ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:乃木坂46 > 井上小百合

20190917_131947
そういえば私が観劇した2回はどちらも客席にサユリストはほとんど見かけませんでした。せいぜい5%ぐらいかなという感じ。平日の銀座という場所柄もあってか客層はお年を召した方が多かったように思います。

さゆとジョーと乃木坂と


主演の朝夏まなとさんが演じたジョー。
素晴らしかった。
最初は男勝りでガサツで頑なだった彼女。それがどんどん魅力的になっていく姿が圧巻でした。

モバメで本人も「ジョーの生き方に共感する」と言っていましたが、ジョーと井上小百合は似てると思います。ジョーが「結婚しない!」と叫ぶたびに、いやお前さゆかよと内心突っ込んでいました。

これ言ったら本人は怒ると思いますが、一幕のジョーは昔のさゆを思わせます。
なりたい自分があって、そのためにこうすべきだというのが凄く強くあって、それ以外を受け入れられない。
選抜発表のたびに涙を流していた、あの頃のさゆのようです。

でも、メグの結婚、そして何よりベスを看取ったことにより彼女は変わっていきます。

周囲の人も含めて自分であるということ。
形が変わっても、変わらないものがあるということ。絆なんて一言では表現しきれない、とても特別な強い結びつき。
それに気づいて大切な人たちへの愛情を身構えずに出せるようになった二幕のジョーはアンダラ2ndシーズン以降のさゆのようです。どんどん魅力的になることも一緒。

そして四姉妹の強い結びつきは、乃木坂みたい。
「マーチ家の女は無敵なのよ!」と、2017年神宮での「1期!1期!1期!1期!」のイメージがかぶります。

とここまで書いてきましたが、実は本人はこれと違うことを言っています。
舞台のアフタートークで自分と似ている登場人物をベア教授、その理由を「ジョーと出会って他者を受け入れていく感じが自分に似ている」と語りました。そして「自分にとってはジョーが乃木坂46」とも。

まあ当てはめた役こそ違いますが言ってる内容は概ね同じなので良しとしましょう笑


周囲への愛と感謝を抱いて、すべて満たされた表情で


そしてさゆ自身の演技について。

若草のベスと言えば『ガラスの仮面』北島マヤが劇団つきかげで初めて演じた由緒正しい役です。

公式Twitterには「井上さんがベスとしてそこに立っているだけで、なんだか胸の奥がツンとしてしまうくらいのハマり役」と書かれていましたが、サユリストならこのフレーズを読んだだけで胸の奥がツンとしちゃいますよね笑

一幕のベスは、愛らしさとピュアネスの権化みたいでした。まさにガチ天使。『夜曲』のサヨちゃんと似ているけれど、どこか違う。何だろう、と思いながら観ていました。

そして二幕に入ります。死期を悟ったベスがジョーと最後のお別れをする凧のシーン。初回観劇時、ここで泣くのは必死に我慢しました。でもその後のジョーが若草物語の着想を得て書きだすところ、他の姉妹たちがないものねだりをしている中で「ベスはただひとり満たされた表情をしていた」とジョーが表現したところでもう限界でした。

ああ、彼女の表情は「すべて満たされた表情」だったんだ。だからあんなにも尊く観えたんだ。
そう思った時に泣けて泣けて仕方ありませんでした。

満たされた心で目の前にあるすべてを愛したベス。

一幕のさゆは、見事なまでにベスでした。


2019.09.17 感動回


もうひとつ、どうしても書いておきたいことがあります。

2度目の観劇は9月17日のマチネでした。

スケジュールも後半に差し掛かり、カンパニーの息もぴったり。笑ってほしいシーンで笑い声が出る雰囲気の良い客席。

一幕のラスト、軍に入隊するブルックがメグにプロポーズするシーン。ふたりのデュエットが観客の心を震わせ、美しい余韻を残します。

二幕。
凧のシーンが始まり、客席のあちこちから鼻をすする音が聞こえてきます。

そしてこの日のベスはまさに絶唱でした。

個人的には舞台女優としてのさゆの最大のウィークポイントって、声量だと思っています。でもこの時は、彼女の舞台を何十回も観てきた私ですら「これは本当に井上小百合なのか」と思うような、力強くて声量豊かで、なのに儚さで胸が締めつけられるような歌声。

