ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:乃木坂46 > 舞台レポ

20190917_131947
そういえば私が観劇した2回はどちらも客席にサユリストはほとんど見かけませんでした。せいぜい5%ぐらいかなという感じ。平日の銀座という場所柄もあってか客層はお年を召した方が多かったように思います。

さゆとジョーと乃木坂と


主演の朝夏まなとさんが演じたジョー。
素晴らしかった。
最初は男勝りでガサツで頑なだった彼女。それがどんどん魅力的になっていく姿が圧巻でした。

モバメで本人も「ジョーの生き方に共感する」と言っていましたが、ジョーと井上小百合は似てると思います。ジョーが「結婚しない!」と叫ぶたびに、いやお前さゆかよと内心突っ込んでいました。

これ言ったら本人は怒ると思いますが、一幕のジョーは昔のさゆを思わせます。
なりたい自分があって、そのためにこうすべきだというのが凄く強くあって、それ以外を受け入れられない。
選抜発表のたびに涙を流していた、あの頃のさゆのようです。

でも、メグの結婚、そして何よりベスを看取ったことにより彼女は変わっていきます。

周囲の人も含めて自分であるということ。
形が変わっても、変わらないものがあるということ。絆なんて一言では表現しきれない、とても特別な強い結びつき。
それに気づいて大切な人たちへの愛情を身構えずに出せるようになった二幕のジョーはアンダラ2ndシーズン以降のさゆのようです。どんどん魅力的になることも一緒。

そして四姉妹の強い結びつきは、乃木坂みたい。
「マーチ家の女は無敵なのよ!」と、2017年神宮での「1期!1期!1期!1期!」のイメージがかぶります。

とここまで書いてきましたが、実は本人はこれと違うことを言っています。
舞台のアフタートークで自分と似ている登場人物をベア教授、その理由を「ジョーと出会って他者を受け入れていく感じが自分に似ている」と語りました。そして「自分にとってはジョーが乃木坂46」とも。

まあ当てはめた役こそ違いますが言ってる内容は概ね同じなので良しとしましょう笑


周囲への愛と感謝を抱いて、すべて満たされた表情で


そしてさゆ自身の演技について。

若草のベスと言えば『ガラスの仮面』北島マヤが劇団つきかげで初めて演じた由緒正しい役です。

公式Twitterには「井上さんがベスとしてそこに立っているだけで、なんだか胸の奥がツンとしてしまうくらいのハマり役」と書かれていましたが、サユリストならこのフレーズを読んだだけで胸の奥がツンとしちゃいますよね笑

一幕のベスは、愛らしさとピュアネスの権化みたいでした。まさにガチ天使。『夜曲』のサヨちゃんと似ているけれど、どこか違う。何だろう、と思いながら観ていました。

そして二幕に入ります。死期を悟ったベスがジョーと最後のお別れをする凧のシーン。初回観劇時、ここで泣くのは必死に我慢しました。でもその後のジョーが若草物語の着想を得て書きだすところ、他の姉妹たちがないものねだりをしている中で「ベスはただひとり満たされた表情をしていた」とジョーが表現したところでもう限界でした。

ああ、彼女の表情は「すべて満たされた表情」だったんだ。だからあんなにも尊く観えたんだ。
そう思った時に泣けて泣けて仕方ありませんでした。

満たされた心で目の前にあるすべてを愛したベス。

一幕のさゆは、見事なまでにベスでした。


2019.09.17 感動回


もうひとつ、どうしても書いておきたいことがあります。

2度目の観劇は9月17日のマチネでした。

スケジュールも後半に差し掛かり、カンパニーの息もぴったり。笑ってほしいシーンで笑い声が出る雰囲気の良い客席。

一幕のラスト、軍に入隊するブルックがメグにプロポーズするシーン。ふたりのデュエットが観客の心を震わせ、美しい余韻を残します。

二幕。
凧のシーンが始まり、客席のあちこちから鼻をすする音が聞こえてきます。

そしてこの日のベスはまさに絶唱でした。

個人的には舞台女優としてのさゆの最大のウィークポイントって、声量だと思っています。でもこの時は、彼女の舞台を何十回も観てきた私ですら「これは本当に井上小百合なのか」と思うような、力強くて声量豊かで、なのに儚さで胸が締めつけられるような歌声。

