ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:乃木坂46 > 舞台レポ

キレイトリミング2
この記事は舞台『キレイ − 神様と待ち合わせした女 − 』の内容に関するネタバレを含みます。

現実も舞台の上も時は流れる


キャストの皆さんについて印象に残ったことを書きます。

まあそもそも個性的な役者さんばかり。しかもそこに超強烈なキャラクターをかぶせられているのでなんならもう全員印象的なのですが、客演の男性陣数人をピックアップします。

まずは青年ハリコナの小池徹平さん。

5年前の前回再演時では少年時代のハリコナを演じた小池さん。それが時を経て青年ハリコナになったのですから前回も観劇された方には嬉しいキャスティングでしょう。
その表情、ポーズ、立ち居振る舞いすべてが実にイカレたキザ男かつゲイでお見事。常に流し目なのが特に良かったです。あれ疲れるんじゃないかな。
そして頭脳明晰になったのにそこはかとなく見え隠れする愚かしさがまたなんとも彼の中にいる少年ハリコナを感じさせて愛おしい笑

その少年ハリコナは神木隆之介さん。

言わずと知れた超絶売れっ子ですが、これが初舞台だそうです。
個人的には天真爛漫に見えて企んでいる役のイメージが強いのですが、ハリコナはド天真爛漫。『俺よりバカがいた』を歌う姿の楽しそうなことったら。
でも出征前夜にケガレにプロポーズするシーンでは幼くて優しい繊細な愛の形を表現していてさすがという感じでした。

そしてダイズ丸。

いや、恥ずかしながら観ている間はずっと流れ星のちゅうえいさんが演じていると思ってました。「すげえな、ちゅうえいってこんなに演技できるんだ」って。マジです。
帰宅後に確認したら橋本じゅんさんという劇団☆新感線の看板俳優さんだったのですね…大変失礼しました。

戦場で目をまん丸く見開いてドタバタをやる姿が凄くちゅうえいっぽかったんですよね。そこから昏睡状態に陥ったケガレをかいがいしく看病する姿、そして大往生前の最終形態での悟り切った表情。
「さっさと食べられたい」以外何もなかったダイズ丸が「ケガレのお世話をしたい」という意志を持ち、子孫を残したいという欲(欲望ではなく)を持ち、ダイズ兵では誰も感じたことのない充足感を覚える。そんな3形態の移ろいをごく自然に演じ分けられていて素晴らしかったです。

ケガレがキレイに変わる瞬間


そして主人公のケガレを演じた我らが生ちゃん、生田絵梨花。

ケガレは映画『道』のジェルソミーナのような「聖なる愚者」ではなく「すべてわかっていたけれどあまりに辛すぎるので記憶を閉じ込めるために別人格を作り上げた」パターンです。いわゆる内在性解離でしょうか。

肝となるのは落差。

どれほどピュアに「何も知らないケガレ」を演じられるか。
そして記憶を取り戻した(取り戻してしまった)瞬間の表情。
その切り替え、その落差こそがこの役のほとんどすべてだと思います。

そのために重要なのが一幕。
いかに純真無垢で観る者に「可愛い」「微笑ましい」という印象を強烈に与えつつ、どこか狂気や危うさを感じさせることができるかがポイントになります。

そして、さすがは生田絵梨花。

見事に「純真無垢でありながらクレイジーさがにじみ出る」ケガレでした。

彼女自身、普段から「なんで?なんで?」と聞きたがっていつもメンバーを当惑させるらしいので、好奇心旺盛な演技はある意味自然体でいけたように思います。
また『乃木坂って、どこ?』『乃木坂工事中』で何度もバナナマンに対して繰り出してきた「すっとぼけた表情」も糧になったに違いありません笑

そしてクライマックスでのシリアスな演技。ずっと少女だったケガレが大人の女性のキレイに変わった時の、美しくて逞しい表情。
これまで数多くの作品で様々な女性を演じてきた生ちゃんは「自分を愛してやることに決めた」女性の顔を凄く自然に、そして堂々と見せていました。

