ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:アンダラ

びーむ色調補正3

圧倒的逸材の苦悩


最後のポイントはアンダラ初登場となる久保ちゃんでした。

他の3期生たちは20th、21stシングルのアンダラに参加してステージを経験していました。
つまり、今回彼女だけが曲と振り付けをいちから覚えなければならなかったのです。

彼女は3期生の中でも早くから頭角を現しました。
舞台『3人のプリンシパル』では最多の第2幕選出回数(15回中11回)。
『Seventeen』で3期生初の専属モデル。
地元宮城の銘菓「萩の月」の菓匠三全のCM起用。
そして乃木坂の20thシングル『シンクロニシティ』では初選抜初福神。

圧倒的な歌唱力と高い演技力、そして舞台度胸。
乃木坂感溢れる儚げなビジュアル。それとは裏腹の高いトークスキル。
そして誰にも負けない乃木坂愛。

どこからどう見ても逸材。
あの「怪物」生田絵梨花の後継者に推す声が上がるほどのポテンシャル。

まさに、乃木坂の未来。

このまま選抜、いや福神に定着し、いずれはセンターを張る人材。
私個人もそう思っていました。

しかし、持っているもののあまりの大きさと、そして強すぎる乃木坂への愛情が生来ネガティブ思考である彼女を苦しめることになります。

体調を崩し、活動休止。

21stシングルと夏の間の活動をほぼすべて不参加だった彼女は、22ndシングルで選抜に選ばれることはありませんでした。


私は正直心配でした。

3期単独ライブや2017年7月神宮での期別ライブで彼女が見せた溢れんばかりのキラキラ感。

あれは失われてしまったのではないか。

そんな恐怖に近い予感がありました。
事実、ライブ開始から数曲の間は彼女の姿を探してもなかなか見つけられませんでした。

でもすべてが杞憂でした。

『私のために 誰かのために』が流れ始め。

久保史緒里は、あのキラキラ感をまき散らしていました。


お帰り。

そう語りかけるような笑顔で歌うかりんちゃんとずんな。

ろってぃー、ちはる、じょーさん。アンダラのいわゆる歌うまメンが今年相次いで卒業する中、現在のアンダラを歌で支えているふたりです。

ふたりと久保ちゃんが微笑みあいながら織りなすハーモニー。

2期生のふたりが後輩の復活を温かく祝福する光景はとても胸に迫るものでした。


おそらく、活動休止さえなければ、彼女がアンダラに参加することはなかったでしょう。

しかし彼女にとってアンダラは約束の場所でもあったのです。


「久保ちゃんがたまに、ひめたんに見えました」


彼女が乃木坂を好きになったきっかけは『何度目の青空か?』。
そう、伝説のアンダラ2ndシーズンの時のシングルです。ここでは多くは語りませんが、いわくつきのあの曲です。

そして初めて乃木坂をTVで観たのが2014年大晦日のCDTV年越しライブ。その時披露されたのがこの『何度目の青空か?』でした。深夜であるため出演できなかった生ちゃんに替わりセンターを務めたのは、2ndシーズンの極限の日々の中、毎日センターとしてこの曲を歌い続けた井上小百合でした。

さらに初めて生で乃木坂を観たのもアンダラでした。中元日芽香が座長として乗り込んだ2016年のアンダラ東北シリーズ。集客面で大苦戦しアンダーメンバーが大きな挫折を味わった公演でしたが、その観客席で感動に身を震わせていたひとりの少女。

それが久保ちゃんでした。

この時の衝撃で彼女は乃木坂入りを熱望するようになります。

2016年9月、3期生オーディションに合格しその夢をかなえた久保ちゃん。

2017年5月、3期生ライブが開催された際に、彼女はあの曲のセンターを任されます。

『何度目の青空か?』。

まさに運命の子。


運命のいたずらが彼女の復活の舞台にアンダラを選びました。

まして座長は2017年アンダラ九州シリーズ、ひめたんの最後を隣で見送ったきいちゃん。

現実は時に、なんてできすぎたシナリオを描くのでしょう。


初日のステージを観た井上小百合はこう言っています。

「久保ちゃんがたまに、ひめたんに見えました」

アンダーセンターを最も多く務めた人。
アンダーの苦悩と輝きの両面を残酷なまでにその身に纏ってしまった人。
そして久保ちゃんに「絶対乃木坂に入る」という決心のきっかけを与えてくれた人。

