ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:3期

タオル補正
『思い出ファースト』
乃木坂46の3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』収録。2017年5月24日リリース。歌唱メンバーは3期生12人、センターは大園桃子。

アンセムよりこっちが好き


3期生のアンセム、と言われればそりゃ間違いなく『三番目の風』です。

もちろん異論はありませんし自分もめちゃめちゃ好きな曲です。ライブでの盛り上がりも半端ない。

でも個人的にはこの『思い出ファースト』も負けず劣らず、いやなんならこっちの方がちょっと好きかもしれません。

その理由を考えて思い当たったことがあります。
そうか、『思い出ファースト』ってあの曲に似てるんだ。

もうタイトルの段階で書いちゃってますけど笑、この曲『走れ!Bicycle(以下、『走バイ』)』の3期生版ですよね。

ひとつ前の記事で考察した『走バイ』。その魅力をこんな文章で表現しました。

 「青春感」「通り過ぎた青春感」
 「いつか今が思い出になってしまうことに極めて自覚的」

これ、そのままこの曲にも使えちゃいます。
まあタイトルからそもそも「思い出」って入ってますからね。

歌詞の内容は一言で言ってしまえば「大切なのは最高の思い出を作ることだから喧嘩なんかしないよ」。
ちょっとわがままな彼女を甘やかして言うことを聞いてあげる主人公の心情が一人称で描かれています。まあ率直に言ってしょーもないラブソングです笑

なのになぜこんなに切なさを感じさせるのか。
その鍵は歌詞のこの部分にあります。

 思い出ファースト いつか振り向き
 最高の夏だったと…

この「いつか」の時。私にはどうしても「君」が隣にいるイメージがわきません。

なぜなら『思い出ファースト』で描かれている「君」には魅力がない、というかほとんど描写すらされていないからです。そのため永続的な関係性とは到底思えない。
何年か過ぎて、主人公がひとりで思い出し懐かしんでいる。「あの頃は若かったしバカだったけど、キラキラしてたよな…」そんな心象のように感じます。


「君」のAKB、「僕」の乃木坂


編曲も切なさを強調しています。

イントロのド頭、オルゴールみたいなシンセの音色からして実にノスタルジック。
そこから一気に盛り上がるイントロも夏っぽいしセンチメンタルだし。

でもまあ、これ自体は夏曲としてはよくあるタイプのイントロです。
AKB48の『ポニーテールとシュシュ』や『Everyday、カチューシャ』あたり、特に前者にイントロの構成は酷似していますよね。

これらAKBの夏シングルと『思い出ファースト』を比較すると興味深いことに気づきます。

歌詞は同じく「僕」の一人称ですが、AKBでは「君」の魅力を描写する表現がこれでもかと続きます。
そしてメンバーは「僕」の言葉を歌いながら、演じているのはむしろ「君」。キラキラ輝く魅力的な女の子を演じています。

「こんなにキラキラしているけれどそれは実は一瞬のことなんだ」と観る側に思わせる、アイドルの煌めきが一瞬であることと重ねて切なさを感じさせる秋元康の得意技ですね。

翻って乃木坂。

先に述べたように『思い出ファースト』の歌詞では「君」に関する描写がほぼありません。つまりメンバーが演じているのは曲中の「君」ではなく「僕」。
前の記事書いてる時点では気づいていませんでしたが『走バイ』も同じです。「君」についての描写が極端に少ない。

それがAKBと乃木坂の違いというにはサンプルが少なすぎますし、秋元康がそこまで意識的に書き分けているとは到底思えません。事実『裸足でSummer』では「僕の言葉を歌いながら君を演じて」いますしね。

ただ、その存在自体に「儚さ」「ノスタルジック」な魅力を纏っている乃木坂。
そんな彼女たちが「いつか今が思い出になってしまうことに極めて自覚的」な「僕」として歌い踊る姿が切なさを増幅させていることは間違いないでしょう。