ただ、井上小百合もこういうの超得意なんですけど笑

『夜曲』で演じたサヨちゃんがかなり近い、というか上の文章(ピュア→記憶を取り戻した表情の落差)だけ見ればほぼ同じですね。

…とこれは余談です。

話を戻すと、生ちゃん得意のコミカルな演技+本人の持つ愛くるしさ+ミュージカル仕込みの運命的な女性の顔がうまくマッチした当たり役だったと思います。

大人計画という新たなフィールドにまで活躍の幅を拡げた生田絵梨花。

期待にたがわぬ主演女優ぶりでした。

キレイトリミング2
の記事は舞台『キレイ − 神様と待ち合わせした女 − 』の内容に関するネタバレを含みます。

2019年12月、Bunkamuraシアターコクーンで行われた『キレイ』を観劇してきましたのでレポートします。

嫌悪感とメッセージと


大人計画大好き人間である井上小百合が、その中でもトップクラスに好きな作品とのこと。

「いつかケガレを演じたい」とまで言われりゃ、そりゃ観てみようかなという気になりますよね。チケット取るのがめちゃめちゃ大変でしたが笑

あらすじ


三つの国に分かれ、100年もの間、民族紛争が続く“もう一つの日本”。
その争いのさなか、民族解放軍を名乗るグループに誘拐され、監禁されていた少女(生田絵梨花)が、10年ぶりにソトの世界に脱出する。

すべての過去を忘れた少女は自ら“ケガレ”と名乗り、ダイズでできている兵士“ダイズ兵”の死体回収業で生計を立てているキネコ(皆川猿時)たち“カネコ組”と出会い仲間に加わる。回収されたダイズ兵を食用として加工するダイダイ食品の社長令嬢・カスミ(鈴木杏)と奇妙な友情で結ばれていくケガレ。戦場をうろつき、死体を拾って小銭を稼ぐ、そんな健気なケガレを見守るのは成人したケガレ=ミソギ(麻生久美子)だった。

死ぬことに憧れつつもなかなか死ねないダイズ兵のダイズ丸(橋本じゅん)、頭は弱いが枯れ木に花を咲かせる能力を持つハリコナ(神木隆之介、成人後:小池徹平)、誘拐・監禁することでしか女性と一緒にいられないマジシャン(阿部サダヲ)らと出会い、過去、現在、未来が交錯する時間のなかで、ケガレは忘れたはずの忌まわしい過去と対決することになる。
公式サイトより引用)


とてつもなく露悪的。

個人的には設定も描写も生理的に受けつけない部分がいくつかありました。

大枠では反戦なのでしょう。

死んだ兵士を食用にするという行為を「ダイズ兵」というナンセンスでちょっとだけオブラートに包んで(いや包めてないですけど)戦争という極限状況における人間を描いたのかな、と思います。

単なる兵器兼食料だったダイズ兵のひとつに冗談で生殖機能をつけたら自我を持ち、徐々に人間らしさを身に着ける。さらにそのダイズ丸と主人公のミソギが子をなす。
この展開も正直嫌悪感を覚えます。

ただこれも、戦争において個人などというものは存在せずに敵を滅ぼすための道具とされてしまうが、そんな中でも家庭を持ち子をなし生命をつなぐことによって人は人たりうる、というメッセージのような気もします。


大人計画の舞台を観たのは初めてで、松尾スズキさんがどれほど作品にメッセージを込める方でどういう創作方法なのかは知らないので、的外れな見方かもしれません。

明確に伝えたいことがあってそのための装置として物語を用いるのか
物語のアウトラインを思いついてそこに肉付けしていくのか
なにかキーワードやビジュアルイメージのようなものが閃いてそこから物語を生むのか

その辺りが気になってご本人のインタビューをいくつか見ましたが「こだわっているのは笑い」と煙に巻いておられました。

「兵器として生み出された悲しい存在」というモチーフは割とよく見ますが、どうやったらそれを「ダイズ兵」にしようなんて思いつくんでしょうね。不思議。

ゼロがいい ゼロになろう


もうひとつ、全体を通して提示されていたのは「全てはプラマイゼロ」という視点でした。

ダイダイ食品の社長令嬢でありながらダイズ兵の食用加工反対運動を支援するカスミ。

盲目だったジュッテン(岩井秀人)が目が見えるようになった瞬間に徴兵されて戦場に連れていかれたり。

ハリコナは頭に銃弾を受け頭脳明晰なゲイに変貌。しかしそれと同時に純粋さも花を咲かせる能力も、かつてケガレと心が通じ合った理由をすべて失ってしまう。
それにも関わらず彼とミソギは結婚する。