2017年11月の東京ドーム、最後の『きっかけ』で花道を歩き出したひめたんの手を握り、泣きじゃくっていた久保ちゃんの姿が忘れられません。

ひめたんの代表曲『君は僕と会わないほうがよかったのかな』で場内がピンク一色に染まる中、花道を歩いてきた久保ちゃんの姿は本当にひめたんのようで。

胸が締め付けられました。


デスティニー・チャイルド久保史緒里、堂々の帰還。

彼女は今も、乃木坂の未来です。


変わりゆくもの、受け継がれるもの


アンダラは変わりました。

初期アンダラのヒリヒリするような緊張感はもうありません。

でもあの頃と同じように魂をたぎらせる、きいちゃんのようなメンバーがいます。
アンダラの成長を誇りに思い、後輩に引き継いでいく川後Pをはじめとする先輩たちも。

そして乃木坂愛に溢れる3期生たちは、きっとアンダラの歴史を、その素晴らしさを受け継ぎ、4期生にも伝えてくれるでしょう。


2019年1月時点で、1期生はとうとう15人にまで減りました。

ななみん卒コン、そしてその翌日から3期生がライブに参加し新体制となった2017年2月と同じように、なーちゃんの卒コンと4期生の加入により、また乃木坂は新しい段階に入ります。

でも大丈夫。

この日のアンダラを観て確信したことがひとつあります。

乃木坂は変わり続ける。

でも、乃木坂であり続ける。


長々と書いてしまったアンダラ東京公演レポもこれでようやく終わりです。

お付き合いいただきありがとうございました。


前へ      次へ
5/5ページ





びーむ色調補正3

反骨の炎の果てに


アンダラのこの日のポイント2は川後Pの卒業でした。

アンダラ皆勤賞。

それを初めて聞いた時、彼女は「悔しくて泣いた」そうです。

なぜならそれは2014年4月のアンダラ開始から4年8ヶ月の間、一度も選抜に上がれなかったことを意味しているから。

しかしこの日、彼女はこう語りました。

「私が誇れるものがあるとしたら、それは乃木坂46のメンバーで一番ライブをやってきたということです」

その曇りのない笑顔を見た時に思いました。


ああ、もう本当に「反骨」のアンダーは終わったんだ。


意味わからないですよね笑

さゆ推しである自分にとって、初期アンダラ、特に2ndシーズンが至高です。

初期アンダラ。

当時、今からは想像できないほど選抜とアンダーには格差がありました。
率直に言って、選抜メンバー推しのファンはアンダラにほとんど興味を持っていませんでした。
一部の心ないファンはアンダーを「無職」「2軍」と揶揄し、アンダラのことを「アンダー固定メンバーのガス抜き企画」と笑いました。

運営からも最初は「ビジネスにならない」と判断され、楽天カードの販促イベントとしてスタート。
握手券3枚での特典会として募集してもまったく応募がなくメンバーがブログでファンに呼びかけるという屈辱。
アンダラスタートから2年たち、武道館公演まで成功させた自信を胸に挑んだ東北シリーズでまたも集客できず、心をへし折られたこともありました。

何度も何度も現実に打ちのめされながらも、反骨の魂を燃やし選抜を食ってやろうと全員が懸命に闘っていた、あの頃のギラギラしたアンダラが忘れられません。

当時と比べると、正直言ってこの日の客席の雰囲気は若干物足りなく感じました。

当たり前ですよね。

当時のアンダーは、冠番組さえ出演させてもらえず、もちろん外仕事なんてものもない。全体ライブでの見せ場も全くない。

メンバーもファンも、アンダラにすべてをかけるしかなかった。
そしてそれすら次回開催の保証などなく、いつ終わるかわからなかった。

それに対し現在ではアンダーメンバーも当たり前のように『乃木坂工事中』や『NOGIBINGO!』に出演できます。全体ライブではアンダーのコーナーが設けられて、舞台やグラビアの外仕事も定期的にあり、かりんちゃんに至っては全国ネットでのTVレギュラーまで持っています。

