タオル補正

メンバーをつなぐ接着剤


乃木坂を語るにあたり用いられる「くくり」には様々なものがありますが、代表的なものがシングル曲の歌唱メンバーである「選抜」とその選に漏れた「アンダー」。
そしてかりんちゃんの思い出で書いた「所属軍団」、さらに加入時期による「1期2期3期4期」また学年による「~年組」となります。

ゆったんとかりんちゃんは共に93年組。在籍メンバーでは秋元真夏と高山一実というバラエティ番組に呼ばれるふたりが同学年。かつてインタビューで「コミュ力の93年組」と表現された猛者ぞろいです。

控えめで人見知りなメンバーでも居心地が良く、孤独にならない空間。
そんな乃木坂の良さは結成から8年近くもの歳月をかけて育まれてきたものではありますが、93年組のコミュ力による貢献もきっと小さなものではないはずです。

前述の記事の中で言われていたのがゆったんとかりんちゃんは「積極型」。自分から見知らぬ人とコミュニケーションを取りに行ける、乃木坂には少ないメンバーとのこと。
ちなみにかずみんは誰にでも優しい「全方位いい人」、真夏さんは後輩の面倒見がいい「役割発揮型」という分析でした。

かずみんの醸し出す穏やかな雰囲気や真夏さんが上手に後輩を励ます姿は冠番組などでもおなじみです。笑顔を絶やさない彼女たちは乃木坂の雰囲気の良さを象徴する存在と言えるでしょう。

そしてゆったんとかりんちゃんは、持ち前の積極的なコミュニケーションで接着剤の役割を果たしていました。

選抜とアンダーを、
1期と2期を、そして3期を
つないできたふたり。


ちょっと話が逸れますが、これを書いていて思い出したのが大昔の乃木どこ運動会企画。

競技に勝って喜ぶメンバーの輪に入れず所在なげにしていた柏幸奈(学業優先で乃木坂の活動にあまり参加できていなかった)を「聖母」深川麻衣がごく自然に手招きして一緒に喜ぶ、乃木坂とまいまいの良さが垣間見えた名シーンがありました。

タイプこそ違いますが、ふたりはあの時のまいまいのようにメンバーに手を差し伸べてきたのではないでしょうか。

例えばゆったんは性格的には対照的なイメージのある西野七瀬と大の仲良しでした。

一匹狼的な印象を与えるなーちゃん。そんな彼女の心を乃木坂につなぎとめていた要素のひとつに、ゆったん(そしてスイカ)の存在があったかもしれません。
「スイカに入って人生変わりました」と言わされた時のなーちゃんは本当に楽しそうでした。

そしてかりんちゃんは将棋界と乃木坂までつないでみせました。

坂道TVで棋士の中村太地さんに「乃木坂には品がある」と言わしめたのは、もちろん彼女の功績が大きいでしょう。きっと外仕事で乃木坂の看板を背負って、立ち居振る舞いに気を配っていたことと思います。素晴らしいです。


「しあわせになった人が 手を差し伸べる番だ」


この先、ふたりと同じ役割を担えるメンバーは出てくるのでしょうか。

伊藤純奈はコミュ力も高く期を跨っての人望もありそうなので適任ですが、たったひとりのスイカになってしまった彼女にその荷まで負わすのは少し酷な気がします。
(スイカも犬メンのように卒業後も集まる関係が続いてほしいですね)

3期や4期でふたりのような積極型がいるでしょうか。
岩本蓮加はコミュ力高そうですが、皆より年齢が下なのがちょっと。
となるとお姉さんの吉田綾乃クリスティーに期待したいところですが、彼女のコミュニケーションは焼肉に偏っているのが難点笑
4期では個人的には金川紗耶がいけるんじゃないかと期待しています。コミカルに振り切った演技を見せたプリンシパルの印象だけなので、なんとなくですが。

運営がそういう子を選んでいるのか、乃木坂に憧れて入ってきたから本人たちが寄せている笑のかはわかりませんが、3期4期もどちらかと言えば控えめな子が多そうです。

でも、大丈夫。

きっとこれまでふたりに助けられてきた誰かが立ち上がります。
そして今度は別の誰かのために手を差し伸べるのでしょう。


今はただ、ゆったんとかりんちゃんがこれまで果たしてくれた役割に感謝を伝えたいです。

ありがとうございました。