ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:神宮

びーむ色調補正3

そして何かが託された


アンコールからは桜井玲香卒業セレモニーでした。

ドレスを着て登場した彼女がひとりでファンに語りかけます。
そして歌われたのは、この場が最初で最後の披露となるソロ曲『時々 思い出してください』でした。最初は笑顔だった桜井。しかしステージ上に登場してきたメンバーの寂しさを感じ取り、自らも涙を流します。

続く曲は『夜明けまで強がらなくてもいい』。
イントロの4期フロント3人と先輩が手を取り合う振り付け。遠藤さくらの手を取った桜井が何か語りかけ、感極まったさくちゃんは力強く頷きながら顔をくしゃくしゃにして泣き出します。そこに被さるファンの「オイ!オイ!」の絶叫。いやあ、あれはグッときました。

「あとは任せたよ」なのか、それとも「あなたなら大丈夫」か。
初代キャプテンから、未来のエースへ。何かが託された瞬間でした。

桜井玲香の『夜明けまで』。大阪ドームと神宮、わずか4回しかステージ上では披露されなかった特別なものです。正直この曲あんまりだったんですがこれを見せられては抗えるはずもなく、好きな曲のひとつになりました。
ちなみに以前の記事で「ヘイはいらん」と書いたのですが、ライブではめちゃめちゃ盛り上がります笑


継承の儀式が済んだところで『ロマいか』から『僕だけの光』。
そしてトロッコで場内一周しステージに戻ってきた桜井が叫びます。「にゃんが来てくれたよ~!」。ただひとりこの日のステージに参加していなかった井上小百合がここでサプライズ登場!

この日は出演するミュージカル『リトル・ウィメン』の開幕2日前。既に劇場入りして劇場稽古を行なっている切羽詰まった状況の中、キャプテンの最後を見届けるために駆け付けます。
94年組。他星ユニット。犬メン。いくつもの共通点を持つふたりの間にはファンに見えている以上の深い結びつきがあるのでしょう。

そして先日卒業を発表した井上小百合にとってもこれが最後の神宮となりました。


思い出で散らかった部屋を出てゆくよ


次期キャプテン秋元真夏から心のこもった手紙が読まれ、最後はやはり『乃木坂の詩』。
涙にくれるメンバーに囲まれながら桜井は笑顔で最後の挨拶をし、退場していきました。

それでも「玲香」コールが鳴り止みません。

それに応えて駆け出してくるメンバーたち。そして歌われたのはなんと『会いたかったかもしれない』!!

ここでこの曲を持ってくるか!

AKB48の公式ライバルとしてスタートした乃木坂の歴史。
オケも歌詞も同じ、メロディラインをちょっといじっただけの、タイトルからしていかにもネタ先行の秋元康の思い付きっぽい曲。「パチモン」と呼ばれAKBファンから嘲笑されたけれど、ライブではやたらと盛り上がるので初期のセットリストでは重宝されていた曲。
しかし乃木坂が独自の個性と評価を確立した現在となっては歌われる機会も減っていました。

個人的には最初のプリンシパルが忘れられません。Bフレでメンバーが両サイドのカメラに駆け寄るシーンを下手側最前列で観た時に「一体俺はどこを見ればいいんだ!可愛いが多すぎて脳が処理できない!」と思ったあの日の衝撃。まあこれは完全に余談ですが。

この曲が選ばれた理由はきっと、
初心に返る。

言葉にするのは簡単だけれど、あまりにも状況が変わってしまった今となってはとても難しいこと。

初めて撮影したMVで、何が正解かもわからないままただ懸命に言われることをやっていたあの頃、メンバーもスタッフもそしてファンさえも、乃木坂がここまで大きくなるとは誰も思っていなかったあの頃へ。

私も、乃木坂46も。
もう一度、初心に返ろうよ。

そんな桜井玲香からのメッセージではないでしょうか。


最後に場内を一周する彼女の前に現れたのは相方、若月佑美(この日も相変わらず驚くほど美形!)。

「よく頑張りました」

この言葉にすべてが込められていた気がします。


セレモニーの中で桜井玲香はこう語っています。

「グループの外で、これからも乃木坂を作り続けていく」

私が外の世界でグループの価値を上げてくる。そう言ってるんです。

見ようによってはもの凄い自信。
でも、彼女だからこそ言える言葉。

全方位にハイスペックなポテンシャルを持つ彼女。これまではグループのことを第一にして、どこかブレーキをかけていた部分があったのかもしれません。

でもこれからは。

自分が全力を振り絞ることがグループのためになる。
そう信じて、堂々と「元乃木坂」を名乗っていく。

なんて頼もしい。惚れそうだ笑

これからの彼女がどんな姿を見せてくれるのか、本当に楽しみです。


前へ   次へ
2/2ページ

びーむ色調補正3
今年もやってまいりました、聖地・神宮球場。幸いにも千秋楽に参戦できました。
ツアースタート地点である名古屋も(2日目でしたが)行きましたのでので、結果的に今年の全ツの最初と最後を目撃することができました。ナゴヤドームとの比較を中心にレポします。