さらに最後には宇宙で蜂に刺され再び昔の彼に戻るが、そこで咲かせた花は自分の命を散らす花火。それを見て美しいと思うミソギ。

幸福と不幸が猛烈な勢いですれ違う、考えられないほどの皮肉の連続。

そしてケガレ=ミソギ自身もまた、忌まわしいく消し去りたい過去と向き合ったことにより深く深く傷つきますが、同時にそれによって新しい生きる力を得るのです。


毒々しくて猥雑で悪意に満ちていて、そこにある救いもほんのちょっと。
個人的な趣味からすると、ネガティブの量に対してポジティブ少なすぎだなあとは思います。

でも、なんかやっぱり最後は感動しちゃいました。

人間賛歌。

私の大好きな『レキシアター』と通底するものは一緒ですね。

関連記事:
【井上小百合舞台レポ】笑いとシリアス、余韻と感動。もの凄い地力の力業 ~愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」①

まあ「どんなちっぽけでささやかでみっともなくても人生は美しい」の『レキシアター』に対し、『キレイ』は「どんなに汚辱にまみれた人生であっても、それでも生きることは最高だ」ぐらいの違いはありますけれど。


deux補正2
蒼井優の代表作といっても過言ではないこの作品。その鮮烈な印象が残る役を井上小百合はどう演じたのでしょうか。

成長するってこと


福岡での『リトル・ウィメン』の大千秋楽からわずか12日後というスケジュール。
そして卒業を発表した直後の主演舞台。
様々な要素が絡み合い、きっとプレッシャーも大きかったことでしょう。

そんな中でさゆが見せたのは2時間の舞台の間に変化していく紀美子の「成長する姿」でした。

本人もインタビューで言っていた通り、紀美子とさゆは似ています。

最初は本当に何もないただの女の子だった紀美子。親友に誘われたというただそれだけの理由でフラを始めます。それがまどか先生のダンスを見て憧れを見つけて。早苗の思いを受け継いで、炭鉱が傾いていくのを肌で感じて大切な人たちを守りたいと願って。
どんどん色んなものを背負い続けて普通なら身動きが取れなくなってしまうのに、彼女はそれを強さに変えていきました。

そこが似てるなあと。

名もなき若者だった井上小百合。役者を目指すもオーディションで「女優よりアイドル向きの顔」と言われて最初は渋々アイドルになりますが、そこで初めてのファンができます。やがて乃木坂で大切な場所と仲間を見つけて、色んな人の思いを受け取りながら強くなって、今こうしてひとりの女優として輝いている。
そんなこれまでの歩みが紀美子の成長にオーバーラップします。

そしてラストのダンスショー。
純白の衣装を着てステージの中央に進み出る紀美子。
ただの田舎娘だった彼女がスターになるその瞬間、そしてこの物語のすべてが昇華する瞬間に、それまでずっと「もっさい顔」をしていた井上小百合が輝くばかりの笑顔を見せます。

もちろん衣装やメイクの効果もあるでしょう。でも『リトル・ウィメン』で彩乃かなみさんに感じたのと同種の「華やかさの出し入れ」をしていると感じました。

立派な主演女優でした。


「こんなときにバカみたいに笑えるわけねえべ!」


今回の『フラガール』開幕直前。
さゆ推しの方ならご存じであろう、ある出来事がありました。

さゆが同情されるのが嫌いなことも、舞台上の自分を役ではなく「井上小百合」として見られることが好きじゃないのもわかっています。

でも、早苗との別れ、先生との別れ、そして「プロだったらどんな時でも笑うの!」のシーンを観ていたら…「さゆは今どんな気持ちでこれを演じているんだろう」と考えてしまって、どうしても涙が止められませんでした。