ジョーとベス、互いを見つめながら歌うふたりの間に愛情と寂しさ、そして感謝がほとばしり、それが観客を包み込みます。

 もう、行かせて

最後にベスがこう呟いた時、何人もの人が客席で肩を震わせて泣いていました。

無論、私もそのひとりです。

きっと彼女を初めて観た人たちの中にも何人かは、この日を境に井上小百合の名が刻まれたことでしょう。

この日、スタンディングオベーションが起きました。
東京千秋楽でも何でもない、普通の平日のマチネで突如発生したスタンディングオベーション。

ただただ心が震わされたからそれを伝えたくて、巻き起こった暖かい拍手。
それはまるで2014年10月16日のアンダラ2ndシーズン「感動回」のようで。

素晴らしいものを観せてもらいました。

20190917_131947
2019年9月に日比谷シアタークリエで行われた『リトル・ウィメン』、またも2回観劇してきましたのでレポートします。まさかこの年齢になって『若草物語』と接する機会があるとは…推しとは我々ファンを思いもよらない場所に連れて行ってくれるものですね。

超実力派キャスト10人による世界的名作


かの有名な『若草物語』ですが、私も幼少期に読んだきりで完全に内容を忘れていましたので、公式のイントロダクションとストーリーを載せておきます。

イントロダクション:

世界的名作小説『若草物語』とその続編『続・若草物語』を下敷きに、慎ましい生活の中にも喜びを見出し、助け合って困難に立ち向かう四姉妹とその母、そして彼らをとりまく人びとの物語を美しいミュージカルナンバーに乗せて描きます。

女性が職業を持って働くことが稀であった時代に、小説家をめざして世の中に漕ぎ出そうと奮闘し、夢をつかんでいくジョー。その姿は、いまだ窮屈の多い現代を生きる我々にも勇気を与え、また彼女を取り巻く家族との絆は身近な人の大切さを改めて感じさせてくれるでしょう。

ストーリー:

1865年。ニューヨークのカーク夫人(久野綾希子)宅に下宿するジョー(朝夏まなと)は、出版社から届いた手紙を読んで肩を落としていた。自ら持ち込んだ小説の、22回目の出版拒否を受け取ったのだ。同じく下宿人のベア教授(宮原浩暢)は「あなたの小説を気に入る人は必ずいる」とジョーを励ます。

時は戻ってその二年前のマサチューセッツ。メグ(彩乃かなみ)、ジョー、べス(井上小百合)、エイミー(下村実生)の四姉妹は、牧師として南北戦争に従軍した父を、母(香寿たつき)と共に待ちながら、慎ましくも明るく暮らしていた。ジョーは、物語を作っては姉妹たちに語って聞かせ、小説家になることを夢見ていた。

メグと共に初めての舞踏会に出席したジョーは、隣家のローレンス氏(村井國夫)の孫息子、ローリー(林翔太)と出会う。やがてローリーは姉妹の“5人目のきょうだい”となり、姉妹との絆も深まるが―。
公式サイトより引用)

今作の素晴らしさは、なんといってもキャスト。

まずアンサンブル専門の役者さんがいないのです。通行人役などもメインキャストのどなたかが担当し、わずか10人のキャストですべてが演じられます。
上のストーリーでは9人しか出てきませんがもうひとり、メグの夫になるブルック(川久保拓司)がいます。

そしてその10人がまた豪華。

朝夏まなとさんは元宝塚宙組トップスター。
彩乃かなみさん。元宝塚月組トップ娘役。
香寿たつきさん。元宝塚星組トップスター。
久野綾希子さんは元劇団四季の看板女優。
村井國夫さんは経歴を一言では表現できないのですが、TV・映画・舞台それぞれでもの凄い実績のある超ベテラン。ハリソン・フォードの吹き替え声優としても有名でインディ・ジョーンズやハン・ソロ役を演じておられます。