ジョーとベス、互いを見つめながら歌うふたりの間に愛情と寂しさ、そして感謝がほとばしり、それが観客を包み込みます。

 もう、行かせて

最後にベスがこう呟いた時、何人もの人が客席で肩を震わせて泣いていました。

無論、私もそのひとりです。

きっと彼女を初めて観た人たちの中にも何人かは、この日を境に井上小百合の名が刻まれたことでしょう。

この日、スタンディングオベーションが起きました。
東京千秋楽でも何でもない、普通の平日のマチネで突如発生したスタンディングオベーション。

ただただ心が震わされたからそれを伝えたくて、巻き起こった暖かい拍手。
それはまるで2014年10月16日のアンダラ2ndシーズン「感動回」のようで。

素晴らしいものを観せてもらいました。

20190917_131947
2019年9月に日比谷シアタークリエで行われた『リトル・ウィメン』、またも2回観劇してきましたのでレポートします。まさかこの年齢になって『若草物語』と接する機会があるとは…推しとは我々ファンを思いもよらない場所に連れて行ってくれるものですね。

超実力派キャスト10人による世界的名作


かの有名な『若草物語』ですが、私も幼少期に読んだきりで完全に内容を忘れていましたので、公式のイントロダクションとストーリーを載せておきます。

イントロダクション:

世界的名作小説『若草物語』とその続編『続・若草物語』を下敷きに、慎ましい生活の中にも喜びを見出し、助け合って困難に立ち向かう四姉妹とその母、そして彼らをとりまく人びとの物語を美しいミュージカルナンバーに乗せて描きます。

女性が職業を持って働くことが稀であった時代に、小説家をめざして世の中に漕ぎ出そうと奮闘し、夢をつかんでいくジョー。その姿は、いまだ窮屈の多い現代を生きる我々にも勇気を与え、また彼女を取り巻く家族との絆は身近な人の大切さを改めて感じさせてくれるでしょう。

ストーリー:

1865年。ニューヨークのカーク夫人(久野綾希子)宅に下宿するジョー(朝夏まなと)は、出版社から届いた手紙を読んで肩を落としていた。自ら持ち込んだ小説の、22回目の出版拒否を受け取ったのだ。同じく下宿人のベア教授(宮原浩暢)は「あなたの小説を気に入る人は必ずいる」とジョーを励ます。

時は戻ってその二年前のマサチューセッツ。メグ(彩乃かなみ)、ジョー、べス(井上小百合)、エイミー(下村実生)の四姉妹は、牧師として南北戦争に従軍した父を、母(香寿たつき)と共に待ちながら、慎ましくも明るく暮らしていた。ジョーは、物語を作っては姉妹たちに語って聞かせ、小説家になることを夢見ていた。

メグと共に初めての舞踏会に出席したジョーは、隣家のローレンス氏(村井國夫)の孫息子、ローリー(林翔太)と出会う。やがてローリーは姉妹の“5人目のきょうだい”となり、姉妹との絆も深まるが―。
公式サイトより引用)

今作の素晴らしさは、なんといってもキャスト。

まずアンサンブル専門の役者さんがいないのです。通行人役などもメインキャストのどなたかが担当し、わずか10人のキャストですべてが演じられます。
上のストーリーでは9人しか出てきませんがもうひとり、メグの夫になるブルック(川久保拓司)がいます。

そしてその10人がまた豪華。

朝夏まなとさんは元宝塚宙組トップスター。
彩乃かなみさん。元宝塚月組トップ娘役。
香寿たつきさん。元宝塚星組トップスター。
久野綾希子さんは元劇団四季の看板女優。
村井國夫さんは経歴を一言では表現できないのですが、TV・映画・舞台それぞれでもの凄い実績のある超ベテラン。ハリソン・フォードの吹き替え声優としても有名でインディ・ジョーンズやハン・ソロ役を演じておられます。