観る側が切なさを感じるAKBに対し、切なさを感じながら演じている乃木坂。

そんな比較ができるかもしれません。


3年前の記憶


そして『走バイ』と最初のプリンシパルとがそうであるように、この曲と分かちがたく結びついている記憶があります。

2017年5月9日から14日の3期生単独ライブ。

たった3年前のことなんですね。
そのわずか3年の間にも色々なことがありました。
会場となったAiiA Theater Tokyoも既に閉館しています。

そして3期生もそれぞれ様々な浮き沈みを経ながら堂々たる乃木坂の主力へと成長しました。

この3期単独ライブについては以前に4期ライブの記事の中で詳しく書いたのでよろしければそちらもご覧ください。



ナチュラルボーン・センター大園桃子を中心に山下美月と久保史緒里が脇を固める『三番目の風』と同じ布陣。

3期新規のファンの方が多かったのでしょうか。コールもあまり定着していなく、アンコールも途切れがちで。まだメンバーもファンも手探りだった印象があります。

ここでも『走バイ』の考察で初めてのプリンシパルに挑んだ1期生たちについて書いた文章がそのまま当てはまります。

 まだ坂道を上りだしたばかりの、まだまだ無我夢中で本当に何者でもなかった彼女たち。
 若くて未熟で拙くてみっともなくて、でもそのひたむきな姿に胸を打たれた。

そんな3期単独ライブ。与田祐希が「3期の青春みたいな日々」と振り返った日々。
その本編ラストで使われ、エンディングテーマとして鳴り響いていたのがこの『思い出ファースト』でした。

 ラララララ… ラララララ…

ここが夏の終わり感を醸し出しすぎです。3期単独は5月だったのに笑

汗だくになった3期生たちが輝くばかりの笑顔でお互いを見交わしながら歌う姿がもうなんだか青春過ぎて。

忘れられない記憶です。


そして今。

3年経って、まだ全員残っていて。
現在の彼女たちが視線を交わしながら歌う時に去来する思いはいかばかりか。「よくまあここまで俺たちきたもんだな」ってとこでしょうか。(最近ずっと観ていた『LIVE-GYM』の影響です笑)

そんなことを考えながら観ているとまた涙腺が緩みそうです。

おかしな文章かもしれませんが、特別な思い出のある曲なのにいまいち定番化していないあたりがなんかこう逆に儚さとか切なさを深めているというか…そんな気がします。

アンセム『三番目の風』の陰に隠れてはいますが、乃木坂の、そして3期生の魅力が詰まった大好きな曲です。ライブでこの曲のイントロがかかるとひとりでめちゃめちゃ盛り上がります笑


こちらの楽曲は音楽配信サイト「レコチョク」でも購入できます>>>
『思い出ファースト』/乃木坂46

タオル補正
『毎日がBrand new day』
乃木坂46、25thシングル『しあわせの保護色』のカップリング。歌唱メンバーは3期生12人。

明日も必ず日は昇る


前回の記事で「今、日本を元気にしている曲」と紹介した4期生曲『I see…』。
この『毎日がBrand new day』のMVはその翌日に公開されました。

公式YouTubeにMVが公開されたその日のうちに「SMAP感」というワードとともにバズった『I see…』と比べれば、正直陰に隠れている感は否めません。

でも、この曲を初めて聴いた時も私は涙が出そうになりました。

MVはセンター久保史緒里の美しい横顔のカットから始まります。

『未来の答え』で山下美月とのWセンターはありましたが、単独センターは意外にも初。
これまで色々なメンバーがセンターを務めてきた3期生曲ですが、満を持しての登場です。

昔のフィルム映画をイメージしたのであろう、一見フルサイズだが画面の周辺が黒くぼやけた映像。最後のホワイトアウトの演出もそうですね。

そんなノスタルジックな映像の中で流れ出すのは、「まんま『Stand By Me』じゃん」と言われるイントロから始まるR&B調のナンバー。

心地よいリズムに乗せて穏やかに、でも力強く歌われるのは喜び。

明日も必ず朝が来て日が昇ること、それを信じて夜眠りにつけることへの根源的な喜びと、再生への希望。

世界がこんなふうになってしまった今、とても大切でどうしても必要なもの。
それがこの曲、そしてMVでは表現されているように思います。

アースカラーの民族衣装っぽい格好で自然の中で歌い踊るメンバーたち。
自然児のよだももは撮影の合間に川べりに行って遊んでいたというエピソードが微笑ましいですね笑

その衣装やシンプルで大きな動きの振り付けも相まって、プリミティブな感謝や祈りの舞いのように見えます。

この曲にも音楽の力と笑顔の力が溢れていて、今の私たちを力づけてくれます。

3期生たちが纏った乃木坂感


私がこのMVに心を揺さぶられた理由はもうひとつあります。

それは3期生の姿に「乃木坂感」を感じたことです。

私は以前「3期生は乃木坂感という意味では薄め」と書きました。それは彼女たちひとりひとりの個性、言い換えればタレント性が強いからです。そして乃木坂感の強い4期と個性の3期の対比でこの先の乃木坂は進んでいくのだろうと。