宝塚トップが3人に劇団四季の看板女優に村井國夫さんですよ。
村井さん以外の男性3人も年齢的には中堅どころでいずれも経験豊富な実力派。

そんな錚々たるキャストの中に放り込まれたアイドルふたり、我らが井上小百合とフェアリーズの下村実生さん。

皆さん素晴らしかったのですが、ここでは3人の方について書きます。

彩乃さんは本当に美しかった。思わず初回観劇後どんな人か調べてしまいました笑
それで元宝塚月組トップ娘役だということを知り、深く納得した次第。どちらかと言えば地味目の顔立ちだと思うのですが、舞台上でスイッチを入れた時の美しさは息をのむほど。そしてシーンごとに華やかさを出し入れするその巧みさにも驚きました。

ジャニーズJr.の林翔太さん。お顔は失礼ながら2.5枚目なのですが、歌声が素晴らしい。明るくて伸びやかで、若さと希望と育ちの良さを感じさせるローリーにぴったり。動きもキレッキレでさすがはジャニーズ入所19年目の貫録を感じさせました。

下村実生さんは初めてのミュージカルとのことですが、エイミーの駄々っ子だけど憎めないところを好演した一幕、レディに成長した二幕と劇中劇でのトロルといずれも存在感抜群。トロル役は完全に出オチなので、その日の客席の温まり具合によってはダダ滑りなこともあったと思いますが、皮肉でも何でもなく実に堂々と演じていました。

ジョーと喧嘩して仲直りをしたいのに素直になれないシーンでの「ベス…あなたみたいに優しくなりたい」「エイミーは優しいわ」というやり取りでエイミーの内面の愛らしさが見事に表現されていたのが印象的でした。


生きるとは変わること


わずか10人のキャスト。豊潤な音楽。舞台を彩る凝った小道具やリアルヴィンテージも織り交ぜた衣装。どこにも綻びのない美しく完成された世界。

こう書くと、ともすれば箱庭的な触れると壊れてしまいそうなものを想像するかもしれません。

しかしこの作品は決して閉ざされたものではありませんでした。

なぜなら、これは観る者にとって「私の物語」でもあるから。

昔から児童文学の傑作とされアニメ世界名作劇場にもなった『若草物語』ですが、この舞台は大人になった人たちにこそ沁みる内容でした。

憧れを捨てて現実の中にある幸せを見つけたメグ。
周囲を拒絶することが拙さだと気づいて自分を広げたジョー。
誰かを羨むことをやめて自分の中にあるものの価値を認めたエイミー。

変な言葉かもしれませんが「きちんと大人になってきた」人なら誰もが、彼女たち3人の姿に自分と重なる部分があるのではないでしょうか。

変わるとは汚れることじゃなくて成長すること。
その尊さと美しさ。

そんなことを感じさせる、美しく完成され、かつ力強い舞台でした。



deux補正2
この記事は舞台『SLANG』の内容に関するネタバレを含みます。

オーバーラップする『墓場、女子高生』


井上小百合の舞台を観るといつも思うのが「過去に演じた役柄がさゆの中で息づいている」ということです。

オネムには『レキシアター』のくノ一さんの経験が活きていました。どちらも「夢の国」でよいこのみんなに世界の理を伝えるMC。声の張り方、内面の葛藤の隠し方など、共通点が多かったように思います。

裁判のシーンはなんか『大人のカフェ』での「嘘じゃ、ない」を思い出しました。あれ好き笑

そして、伊都を演じている彼女を観てどうしようもなく思い出されたのが、『墓場、女子高生』のにっしーでした。


最初は楽しげな雰囲気だったんです。
さゆの役名が「オネム」って当て書きじゃん!とかニヤニヤしながら観てました。

でもムネオがフォエバしちゃってブラーンとぶら下がった時点(本当はメズの時点で)でさゆ推しとしては当然『墓場』のあのシーンが強烈にフラッシュバックします。
このあたりから「生きるって何だ」「自分って何だ」「真実って何だ」「現実って何だ」とか色んなことを考えさせられて、最終的には心になんかズーンと重たいものが残る作品でした。