特に駅で先生を見送るシーンでのダンス、凄まじかったです。
さゆの身体から、指先から愛が溢れていて。

想いって、目に見えるんだ。
そう感じました。


以前は憑依型と称されることの多かったさゆの演技。しかしインタビューなどを見るとむしろ逆で、自分とその役柄の共通点を見出し「だから美美子は私!」「エルザは私!」「月野うさぎは私!」というアプローチをするそうです。

そのためでしょうか。全然違う役柄をすべて見事に演じ分けているのに、それでも役のどこかにいつも彼女の生き様が透けて見える。

本人が望むと望まざるとにかかわらず、井上小百合とはそういう役者なんだと思います。
そしてそれこそが彼女の演技の大きな魅力なのではないでしょうか。

だからこそ今回の状況の中で舞台に立つさゆの姿はあまりにも切なくて、危うくて、なのにとても逞しくて。

感動なんて言葉じゃとても伝えきれない、重たくて強いものが心に残りました。

この舞台『フラガール』が2020年3月28日にスカパー!TBSチャンネル2で放送されます!
お申し込みはこちらから

deux補正2
2019年10月、聖地・神宮球場にほど近い日本青年館ホールで行われた『フラガール』、いつものごとく2回観劇してきましたのでレポートします。

過去ではなく今の物語


あまりにも有名な作品ですが、一応公式のストーリーを載せておきます。

ストーリー

昭和40年、福島県いわき市、かつて炭鉱の町として栄えた石炭の町も、石油という新しい燃料の台頭によって斜陽産業と化していた。
人員削減のため毎月リストラが発表され、何千人もの労働者のクビがきられていく。そんな状況の中で、町おこしの新事業として常磐ハワイアンセンター建設の話が持ち上がる。
常磐の地の温泉を利用して、ハワイの雰囲気を持ったリゾート施設を作ろうというのだ。
そしてハワイアンダンスのショーで盛り上げたいという計画だ。もちろん労働者たちは反対の声をあげた。「なにがハワイだ!」

この町に生まれ育った早苗(太田奈緒・福島雪菜)は、毎日泥まみれの生活から抜け出すチャンスではないかと考えて友達の紀美子(井上小百合)を誘ってダンサー募集に応募することを決意する。しかし、集まった女の子達は「裸躍りさせるつもりか?」と、ほとんどの者が消えてゆき、残ったのは、紀美子と早苗、そして父親に無理に連れてこられた太った娘の小百合(富田望生)と子連れの事務員(伊藤修子)の4人だけ、本当にフラダンスのチームなど作れるのか不安になる。

そんな田舎町にハワイアンセンターの企画部長吉本(山崎銀之丞)は元SKDのダンサー平山まどか(矢島舞美)を連れてくる。紀美子たちは、サングラスをかけ田舎者を下に見るまどかに、最初は不信感を持つが、その卓越したダンスの技術とその魅力に、やがて引き込まれていく。
炭鉱の組合員の反対運動が激しくなる中で、紀美子は炭鉱で働く母親千代(有森也実)に反対されながらも、家を出てフラガールになることを決意する。

「復興は少女たちの笑顔が作る!」
そんなフラガールたちの奮闘を描いた物語である

公式サイトより引用)

映画『フラガール』は言わずと知れた傑作。2006年に公開され、キネマ旬報ベストテン1位、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。紀美子役を演じた蒼井優さんも最優秀助演女優賞を獲得しています。

あれほど有名な映画をどう舞台化するのか。

演出の岡村俊一さんは自身のTwitterで「今回の『フラガール』は、映画の印象を全く変えること無く舞台用に再構成した」と語っていましたが、私の感想はちょっと違います。

映画版は過去の物語であるのに対し、舞台版は今の物語。

映画では開始からずっとセピア色のフィルタをかけたようなくすんだ画面で物語が展開します。(これがラストのダンスショーのシーンで一気に鮮やかな色調へと変化しそのコントラストが強烈なインパクトを与えるわけですが)
そこでは斜陽産業である炭鉱の姿が「もう終わってしまったもの」として描かれています。現在の視点から語られる過去の物語という印象です。

