ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:ラーメン > 味噌

オリジナリティ抜群、オンリーワンの味噌ラーメン


JR南武線武蔵新城駅。注目のラーメン屋さんが相次いでオープンしプチ激戦区となったこの駅でも屈指の行列を誇るお店です。駅から5分ちょっと歩きます。平日昼で店外3名待ちでしたが、ワンオペなので結構待ち時間長くかかりました。

こちらの店主さんは私個人が日本屈指のつけ麺屋と思っているくり山@白楽の出身です。他には小池@上北沢、豚星。(店名に「。」つき)@元住吉など。正直、大好きな店ばかりです。どのお店もくり山とは違うラーメンなのが凄いですね笑

メニューはデフォのみそら~めんが小150g750円、並200g780円、大250g880円。みそまぜそばは並200g780円大300g880円、数量限定の坦坦まぜそばが並200g840円、大300g940円。「ら~めんのおとも」で「しめのご飯」みどり、きいろ、あかが各80円。「みそまぜそばのおとも」にある「ジャンク好き」はとろけるチーズ・チーズソース・みそマヨで100円。

猛烈にジャンク好きに惹かれますが笑、オリジナリティが高いと評判のこちら、やはり初訪はデフォでいくべきでしょう。

20190219_133722
みそら~めん並 780円

よそで見たことのないこのビジュアル。
カラフルな野菜、たっぷりの豚バラ。そしていかにも濃厚そうなスープとラー油のコントラスト。そそられますね。

ベースは動物系の濃厚でクリーミーなスープ。そこに麦味噌の特徴だという甘さ+ラー油の刺激でどことも似ていないオンリーワンの味。ちなみに油断していると意外と辛いです。
濃厚で味も濃いけど重たくない、という印象。好みが分かれると店主さん自ら仰ってますがそうなのかな?個人的には万人受けしそうな気がしました。

具は豚しゃぶっぽい豚バラ肉、もやし、ダイコンとニンジンの千切り、刻み紫タマネギ、万能ねぎ。

そしてすこぶるスープの持ち上げがいいもちっとした中太麺。これと具を一緒にワシワシとかきこむ。美味い。具だくさんなので惜しげもなく食べられるのがまた良い。

濃い味なので後半になると少し飽きてきますが、そこも抜かりありません。充実した卓上の味変アイテム。花椒、ブラックペッパー、一味唐辛子、ゆずの華(ゆずの皮粉末)と、辛味も痺れも香りも揃ってます。

しかしそれで終わりではありません。

20190219_134548
しめのご飯(きいろ) 80円

スープをちょっと残して丼を上げ「しめのご飯お願いします」とオーダー。きいろはもちろんカレーですね。カレー粉、フライドオニオン、のり。他に大葉と青ネギの「みどり」、赤い粉とラー油の「あか」があります(のりは共通)。

きいろはもちろんカレー。合わない訳がありません。ただスープまで完食することになるので腹いっぱい。うう苦しい。でも大満足。

ぜひ再訪したいですが回転が悪いので時間に余裕のある時に。
その時はみそまぜそば+ジャンク好きを食べてみたいです。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

激辛ラーメンの雄、その優良支店


「激辛ラーメン」と言われれば多くのラーメンフリークがその名を思い出すであろう先駆者にして超有名店。

本店は上板橋にありますが関東に多数支店を展開しており、目標は全国制覇だそうです。セブンイレブンのカップラーメンで既に知名度は全国区ですね。

小田急線町田駅の北側徒歩2分。少し奥まったところに入り口があります。
平日夜、店内半分ほどの入りでしたがタイミングが良かった模様ですぐに満席になり待ちまで発生しました。行列店ではありますが通し営業かつ深夜営業なのが助かります。
いや、こんな辛いものを深夜に食べるのはどうかと思いますが。

こちらのメニューにはすべて「辛さレベル」が記載されています。
構成は簡単に言うとラーメンは辛さレベル3の味噌タンメンがベースであり、それに辛子麻婆豆腐を乗せたものが蒙古タンメン(レベル5)。そこからレベル9の北極ラーメンまで、辛さとトッピングを変えた数種類のメニューがあります。一応レベル0の塩タンメンもありますが…中本来たら辛いの食べますよね笑
冷やしメニューは最低でもレベル7。最強のレベル10は冷やし味噌ラーメンは「尽き抜ける辛さと旨さ」だそうですが挑戦したことはありません。

オーダーしたのはこちら。

20190205_201306
蒙古タンメン 800円 半ライス 120円

この日は素直にこれを頼みましたが、時々やるのが味噌タンメン+定食。定食とは蒙古タンメンにかかっている辛子麻婆豆腐と小ライスのセットのことです。つまりそのまま麻婆ライスとして食べるもよし味噌タンメンにかけて蒙古タンメンにしても良し。