さゆ自身も「観終わった時に頭抱えてう~ってなる感じ」と言っていましたが、まさにそれ。『墓場』そして『すべての犬は天国へ行く』を観た時の感覚が甦りました。正直、こういうの大好物です笑

これらの作品と今回の『SLANG』に通底しているテーマ。

それは「腐った世界との向き合い方(『犬』ではそれが「狂った村」でした)」ではないでしょうか。


万理華さん観てますか


そう考えると『SLANG』の登場人物に『墓場』のそれが重なります。

腐った世界に真正面から向き合って傷つき絶望した櫂。
美しい想像の世界に逃げ込んだ自分には薄っぺらい言葉しかないことに気づいた紡。

櫂=ヒノチ、紡=ヒノチが生きていた頃のにっしー、ですよね。

伊都は、極端にはしるふたりに危うさを感じながらも、微笑ましく見守り世界との接点の役割を果たすバランサーでした。
オネムも「腐った世界の残酷な現実」を細心の注意を払って言葉を選ぶことにより良い子のみんなに伝えていました。
これは、やがて向き合わねばならない現実への備えをさせていたんですね。

真正面から向き合って絶望に墜ちるのとも、そこから顔を背けて自分の世界だけで生きるのとも違う方法。

そんな伊都の姿が垣間見えた平穏な日常での紡との会話が印象的でした。
ほんの短いシーンでしたが、母性すら感じさせたさゆの演技。
『帝一の國』の美美子ちゃんも母性的なキャラクターでしたが、無自覚に振りまいていた美美子ちゃんに対し、伊都はより理性的で深い「すべてわかった上での」ものに感じました。これもまた彼女の新境地と言っていいのではないでしょうか。

「聞く話によると、どうやら世の中は腐っているらしいじゃないのさ」
『墓場』のとても印象的な、そして重要なにっしーの台詞です。

そう語った彼女が、ヒノチの死を受け入れ、自分だけの美しい世界からも出て、腐った世の中で懸命に、でもしなやかに生きている。
伊都は、成長した何年後かのにっしーのように見えました。

この姿をヒノチに見せたかった。
「なんだよ、にっしー頑張ったじゃん」って笑いながら小突いてくれそうな気がします。

もし伊藤万理華がこの舞台を観てくれていたら、なんだかとても嬉しいです。


「にっしー、お前は今でも美しいよ」

「だよね!」

あー、もう一度『墓場』観たいなあ!笑


少し邪道な見方なのかもしれませんが、『墓場』と重ね合わせることによって『SLANG』をより深く味わうことができたような気がします。

井上小百合というひとりの演者を追いかけてきたことの醍醐味を感じました。

もう一度結論言います。

すげぇ良かった。

誰かと語りたくなる良い脚本、良い舞台でした。

deux補正2
この記事は舞台『SLANG』の内容に関するネタバレを含みます。

2019年6月によみうり大手町ホールで行われた『SLANG』、例によって笑2回観劇してきましたのでレポートします。

二重構造の物語


結論から言うと、すげえ良かった。
最初から最後まで3時間ぐらい誰かと語りたいぐらいです笑

まず、イントロダクションはこちら。

 そこは現代か、それとも近未来か。

 誰もが個人チャンネルを持ち、睡眠時に見る夢を世界中に配信できる世界。
 日夜、ユーザーに様々なジャンルの夢を公開する『夢人』たちがいた。
 睡眠時間すらも有効活用される世の中。
 人々は好きな夢人を登録し、同じ夢を共有し、夜の快楽を求める。

 夢の中で繰り広げられる物語は、ただの作り話なのか、それとも、現実なのか。

 現実と虚構、異なる物語が交錯し、思いがけない真実の世界へと繋がっていく。
 (公式サイトより引用)


