タオル補正

2019年は激動の年


まさに今、乃木坂は過渡期にあります。

4期が加入し、そう遠くないどこかで合流します。

橋本奈々未の卒業と3期生合流が行われた2年前の5thバスラの時と同様。いや卒業していくメンバーの数と既存メンバーの年齢が2歳上がったことを考えれば、その時を遥かに凌ぐ大きな変革の時期が来ていると言えます。

2年前で言えば『インフルエンサー』の時期。ここで運営が切ったカードは21人選抜でした。来るべき3期選抜入りの前に、ひなちまと蘭世を初選抜。そしてゆったんかなりんの非常に久しぶりの選抜復帰もありました。

今にして思えば、次の『逃げ水』での3期よだもも抜擢の前にこの4人に報いた采配だったわけです。

アルバム発売がアナウンスされましたが、毎年恒例の春シングルはまだ発表されていません。場合によっては次のシングルは夏になるかもしれません。
2年前と同じスケジュールであれば、最速で次のシングルから4期生が選抜入りするということです。
2期3期と同様、サプライズセンターという様々なしがらみを残す悪手がまた繰り出されるのかもしれません。まあ3回同じことをやったら何のサプライズでもありませんが笑

できることなら『インフルエンサー』の時と同じように、4期生合流前に既存メンバーに「いい目を見させる」シングルを1枚挟んでほしい。


こういうことを言うとすぐに「卒業待ちのメンバーに貴重なリソース割くとかアホか」的な反対意見が出てくるかと思います笑
選択と集中の原則、それも重々承知しています。

ただ、今一番怖いのって何ですか。
たぶんまいやんと生ちゃんの卒業ですよね。

それの何が怖いのか。
乃木坂が、乃木坂でなくなっちゃう気がするから。


やっぱ乃木坂だな!


じゃあ、乃木坂ってなんだ。

このふたりに限らず、メンバー同士が気を緩めてイチャイチャしている姿。
メンバー同士の信頼関係。そして外仕事が多い中、グループに戻った時の圧倒的なホーム感。個人的にはこれこそが今の乃木坂の良さであり、何年も追い求めてきた「乃木坂らしさ」の答えだと思うんです。

「やっぱ乃木坂だな!」
としか表現のしようがない、あの空気。

いつかふたりが卒業しても、これが残っていればきっとファンはついていきます。

あの空気感の元になっているのは、前に立つ者が後ろにいる者への敬意を持ち、感謝を忘れずにいること。そして後ろにいる者は前に立つ者の重圧と不安を思いやること。

1期生たちは互いへのリスペクトを長い時間をかけて育んできました。それはグループが大きくなるまでの苦難の道のりを共に歩いてきたからこそ生じたものでもあるでしょう。
3期4期は大きくなった乃木坂に憧れて入ってきました。だからこそ、誰かを支えることの価値を自ら経験する場を、運営サイドがお膳立てしてあげてほしいと思います。

3期生のよだももくぼした梅はこのままいけば福神に定着するでしょう(久保ちゃんは体調の安定が必須ですし、福神の人数次第ではありますが)。
4期生の中でも飛び級でセンターや福神に入るメンバーが、それも何人も出てくるのはほぼ間違いないでしょう。
でも、階段を1段ずつ上ったり下りたりしながら自身の価値を高めていく、そんなメンバーも絶対に必要です。そしてアンダーメンバーが希望を持って活動できることも。

だからこそ、4期抜擢の前に既存メンバーに光を当ててほしい。そう思います。


誰かが輝く時、それを輝かせる誰かがいる。

そんなことは気づきもしない生まれつきのスターもいるでしょう。知らないからこそ出せる強烈な輝きもあるのでしょう。

でも、誰かを支えたこともない人ばかりのグループなんて、どんなにビジュアルが良くてもきっと醜い。

乃木坂がこれからも美しいグループであり続けることを、心から願っています。


「思い出選抜」の是非


この記事を書いている最中に、伊藤かりんが4thアルバムをもって卒業することを発表しました。彼女の乃木坂人生において選抜入りはかないませんでした。

かつて(凄く嫌な呼び方ですが)「思い出選抜」と呼ばれていたお試し選抜枠があり、10枚目シングルまで在籍した1期生は全員一度は選抜入りしました。
しかし2期生に対して同様の措置はなく、現時点でかりん・ずんな・琴子・れなちさん・みり愛の5人は選抜の経験がありません。

21人選抜を続けるのであれば「思い出選抜」復活してもいいんじゃないかと最近は思います。
いや、むしろ4期生との融合が進む期間だけでも敢えて21人選抜にしてその枠を設けてもいいのではないでしょうか。

乃木坂が、乃木坂であり続けるために。