宝塚トップが3人に劇団四季の看板女優に村井國夫さんですよ。
村井さん以外の男性3人も年齢的には中堅どころでいずれも経験豊富な実力派。

そんな錚々たるキャストの中に放り込まれたアイドルふたり、我らが井上小百合とフェアリーズの下村実生さん。

皆さん素晴らしかったのですが、ここでは3人の方について書きます。

彩乃さんは本当に美しかった。思わず初回観劇後どんな人か調べてしまいました笑
それで元宝塚月組トップ娘役だということを知り、深く納得した次第。どちらかと言えば地味目の顔立ちだと思うのですが、舞台上でスイッチを入れた時の美しさは息をのむほど。そしてシーンごとに華やかさを出し入れするその巧みさにも驚きました。

ジャニーズJr.の林翔太さん。お顔は失礼ながら2.5枚目なのですが、歌声が素晴らしい。明るくて伸びやかで、若さと希望と育ちの良さを感じさせるローリーにぴったり。動きもキレッキレでさすがはジャニーズ入所19年目の貫録を感じさせました。

下村実生さんは初めてのミュージカルとのことですが、エイミーの駄々っ子だけど憎めないところを好演した一幕、レディに成長した二幕と劇中劇でのトロルといずれも存在感抜群。トロル役は完全に出オチなので、その日の客席の温まり具合によってはダダ滑りなこともあったと思いますが、皮肉でも何でもなく実に堂々と演じていました。

ジョーと喧嘩して仲直りをしたいのに素直になれないシーンでの「ベス…あなたみたいに優しくなりたい」「エイミーは優しいわ」というやり取りでエイミーの内面の愛らしさが見事に表現されていたのが印象的でした。


生きるとは変わること


わずか10人のキャスト。豊潤な音楽。舞台を彩る凝った小道具やリアルヴィンテージも織り交ぜた衣装。どこにも綻びのない美しく完成された世界。

こう書くと、ともすれば箱庭的な触れると壊れてしまいそうなものを想像するかもしれません。

しかしこの作品は決して閉ざされたものではありませんでした。

なぜなら、これは観る者にとって「私の物語」でもあるから。

昔から児童文学の傑作とされアニメ世界名作劇場にもなった『若草物語』ですが、この舞台は大人になった人たちにこそ沁みる内容でした。

憧れを捨てて現実の中にある幸せを見つけたメグ。
周囲を拒絶することが拙さだと気づいて自分を広げたジョー。
誰かを羨むことをやめて自分の中にあるものの価値を認めたエイミー。

変な言葉かもしれませんが「きちんと大人になってきた」人なら誰もが、彼女たち3人の姿に自分と重なる部分があるのではないでしょうか。

変わるとは汚れることじゃなくて成長すること。
その尊さと美しさ。

そんなことを感じさせる、美しく完成され、かつ力強い舞台でした。



タオル補正

手にした居場所


振り返れば、いくつかのターニングポイントがありました。

その最初のものは既に述べたアンダラ2ndシーズンです。

ここで見せた彼女のド根性と漢気。

以降、井上小百合は闘将・柱谷哲二ばりの「闘ってる感」を纏うようになります。
この頃からかつてのトレードマーク「大人に言われてやった」ツインテール姿は激減し、ライブでの凛々しいポニーテールが彼女の新たなイメージになりました。
全くの余談ですが、漢気が強すぎるあまり46時間TVの漢気じゃんけんで勝ち残ってしまったのも今となってはいい思い出です笑


そして2015年10月の舞台『すべての犬は天国へ行く』。

ひとりの演者としての彼女の可能性が観る者の目に明らかになった記念すべき舞台です。
外部から「狂った村」への訪問者として観客と同じ目線の狂言回しの役割を果たしつつ、徐々にその狂気に飲み込まれていくという役を見事に演じ切りました。
早撃ちエルザに扮する彼女の登場シーンで鳥肌が立ったのを今でも憶えています。


