ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:ラーメン > つけ麺

べんてんのファンも唸らすその実力


2014年6月に惜しまれつつ閉店した高田馬場の大行列店「べんてん」(現在は成増で再開)。最終営業日には用意した130杯が朝6時10分に並んだお客さんで終了したという伝説が残っています。

そのスタッフだった方が開いたのがこちらのお店。
場所は地下鉄東西線の早稲田駅と神楽坂駅の中間、やや早稲田寄り。大江戸線の牛込柳町駅からも10分ちょいで歩けます。

メニュー構成はこちら。ラーメン800円、つけめん850円、塩ラーメン900円、新・塩ラーメン900円、焦がし正油ラーメン 950円、塩油そば900円、冷やし油そば900円。出身店を踏襲しつつ、さらに豊富なバリエーションを提供しています。
麺量は小150g、並250g、中350g、大盛650g、特盛1000gとボリューム満点。並と中が同額で小は100円引き、大盛200円、特盛300円。

平日昼で8人待ち。友人によれば所要時間の目安は「並びひとりあたり6分」とのことですが、大体この日もそんな感じでした。ワンオペで丁寧に作業されているので回転は良くありません。

若干緊張感のある店内。そしてべんてん同様に真っ昼間からビール中瓶(おつまみ付き)600円を頼んでいる方が大勢います笑

こちらは何を食べても外れがなく毎回悩むのですが、この日はつけめん中盛に辛味をプラス。

20190305_123801
つけ麺中盛 800円 + 辛味 100円

色の濃いつけ汁。スープのジャンルとしては豚骨魚介に入るのですが、いわゆる「またおま系」のような濃度やクドさとは無縁。むしろシャバ系です。
味の構成は山岸一雄さんの「東池袋大勝軒」の進化系で、出汁をガツンと効かせて甘さと酸味は控えめにした感じ。

動物系による太いコクと、魚々していないがしっかり効いている魚介、そして甘辛酸。そのバランスが高い次元で保たれていると言えばいいでしょうか。クセがないからどんどんいけて、味が濃いのに飽きがこない。なんとも絶妙なつけ汁。

そして麺。
ツルツルでのど越し抜群、かつきちんと腰がありプツッと切れる素晴らしい麺。ちなみに製麺機は「べんてん」から譲り受けたものを使っているそうです。
その美味しさゆえに腹パンパンになってもまだ入り「限界だと思ってからもうちょっといける」逸品です。

写真には写っていませんが、具は短冊状のチャーシューとメンマがたっぷりつけ汁に沈んでいます。そして海苔とネギ。

チャーシューそのものの味つけは薄めですが、厚みがあるので噛んでいくと肉の旨味が出てきて美味しいです。逆にメンマは味が濃いめ。

これらをあの極上麺と一緒に口いっぱいに頬張ると幸せなことこの上なし笑

辛味は甲殻類の風味と辛さを加えて味変アイテムとして非常に効果的。
でもデフォの味も大好きなのでなかなか投入できなくていつも持て余すんだよな…ちなみに辛さ自体はそれほどでもありませんが、意外と量があるので全て投入すると結果的にだいぶ辛く感じます。

スープ割をするとさらに魚介が香り立ち、毎回「あ~やっぱラーメンも食べたかったなあ」と思うまでがお約束。

店を出た時には美味しいものを思いっきり食べた感が残る、極めて満足度の高い一杯です。

多少の違いはもちろんあるのでしょうが、全体の印象としてはべんてんと遜色ないかと。
個人的にはとしおかの方がやや旨味が強くマイルドなように感じます。

べんてん同様、昼のみ営業で大行列と条件は厳しいですが、何度も行きたくなるお店です。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

時代を超えて支持され続けるクラシカル中華そばの現在形


東京メトロ有楽町線の地下鉄成増駅から地上に出てすぐの川越街道沿いに佇むこちらのお店。
開業は昭和59年。実に35年もの長きにわたり愛されてきた名店です。

実は「中華そば べんてん」に行ったのですが20人超の行列に怯み、ならばとこちらにやってきました。過去に3回訪問していますが、相当久しぶり。

平日の13時30分頃で店外待ち1名。ちなみに店内にも待ちがいます(人数忘れましたが2~3名だった気が)。回転はあまりよくなく着丼したのは20分後。
常連さんが多いようで、私がいた間ずっと誰かしらとフレンドリーに会話しておられました。

店内に入ると魚介のそそられる香りが充満しています。これですよこれ!
メニュー構成は基本の中華そばとつけ麺が醤油で、それに加えて塩らーめん。
今回はつけ麺をチョイスし、奮発して特製にしました。

20190121_134755
特製つけ麺1,100円

見た目は鶏ガラベースのクラシカルな中華そば系つけ麺に近いのですが、明らかに色が違います。濁っているというか茶色というか灰色というか。
一口飲むと…というか店内に充満する香りでその理由は明らかです。かなりビシッと魚介が効いています。その魚介を中心に動物系が支えるスープ。ある口コミでゲンコツ・豚足・鶏ガラと書いてあったので、豚がコクを足しているのだと思います。
個人的には若干しょっぱい気がしましたが、つけ麺ですので許容範囲。

一言で言うと、濃い。味が、ではなく出汁が。
クラシカルな中華そばの形態を保ちながら、厳選した材料を使って濃いい出汁を取り、その出汁とバランスが取れるようその他の要素もブラッシュアップしたという感じ。

まさにクラシカル中華そばの現在形。
数年ぶりの訪問でもまったく古さを感じないのは、きっと常にアップデートされているのでしょう。

公式サイトでもこう紹介されています。

 こってりしているわけでもなく、あっさりしているわけでもなく、しょっぱすぎず、辛すぎず、やさしくも懐かしい出汁の香りを楽しめるスープ。そのスープに優しくよりそう自家製麺。
 懐かしい気持ちになれる。けれども、古くない。古くないけど、新しすぎない。そんな中華そば。


麺は自家製。のど越しなめらかでありながらパツッとした歯切れの良さも兼ね備えた美味しい麺です。

具は2種類のチャーシューに味玉、メンマ、わかめ、海苔でつけだれ側ににネギとナルト。
特製は+300円でブロックチャーシューと味玉、わかめが追加かな?
大判のチャーシューはミッシリとした歯ごたえで味もしっかり。ブロックの方はややホロホロ系でこれまた良。味玉も上質ですね。ただデフォでもチャーシューが2枚乗るのでそれで十分な気もしました。

久しぶりでしたが「やっぱり道頓堀は美味い」と感じさせる一杯でした。未食の塩も食べてみたいですね。

比較的待ち時間が長いのと、常連さんと仲が良すぎてそうでない私には居心地がいまひとつ笑なのが難点ですが、いつか夜に来て飲んでみたいです。


ごちそうさまでした。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

このページのトップヘ