そしてアンダラ自体、乃木坂の重要コンテンツとしてほぼ毎シングル開催されています。

当時のような切迫感など望むべくもありません。


でも、もういいじゃないか。

闘って闘って、ようやく得た平和なんだから。

現在のアンダーの地位、それはこれまでアンダラで己の魂を削るようなパフォーマンスをしてきたメンバーが勝ち得たものなのだから。

アンコール、『帰り道は遠回りしたくなる』の大間奏できいちゃんとくるくる回りながら笑顔で顔を見合わせる川後P。

そのやり切った誇らしげな表情に、素直にそう思いました。


未来も希望もなかったアンダーが、今こうして乃木坂の重要なファクターとして確立されている。

アンダラの守護神として、その道のりすべてを見届けてきた人が、この日卒業しました。


毒舌だけど、それはメンバーのことが大好きでよく見ているから。
だからこそメンバーをプロデュースすることができて。
でも自分をよく見せるのはちょっと苦手でついつい自虐に走ってしまう。

本当はきっと素直でいい子なのでしょう。
あの橋本奈々未が可愛がっていたのですから。

MCで楽しそうに彼女とのエピソードを語る佐々木琴子を見つめて穏やかに微笑む川後P。
その表情は、彼女が敬愛してやまない「聖母」まいまいを思わせるものでした。


川後陽菜さん、7年間お疲れさまでした。



まだ続きます。

前へ      次へ
4
/5ページ





びーむ色調補正3

北野日奈子とアンダラの物語


続いてこの日のポイント1、きいちゃんのセンターについて。

これまであまり語られてこなかったと思いますが、きいちゃんにとってアンダラはとても特別なものです。

それは彼女の歴史を振り返るとよくわかります。


『バレッタ』での堀ちゃんサプライズセンターに続く2期生抜擢第2弾として『気づいたら片想い』で選抜入りした彼女。

しかし当時の彼女はパフォーマンス力も見せ方も芸能人オーラも、何もかもが先輩たちと比べて見劣りしました。(あくまでも当時は、の話です)
音楽番組でのこわばった表情と全く踊れていなかった姿を思い出します。率直に言って悪目立ちしていました。

さらに次のシングルで自身は選抜落ち。それだけでなく、彼女に続く2期生抜擢第3弾はありませんでした。

「自分がダメだったから、次に繋がらなかったんだ」

そう思ったと、後にきいちゃんは語っています。

そんな失意のどん底にあった彼女。しかし試練はまだ続きます。

それが9枚目のアンダラ、通称1stシーズンへの参加でした。

当時の2期生たちはほとんどが「研究生」という扱いでアンダラも一部の曲のみへの参加でした。しかし既に選抜を経験していたきいちゃん、そしてOLアイドルとして活動をはじめていたまいちゅんのふたりだけは正規メンバーに昇格していたため全曲参加。

ファンにとって出番が多いのは何よりも嬉しいこと。
しかし、どの曲も初めて踊るきいちゃんにとって、それは恐怖でした。ましてや彼女はダンスが特に苦手。

選抜で何もできず打ちのめされ、選抜落ちで落ち込んだところにアンダラで沢山の曲をパフォーマンスしなければならないという恐怖。

今回きいちゃんが「久保史緒里はひとりだけ初めてのアンダラ参加になるから…」と気遣う言葉を発していたのは、きっとこの時の経験から来たのではないでしょうか。

勝手な想像ですが、何もできない当時のきいちゃんを、永さんをはじめとする先輩たちが必死にサポートしたんだと思います。そして彼女もそれに懸命に食らいついたのでしょう。


真ん中に立つということ


そして経験したアンダラ。

そこできいちゃんが目にしたのは、ふたりのレジェンドの姿でした。

無料でも人が入らなったアンダラをわずか3ヶ月でチケット即完のライブにした「カリスマ」伊藤万理華。

過酷なスケジュールと自身の負傷欠場、さらにまっつんのスキャンダルによる凄まじい逆風の中、日々最高潮を更新するような鬼神のパフォーマンスを見せた「炎のセンター」井上小百合。そして2ndシーズンは伝説となりました。

