ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:ラーメン > 担々麺

担々麺専門店の魁、さすがの安定感


現在ではもはやブームと言っていいほどよく見かける担々麺。しかしここまでメジャーになる遥か前から担々麺一本でやっていたのが湯島にある「四川担担麺 阿吽」。
私個人が初めて汁なし担々麵を食べたのも、こちらの湯島本店。確認してみたら2009年のことでした。

大きな人気を博したものの、その後開業時の店主さんが店を離れ資本が入り、多店舗化。
この度新たな支店ができたので行ってみました。場所は新宿通り沿い、丸ノ内線の新宿御苑前と四谷三丁目、ふたつの駅のちょうど真ん中あたりです。

平日昼のピークを過ぎた時間帯に訪問。店内半分ほどの入りでした。

20190128_134320
黒胡麻つゆ無し 850円 辛3痺3 + 粉チーズ 70円 + 半ライス 50円

白胡麻黒胡麻、それぞれの汁あり汁なしとあるのですがこちらを選択。辛痺設定が細やかで、6段階の中から選べます(レベル6だけは+100円)。どちらも真ん中の3を指定。
ひき肉の量が多かった記憶があるので半ライス。粉チーズはなんとなくです笑

しっかりと混ぜ合わせてから食べ始めると…おお、コレコレ!記憶が甦ります。

具はひき肉、干しエビ、水菜、ナッツ。
個人的に思う阿吽の特徴はひき肉の多さ、エビ、そして麺のもっちり感。どれも色濃く感じられます。

たっぷり乗ったひき肉。粗びきでボソボソした食感ですが、噛むとコクが広がります。
そしてエビは食感だけでなく味の面でも結構主張しており、辛痺だけで平板になることを防いでいます。

平打ちの太麺はかなりもちもち。美味しいですが混ぜるのが大変です笑
辛さ、痺れどちらも3ですとそれほど強烈ではありません。普通の人が普通に美味しくいただけるレベル。強い人は4以上をお勧めします。
粉チーズを入れるともちろんまろやかになるのですが、特になくても良かったかな…

ライスまで食べてお腹一杯。

店主さんが店を離れて資本が入り、多店舗化。
正直ラオタが嫌うパターンですが、こちらは元々のお店の個性をきちんと認識してそのポイントを上手に押さえている感じがします。
色々変わったところはあるのでしょうが、それでも私は「阿吽ってこんな感じだったな」と思いました。

昨今は美味しい担々麺専門店が増え、お客さんの舌も肥えてきていると思いますが「さすが阿吽」と思わせる安定感でした。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

炸裂する超有名店のDNA


東急東横線綱島駅から10分ほど歩いた住宅街の中に突如現れる大行列。
それが「中華そば 笑歩」。これで「えふ」と読むそうです。

店主さんの修行先はあの「多賀野」。もうこれだけで美味いの確定ですよね笑
東急池上線荏原中延駅徒歩30秒で今も昔も大行列を作り続ける名店中の名店です。

多賀野は醤油・塩・酸辛担麺とそれぞれのつけ麺、さらにごまの辛いそば(担々麺)とメニューが豊富でしかも全部美味いという化け物のような店です。
それに対しこちらは醤油とつけ、そして数量限定でごまの辛いそばという構成になっています。

ラーメンデータベースなどの写真からも出身店のDNAを色濃く受け継いでいるのが見て取れますので、期待しかありません。

訪問したのは祝日。大行列店ということで遅めのランチ時間帯に到着したのですが、20人ほどの店外行列。その後もどんどんお客さんが来ます。

なかなか行列が進まず、結局着丼したのは到着の1時間後。

遅い時間にもかかわらず限定が残っていたのでごまの辛いそばに。そして大行列でそうそう再訪できないという判断が働き特製にしました。

20190114_145507
特製ごまの辛いそば 1,150円

ほら美味そう笑

見た目通りかなりクリーミーでゴマの薫りが立っています。辛味は意外と強い、という感じ。油断しているとむせるレベルですね。
そして全体を覆うしっかりした旨味。魚介も結構はっきり感じられます。やはりベースのスープの元値が高いのでしょう。一口飲むと美味いな~と笑ってしまう奥行きのある味わいで、味は濃いのに全体の印象は優しい。実に素晴らしいです。

麺は中太。しなやかかつしっかりした歯ごたえ。145gとのことですが、数字よりボリューム感を感じました。

具はラー油のかかった白髪ネギ、チャーシュー、刻みチャーシュー、ひき肉、味玉、メンマ、海苔。味玉以降とチャーシュー増量が特製の差分と思われます。
チャーシューや味玉の出来も良く、全体に抜かりなくビシッと作られた一杯ですね。
デフォの中華そばも食べてみたいです。

接客も細やかで感じが良く、ぜひ再訪したいお店のひとつです。ただ行列が長すぎるので行くには気合が必要ですね。

久々に多賀野にも行きたくなっちゃいました。

ごちそうさまでした。

このページのトップヘ