ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:ラーメン > 東京都 八王子市

食べても食べてもなくならない!その幸せと恐怖


こちらは定点観測なのでサラッと書きます。

ラーメン二郎や野猿街道店2に関する解説は以前の記事にまとめていますのでそちらをご覧ください。

平日11時45分ごろ到着。店内外で20名ほどの待ち。自分がいくといつもだいたいこのぐらいの行列状況ですね。

20190130_120839
小ラーメン ニンニクアブラ 750円

前回の記事が「プチ」だったので、ジロリアンの皆さんに「貧弱な坊や」とバカにされないよう今回は小ラーメンにしてみました笑

野菜はデフォでこの盛り。ある程度食べないととても天地返しができないので、卓上のカエシを一回ししてからバリバリ食べ進めます。

そして麺を引きずり出します。やっぱり美味い。この麺が食べても食べてもなくならない幸せ(と恐怖)。

ブタも凄い。今回も角ありでフワトロ。最近外れを引いた記憶がありません。

スープを飲む余裕を失っていたことに途中で気づき、お腹と相談しながらスープも味わいます。

腹パンパンですが、美味しいので最後まで食べられます。

やっぱり最高峰でしょ。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

プチでじっくり味わうのもまたよし


ラーメン二郎。
もはや、「言わずと知れた」と言っても過言ではない気がするぐらい市民権を得た、ドカ盛りラーメンの横綱にして絶対王者。
まあジロリアン(二郎マニア)によると「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物」という説もありますが。

濃いい醤油ダレと化学調味料をぶち込んだ丼にガッツリ煮込んだ豚骨スープを注ぎ、そこへ他店の2~3倍のボリュームの極太麺を放り込む。そして山盛りの野菜と巨大なチャーシュー(二郎では「ブタ」と呼ぶ)を盛りつけ、最後に大量のニンニクを添えてできあがり。

乱暴に説明すればこれが二郎。

初めて食べた時には腹パンパンになって後悔して「二度と行かない」と思ったのに、翌日になるともう行きたくなっているという危険極まりないラーメンです笑

平日11時45分ごろ到着。店内外で20名ほどの待ち。

20181226_115536
プチ二郎 ニンニクアブラ 730円

はい、筋金入りのジロリアンの方は写真だけでお分かりかと思いますが、すいません、「プチ」です。ここまで二郎のドカ盛り具合と凶暴性を書いてきながら、実際に食べたのは麺量が半分の「プチ」という笑

かれこれ20年近く二郎を食べていますが、いかんせん年齢的に「小(並のこと)」がきつくなってきました。

これでも麺は180g。一般的なラーメンは120~150gぐらいなので、中盛ぐらいのグラム数。小だと350~400gと言われていますので3倍近くの麺量です。
しかも二郎の麺はグラム数では測れません。胃袋へのインパクトが絶大。おそらく地球上の180gの麺料理の中で最も腹持ちがいいのではないでしょうか。一度体調が悪い時に食べてプチでも撃沈(完食できないこと)しそうになったことがあります。いや体調悪い時に二郎行く方が間違ってるんですが。

こちら八王子野猿街道店2(2号店ではなく移転したため2がついている)、通称「野猿二郎」は数ある二郎の暖簾分け店の中でも屈指の高評価を得ています。

ではそのどこが素晴らしいのか。

・麺がうまい
 極太でワシワシいけるがゴワゴワすぎない。ワイルドなんだけど決して行き過ぎない。歯ごたえあり、小麦粉の味もしっかり、でもパツッと切れる。個人的には二郎系の麺の最高峰だと思います。

・ブタがすごい
 巨大な豚肉の塊がデフォルトでふたつ入っています。これがまたフワトロの絶品ブタ。なぜかここ3回連続で角の部分に当たっています。苦手な人もいるかと思いますが、脂が強烈でこれがまた美味い!ただ私はブタを食べると一気に満腹中枢に信号が流れてしまうのでタイミングに気を遣います笑

・スープがしっかり
 プチでおちついてゆっくり味わいながら食べると、こちらのスープがいかにきちんと豚の出汁が出ているかわかります。乱立する二郎インスパイア店の多くは出汁が取れていないので醤油ダレの味がキツく旨味が感じられませんが、野猿二郎はさすが直系。ただ私は小だとあまりスープを飲む胃袋の余力がありません。

要するに、パーフェクト。

正直、二郎のひとつの到達点でしょう。

この10年間帝京大学ラグビー部があれほどの強さを誇ったのは、有望な高校生ラガーマンに野猿二郎の写真を見せて勧誘したからに違いありません。いや慶應のそばにも三田本店があるか笑

とにかくジロリアンはもちろん、普通のラーメン好きにもぜひ食べてみてほしいですね。その場合はプチで、このワイルドでありながら行き届いた1杯をぜひご堪能あれ。

ごちそうさまでした。

このページのトップヘ