この伝説の日々を題材にした小説をnoteで公開しています。
有料記事ですが全14話中の第4話までは無料で読めますので、よろしければこちらもどうぞ。


真ん中に立つことの意味と覚悟と恐怖、そして素晴らしさを、きいちゃんはふたりから学んだのではないでしょうか。

本編最終ブロックは既に書いた通り、初期アンダラのようにノンストップで踊りまくる構成。その全ての曲できいちゃんはセンターを務めました。

全てを背負って真ん中で踊っていたあの頃のさゆまりのように。

威風堂々。そう表現したくなる見事なパフォーマンスでした。

楽曲『アンダー』への想いを語ってから、1万人のファンの前でソロダンスを踊るきいちゃん。

その凛とした姿は、極寒の西武ドーム3rd YEAR BIRTHDAY LIVEの『咄嗟』でソロダンスを踊った井上小百合と重なるものでした。

さゆまりセンターなんて正直大昔です。メンバーもファンも大幅に変わりました。
でもこの日のきいちゃんの姿を見た人たちはきっと何かを感じたことでしょう。

そうやって何かが受け継がれていく。

そう信じています。


ダンスが楽しくなってきた3rdシーズン、選抜落ち即座長の堀ちゃんとの確執、永さん卒コンでの「卒業許しません!」、盟友ひめたんを見送った九州シリーズなどなど、きいちゃんとアンダラにまつわる物語は他にも山ほどありますが、長くなりましたので今回はここまでにします。


まだ続きます。

前へ      次へ
3
/5ページ





びーむ色調補正3

気概あふれる強気のセトリ


まずはこの日のセットリストをご覧ください。

Overture
M1.初恋の人を今でも(センター:北野日奈子)
M2.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(センター:北野日奈子)
M3.転がった鐘を鳴らせ!(センター:渡辺みり愛)
M4.My Rule(センター:樋口日奈)
M5.ブランコ(センター:寺田蘭世)
M6.自由の彼方(センター:鈴木絢音)

MC

M7.遠回りの愛情(センター:岩本蓮加)
M8.私のために 誰かのために(センター:久保史緒里/伊藤かりん、伊藤純奈)
M9.傾斜する(センター:渡辺みり愛)
M10.君は僕と会わない方がよかったのかな(センター:中田花奈)
M11.満月が消えた(センター:阪口珠美/川後陽菜、佐々木琴子、吉田綾乃クリスティー、和田まあや)
M12.君に贈る花がない(センター:北野日奈子/寺田蘭世、中田花奈)
M13.誰よりそばにいたい(センター:北野日奈子)

MC

M14.自惚れビーチ(センター:鈴木絢音)
M15.シークレットグラフィティー(センター:樋口日奈)
M16.左胸の勇気(センター:山崎怜奈)
M17.13日の金曜日(センター:岩本蓮加)
M18.狼に口笛を(センター:和田まあや)

MC

M19.アンダー(センター:北野日奈子)
※北野日奈子ソロダンス
M20.嫉妬の権利(センター:北野日奈子)
M21.制服のマネキン(センター:北野日奈子)
M22.インフルエンサー(センター:北野日奈子)
M23.ここにいる理由(センター:北野日奈子)
M24.日常(センター:北野日奈子)

EN
EN1.帰り道は遠回りしたくなる (センター:北野日奈子)
EN2.孤独な青空(センター:北野日奈子)
EN3.サイコキネシスの可能性(センター:北野日奈子)

MC

EN4.乃木坂の詩(センター:北野日奈子)
EN5.ハルジオンが咲く頃(センター:川後陽菜)


どうですか。アンダラらしい、気概あふれるセトリではないでしょうか。

シングル表題曲はわずか4曲。
そのうち『帰り道』と『ハルジオン』は川後Pを送る意味合いが強いでしょう。

そして残る『マネキン』と『インフルエンサー』は本編最終ブロックで使われました。直後のかりんちゃんMCによれば「初期アンダラのようにノンストップで踊りまくる」というコンセプトのこのブロック。セットも何もなかった初期アンダラを再現するため、敢えてオーロラビジョンをオフにしたとのこと!(場内は故障かとどよめいていましたけれど)

極論すると「知っている曲をやってファンを煽る」ために使われたシングルが1曲もないのです。

強気~笑


歴史とびーむと和田まあやの激情


話を最初のブロックに戻すと、ここがまたいきなり熱い。
アンダラ2ndシーズンの本編ラストを飾った『初恋の人を今でも』からという意外なオープニング。そして続けざまに当時のアンセム『咄嗟』。
そして「温泉トリオ後」のアンダラを支えてきた歴代センターが入れ替わり登場という怒涛の流れ。

