タオル補正
2021年5月16日、公式ブログ内で渡辺みり愛さんが卒業を発表しました。

2期生最年少の彼女。8年在籍してまだ21歳なんですね。

積み上げられた逆境


彼女の経歴の序盤は前回書いた伊藤純奈とほぼ重なります。

2013年3月、2期生として乃木坂46に加入。5月に『16人のプリンシパル deux』と『乃木坂って、どこ?』でお披露目。

当時の印象は「赤ちゃん」。
ベビーフェイスでニコニコしている小っちゃな子、という感じでした。

アンダーライブにはまだ研究生だった1stシーズン(初の有料ライブとなったブルーシアター公演です)から参加。私は3rdシーズンを現地で観ながらそのノンストップダンスメドレーに「まだ中学生のみり愛にこんな踊らせて大丈夫か」と心配した記憶があります。(推しの井上小百合が故障しただけに)

2期生の中で正規メンバーに昇格するのが最後だった、いわゆる「ボーダー組」のひとり。
その全員の昇格が発表されたのは加入から2年近くが経過した2015年2月、極寒の西武ドームでのことでした。

初選抜はそこからさらに4年後。2019年の23rdシングル『Sing Out!』。
そしてこれが最初で最後の選抜入りとなりました。

握手人気は決して低くはありませんでした。ずっと同期の北野日奈子と寺田蘭世のちょっと下ぐらい。ただこれはまさに「選抜ボーダーラインのちょい下」ぐらいでもありました。

結果だけ見れば選抜の厚い壁に阻まれ続けた乃木坂人生でした。

しかし、2017年4月にみり愛ちゃんはキャリアにおけるひとつのピークを迎えます。

そう、東京体育館のアンダーライブです。

2017年3月に発売された17thシングル『インフルエンサー』。
後に乃木坂初のレコード大賞をもたらすこの楽曲は、1期と2期で作り上げた乃木坂の到達点ともいえる作品でした。
選抜人数は過去最大の21人。次作『逃げ水』における3期抜擢センターの前に、寺田蘭世の初選抜、斉藤優里、中田花奈、樋口日奈の超久々の選抜復帰とアンダラを支えてきたメンバーに報いる采配でした。

結果としてアンダーは過去最少構成の12人。(当時。奇しくもみり愛唯一の選抜となった23rdのアンダー楽曲『滑走路』における10人アンダラが史上最少です)

しかもアンダーセンター経験者がひとりもいないという状況の中、その場所を任されたのは最年少(※)のみり愛ちゃんでした。※3期生が合流前だったため

両サイドも鈴木絢音、山崎怜奈といずれも初フロントどころかこれまでほとんど3列目だった2期生で固めた挑戦的な布陣。

キャパ10,000の東京体育館で木金土の3日間4公演。
それも開催まで1ヶ月を切ってから突然の発表。

これでもかとばかりに積み上げられた逆境の数々。

これは運営としても賭けだったのでしょう。

2年連続で年末に武道館でライブを行なうほどのコンテンツになったアンダラ。
その反面、初期のヒリヒリするような緊張感は失われていました。

もう一度あの頃の熱気を取り戻すために敢えて困難な状況を作り上げる。
そして3期生合流前に現有戦力の底力を振り絞ろうとした。

今となってはそう見えます。

みり愛ちゃんにかかったプレッシャーも相当なものでした。

彼女自身、当時のブログでこう語っています。

 初日の朝、玄関を出ようとしたら
 足がすくんで立てなくなってしまって
 手や足の震えが止まらなくなってしまい
 何だか涙が止まらず、思うように動けない自分がいました。
 
 こんな事、初めてでした

その初日、幕が上がり流れた『風船は生きている』。
スポットライトが当たったみり愛ちゃんは満開の笑顔で号泣していました。

その周りで誇らしげな表情を浮かべるメンバーたち。
そして曲のラストで彼女たちは高らかに宣言します。

 史上最少で史上最弱の12人が史上最大で史上最高の伝説を作る
 見てほしいアンダーの底力!!!