忘れてはならないのが2016年2月の『乃木坂工事中』での「かわいいが苦手」発言。

デビューから4年。自分のビジュアルにコンプレックスを持ちながらアイドルとしてのあるべき姿に囚われてきた彼女が、その呪縛から解き放たれた瞬間でした。
普通のアイドルグループなら「自分が可愛いとわかってて嫌味言ってんのかこいつ」と叩かれそうなところを乃木坂のビジュアルレベルの高さによって免れるというのも凄いですよね笑


こうして長い時間をかけてゆっくりと本来の自分を出せるようになり、自分の生きていく場所を見つけることができた彼女。

「ツインテールの妹キャラで泣き虫の守ってあげたい女の子」だったはずの彼女は、いつしか「凛々しいポニーテールの漢気キャラで誰かを守るために立ち上がる女性」へと成長していました。

笑顔の日ばかりではなかったけれど


ままならない乃木坂人生でした。

18枚のシングルで選抜入りしたものの、実にそのうち17回が3列目。2列目になったのは福神になった『いつかできるから今日できる』のわずか1回。

でも、素晴らしかった。

『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』と『行くあてのない僕たち』。
代表作と呼べる作品がふたつもできました。

どちらの楽曲も彼女が当時置かれていた状況とリンクし、それを残酷なまでに美しく描き出したMVが残っています。

運営の扱いはどこまでも「名脇役」どまりだったかもしれません。
それでも舞台ではヒロイン格を演じ続けてきました。

2014年:4月 帝一の國
2015年:6月 じょしらく、7月 帝一の國 ~決戦のマイムマイム~、10月 すべての犬は天国へ行く
2016年:3月 帝一の國 ~血戦のラストダンス~、4月 大人のカフェ 飲みかけで帰ったあの娘、5月 じょしらく弐 ~時かけそば~、10月 墓場、女子高生
2017年:5月 あさひなぐ、12月 夜曲
2018年:4月 若様組まいる~アイスクリン強し~、6月・9月 乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
2019年:3月 愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」、6月 TXT vol.1「SLANG」、9月 LITTLE WOMEN ~若草物語~、10月 フラガール

生き急ぐように舞台に上がり続け、そして最後は必ず想像を超えてきた彼女。

そんな日々の末に、夢である女優としての道が大きく開けました。


ままならない、それでも素晴らしき日々。

君じゃないとさ


あんなに可愛いのに「かわいいが苦手」で中身は男子小学生。
お金が大好き、でも使うのは人のため。口が悪い。言葉が少し足りなくてよく炎上する。
負けず嫌いで意地っ張りで、プライドと不安の間で行ったり来たり。

でもひとたびさゆ推しになってしまえば、そんなすべてが井上小百合でした。

普段はふざけた内容しか送ってこないモバメで、時々ポロっと吐露する本音がファンへの信頼を感じさせて嬉しかったものです。


そして、これほど推し甲斐のあるメンバーもいませんでした。

「自分が応援した子が階段を上っていく」ことこそ醍醐味と考えるアイドルファンの方には理解できないかもしれません。

でも、彼女を推してきたおかげで、色んな感情を味わい色んな景色を見ることができました。

毎回の選抜発表でドキドキして。
代表曲があって。全体ライブで見せ場もあって。
頻繁に舞台に出演して間近でその姿を観ることができて。
アンダラ2ndシーズンや中国シリーズでは決して忘れることのできない感動的な景色を見せてくれて。

乃木坂では極めて珍しい、泥臭く生き様を見せるタイプだった彼女。
あきらめない限り未来はあるということをその歩みで証明してくれました。

私自身、その姿に何度励まされたことか。


最後に例によって勝手ながら彼女の今後について考えてみます。

演技はもちろん歌もダンスも高いレベルで、なんならイラストも書けて料理も作れちゃう隠れ万能戦士なさゆ。
と言っても、もはや舞台女優としての姿しか思い浮かびませんね笑

そこで願うことはふたつ。

ひとつは乃木坂の後輩が『犬』を再演し、その時に鳥居みゆきさん演じたデボア役をさゆがやること。

もうひとつは、いつかどこかの舞台で伊藤万理華と共演することです。


井上小百合さんの8年間に、あらん限りの感謝を込めて。

残りの半年間がどうか笑顔に満ちた日々でありますように。


タオル補正

壮絶で濃密で劇的にして怒涛の2週間


始まったアンダーライブ2ndシーズン。
アンダー曲『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』のセンターを任された井上小百合は座長として臨みました。