いつもと違う夏の風物詩


8月30日からこの日まで3DAYSだった今回の神宮。千秋楽を最後にキャプテン桜井玲香の卒業がアナウンスされていましたので、例年以上に特別な意味を持つツアー最終日となりました。

神宮初日からいよいよ大園桃子も復帰し、井上小百合以外の全メンバーが揃います。

セトリはこちらです。

Overture
01. ガールズルール
02. 太陽ノック(飛鳥)
03. 夏のFree&Easy(堀)
04. 裸足でSummer

05. 三番目の風
06. 4番目の光
07. トキトキメキメキ(3期生&4期生)
08. キスの手裏剣(3期生&4期生)

乃木坂46ミュージアムコーナー
09. 自由の彼方(堀センター、佐々木、理々杏、佐藤、北川、早川)
10. 他の星から(飛鳥、遠藤)
11. 白米様(生田センター、純奈、久保、賀喜)
12. 自分じゃない感じ(桜井センター、中田、和田、阪口、金川)

13. インフルエンサー(白石、飛鳥)
14. 命は美しい(飛鳥)
15. 何度目の青空か?
16. シンクロニシティ
17. 滑走路
18. 日常

19. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(生田)
20. ここにいる理由(寺田)
21. 不等号(飛鳥)

22. 僕のこと知ってる?(飛鳥)
23. そんなバカな…
24. ハウス!

齋藤飛鳥ドラムパフォーマンス(M25~29まで生バンド演奏)
25. 世界で一番孤独なLover
26. スカイダイビング
27. おいでシャンプー
28. ジコチューで行こう!
29. Sing Out!

EN
EN1. 時々 思い出してください
EN2. 夜明けまで強がらなくてもいい
EN3. ロマンティックいか焼き
EN4. 僕だけの光
EN5. 乃木坂の詩

WEN
WEN1. 会いたかったかもしれない


全35曲、3時間半。夏の終わり。やっぱり神宮は特別、って感じです。

アンコール前までのセトリは日替わりのミュージアムコーナーを除けば名古屋から大きな変化はありませんでした。

名古屋では不在だった白石麻衣と大園桃子がいましたので『ガルル』『シンクロ』『三番目の風』がオリジナルセンターでの披露。

名古屋では2ブロック目でやった「選抜とアンダーの融合」が後半に移されていました。これは『咄嗟』でさゆがサプライズ登場するために違いない!と思ったのですが違いましたね笑

その後に『そんバカ』『ハウス!』という沸き曲が追加。

そして変更点ではありませんが印象に残ったのが『スカイダイビング』。
神宮でこの曲をやると2017年、期別ライブからの全員集合で乃木坂の底力を見せつけたあの日のことが思い出されます。

そして斉藤優里がいない寂しさも。


雲の隙間 差し込む光たち


最初のハイライトはやはり『他の星から』。

齋藤飛鳥と遠藤さくらが左右のサイドステージに分かれて登場し、センターステージへと歩み寄ります。モニターでは交互に映し出されるふたりのアップ。

2017年東京ドームの『逃げ水』でもこれと同じ演出がありました。
大園桃子と与田祐希。リリース当時はサビ前の『月光』部分ですら間を持たせられなかったふたりが堂々と歩く姿に感動したものです。
しかし今回のさくちゃんのパートナーは共に困難に立ち向かった同期ではなく、飛鳥ちゃん。

衝撃でした。
いわゆる「画が持つ」力。さくちゃんのそれの凄まじさ。
だって、齋藤飛鳥ですよ。あの今最も画が持つ(俺調べ)飛鳥ちゃんと交互に映されてそう感じさせるって、普通じゃない。

そしてセンターステージで踊るふたりの美しいシルエット。『乃木坂工事中』でバナナマンのふたりが撮った写真でもそれが切り取られていました。


『白米様』…いや『Dear white rice』も強烈でした。

モータウン風アレンジに変更された楽曲を朗々と歌い上げる4人。
生田絵梨花、伊藤純奈、久保史緒里という各期の最強歌唱メンの中に放り込まれた4期生は賀喜遥香。相当プレッシャーだったようですが、しっかりとこなしていました。

個人的には4期最強歌唱メンは柴田柚菜だと思いますが、かっきーの武器は声質。3人の先輩同様にドスの効いた声を出せるので、舞台メンとしての素質を見込まれているのでしょう。

万能型のかっきー。既にあからさまに有能であからさまに酷使されている彼女がこの先どんな目標を見つけるのか、そして運営はそれをどうサポートするのか注目したいですね。山下美月の時と同じ轍は踏まないと信じていますが…


4期生は全体的にだいぶ頼もしくなった印象でした。2ヶ月かけて全国を回り、また神宮も3日目で慣れたのか落ち着いてパフォーマンスしているメンバーが多く、楽しそうな姿は非常に好感が持てました。


続きます。

前へ   次へ
1/2ページ

このページのトップヘ