 味噌タンメン→蒙古タンメン→蒙古タンメンwithライス→激辛麻婆ライス

その場合はこの順番で辛さをコントロールしながら食べます。麻婆をライスにかけるのは最後にして極力白飯を残しておくのが辛さに負けないためのポイントです笑

この日も基本的にはこれと同じ発想で食べ進めます。

まずは麻婆のかかっていない部分でベースの味噌タンメン状態から味わいます。動物由来のスープらしいコクと野菜から出る旨味と甘みで万人受けしそうなかなりはっきりした味つけ。そして熱々。自分の辛さ耐性は恐らく標準的だと思いますが、レベル3相当の割には意外と辛いという印象。しかし蒙古タンメンを知っているのでやっぱり物足りないです笑

麺は中太。実は中本の麺、美味いんです。黄色いパツパツ麺でそれ自体に味がある。凄くいい意味でスナック菓子っぽいと個人的には思っています。

具はたっぷりの炒め野菜。クタっているので結構量は多いですしスープの味も染みこんでいてこれも良。ただ肉があんまり入っていないのがちょっと残念です。

ここで麻婆に手を伸ばします。豆腐に赤~いあんかけのかかったひたすら辛そうなそれを少しずつスープになじませ、薄めの蒙古タンメン(推定レベル4)をセルフで作成。ちょうどいい感じの刺激で美味い!

その勢いで一部の麻婆豆腐をライスの上に退避し、残りを一気になじませます。そして豪快に麺をすすると…はい、むせますね。
辛さ云々よりも唐辛子がのどに張りついてむせます。

ここからはすするのは諦めて少しずつ食べ、時折ライスで辛さを中和します。
この時点でも旨味>辛さという感じで、辛いは辛いけど舌が麻痺するほどではありません。

最後に残ったライスを麻婆ライスとして完食。麻婆ダイレクトはやっぱり辛いです。

う~ん、満足。


私がこれまでに行ったいくつかの支店の中では、この町田店はスープにコクがあり良いお店だと思います。

個人的には胃腸へのダメージが深刻なためそうしょっちゅうは行けないのですが、でも年に何回か行きたくなります。次は冷やしメニューに挑戦したいですね。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

リニューアルした味噌ラーメン界の風雲児


市ヶ谷駅からお堀沿いの道を飯田橋方面に5分ちょっと歩いたところにある味噌ラーメン、いや辛味噌ラーメンの専門店。
味噌ラーメン界の風雲児「麺処くるり」が2015年にリニューアルしたお店です。

簡単にくるりの歴史をおさらいします。
2003年、味噌ラーメン界に突如現れた濃厚ドロドロ味噌の名店です。当時、個人的に味噌は「純すみ系」ぐらいしか刺さる店がなかったので非常に衝撃的でした。(くるり以降は「花道」「鬼金棒」など、個性的で素晴らしいお店が続々登場しています)

TVのラーメン番組で1位を取ったこともあり、常に行列が絶えない人気店へと成長。
市ケ谷本店、高田馬場、御茶ノ水と3店舗を展開していましたが「店舗が増えたことで自分の目が行き届かなくなった」ため2015年8月末をもっていったん全店閉店し、9月4日に屋号変更し市ヶ谷店のみで再開するという怒涛の展開。

くるり時代は数回訪問しましたが、リニューアル後は初。
平日の18時頃で店内待ち4名。回転はあまりよくなく着丼したのは20分以上経ってからでした。

メニュー構成は辛味噌ラーメンのみ。昼はつけそばもありますがこちらも辛味噌。そう、辛くないメニューがないのです。
選択の余地なく辛味噌ラーメンで、無料トッピングのニンニクとショウガは両方お願いしました。

20190121_182023
辛味噌ラーメン 750円 ニンニクショウガ

第一印象は「赤っ!」ですね。ちなみに第二印象は「熱っ!」です笑

麺の上に中華鍋で具とともに煮詰めたスープをかけるスタイル。秋葉原の超行列店「饗 くろ喜」でかつて提供されていた「特製みそらーめん」を思い出します。あれはまさに唯一無二の逸品でしたがいつの間にかメニューから消えてしまいました…

粘度もあれと同じくらい、いわゆる「スープというよりルゥ」なドロドロ度合いで麺に絡みつきます。しかも熱々なのでスムーズに啜ることが困難です。

辛さは見た目とは異なりピリ辛程度。ラー油由来がメインのようです。

そして味のイメージを乱暴に表現するとコチュジャンあんかけ焼きそばという感じ。
店主さんのコメントによれば「くるりの終盤はサラサラスープに極太の自家製麺だったが、大塚屋では麺もスープも初期のころに戻し、以前扱っていた麺とドロドロスープに辛みをプラスした」とのことです。