関連記事:

3期と4期に対してのその印象は今でも変わりません。

それでもこのMVでの3期生たちは、穏やかでノスタルジックでガツガツしていなくて。
これって、乃木坂そのものじゃないですか。

「今回のMVは本当に楽しい撮影だった」とメンバーは口を揃えて言います。

ジェンガをやりながら無邪気にはしゃいだり(いつもながら後ろにいる大園桃子の表情が抜群!笑)、2番のサビで座ってキャンプファイヤーを囲みながら踊るシーンでは互いに目を見合わせ笑顔になったり。

ソロショットでのキメ顔(これがまた貫録すら感じさせる美しさ!)とは違う、心を許した仲間とだから出せる暖かい笑顔。幸せな時間。

それはいつか見た光景に似ていて。

私がたびたび引き合いに出す2017年神宮ライブの期別コーナー、バックヤードで円陣を組んだ1期生が「1期!1期!」と叫ぶシーン。

あそこに至るまで、結成から6年近い時が流れていました。
それまで決して仲良しこよしでやってきたわけではない彼女たち1期生がたどり着いたグループ愛、メンバーへの愛。

このMVでの3期生の姿に、私はあの時の1期生たちと近しいものを感じました。


3期生も加入から3年半が経ちます。

決して平らな道ではありませんでした。横一列で一緒に進んできたわけでもありません。
同期全員での現場はほぼなくなり、それぞれ個人での仕事が増えました。
久保ちゃん、山下美月、大園桃子が相次いで一時活動を休止したこともありました。

率直に言えばグループ内での立ち位置に明確な差もついて。
それでも同期って特別で。集まるとやっぱり安心して、自然と笑顔になって。
そして誰ひとり欠けることなく今もこうして12人全員揃っている。

3年半経った今だからこそ出せる、彼女たちの空気感。

変な文章ですが、乃木坂感薄めだった彼女たちがいつしか乃木坂感を身に纏っていた。
そのことが、なんだかとても得難くてとても嬉しいです。



こちらの楽曲は音楽配信サイト「レコチョク」でも購入できます>>>
『毎日がBrand new day』/乃木坂46


最後に蛇足で恐縮ですが、分からない人には全く分からない例えを書いておきます笑

『I see…』は高校野球の県大会で全員1年生のチームが並み居る強豪を倒しながら大旋風を巻き起こしている感じ。
マンガ『おおきく振りかぶって』で主人公のいる西浦高校みたいな感じですね。

それに対し『毎日がBrand new day』は全員3年生のチーム。中には1年からレギュラーだった選手もいて、道のりはそれぞれだったけれど3年の夏にひとつにまとまって勝ち進んでいく。

同じ『おお振り』で探せば全員3年生ではありませんが武蔵野第一高校でしょうか。榛名という才能に恵まれた絶対的な存在がいながらチームとしてまとまりがあり、皆が互いをリスペクトしながら同じ方向を向いているイメージ。
現実世界では松坂大輔3年の夏の横浜高校かな。って高校野球史上最強チームのひとつじゃないですか!笑

まあ要するにどっちも素晴らしいってことです。

びーむ色調補正3

全ツ的なセットリストだった3期ライブ


前の記事では4期ライブで披露された『心の薬』と『失いたくないから』に、運営の原点回帰の意思を感じたことを書きました。

今回はその続きで、3期と4期の比較を通してさらに掘り下げてみたいと思います。

3期生もやはり加入翌年の5月に単独ライブを行なっています。
その時のセトリがこちら。

Overture
01. 三番目の風
02. ガールズルール
03. 夏のFree&Easy
04. インフルエンサー
05. ここにいる理由
06. 命は美しい
07. 制服のマネキン
08. ダンケシェーン