しかし、15日間18公演という過酷なスケジュール。
全員出ずっぱり、踊りっぱなしのハードなセットリスト。
以前から痛めていた彼女の膝は限界を超え、ついに欠場という判断が下されます。

そしてその同じ夜、ネット上を駆け巡ったのがあのスキャンダルでした。

未曽有のバッシング。まさに乃木坂史上最大の危機。

凄まじい逆風が吹き荒れる中で迎えた10月11日、昼の部のこと。

六本木ブルーシアターに傷だらけの天使が舞い降ります。

両膝をガチガチにテーピングで固めながら、鬼神のごときパフォーマンスを繰り広げる井上小百合。大切なものを守るため、ボロボロになりながら立ち上がるアンダーメンバーたちの姿は観る者の心を震わせました。

こうしてアンダラ2ndシーズンは伝説となり、かつて「無職」と呼ばれたアンダーの存在価値は格段に向上します。

アンダーライブ2ndシーズンを題材にした小説を小説投稿サイト「エブリスタ」で公開していますので、よろしければこちらもどうぞ。


伊藤万理華との「さゆまり」さらに中元日芽香を加えた「温泉トリオ」。この日々を共に戦ったアンダラセンター3代は、戦友として特別な絆で結ばれることになります。

さゆまり、その闘いと挫折


その後、12thシングルで選抜復帰した彼女。
しかしこの先も決して順風満帆とはいきませんでした。

乃木坂の選抜はさらに硬直化が進んでいました。

星野みなみ、衛藤美彩、齋藤飛鳥とさゆまり。この5人が新たに選抜固定になり、前の記事で書いた「16人中13人固定」から「16人固定」へ。アンチかわしのため一時的に選抜落ちしていた堀未央奈を加えれば「17人固定」。「思い出選抜」枠もなくなり、もはや選抜に空きがないに等しい状況でした。

結果的にアンダーメンバーのファンの敵意は相対的に握手人気が劣っていた生駒里奈、万理華、さゆに向かいます。


そして15thシングル『裸足でSummer』。

運営にとってもこれ以上硬直した状態が続くとアンダーメンバーのモチベーションが保てないという苦渋の決断だったのでしょう。

選抜から落ちたのは、さゆまりでした。

結局、ふたりは運営に「便利屋」としていいように使われていた感があります。それは裏返せば信頼感の表れかもしれません。

ずっと選抜落ちしていないメンバーを落とすとモチベーションが心配だけれど、さゆまりならアンダーでもしっかりやってくれる。そんな計算があったのではないでしょうか。

歌番組で選抜メンバーの代打を務め、アンダーライブを成功させ、『じょしらく』『すべての犬は天国へ行く』『墓場、女子高生』とグループ内の舞台を牽引する。どこにいてもモチベーションとスキルの双方を高く保ち、結果を残し続けたふたりに対する甘え。今となってはそう感じられます。

一説によれば、万理華が卒業を決意したのはこの時でした。


罪滅ぼしのつもりか、ふたりにはユニット曲とMVが用意されます。

それが『行くあてのない僕たち』。

タイトルと歌詞を見たふたりは「何年も必死で頑張ってきたのに、まだ私たちには行くあてがないのか」と号泣したといいます。

それでもこの曲で観せた「背中合わせの相棒」感溢れるふたりのパフォーマンスは強烈な印象を残し、いつしか『行くあて』は名曲と呼ばれるようになります。

2016年神宮。アンダラ中国シリーズ。そして2017年さいたまスーパーアリーナ。どれも忘れられません。


そして2017年10月、伊藤万理華は躍進する3期生たちに道を譲るように卒業を発表。

彼女らしい、潔い引き際でした。


『逃げ水』のMVでスケバンニートに扮したふたりがセグウェイを転がして去っていくシーン。

今観るとなんだか切なくなります。

変わりゆく景色の中で


話をさゆのキャリアに戻します。

16thシングルで万理華とともに選抜復帰し、これ以降は活動休止した24thを除きすべて選抜入り。それでも3期生加入など厚みを増した乃木坂において、「選抜ボーダーメン」のそしりを受け、アンチの激しい攻撃は続きました。