過去へのリスペクトを表しつつ現在の主役たちを一気に紹介するかのようでした。

MCを挟んでの第2ブロックでは毎回楽しみなユニットコーナー。メンバーや選曲が意外なものもあればなるほどと唸るものもあり。

間違いなくこの日のハイライトのひとつであろう『私のために 誰かのために』もこのブロックで披露されました。この曲については後述します。

そして、アンダーセンター最多記録保持者、いつも笑顔でびーむを放ち続けたあの人のことを思い出して切なくなったのもここでした。
『君は僕と会わないほうが~』ではあの日のドームのように場内がピンク一色に染まります。さらにサンエトの『君に送る花がない』を3人で、つまりそこにいるオリジナルメンバーだけで歌いました。

続く第3ブロック。
絢音ちゃんとひなちまがそれぞれの代名詞で大盛り上がりした後、畳み込むように初期アンダー曲の3連発。

その中でも白眉はまあやの『狼』センター。

末っ子。おバカな愛されキャラ。でもどんどん後輩ができて、きっと焦りもあって。
ろってぃー、ちはる、じょーさん、川後Pとアンダー常連となってしまったメンバーたちが今年次々に卒業を発表して。

勝手な想像ですが、もの凄く期するものがあったんじゃないかと。

曲もアンダラ1stシーズンからブチ上げ曲としてセトリの中核を成してきた『狼』。
力みすぎた煽りから一転、圧巻のダンスを見せたまあや。
観る者の感情を揺さぶる、素晴らしいセンターでした。

ラスト2ブロックについても後述します。


まだ続きます。

前へ      次へ
2
/5ページ





びーむ色調補正3

乃木坂の2018年ライブ納めはアンダラだった


2018年、破竹の勢いで進撃を続けた乃木坂46が年末に送るビッグイベント。

それがアンダーライブ、通称アンダラ。

ご存じない方のために簡単に説明しますと、乃木坂46ではシングル曲の「選抜」(=歌唱メンバー)に「選ばれなかった」メンバーのことを「アンダー」と呼び、このアンダーメンバーのみで行なうライブがアンダラです。

2014年春にスタートしたアンダラですが、当時は無料でも集客できませんでした。しかしメンバーたちの必死の努力により何度も何度も崖っぷちの状況を乗り越え、今では常にチケットは即完売。乃木坂屈指のキラーコンテンツにまで成長しています。

乃木坂アンダーのこれまでの道のりについて知りたい方は、アンダーベストアルバム『僕だけの君』初回生産限定盤に付属する特典DVD「The Best Selection of Under Live」がオススメです。


ついでながら、私もアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたnoteで公開しています。当時の背景やメンバーたちの闘いを詳しく(暑苦しく)描いていますのでよろしければこちらもどうぞ。(有料記事ですが全14話中の第4話までは無料で読めます)


今回、幸いにも2日目(千秋楽)のチケットを入手できたので参戦してきました。
実はアンダラ参戦は久しぶり。自分の推しが井上小百合なので、2016年9月24日のアンダラ中国シリーズ千秋楽@周南市文化会館以来、2年3ヶ月振りでした。

ちなみにこの中国シリーズ千秋楽も「さゆまり最終章」そして「ひなちま王位継承」という心揺さぶられる素晴らしい内容でした。いつか機会があればこのライブについても書きたいと思います。


この日の注目ポイント


開演前、個人的に注目していたのは以下の3つでした。

1. センター北野日奈子
 長い休業期間を経て復活したきいちゃん。写真集発売という追い風もありますが、センターの重みを知る彼女が初めての単独センターという重圧にどう立ち向かうのでしょうか。

2.川後陽菜の卒業
 過去すべてのアンダラに参加してきた唯一のメンバーである川後Pが、この日ついに卒業します。
 何を語り、何を残すのでしょうか。そしてメンバーたちは何を思うのでしょうか。

3.久保史緒里の初参加
 3期生の中でも早くからエース級の活躍を見せ福神も経験した久保ちゃん。しかし体調不良による休業もあり今回はアンダーとなりました。ただひとりの初参加となるアンダラで、彼女はそこにどう融合するのか、それとも浮き上がるのか。そこに注目していました。


そしてライブが終わった時、まず思ったのは。

アンダラは変わった。それでも、確かに受け継がれているものがある。


続きます。

前へ      次へ
1
/5ページ




このページのトップヘ