この話もあらすじ書くのが凄く難しいのです。(レキシアターとはまた違った意味で)
物語が現実と夢の中の二重構造になっていて、キャスト全員が二役。しかも現実と夢の登場人物はリンクしている。ってとこまでが前提。

主人公のバク(有澤樟太郎)は人気の夢人。プロデューサーのレム(谷口賢志)を中心にしたカンパニーの仲間たちと楽しく毎日を送っている。
よいこに最新ニュースを届ける正夢のオネム(井上小百合)と逆夢のムネオ(和田琢磨)のコンビ、いつもドッキリを仕掛ける悪夢ブラザーズのゴズ(北村諒)とメズ(赤澤燈)そして予知夢のヨチムジン(岩永徹也)など、個性豊かなメンバーたち。

しかしヨチムジンの不吉な予言から物語が動き始め、オネムと袂を分かったムネオが命を落とす。犯人はだれか?互いを疑いだすメンバーたち。

ここで場面が転換する。
夢人たちの派手派手な衣装と世界感から、一気に現実的な空間へ。

そこで行なわれているのはある事件の裁判。
被告人は小説家志望の青年、新堂紡(バク)。彼は恋人である町野伊都(オネム)の兄、櫂(ムネオ)の死について罪を問われていた。

彼は「自分がやった、罰してくれ」と言い続けるが、周囲もそして彼自身すら動機を見出すことができない。
有栖川検事(ゴズ)、牟田弁護士(メズ)、筧刑事(レム)、茨木医師(ヨチムジン)ら、それぞれの正義と思惑が絡み合いながら裁判が進む。

やがて明らかになる真相。
櫂は紡の目の前で自ら死を選んでいた。それも紡の不用意な言動を引き金に。

そして夢人たちのいた世界は、彼がこのあまりにも過酷な現実から逃れるために作り出した夢の中だったのだ。

判決が言い渡され、精神崩壊した紡は夢の中に閉じこもる。

ラストシーン。
「止めを刺して楽にしてやってくれ」と願う筧刑事と「彼に生きる力を取り戻させてくれ」と求める茨木医師。ふたりに請われるまま紡の前に立ち、壊れてしまったその姿を見た時、伊都の感情が爆発する。

そして絶叫。


グチャグチャになって生きていけ


ラストの伊都の絶叫。
彼女の感情は観る人によって解釈が異なると思いますが、私としてはこんな感じです。

ノンフィクション作家を目指していた櫂は現実と向き合う作業を続けるうち、世界のあまりの醜悪さに書くべき言葉を失い、富士の樹海でボランティアを行なうようになりました。

逆に紡はその醜悪な世界と向き合うことを拒み、フィクションの世界で言葉を編もうとします。しかし周囲から期待される自分をただ生きてきた彼の中に本当の言葉=語るべき事柄など何もなく、行き詰ってしまいます。

伊都はそんなふたりの真ん中でバランサーの役割を果たしていました。

いい年して「腐った世界」と向き合う方法も知らないふたりの男性の未熟さを、母親のように温かく見守っていたのだと思います。

しかし、櫂の死によって状況は一変します。

やがて伊都は、櫂の死は自身の弱さによるもの、ただその背中を最後に押してしまったのは紡の空虚な言葉を聞いたことによる絶望だったと知ります。

精神崩壊した紡を見た時に彼女の中で燃え上がったのは、怒りでした。
櫂の弱さと紡の空虚さ、なによりもそんなふたりの弱点を知りながら何もできなかった自分の無力さに対する怒り。

そして同時に溢れる紡への憎しみと愛おしさ。

お前の薄っぺらい言葉がお兄ちゃんを殺したんだ。
それなのにお前は罪の意識から逃れるために自分の世界に閉じこもろうとしてんのか。

ざっけんな。絶対に許さない。

出て来いよ。この薄汚れてグチャグチャで吐き気をもよおす世界に出て来いよ。
そこでボロボロになってグチャグチャになって生きて行けよ。それがお前にできる唯一の罪滅ぼしだろ。