ずっと目標にしていた福神入りは19thシングルたった1回でした。それも盟友・万理華の卒業福神と一緒だったのでまた「抱き合わせ」だの「記念福神」だのとバッシングされます。

握手人気がずっと選抜ボーダーラインあたりだったのも事実です。初期に高い握手人気を誇ったメンバーが早々にいわゆる「握手免除」になり、同じ土俵で勝負できなくなってしまったのも厳しかったように思います。

釣り対応ができないので握手人気が爆発するということもない。いわゆる「勘がいい」タイプではないしボキャブラリーもない(結果ちょいちょい炎上する)のであまり番組では活躍できない。そのため推し変・推し増しもそれほど期待できない。
(これ書いていて気づいたんですが、秋元真夏と真逆のスペックですね笑)

急速に大きくなるグループ。メンバーもファンも入れ替わり新しいものがもてはやされる中、地道に少しずつ少しずつファンを増やし一定の人気を保ち続けたのはむしろ称賛に値するのかもしれません。


2017年には温泉トリオのふたりが相次いで卒業します。

それ以降、常に「次はさゆではないか」という憶測が飛び交っていました。

本人からもいつしかギラギラしたコメントは影を潜め、グループとメンバーへの愛着、そして後輩たちへの信頼を公言するようになります。今にして思えば、自らの引き際を考え始めた多くの1期生と同じように。


2019年7月、全国ツアーへの不参加と24thシングルの活動休止が相次いで発表されました。これまで殺人的なスケジュールを押して参加し続けてきた彼女の不参加に、ファンはいよいよかと覚悟を迫られます。

そして、その日はやって来ました。

アンダラ2ndシーズンの初日から、ちょうど5年後のことでした。


続きます。
【乃木坂46考察】凍てつく地面を転がるように走りだそう ~井上小百合の卒業に寄せて④

タオル補正
ついにその日が来てしまいました。

2019年10月5日、公式サイト上で井上小百合さんの卒業が発表されました。

私にとっては8年間ずっと応援してきた推しの卒業です。
ずっと前から覚悟はしていましたが、だからといって受け止められるものでもないんだな、と今感じています。

言い尽くせぬ感謝を込めて、彼女の8年間を振り返りたいと思います。

ままならない日々


ままならない。
それが井上小百合の乃木坂人生でした。

本人も、ファンも、そしておそらく運営にとっても。

スタートした瞬間は順調に見えたのです。

つぶらな瞳、綺麗な鼻筋、小さな口。いかにも和風美少女という整ったビジュアル。ツインテールの妹キャラで泣き虫の守ってあげたい感。さらに戦隊オタというフックまで装備。普通のアイドルグループなら大人気で不動のフロントメンバーだったでしょう。
事実、結成直後のお見立て会では白石麻衣、高山一実に続く3番人気。

しかし、デビューシングル『ぐるぐるカーテン』では選抜入りするもポジションは3列目でした。

ただ、当時スタッフからは「(センターの)生駒里奈が太陽なら、君は月のような存在」と言われたそうです。想像ですが、「3列目から徐々に階段を上っていく」シナリオ候補のひとりだったのではないでしょうか。3列目とはいえこの後も5thシングルまでは中央付近に配置され続けたことからもそれが窺えます。

そして、その時既に最初の躓きがありました。
冠番組『乃木坂って、どこ?』で放送された選抜発表。そこで彼女は「悔しい、もっと上に行きたい」と涙を流します。控えめな態度で選抜された喜びを述べるメンバーたちの中にあって、感情を露わにするその姿はいかにも異質に映りました。
そして当然のことながら、アンダーメンバーのファンから激しいバッシングを受けます。