それに対し舞台版。
時代背景に沿った衣装や小道具であるため舞台上の色味は地味ですが、色のイメージは照明も含めセピアではなくオレンジ。過去ではなく、夕暮れ=黄昏です。ノスタルジックではありますがそこに生きる人々の息づかいが感じられます。

そして描かれる炭鉱の姿は「今まさに終わろうとしているもの」

登場する人物の誰もが、目の前にあるその終焉と向き合っていました。

時代の変化に気づきつつもそれを受け入れられない者。
終焉を受け入れつつもそれに殉ずることを潔しとする者。
変化を受け入れて新たな役割を探す者。

その葛藤や苦悩、あがく姿や呆然と立ち尽くす姿は現在進行形のリアルなものでした。

だからこそ、この舞台は観る者に問いかけてきます。

今そこにある終焉に、自分はどう向き合うのか。


女は強えなァ


メインどころの女性陣について書きます。

矢島舞美さんは美。とにかく美。
そして最初に紀美子たちの前で踊るフラの説得力たるや。
あるシーンでの涙を流しながらの演技は観る者の胸を締めつけるものでした。

富田望生さん。既に多くの映画やドラマに出演しその実力は証明済み。映画『あさひなぐ』で乃木坂メンバーとも共演しています。若い(公演時点でなんとまだ19歳!)実力派ぽっちゃり女優として完全に抜け出た存在です。

いわき市出身の彼女にとって『フラガール』特別な作品であり、相当な気合でこの舞台に臨んだと語っています。
まず驚いたのはダンスのキレ。しかし何と言っても彼女の真骨頂は傷ついた心とそこから一歩ずつ踏み出す勇気の表現でしょう。一度殻を破ればあとはオールライトというよくあるパターンではなく、勇気を出してもまたすぐに折れそうになって、そこからまた己を奮い立たせて…というプロセスが実に細やかに演じられていました。

早苗役はWキャストでしたが、幸い両方観ることができました。
ふたりの解釈がちょっと違っているのが興味深かったです。
福島雪菜さんは素直で元気で情熱的。「どこにいてもその場所でひたむきに頑張りそうな」早苗。それに対し激情を内に秘め「いつかどこかで何かをやらかしそうな」早苗の太田奈緒さん。

特に太田さんは迫力ある憑依型の演技で、舞台経験が少ないというのがにわかには信じがたいほどの貫録でした。

伊藤修子さんは、いるだけで場が緩む(誉めてます)特別な存在。なんかどこまでが地でどこからが演技かよくわからない笑

有森也実さん。ロスジェネ世代にとっては言わずと知れた『東京ラブストーリー』の関口さとみですよね。男が最後に選ぶのははジェットコースターみたいな赤名リカじゃなく陽だまりのような女性なんだということは彼女から教わりました笑

その有森さんが肝っ玉母ちゃんを演じている姿を観るとは感慨深いものがあります。
父親を亡くした家庭にあって自分がブレたら家族がバラバラになってしまうという強い信念と、一心不乱に踊る紀美子の姿を見た時に感じた娘の夢を全力で応援したいという母親の情と。その両方とも千代にとっては真実なのだと感じさせました。


本当にキャストの皆さん、それぞれが印象的でした。

自分と自分の大切な人たちが生き延びるためだったら何でもやる。そんな覚悟を決めた時の女性の強さ。


20190917_131947
そういえば私が観劇した2回はどちらも客席にサユリストはほとんど見かけませんでした。せいぜい5%ぐらいかなという感じ。平日の銀座という場所柄もあってか客層はお年を召した方が多かったように思います。

さゆとジョーと乃木坂と


主演の朝夏まなとさんが演じたジョー。
素晴らしかった。
最初は男勝りでガサツで頑なだった彼女。それがどんどん魅力的になっていく姿が圧巻でした。

モバメで本人も「ジョーの生き方に共感する」と言っていましたが、ジョーと井上小百合は似てると思います。ジョーが「結婚しない!」と叫ぶたびに、いやお前さゆかよと内心突っ込んでいました。

これ言ったら本人は怒ると思いますが、一幕のジョーは昔のさゆを思わせます。
なりたい自分があって、そのためにこうすべきだというのが凄く強くあって、それ以外を受け入れられない。
選抜発表のたびに涙を流していた、あの頃のさゆのようです。