そこで、今度こそ本当の自分の言葉を見つけてみろよ。

お願いだから…


私には伊都がこう語りかけているように見えました。

「俺はニヤッと笑っちまった」


もうひとつ、蛇足なのですが書きます。

紡は「自分の動機がどうしても見つからない」と言っていましたが、私にはその動機がなんとなくわかる気がしました。

それは、自分より上にいる人間が滑り落ちていくのを見たいという、醜い醜い欲望。
「ざまあみろ」と思う、あの気持ち。

この感情をズバリ表現しているのがBO0WYが『MORAL』で歌った「人の不幸は大好きサ」というフレーズ。
初めて聴いた時はなんちゅー曲じゃと思いましたし、正直この曲嫌いだし笑、デビューアルバムのタイトル曲がこれかいとは今でもめちゃめちゃ思いますけど、まあ人間の本質をついているのでやっぱBO0WYはすげえなあって気もしますね。

助けを求める櫂に対して、紡は「ニヤッと笑っちまった」んです。

それを見て櫂は絶望したのでしょう。近しい人間から改めて突きつけられた、世界のおぞましさに。


この物語を、井上小百合はいかに演じたのでしょうか。

deux補正2

強くない井上小百合という新境地


さゆは苦悩していました。

稽古中には「毎日自分のできなさにため息が止まらない」と言っていたこともあります。

彼女が演じたくノ一さんはメインキャストではありません。
今までさゆが演じてきたのはほとんどヒロインかヒロイン対抗。それに比べれば出番も台詞も、そして物語への関与度合いも少ないです。

しかも初めて演じる「凡人」。
恐らく、だからこそ難しかったのでしょう。

彼女が多く演じてきたのは、強烈な信念と一種のクレイジーさを持つ役でした。

『帝一の國』美美子ちゃん、『すべての犬は天国へ行く』エルザさん、『墓場、女子高生』にっしー、『夜曲』サヨちゃん、『若様組まいる』志奈子さん、『じょしらく』きぐちゃん&まりぃさん、『あさひなぐ』将子ちゃん、そしてもちろん『セーラームーン』の月野うさぎも。

一見か弱く見えるキャラクターがここぞの場面で見せる凄味。
これまで井上小百合は見事にそれを表現してきました。得意中の得意、と言っていいかもしれません。

しかし今回のくノ一さんはちょっと違います。
強烈な信念や行動原理、言い換えればモチベーションがないのです。

人生を変えようとする確固たる目的意識を持った周囲のクレイジーな人々に翻弄されながらも、職業倫理と仲間への愛着だけを武器に懸命に自分の役割を果たそうとする常識人です。

そんな当たり前の人間=凡人が、人生賭けちゃってるクレイジーな連中に太刀打ちできるはずもありません。「レキシーランドきっての手練れ」と評されていたくノ一さんですが、ヨシツネの前になす術もなく敗れ去ります。

強くない役。それをさゆが演じることはすごく新鮮でした。


凡人にだってプライドがあるんだ


さゆ自身、自分のことを「努力しか手札がない」と評しています。

そんな凡人の自分が舞台の上で凡人を演じる。ましてや凡人であるゆえに敗れ去る役なのです。

それはこれまでに経験したことのない苦しみだったことでしょう。

そして彼女がたどり着いたのは、凡人の悲哀と矜持が共存した演技でした。

自らの命運を、選ばれし「強き者」に委ねるしかない市井の人々。
悔しくて情けなくてちょっぴり諦観もあって、でもやっぱり意地がある。
自分の無力さに打ちのめされながらも、最後までひたむきに抗う姿。

凡人にだって人生があり、プライドがあるということを、ほんの少しだけ観る者に想像させる表現。

そんな「非凡な凡人」こそがさゆの出した答えでした。


凡人をどう演じるか。
この先、井上小百合が舞台に立ち続けるのであれば必ず必要となるであろうスキルです。
そのひとつの答えを見出した『愛のレキシアター』は、彼女にとってとても意味のある経験だったのではないでしょうか。

稲穂を振りながらつらつらとそんなことを考えた、春の午後でした。

このページのトップヘ