ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:ラーメン > 醤油

リビング・レジェンドにして最先端


今回は関西遠征。兵庫県尼崎市、JR宝塚線塚口駅から10分弱歩いたところにあるこちらのお店。「S1」は「スーパーワン」と読みます。

こちらの嶋崎店主はラオタなら知らぬ者はいないであろうレジェンド。
2005年12月にJR横浜線町田駅から少し離れた住宅街に「ラァメン屋 69'N' ROLL ONE(ロックンロールワン)」をオープン。瞬く間に人気店になり、2011年に町田駅近くに、そして2013年には赤坂に移転しました。しかし2014年4月末に突如閉店。
もうあの味が食べられないのかと嘆いていたら同年7月になんと尼崎で再出発。おいそれと行けない土地になりましたが今回念願かなって移転後初訪問です。

私も町田時代、日本一美味いラーメン屋だと思っていて相当通いました。
個人的にはそれまであんなに鶏油を強調したラーメンを食べたことはありませんでした。

「天国屋」@成瀬の時にも書きましたがこの69'N' ROLL ONEは「神奈川淡麗系」の源流とも言うべき店です。正確にはオリジンはかの「ラーメンの鬼」佐野実さんによる「支那そばや」かもしれませんが、こだわり抜いた素材を使った澄んだ鶏スープという神奈川淡麗系のイメージを完成させたのは紛れもなくこちらの嶋崎店主でしょう。今や日本一行列の長い店のひとつである「飯田商店」@湯河原の飯田店主にも多大な影響を与えたそうです。
その飯田商店や「やまぐち」@西早稲田のミシュラン掲載により神奈川淡麗系は一気にメジャー化し、現在の隆盛に至ります。

土曜日の開店15分前に到着しましたが既に15人ほどの待ち。開店時には入店できず、食べ終わるまでは1時間コースでした。ラーメン作りは店主さんのワンオペで接客担当の方がひとり。薄暗く緊張感漂う店内ですが、町田時代から慣れてるので何とも思いません笑

基本メニューの「尼のロック(醤油)」「Sのロック(塩)」が1,000円、味玉が+200円、チャーシューは+300円。それぞれの「かけらぁ麺」が800円。そして「元祖昆布水のつけめん」は1,500円となかなかの高額設定。

久々なのでやはり基本となる尼ロックを選択。

以前と変わりない丁寧なオペレーション。ただ町田時代の記憶と比べると当時より明らかに手順が増えているように見えます。何だろうあの粉末…あれ、なんか鶏油じゃない液体を投入したっぽい…などとゴチャゴチャ考えているうちに着丼。

20190223_114751
尼ロック 1,000円

その瞬間、ブワッと香り立つ鶏。
そして素晴らしいビジュアル。スープ表面に見える鶏油の黄色が「ああ、ロックンだ」って感じです。

上質な比内地鶏とこだわりまくった純水、そして徹底的な温度管理。それがロックンのスープ。「引き算のスープ」とも称されるそれはシンプルにして力強く、そして飲み飽きないものとして私に強い印象を残していました。

しかしこの日飲んだスープはそのイメージをさらに超えてくるものでした。
深み、香り、コクがえげつない。それなのにどこまでも澄んだ後味。
味の奥行きが凄い。オペレーションの多さを目にしたのでそれに引きずられているだけかもしれませんが笑

麺は町田時代からお馴染みの柔麺。かつては「そうめんみたい」と酷評する人もいましたが今では時代が追いついて「シルキー麺」などと表現されるようになったあれです。スープをしっかり絡めのど越しはスルスル、そして微かなパツ感を残した逸品。

具はチャーシューと2種類のネギ、そして穂先メンマ。どれも上質なのが伝わってきます。チャーシューとメンマはどちらも柔らかさと抑制のきいた味つけが印象的。

あの頃のように、スープまで完食。

記憶とは美化されるもの。
神奈川淡麗系も相当の数食べてきた現在の自分の舌がロックンのラーメンをどう感じるのか、楽しみであり正直不安でもありました。

でもそんなの全くの杞憂でした。

もの凄い一杯。
奥行きとか深みがちょっと別格です。

リビング・レジェンドでありながら今なお最先端の味わいです。
凄まじい完成度でしたが、きっとこの先も変化し続けていかれるのでしょう。

また行きたい…難しいけど。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

思わず美味いと声が出る、アンチェンジャブルな貝出汁ラーメン


JR横浜線淵野辺駅からちょっと東に出て南北に走るバス道路をひたすら北上し15分ほど歩いた右手にあります。住宅が続く中に突然あり、しかもちょっと奥まったところなので車で初回訪問時は絶対に通り過ぎるであろうわかりにくい立地。そんな条件でありながら行列の絶えない名店です。平日昼、店内3名待ち。

メニュー構成は濃厚牡蠣ソバ830円、濃厚牡蠣つけ麺1,000円の二本立てですが、つけ麺は6~8月の期間限定なのでほぼほぼ牡蠣ソバ一本という潔さ。サイドメニューも貝めし220円のみ。あとはトッピング各種と、時々限定メニューがあります。