しかしおぼろげな記憶の中のくるりと比べると旨味が弱いように感じます。
ニンニクやショウガの効果も限定的。
ビジュアルから強烈なインパクトを期待していたのに、少し肩透かしをくった思いでした。

この理由が分かったのは食べ終わる寸前でした。
実は私、ほとんどスープを飲まずにまぜそばのように食べていました。
しかも熱々なのでせっかく麺と絡んだスープを落とし気味にして。

スープを飲みながら食べる分には旨味は確かに感じられたので、私の食べ方に問題があったようです。ただ、記憶の中のくるりはもっとはっきりした旨味だったように思いますので、辛さがマスクしているのかもしれません。

具はスープと一緒に煮込んだ角煮状のチャーシュー、もやし、ニラの上にネギ。スープと一体化しており、今回は注文しませんでしたがライスと非常に合いそう。

卓上の味変アイテムが豊富で山椒やカレーパウダーもありますので、カスタマイズしつつライスも食べればかなりの満足度が得られることでしょう。

記憶とのギャップに戸惑い正直不完全燃焼でしたが、原因がわかったのでぜひ再訪してスープの旨味を味わいつつ食べてみたいです。もちろんライスも注文で!


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

インパクトある見た目とは裏腹に計算された1杯


行列のできる辛味噌ラーメン店「麺創研 紅」のお隣にある姉妹店。
こちらは「ブラックらーめん」と銘打って、富山ブラックを思わせる真っ黒なスープが売りのお店です。

個人的には富山ブラックの経験値がほとんどないのですが、かつて都電荒川線の東池袋4丁目駅近くにあった「焼豚ソバ 黒ナベ」が大好きでした。
黒ナベはビッシビシの鶏スープに強烈な醤油の塩辛さ、さらに大量の黒コショウに薄切りチャーシューがどっさり、という素晴らしく破壊力のある一杯でした。
まさに「ライス必須のラーメン」という感じで、「これ絶対体に悪いよな~、でも美味いな~」と思いながら何度も通ったものでした。

ということで黒ナベライクな一杯が食べれれるのでは?という仄かな期待を抱いての訪問となりました。

平日の17時30分、夜開店に合わせて到着。先客0後客2。
非常に感じの良い店員さんがワンオペで対応してくれました。

注文はブラックらーめん+辛みそ+小ライス(値段は忘れてしまいました)。

公式HPによれば、

・濃口丸大豆醤油と再仕込醤油を独自にブレンドした黒醤油ダレ
・挽き方の異なる3種類の黒胡椒+細挽きの白コショウ
・国産にこだわだった刻み生ニンニク
・自家製チャーシューはデフォルトで4枚(80g以上)
・麺創研のオリジナル、自家製極太乱切り麺!

とのことですので、黒ナベ的なガツンと濃い味を期待して普段あまり足さないライスもオーダーです。

10分ほどで着丼。そのビジュアルがこちら。

20181220_173759

いい面構えですね笑

中華鍋を使用しスープも野菜もチャーシューもすべて香ばしい焦がし醤油の香りをまとい、そこに黒コショウの刺激と生ニンニクでパンチを加えた一品。
丼のヘリにたっぷりと辛味噌もついてます。

まずスープを一口。
美味い!
でもマイルドな美味さ。ガツン系っぽいビジュアルだけどしっかりと計算された味ですね。
塩辛さはあまりなく、香ばしさと旨味が丼を支配しています。
そういう意味ではライスはなくても良かったかと。

そしてそこに絡むのは7種類の太さの極太乱切り麺。
太さも茹で具合もムラがあって、それが口の中で暴れる。
これが楽しい。
個人的にはもうちょい茹でてもいい気がしますが。美味しい麺であることは間違いありません。

野菜もしっかり味があり、チャーシューも大判。具もスキなしです。

ちょっと気になったのが辛味噌。おそらく姉妹店「紅」と同じ辛味噌だと思うのですが、このスープには合わない気がします。
自分で足しておいて言うなって感じですが笑
ここから出る酸味がトータルで完成されているデフォの味と喧嘩するというか。

このスープの味変アイテムとしては、やはりガッツリ系に振るものが合うと思います。
追加ニンニクとかチーズとか、辛味でも味噌ではなく海老辛味とか。

自分の期待していた「黒ナベの再現」とは違いましたが、非常に美味しい1杯でした。ぜひ再訪したいです。

ごちそうさまでした。



人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

このページのトップヘ