まさに唯一無二!のフォアグラ油そば


超有名行列店「真鯛ラーメン 麺魚」のはす向かいにある姉妹店。
店名に入っている文字は「鶏」ですが、こちらのスープは鴨。

公式Twitterによれば、
「大量の鴨を使い、水のみでじっくり炊きあげ存分に旨味を抽出したスープに鴨油とフォアグラ油、塩のみで味付けをした鴨にとことんこだわった一杯です。鴨の旨味を存分に楽しんで下さい」とのことです。

姉妹店同様に大行列店なのですが、通し営業ということで並びが少なそうな時間を狙って土曜日の15時過ぎに到着するも、なんと行列10人。
店前に数人並び、その先は道路を挟んだ向かいの公園に並ぶシステム。並んでいる最中に店員さんから「前の人が食券を買ったら店内に入って食券を買ってください」「そのため前の人が食券を買いに列を外れても詰めないでください」と細かなアナウンスがあります。行列店ですのでオペレーションが行き届いていますね。

初めての訪問ですので券売機左上、すなわちデフォルトメニューとおぼしき鴨中華そば(塩)にするのがセオリーですが…フォアグラ油そばの誘惑に抗えませんでした。
なぜかって?そりゃ、よそではまずお目にかかれないメニューですから。

結局30分以上待って入店。

20190112_154301
フォアグラ油そば 850円

麺の上に、鴨チャーシューがロースとモモの2種、そして主役としてフォアグラのソテーが!薬味はネギ、刻みタマネギそして柚子。
さらに写っていませんが別皿でワサビ・ショウガ・柚子胡椒、とどめに割スープの徳利。

なんというか、楽しみ一杯ですね笑

麺は既にタレと和えてあるため、さほど混ぜずに薬味と一緒にズズッ!と啜ります。

うお、美味い~!!
まさに旨味の爆弾が至る所で炸裂しまくってる感じ。
塩気もそれなりにあるのですが、それ以前に鴨とフォアグラ由来の旨味が凄い!

麺の食感は「丿貫」や「小池」などの煮干しラーメン店で提供される「あえ麺」とほぼ同じでした。細くてゴワ感あってパツパツなあれです。

そして大本命、フォアグラのソテーに取り掛かります。外側がカリッとしていて中はトロトロ。自分は日常的にフォアグラを食べられる身分ではないので比較はできませんが、めちゃめちゃ美味しい!

チャーシューも味がしっかりついたもので、鴨肉の噛み応えと旨味も楽しめる優れもの。

無我夢中で食べきりました。
正直半分くらい食べてからようやく「別皿の薬味使わなきゃ」「割スープも試したい」と我に返ったほどです。

ボリュームはさほどでもありませんが、これで850円は安い。

行列は長いですが絶対に再訪します。次こそはデフォの鴨中華そば食べたいけど、フォアグラ油そばをポチってしまいそうな予感でいっぱいです。連食できる胃袋の人がうらやましい…笑

この記事書いていたら余計に行きたくなってきました。

ごちそうさまでした。