この日は選択の余地がなかったので濃厚牡蠣ソバに貝めしのセットで。

20190301_121438
濃厚牡蠣ソバ 830円

まずスープの色。緑がかった茶色というか黄土色というか、ちょっと特殊な色をしています。そして一口いただくと、なんとも濃厚な牡蠣の旨味が口の中を支配します。初めて食べる人には結構衝撃的なんじゃないかと思います。コストかかってんだろうな~というスープ。量が少ないですが、まあ仕方ないかと。

このお店のあるあるだと思うんですが、スープを飲んだお客さんが思わず「美味い」と声を出しているのを何度も見たことがあります。お店を紹介してくれた連れの人への儀礼的な「美味いっすね」じゃなく本当に思わず声に出てしまったという「美味い」。伝わりますかねこの感じ。

麺は中太縮れ、スープの濃度と相まって絡みも良好。しっかりと歯応えがあり強いスープに負けていません。麺量もなかなか多く、口コミによれば170gとのこと。

チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、カイワレ、海苔と糸唐辛子。
香福豚という地元の銘柄豚を使ったチャーシュー。モチっとした歯ごたえがありながら非常に柔らかく噛み切れます。味つけは薄めですがスープや麺とともにいただくと絶品。穂先メンマは柔らかく味が濃い目のタイプでこちらも良。

20190301_121602
貝めし 220円

貝めしがこちら。貝出汁の炊き込みご飯でホタテとカイワレが乗ります。
これまた濃い目の味つけでそのままでも美味しいですが、やはり半分くらいは最後にスープ投入しておじやにするのがお勧めです。スープまで完食して大満足。

全体的に濃い目の味つけながら全く飽きることなく一気に食べ尽くしてしまいます。

まさにアンチェンジャブル。最近「唯一無二」だの「オンリーワン」だのと言ってばかりな気がしますが笑、本当なんだからしょうがないです。

あえて難点を挙げればワンオペのことが多く回転が遅めのところ。常にアルバイト募集の貼り紙があります。末永く続いてほしいお店なのでぜひどなたか応募してください。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

地元に愛された名店、平成とともにその幕を閉じる


小田急線鶴川駅から少し歩いた住宅街に佇む尾道ラーメンの名店。
営業時間が昼の2時間半のみという敷居の高いお店なのですが、このたび平成の終わりとともに閉店するという噂を聞き急ぎ行ってきました。

平日のランチ時間帯に到着。店内行列6人。その後も次々とお客さんが来店します。
調理は女将さんが一手に担い、ご主人さんは接客をするという役割分担。

尾道ラーメンの定義は諸説ありますが、醤油ダレに鶏ガラベースのスープと瀬戸内海の小魚煮干しの出汁を合わせ、麺は平打ち。そして見た目の特徴は豚の背脂を浮かせる、というのが一般的なイメージでしょうか。

待っている間にオーダーを聞かれます。
地元の常連客が多いようで、言う前からご主人さんがオーダーを当ててしまうお客さんが多数。

こちらは尾道ラーメンを標榜していますが、醤油だけでなく塩や味噌味もあります。
しかしここはやはり王道の醤油。そしてチャーシューの評判がかなり良いのでチャーシューメンにし、さらに中盛(1.5玉210g)にしました。閉店されるので悔いを残さないように注文も全力です笑

餃子の注文が多かったこともあり、到着から着丼まで20分ほどかかりました。

20190422_113715
チャーシューメン 900円 + 中盛 100円

見てください、このチャーシュー!
デフォのラーメンはこの半分くらいのサイズのチャーシューが2枚。
チャーシューメンはこの大ぶりのやつが豪勢に7枚。+250円でこれなら、自分は絶対にこっちですね。

鶏ガラベースに煮干し出汁を加えた優しいスープ。体にスーッと染みこんで、やっぱこういうの好きだよな~俺って日本人だよな~と思ってしまいます。煮干しはさほど強くなく風味を補強している感じですね。
後でけっこう喉が渇いたので恐らく強めの醤油ダレなのでしょうが、食べている最中はキツさは全く感じません。
表面の背脂はそれほどの量がなく、甘みと旨味のサポートを加えている印象です。

麺は中太ストレート。しっかりとした断面を持つかなり美味しい麺です。とは言っても「満鶏軒」の時に書いた昨今のセメント煮干しラーメン店のような細くてゴワ感あってパツパツなあれとは一線を画すしなやかな麺です。
あれはあれで好きなんですが、なんかつい焦ってワシワシ食べちゃうんですよね。たまにはこういう麺をゆっくり食べるのももいいな~。

具はネギ、メンマそしてチャーシュー。

このチャーシューが素晴らしい。

ホロホロ系なんですが箸で崩れるほどではなく絶妙な硬さが残っており、味もしっかり。そのままいただいても、麺と一緒に食べても、スープに浸しても、全部美味しい。
これが7枚も入っているんですよ。食べても食べてもなくならない幸せ。

半分以上食べたところでカウンターにあるおろしニンニクを投入し味変。これもまた合います。あっさり系ラーメンなのに、チャーシューとニンニクで食後感はガツン系の趣。

とても満足度の高い一杯でした。

2019年4月29日が最終営業日だそうです。
もう食べれないのがとても残念です。

ごちそうさまでした。



人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

このページのトップヘ