乃木坂史に残る名場面です。

この瞬間から『風船』はアンダラでは鉄板の名曲として確立されます。

最終日にはトリプルアンコールまで起こり、それをみり愛ちゃんが「ダブルダブルアンコール」と表現するというプチ名シーンも生まれました笑

動員数はのべ32,000人とも35,000人とも言われています。
毎日パンパンとはいかなかったものの、評判が評判を呼び当日券が出た結果千秋楽は満員だったそうです。

おもろいみり愛ちゃん


このアンダラ東京体育館でファンの評価を上げた彼女でしたが、既に述べたように選抜入りにはさらに2年の月日を要しました。

しかしグループ内での存在感は着実に増していきます。

真夏さんリスペクト軍団での活躍。
川村真洋卒業後はダンス番長といえばみり愛というイメージが強くなり、2020年46時間TVの「ダンス完コピチャレンジ!」でもそのスキル(とド根性)を見せてくれました。
そしてとにかく色が白い。色白王国の乃木坂でも史上屈指の白さでしょう。

『乃木坂工事中』内でも夏休みの課題のドローンマシュマロキャッチや『インフルエンサー』ヒット祈願での氷瀑登りなど、印象に残る名場面をいくつも残しています。

個人的に一番好きなのは、2019年の『乃木坂工事中』における「新春ゲーム大会SP 日村軍VS設楽軍」の延長戦で放送された「イノシシ鬼」。
(このゲーム大会好きなんですよね。メンバーの晴れ着姿も可愛かったし推しの井上小百合の出番も多かったので笑)

相手チームの鬼を指名できる(=一番ノロそうなやつは誰だ)という話し合いの中で新内眞衣が「みり愛遅いよ、みり愛」と発言したらなんと自分と同じチームだったという抜群の前振り。

案の定相手から指名された彼女が設楽さんに「みり愛ちゃんナメられてるけど大丈夫?」と意気込みを聞かれ「大丈夫です」「ナメられ…大丈夫です」「あい…」「あう…」という謎の返答をしていたのがめちゃめちゃ可愛かった。

これと同種の「おもろい子」感が出ていたのが、最近では堀未央奈卒業企画の「2期生ハウス」。よくわからない応援団みたいなキャラクターでのハイテンション挨拶が秀逸でした。「ダンスの先生」も良かった。そういう部分を冠番組でもっと観たかった気がします。

バナナマンに「ちゃん付け」で呼ばれる数少ないメンバーのひとりでもありましたね。


最後は例によって勝手に彼女の今後について考えます。

記事作成時点で卒業後の進路は不明ですが、演技の道に進んでほしい気がします。

初期は舞台での活躍が目立ちました。
研究生として参加した2014年の『16人のプリンシパルtrois』では主役のポリン姫を見事射止めます。
2016年『じょしらく弐』で波浪浮亭木胡桃を演じ、同じチームだったキャプテンの桜井玲香をいじり倒したこともありました。

その物怖じしない舞台度胸、そして子役出身ということも考えると女優志望なのだと思い込んでいました。しかしこれ以降、舞台への出演は2018年の『セーラームーン』で水野亜美役を演じるだけにとどまります。(ちなみに映像作品はドラマ『ザンビ』に出演しています)

ただ私が実際に観劇した『じょしらく弐』と『セーラームーン』いずれの演技も好感の持てるものでした。

コメディの賑やかしキャラ、『セーラームーン』でいえば田上真里奈さんが演じていた海野ぐりおみたいな役が似合うのではないでしょうか。


とはいえまだ21歳。いくらでも変われるし何にでもなれる年齢です。

乃木坂での日々を糧に、新たな道での活躍を祈っています。

渡辺みり愛さん、8年間お疲れさまでした。


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。