ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:齋藤飛鳥

タオル補正

『Overture』が流れれば


46時間のフィナーレ飾ったのはライブでした。

セットリストはこちら。

Overture
01. 裸足でSummer
02. ハウス!
03. ダンケシェーン
04. おいでシャンプー
05. 君の名は希望
06. アナスターシャ
07. 毎日がBrand new day
08. I see...
09. Sing Out!
10. 世界中の隣人よ

高山一実が「『Overture』がかかってちゃんとライブの気持ちになった」と語ったように、観る側も自然とスイッチが入ります。

そして流れ出すのは『裸足でSummer』。

全員がそれぞれのブース内でマフラータオルを掲げます。
個人的にこの曲はどうしても神宮を思い出します。2016年、齋藤飛鳥の涙。2018年、シンクロニシティライブのオープニング。後者は日によっては秩父宮ですが笑

MCを挟み、スタジオでのパフォーマンスへ。曲ごとにメンバーを替えて同時に出るメンバー数を絞ることにより距離を保てるようにします。

そこで披露されたのはブチ上げ曲の3連打。
なんというか、こんな状況だけれどちゃんとライブとしてのセットリストを届けようとしてくれているのが良くわかります。

『ダンケシェーン』のアタマを伸びやかに、気持ちよさそうに歌う生田絵梨花。まだまだ体力が有り余っている感じの向井葉月と清宮レイも微笑ましい。

そしてここからは各期別での楽曲となるのですが、いわゆる「期別曲」のない1期生が選んだのは『君の名は希望』でした。

もう何回聴いたかわからないこの曲ですが

 未来はいつだって 新たなときめきと出会いの場

未来が見えない今だからこそ、この言葉が胸に沁みます。

2期以降は最新シングル『しあわせの保護色』収録の期別曲を披露していきます。

イロモノ的な曲(好き嫌いは別として)が多かった2期生がド直球の名曲『アナスターシャ』を抒情的に歌い上げれば、3期生はこの日が初披露の『毎日がBrand new day』。サビの楽しげな振り付けで祝祭感を盛り上げます。

この曲の考察はこちら


そして4期生。こちらも初披露、みんな待ってた『I see…』です。
3期の最強アンセム『三番目の風』に対抗しうる堂々の4期アンセムへと成長したこの曲。
この数日後にはYoutubeで再生回数が1,000万回を超えました。

この曲の考察はこちら



例の「胸騒ぎの腰つき」がカメラに抜かれずに「掛橋だ!掛橋沙耶香を写さんかい!」と思っていたのは私だけではないはず笑


風に乗って飛んで行け 愛の歌


本編ラストのイメージでしょうか。次の曲は『Sing Out!』。

大間奏、祈るように舞う齋藤飛鳥のソロダンス。いつもより感情的に見えるのは気のせいでしょうか。周りのメンバーが皆、微笑みを浮かべて優しく見守っているのもグッときます。

最後はまた全員ブース内に戻っての『世界中の隣人よ』。

それぞれがホワイトボードにメッセージを書き、掲げるメンバーたち。その何人かは涙ぐんでいます。あんな狭いスペースから、精一杯の思いを届けようとしているのが伝わってきます。

この曲の考察はこちら


そしてエンディングでは白石麻衣と電話がつながり全員集合での大団円となりました。
梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、向井葉月、吉田綾乃クリスティー…まいやんの声を聞いて何人もの3期生がしゃくりあげて泣いています。

なんて幸福で、なんて温かい幕切れでしょう。

賀喜遥香がオープニングで何気なく発した「乃木坂愛してる」。

この言葉に包まれた46時間でした。

メンバーもスタッフもそしてファンも、乃木坂が本当に大好きで、大切で仕方がない。
とりわけ会えない時間が思いを募らせ、互いへそしてグループへの愛情を深めたメンバー同士の嬉しそうな姿は観ているこちらまで幸せな気持ちにしてくれました。


深夜時間帯に流されていたのは過去の46時間TVの映像でした。
そこに映っているのは既に卒業したメンバーばかりで、やっぱりどうしても切なくなります。
こんなにメンバーが入れ替わって、「すっかり変わってしまったな」とは正直思うんです。

