deux補正2

強くない井上小百合という新境地


さゆは苦悩していました。

稽古中には「毎日自分のできなさにため息が止まらない」と言っていたこともあります。

彼女が演じたくノ一さんはメインキャストではありません。
今までさゆが演じてきたのはほとんどヒロインかヒロイン対抗。それに比べれば出番も台詞も、そして物語への関与度合いも少ないです。

しかも初めて演じる「凡人」。
恐らく、だからこそ難しかったのでしょう。

彼女が多く演じてきたのは、強烈な信念と一種のクレイジーさを持つ役でした。

『帝一の國』美美子ちゃん、『すべての犬は天国へ行く』エルザさん、『墓場、女子高生』にっしー、『夜曲』サヨちゃん、『若様組まいる』志奈子さん、『じょしらく』きぐちゃん&まりぃさん、『あさひなぐ』将子ちゃん、そしてもちろん『セーラームーン』の月野うさぎも。

一見か弱く見えるキャラクターがここぞの場面で見せる凄味。
これまで井上小百合は見事にそれを表現してきました。得意中の得意、と言っていいかもしれません。

しかし今回のくノ一さんはちょっと違います。
強烈な信念や行動原理、言い換えればモチベーションがないのです。

人生を変えようとする確固たる目的意識を持った周囲のクレイジーな人々に翻弄されながらも、職業倫理と仲間への愛着だけを武器に懸命に自分の役割を果たそうとする常識人です。

そんな当たり前の人間=凡人が、人生賭けちゃってるクレイジーな連中に太刀打ちできるはずもありません。「レキシーランドきっての手練れ」と評されていたくノ一さんですが、ヨシツネの前になす術もなく敗れ去ります。

強くない役。それをさゆが演じることはすごく新鮮でした。

凡人にだってプライドがあるんだ


さゆ自身、自分のことを「努力しか手札がない」と評しています。

そんな凡人の自分が舞台の上で凡人を演じる。ましてや凡人であるゆえに敗れ去る役なのです。

それはこれまでに経験したことのない苦しみだったことでしょう。

そして彼女がたどり着いたのは、凡人の悲哀と矜持が共存した演技でした。

自らの命運を、選ばれし「強き者」に委ねるしかない市井の人々。
悔しくて情けなくてちょっぴり諦観もあって、でもやっぱり意地がある。
自分の無力さに打ちのめされながらも、最後までひたむきに抗う姿。

凡人にだって人生があり、プライドがあるということを、ほんの少しだけ観る者に想像させる表現。

そんな「非凡な凡人」こそがさゆの出した答えでした。


凡人をどう演じるか。
この先、井上小百合が舞台に立ち続けるのであれば必ず必要となるであろうスキルです。
そのひとつの答えを見出した『愛のレキシアター』は、彼女にとってとても意味のある経験だったのではないでしょうか。

稲穂を振りながらつらつらとそんなことを考えた、春の午後でした。


前へ   次へ
2/2ページ