でも、メグの結婚、そして何よりベスを看取ったことにより彼女は変わっていきます。

周囲の人も含めて自分であるということ。
形が変わっても、変わらないものがあるということ。絆なんて一言では表現しきれない、とても特別な強い結びつき。
それに気づいて大切な人たちへの愛情を身構えずに出せるようになった二幕のジョーはアンダラ2ndシーズン以降のさゆのようです。どんどん魅力的になることも一緒。

そして四姉妹の強い結びつきは、乃木坂みたい。
「マーチ家の女は無敵なのよ!」と、2017年神宮での「1期!1期!1期!1期!」のイメージがかぶります。

とここまで書いてきましたが、実は本人はこれと違うことを言っています。
舞台のアフタートークで自分と似ている登場人物をベア教授、その理由を「ジョーと出会って他者を受け入れていく感じが自分に似ている」と語りました。そして「自分にとってはジョーが乃木坂46」とも。

まあ当てはめた役こそ違いますが言ってる内容は概ね同じなので良しとしましょう笑


周囲への愛と感謝を抱いて、すべて満たされた表情で


そしてさゆ自身の演技について。

若草のベスと言えば『ガラスの仮面』北島マヤが劇団つきかげで初めて演じた由緒正しい役です。

公式Twitterには「井上さんがベスとしてそこに立っているだけで、なんだか胸の奥がツンとしてしまうくらいのハマり役」と書かれていましたが、サユリストならこのフレーズを読んだだけで胸の奥がツンとしちゃいますよね笑

一幕のベスは、愛らしさとピュアネスの権化みたいでした。まさにガチ天使。『夜曲』のサヨちゃんと似ているけれど、どこか違う。何だろう、と思いながら観ていました。

そして二幕に入ります。死期を悟ったベスがジョーと最後のお別れをする凧のシーン。初回観劇時、ここで泣くのは必死に我慢しました。でもその後のジョーが若草物語の着想を得て書きだすところ、他の姉妹たちがないものねだりをしている中で「ベスはただひとり満たされた表情をしていた」とジョーが表現したところでもう限界でした。

ああ、彼女の表情は「すべて満たされた表情」だったんだ。だからあんなにも尊く観えたんだ。
そう思った時に泣けて泣けて仕方ありませんでした。

満たされた心で目の前にあるすべてを愛したベス。

一幕のさゆは、見事なまでにベスでした。


2019.09.17 感動回


もうひとつ、どうしても書いておきたいことがあります。

2度目の観劇は9月17日のマチネでした。

スケジュールも後半に差し掛かり、カンパニーの息もぴったり。笑ってほしいシーンで笑い声が出る雰囲気の良い客席。

一幕のラスト、軍に入隊するブルックがメグにプロポーズするシーン。ふたりのデュエットが観客の心を震わせ、美しい余韻を残します。

二幕。
凧のシーンが始まり、客席のあちこちから鼻をすする音が聞こえてきます。

そしてこの日のベスはまさに絶唱でした。

個人的には舞台女優としてのさゆの最大のウィークポイントって、声量だと思っています。でもこの時は、彼女の舞台を何十回も観てきた私ですら「これは本当に井上小百合なのか」と思うような、力強くて声量豊かで、なのに儚さで胸が締めつけられるような歌声。

ジョーとベス、互いを見つめながら歌うふたりの間に愛情と寂しさ、そして感謝がほとばしり、それが観客を包み込みます。

 もう、行かせて

最後にベスがこう呟いた時、何人もの人が客席で肩を震わせて泣いていました。

無論、私もそのひとりです。

きっと彼女を初めて観た人たちの中にも何人かは、この日を境に井上小百合の名が刻まれたことでしょう。

この日、スタンディングオベーションが起きました。
東京千秋楽でも何でもない、普通の平日のマチネで突如発生したスタンディングオベーション。

ただただ心が震わされたからそれを伝えたくて、巻き起こった暖かい拍手。
それはまるで2014年10月16日のアンダラ2ndシーズン「感動回」のようで。

素晴らしいものを観せてもらいました。

このページのトップヘ