それでもなお、46時間TVを観終わった時に私はこう感じていました。

 やっぱ乃木坂だな。

奇跡みたいなグループです。


前へ     次へ
4/4ページ


びーむ色調補正3

推しのいない風景


乃木坂46、2019年真夏の全国ツアーの開幕は名古屋から。その2日目に参戦してきましたのでレポします。

ライブ3日前に推しである井上小百合の不参加がアナウンスされてモチベーション下がりまくり。まあいたらいたでひたすらに推しを目で追い続けてしまうので、これは全体を観るいい機会だと自分に言い聞かせ会場に向かいます笑

さゆ以外にも大園桃子・北川悠理・白石麻衣・樋口日奈と欠席者の多かったこの日。

セトリはこちらです。

Overture
01. インフルエンサー(飛鳥、山下)
02. 命は美しい(飛鳥)
03. 何度目の青空か?
04. 太陽ノック(飛鳥)
05. ガールズルール(秋元)
06. 夏のFree&Easy(堀)
07. 裸足でSummer

08. 三番目の風(山下)
09. 4番目の光
10. トキトキメキメキ(3期生&4期生)
11. キスの手裏剣(3期生&4期生)
12. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(生田)
13. ここにいる理由(寺田)
14. 不等号(飛鳥)

乃木坂46ミュージアムコーナー
15. 自分じゃない感じ(桜井センター、中田、和田、阪口、金川)
16. 自惚れビーチ(星野センター、岩本、向井、掛橋、矢久保)
17. 魚たちのLOVESONG(秋元センター、山下、筒井)
18. 隙間(秋元センター、山下、筒井)

19. 僕のこと知ってる?(飛鳥)
20. 制服のマネキン(飛鳥)
21. シンクロニシティ(飛鳥)
22. 滑走路
23. 日常

齋藤飛鳥ドラムパフォーマンス(M24~28まで生バンド演奏)
24. 世界で一番孤独なLover
25. スカイダイビング
26. おいでシャンプー
27. ジコチューで行こう!
28. Sing Out!

EN
EN1. ひと夏の長さより
EN2. ありがちな恋愛
EN3. 乃木坂の詩


全31曲、ほぼ3時間に及ぶボリューム満点、大満足(推しがいないのに!)のライブでした。

ミュージアムコーナーとは、あるメンバーが楽曲と参加メンバーをチョイスし恐らく演出にもかかわってパフォーマンスするというもの。前年の全ツで行なわれた「ジコチュープロデュース企画」と一緒ですね。


飛鳥ちゃんを壊すな


セトリを見てとにかく気になるのが齋藤飛鳥の負担。
やたらめったらセンターをやるわドラムも叩くわで、とにかく飛鳥ちゃん一本かぶり。いくら鉄人と呼ばれる彼女とはいえ負担が大きすぎますね。個人的には『乃木坂工事中』で復帰の煽りVまで流した山下美月をもっと押し出してくると予想していたのですが特にそういうわけでもなく。

西野七瀬卒業、白石不在、生田絵梨花は『レ・ミゼラブル』真っ最中ということでこうなるのもわかります。それにしてももうちょっと何とかならなかったかというのが正直なところ。

早急に飛鳥ちゃんの負担を軽減する体制を構築することが絶対に必要です。それはすなわち、エース格の増員。そのためにも24thシングルはくぼしたWセンターが良かったのにな…
(【乃木坂46考察】よだももとくぼしたの物語 ~24thシングル選抜発表に思うこと③)

そして「【乃木坂46ライブレポ】支えるということの価値 ~2019.03.05 めざましライブ@両国国技館」で書いたのですが、オリジナルポジションへの過度なこだわりを捨ててほしい。その楽曲で元々2列目3列目だったメンバーを、卒業で空いたポジションに繰り上げてほしいです。

「ライブでもセンターはエースにしかやらせない」から選択肢が狭まり、空いた良ポジに先輩を飛び越して3期を起用するからアンチが騒ぐ。

この悪循環を断ち切るために、ライブでは桜井玲香・星野みなみ・松村沙友理に1曲ずつぐらいセンターを任せてしまえばいいんです。そのうえで若手も起用すればバランスが取れるし飛鳥ちゃん頼りの危険な現状からも脱却できます。誰もが認めるエース格が現れるまではこれで凌ぐのが良いのではないでしょうか。

まいやん不在のこの日、桜井センターの『シンクロニシティ』なんてぜひ観てみたかった。実現していたらきっと後々まで語り草になる美しさだったことでしょう。映画の中での彼女のコメント「メンバーへの愛があふれ出して…」ともリンクして熱いですよね。


続きます。

前へ    次へ
1/3ページ

このページのトップヘ