ユニットコーナー
09. 他の星から
10. あらかじめ語られるロマンス
11. せっかちなかたつむり
12. 偶然を言い訳にして

生演奏コーナー
13. 悲しみの忘れ方
14. 何度目の青空か?
15. きっかけ
16. 君の名は希望

17. ぐるぐるカーテン
18. 裸足でSummer
19. ロマンスのスタート
20. おいでシャンプー
21. 思い出ファースト

EN
EN1. シャキイズム
EN2. ハウス!
EN3. 乃木坂の詩

最初と本編最後が自分たちの期別曲という構成こそ4期ライブと同じですが、全体の印象は大きく異なります。

オープニングの後に『ガルル』『フリイジ』の夏曲で一気に盛り上げ、返す刀でダンス曲連発。
ユニットコーナーを挟み、生演奏でのバラード曲でいったんクールダウンした後に、本編ラストまで沸き曲で駆け抜けるという展開。
アンコールも割とよく見る構成笑です。

なんというか、実に全ツ(毎年恒例の「真夏の全国ツアー」)的なセトリ。
先輩たちが確立してきたフォーマットをそのまま踏襲した形です。

今改めてこのセトリを眺め、現在に至る3期生たちの活躍と今回の4期ライブに思いを馳せると見えてくることがあります。

2年前の3期ライブ。
これは先輩とは違う魅力を持った3期生たちが「どう乃木坂になってみせるのか」を示す場だったのではないでしょうか。


異なる個性、受け継がれるスピリット


今にして思えば3期は即戦力でした。
「逸材」久保史緒里。山下美月のビジュアルの完成度。梅澤美波や伊藤理々杏のMC力。阪口珠美のダンス。それに加えてこの3ヶ月後には選抜のセンターに抜擢される大園桃子と与田祐希までいるわけです。

しかし誤解を恐れずに言えば、いわゆる「乃木坂感」は弱かったように思います。
「清楚」「儚げ」「華奢」で「ガツガツしない」「体温低そう」。どちらかと言えば「陰」のイメージの先輩たち。
それに対し3期生は「陽」のイメージが前面に出ていました。
それを端的に示すのが『三番目の風』です。「ヘイ!」と叫びながら拳を突き上げる抜けのいい曲調、コサックダンス的な動きまで採り入れられた運動量の多い振り付け。正直、全然乃木坂っぽくありません笑

間違いなく魅力的で優秀な人材ですが、これまでのメンバーとは若干異なる個性を持った彼女たち。これをどうグループに融合させるのか。そしてそれを既存のファンは受け入れてくれるのか。運営も頭を悩ませたことと思います。

そして出た答えのひとつが「3期生の個性を伸ばしつつ、スピリットは継承させる」ことだったのではないでしょうか。


もう一度セトリを見てみましょう。

ユニットコーナーでは特に人気が高く、しかも特定のメンバーの印象が強い曲ばかりを集めています。
西野七瀬の『他星』。齋藤飛鳥星野みなみ堀未央奈の『あらかた』。
深川麻衣と西野の人気爆発のきっかけとなった(と個人的には思っている)『せっかた』。
そして御三家+高山一実によるグループ史上初のユニット曲『偶然』。

さらに生演奏コーナーも、ドキュメンタリー映画の主題歌『悲しみの忘れ方』、色々ありすぎて特別な曲『何空』、言わずと知れた『きっかけ』、そして乃木坂を象徴する楽曲『希望』。
乃木坂の王道中の王道バラードを4曲続けています。

ラストスパートの前に『ぐるカー』を挟んでいるのも面白いですね。デビュー曲でありながらバスラ以外ではほとんど披露される機会のないこの曲。敢えてここに持ってきてダメ押しです。

継承を強く意識させるセトリ。メンバーもファンも思い入れの強い曲をやらせることによって、先輩たちへのリスペクトと楽曲の歴史を3期生に学ばせる。

このチャレンジは成功しました。

既存ファンの多くはこの頼もしいルーキーたちを受け入れます。
久保ちゃんや珠ちゃん、向井葉月といったバリバリの乃木オタが3期生にいたことも良かったのでしょう。

私が参加した3期ライブでも『希望』を披露した後に梅ちゃんが「この曲を嫌いだったら乃木坂じゃないよね」的な発言(言い回しはちょっと違うかも)をして3期生が一斉にうなずく、なんてシーンもありました。
「おお!わかってるな!」と嬉しく感じたことを強烈に覚えています。

そして先輩たちとは異なる個性を持った彼女たちは結果的に新たなファンを呼び込み、乃木坂をさらに大きくするブースターとなりました。

その後の彼女たちの活躍ぶりは皆さんご存じの通りです。

このように3期生の育成に見事成功した運営ですが、4期生はどう育てようとしているのでしょうか。


続きます。

前へ      次へ
2/5ページ

このページのトップヘ