以降、さゆの乃木坂人生はアンチにつきまとわれるものとなります。


さらに彼女が入った乃木坂46は、これまでの常識が通じないグループでした。

アイドルは成長物語を見せるもの。
そんなセオリーに則り初代センターに選ばれたのは、田舎っぽさの中にキラリと光る原石感を漂わせる生駒里奈でした。その両サイドも当時10代半ばの生田絵梨花・星野みなみで固めるという定石通りの采配。

しかし、このフロント3人の人気は思うように上がりませんでした。

圧倒的な人気を得たのは白石麻衣・松村沙友理・橋本奈々未の御三家。後に深川麻衣も続きます。「綺麗なお姉さん」が人気上位を独占というのはこれまでのアイドルでは考えられないことでした。

AKB48の公式ライバルという成り立ちゆえなのか、「いかにもアイドル」というものに対しむしろ拒否反応を示すファンが多かったように思います。

これも、さゆにとって逆風でした。

女優志望の彼女にとって元々そのアイドル然としたビジュアルはコンプレックスでした。
しかしオーディションで何度も「女優よりアイドル向き」と言われ続け、そんなに言われるなら前向きにそれを活かしていこうとアイドルに。それなのに、なんとそこでもそのビジュアルが裏目に出るという考えられないほどの皮肉。

余談ですが、初期にツインテールをしていたメンバー(さゆ以外では川後陽菜、斎藤ちはる、中元日芽香、星野)は例外なく人気面で苦戦していました。

そして抜群の握手対応により西野七瀬が一気にトップグループ入りを果たします。
泣きながら「太った鳩が好きなんです」と語る衝撃の名場面でなーちゃんは守ってあげたいキャラの座も手にし、逆境から階段を上るシナリオも彼女のためのものとなります。

他にも秋元真夏、衛藤美彩らが「釣り師」と呼ばれるほどの対応の良さで握手人気を伸ばしていく中、さゆは伸び悩みます。後に明らかになる彼女のパーソナリティを見れば、さもありなん。釣り対応なんて、どだい無理な話だったんです笑

下がっていく序列


気がつけば、デビューから6枚目のシングルまで彼女のポジションはずっと3列目。

太陽であるはずの生駒ちゃんが輝きを失うのと比例するように、それを反射して輝く月のさゆも存在感を失っていきます。

手が届きそうだったはずの福神は、いつしか遠いものになっていました。

初期の乃木坂において、選抜は16名中13名が固定というイメージがありました。
3rdシングルで共に初選抜となったまいまいと若月佑美が、そして4thでサプライズ復帰した真夏さんが選抜固定メンとなる過程で、中田花奈、斉藤優里、市來玲奈といった選抜固定と思われていたメンバーがアンダーを経験します。
そして残る選抜固定メンのうち、生駒、星野、井上の3人が「ゴリ押し」呼ばわりされアンダーメンバーのファンから激しい憎悪を向けられます。

ここでも増幅するアンチ。

そしてついに。7thシングル『バレッタ』での2期生堀未央奈のセンター抜擢というサプライズの煽りを受ける形でアンダーに落ちます。

続く8thでもアンダー。

ただ、この期間に彼女にとって大きな意味を持つ出来事がふたつありました。

2014年4月13日の幕張メッセで開催された、シーズンゼロとでも言うべき初のアンダラ。
そして樋口日奈とのWキャストでヒロイン美美子を演じた、舞台『帝一の國』。

アンダラと舞台。
このふたつが彼女の未来を変えることを、まだこの当時は知る由もありません。


9thでは選抜に復帰し喜んだのも束の間、なんと選抜期間中に冠番組で彼女の発言がオンエアされることは一度もありませんでした。
完全なる、空気。

10thでは当然のように再びアンダーへ。

正直、当時は私自身も落胆しこう思っていました。

ああ、序列っていうのはこうやって下がっていくんだな。そして二度と取り戻せないんだな。
このままアンダーに定着して、尻すぼみのまま卒業していくんだろうか。


迎えた10thシングル期間。

そこで待ち受けていたのは、想像を絶する極限の日々でした。

アンダーライブ2ndシーズンです。


続きます。
【乃木坂46考察】頼りない君もいつしか僕らを救う明日の羽になった ~井上小百合の卒業に寄せて③

このページのトップヘ