囲気を残すいわばプレーンなモデルです。オリジナルはラバーベルトですがこちらはメタルブレス装着。
ちなみにセイコーグローバルブランドコアショップのみでの販売、いわゆる流通限定モデルです。



SBDC103

SBDC101からダイヤルカラーをブラウンに、インデックスと針の夜光を退色ベージュに変更したもの。セイコーブティックのみの300本限定モデル。

SBDC105

同じくダイヤルカラーをダークブラウンに、インデックスのフチと針、ベゼルやダイヤルの印字をゴールドに変更。そしてシリコンラバーベルト。流通限定モデル。


SBDC107

既に発表済みのこちらは、ダイヤルカラーはブルーグレー、秒針と6時位置の「DIVER’S 200m」がイエロー。メタルブレスでラバーベルト付属。世界限定5,500本。流通限定。
ちなみに発売日は6月19日となっていましたが、今回発表された3モデルとあわせてすべて6月下旬発売予定に変更されています。



価格と気になるモデル


価格はSBDC101と103が143,000円(税込、以下同じ)で105は121,000円。107がラバーベルト付属で154,000円ですから、まあ予想通り。本数限定とそれ以外で価格差をつけていません。

また全モデル値引き対象外ですので実勢価格も上の通り。実質価格はブティック限定の103を除きポイント10倍になりそうですのでSBDC101が128,700円で105は108,900円、107は138,600円となります。

個人的な注目は101と105ですね。

101はやっぱり一番オリジナルのイメージに近いので気になります。ダイヤルカラーもいいですね。

一部ショップさんの拡大写真を見るとかなりダイヤルが荒らして(ブラスト加工)あるようにも見えるのですが実際はどうなんでしょう。あとはダイヤルのギラつきがあるのかどうか。個人的にはマットなダイヤルの方が好みです。

 

そして105はなんというか賛否両論分かれそうですね。
ある意味「めちゃめちゃ中途半端」な気もするし「とんでもなくいいとこどり」の気もします。今のところ私は後者です。

まずこのダークブラウンというダイヤルカラー。恐らく「トロピカルダイヤル」を意識してのものでしょう。トロピカルダイヤルとは経年劣化によって変色した文字盤のことで、一般的なものはブラック文字盤のブラウンへの変色。ロレックスなどのアンティーク市場では非常に高額で取引されています。

まあフルスイングでトロピカルダイヤルを意識しているのは103の方なのでしょう。写真で見る限りでは105よりも明るいブラウンで、夜光もアンティークな退色ベージュですし。
105も同じ夜光にすればいいのに限定と差をつけるいつものやり方ですね笑

そしてインデックスのフチと針、各種印字をゴールドにしていますが、これはオリジナルの1968ダイバーを思わせますよね。ラバーベルトなこともその印象を強めています。

要するに105って、ファーストダイバー現代デザインなのに1968ダイバーのイメージもありつつトロピカルっぽいダイヤルだけど夜光は退色ベージュじゃない。

どうです、なんとも言えないところをついていると思いませんか笑

 

まあでもそもそも完全復刻じゃなく現代デザインですからね。オリジナルとの差をとやかく言うこと自体が野暮かなと。素直に一番格好いいと感じたモデルでいいと思うんですよね。

ということで個人的に現時点では105が一番気に入っています。

例によって現物観たいです。101の実物が渋くてそっちに心を惹かれる予感でいっぱいです笑




復刻サードのネット流通限定モデル「キングタートル」が2割引きに!


以前に紹介したSBDY049の値下げがどうやら解禁されたようです!

セイコーが150m防水ダイバーズウォッチの第3世代として1976年にリリースしたモデルの復刻盤、「復刻サード」。海外ではその亀っぽい愛らしいフォルムから「タートル」というペットネームで親しまれてきました。

その最新モデルSBDY049/051は質感の部分でグレードアップしており、一部では「キングタートル」などと呼ばれています。

そのキングタートルの魅力については以前にこちらの記事で紹介しましたのでご参照ください。

 

この記事の中で「不満は価格設定と販売戦略(ネット流通限定)」と書いたのですが、このたびその価格が下がりました。

記事作成時点で各ネットコアショップにおける価格が77,000円(税込、以下同じ)から61,600円へ変更されています。2割引きですね。

これまで流通限定モデルでは値引きなしを原則としていたセイコーがついに動きました。
というかSZSB011/012/013/014も値引きを行なっていたようなので方針転換でしょうか。



コロナ禍によるインバウンド需要への壊滅的な打撃を受けてのテコ入れか、近く発表されると噂の2ndダイバー現代モデルとの価格帯における住み分けか。いずれにせよ購入を検討していたユーザーにとっては非常に嬉しいニュースですね。

SBDY049の紹介記事と同じように、現行(今となっては先代でしょうか)タートルSBDY013と比較してみましょう。

SBDY013

定価63,800円、実勢価格は2割引きで51,040円。楽天やYahoo!ショッピングでの付与ポイントは概ね10倍なので実質45,936円。

SBDY049

定価77,000円、実勢価格は2割引きで61,600円。楽天やYahoo!ショッピングでの付与ポイントは以前と変わらず5倍で実質58,520円。

これまでの+27,214円から+12,584円へ、実質で価格差が14,630円圧縮されました。
これはかなり値上げに対する心理的抵抗が少なくなりましたね。

この価格差で型押しダイヤル、ベゼルインサートがセラミック、風防がサファイヤクリスタルになりとどめにサイクロップスレンズ。全体の質感はかなり向上していると思われます(ネット限定のため「思われます」)。

楽天スーパーセールやYahooショッピングの5の日などと併用すれば、実質5万円に近い金額で手にすることができるわけです。

これはかなり魅力的ですね。

現物を見たい派の私でもちょっと揺さぶられます笑

その他のモデルの価格動向


まず念のためセイコーHPを確認しましたが相変わらずカタログに載っていませんでしたので、ネットのみという流通限定そのものを解除したわけではないようです。

また、他の流通限定モデルについても値引き解禁したのか確認したところ、この「キングタートル」と同じく2020年1月にリリースされたネット流通限定モデルSBDY053/055も同じく当初価格から2割引きになっていました。
「モンスター」の外胴プロテクターつき、いわゆる「ベビーツナ」ですね。48mmも横幅があってどこが「ベビー」なのか甚だ疑問ですが笑

すべてを確認したわけではありませんが、2020年2月にリリースされたSBDC097/099をはじめ他のネット流通限定モデルおよび流通限定モデルの値引きは相変わらず行なわれていないようです。(一部家電量販店では以前から流通限定モデルを値引いていますが)

関連記事


アルピニストも値引きなしです。

関連記事

今後他のモデルへも値引きが波及するのか、流通限定モデルの価格戦略がどうなるのかはわかりませんが引き続き注視していきたいと思います。

このページのトップヘ