ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

カテゴリ:腕時計 > オリエント(ORIENT)



前回に続きオリエントの話です。

今回取り上げるのは「オリエントスター」。無印「オリエント」がエントリークラスであればハイエンドに相当します。とはいえ価格帯は抑えられており多くのモデルで定価で10万円前後を保っており、実勢ではアンダー10万円なのが嬉しいところ。

実はかつてこの上に「ロイヤルオリエント」という「グランドセイコー」や「ザ・シチズン」に相当する最上位ラインが存在したのですが記事作成現在は生産されていません。

そのオリエントスターのスポーツコレクション内のアウトドア。

と書くとなんだかよくわからないですが笑、カテゴライズすれば「フィールドウォッチ」でしょうか。フィールドウォッチに明確な定義はありませんが、ざっくり言うとミリタリーウォッチ由来のデザイン性を持った見易くタフで使いやすい時計。視認性、堅牢性、防水性、装着感に優れているものが多いです。

教科書通りの高い視認性


 

これ、めちゃめちゃ格好よくないですか。

このザラリとした文字盤。
公式サイトによれば「文字板に細かいラメを施すことで、石の表面のようにザラついた風合いに仕上げた」それに、退色ベージュのインデックスと針。

マットな文字盤に3・6・9・12が大きめアラビア数字のインデックス、太い針にシンプルなケースと教科書通りの高い視認性。

ベゼル幅も薄め=ダイヤルが大きめでさらに逆台形のビッグクラウン(大型リューズ)なのでなかなか存在感のある時計だと思います。

バリエーションは7種類。

RK-AU0206B

冒頭で取り上げたザラリとした文字盤が特徴的なモデル。退色ベージュインデックスに黒メッキケース、ベージュのNATOベルト。替えで黒のNATOも付属。

RK-AU0207L

ネイビー文字盤でインデックスは白。写真ではこれだけサンレイ仕上げの文字盤に見えます(他はマット)が実際のところはどうなんでしょうか。黒ケース、ブルーと黒のNATOベルト。

RK-AU0208E

カーキ文字盤にベージュインデックス、こげ茶のステッチレザーベルトとアウトドア感満載のカラーリング。ケースは黒。

RK-AU0209N

0208Eの文字盤をブラウンに変更したもの。

RK-AU0210B

最もプレーンなモデル。黒文字版に白インデックス、標準ケース(メッキなし)で黒のレザーベルト。

RK-AU0211L

0210Bの文字盤をネイビーに、ベルトをこげ茶に変更したもの。

RK-AU0212S

文字盤もインデックスもベージュでケースが黒、こげ茶のレザーベルト。プレステージショップ限定モデル。



スペックと価格


パワーリザーブは50時間。ダイヤル上にはオリエントスターこだわりのパワーリザーブ表示もあります。サファイヤクリスタルの風防に10気圧防水と実用面も充実。そして裏蓋スケルトン。レザーベルトモデルはDバックルが標準装備です。

サイズは厚さ12.1 ㎜、横41 ㎜、縦49 ㎜。縦が50mm未満ですし細腕さんでも問題はないでしょう。NATOベルトであればなおさらです。

まあ個人的にはもう少し小さい方がいいのですが、オリエントはあんまりアンダー40mmの時計を作らないですね。これで38mmか36mm径だったら痺れるのですが…
あとは欲を言えば防水性能が20気圧欲しかったところ。
 
デザイン的にはsinn856とか556のアラビアインデックスモデルを思わせます。アラビアの位置がもっと中央寄りであればそっくり。

そしてカーキ文字盤にレザーベルトの0208EはセイコーアルピニストSBDC091を連想させますね。実際には前者は力強く、後者は凝縮感のあるデザインとキャラクターが違うのですが。

フィールドウォッチ、という意味でのライバルは価格帯含めハミルトンのカーキフィールドAUTOあたりでしょうか。
こちらのアドバンテージは80時間というロングパワーリザーブ。あとはサイズのバリエーションが38mmから44mmまで豊富ですね。
価格はベースモデルの0210Bと0211Lが74,800円(税込、以下同じ)、それ以外が85,800円。実勢価格は2割引きで59,840円と68,600円、実質価格はポイント10倍として53,856円と61,740円。

例外として0212Sはプレステージショップ限定モデル(セイコーでいうところの流通限定)で値引きなしですので実勢85,800円の実質77,220円となります。

もう一声値段が安ければという気はしますね。
黒メッキのモデルで実質5万円台に収めてほしかったところ。NATOモデルは替えベルトなしでもう3,000円安くとか。

まあなんやかや言いましたがこの無骨なデザインは好きですね。

個人的に選ぶならやはり0206Bの文字盤一択ですが、プレーンなRK-AU0210Bは汎用性も高く初めての機械式時計としても良さそうです。





オリエント。
一言でいえばセイコー、シチズン、カシオに続く日本第4の腕時計メーカーです。

いや正確に言うとセイコーグループの中核企業であるセイコーエプソンの1ブランドだったり(事業統合されているので)と色々ややこしい話があるのですが。そこを書くと亀戸だ諏訪だとセイコーの歴史の話までなってしまうので今回は省略します(いずれGSの記事を書く時にでも)

まあ家電量販店に行って日本製の腕時計を探せば大抵の店舗で上に書いた3社に次ぐ売り場を確保しているでしょう。

メイドインジャパンの機械式腕時計を探すならセイコーかオリエント。安さを求めるのであればオリエント。そしてもうひとつ、個性を求める場合もオリエント。

個人的には結構好きです。

繰り返しになりますがとにかくクセが強い、そして安い。

創業は1950年。今年でちょうど70周年です。
それを記念して2020年3月に復刻されたのが「キングダイバー」。

インナーベゼルにブロードアロー


初出は1965年。

最大の特徴はインナーベゼル(風防の内側にあるベゼル)。力強いアロー針も含め、個人的にはロンジン「レジェンドダイバー」を思い出します。

インナーベゼル自体がクラシカルな意匠ですよね。
現行でパッと思いつくのは他にIWC「アクアタイマー」ぐらい。ちなみにアクアタイマーの1stモデルはバーインデックスでキングダイバーに近いイメージですが、1967年初出なので実はキングダイバーの方が先に出てます。現行はスマートなデザインでリューズも2時4時ではなく3時9時なのでちょっと印象が違いますが。
あとは6時位置の湾曲した曜日表示。日付とは別の場所。その上に「22」と石の数が書かれているのもアンティークっぽい。オリジナルは25石なので数が違うのはご愛敬です。

意匠的にはオリジナルの雰囲気をかなり忠実に踏襲しています。
相違点…というかブラッシュアップされたのは平面だった針が2面になったこと、インデックスがエンボスからアプライドになったこと。質感向上ですね。


それ以外ではサイドの処理とかラグの長さといったケースまわりのつくりがちょっと違うぐらいでしょうか。

RN-AA0D11B

ブラックダイヤル。オリジナルカラーはこれですね。モデル名末尾のアルファベットは文字盤カラーを表しているようです。限定1,000本。

RN-AA0D12R

深い色味のボルドーっぽいレッドダイヤル、ブラックベゼル。ちょっと特殊な組み合わせですね。限定500本。



RN-AA0D13E

グリーンダイヤル。こちらのベゼルはグリーン…だと思います。末尾の「E」はエメラルドかな?限定500本。


RN-AA0D14G

ゴールドグラデーションダイヤル。「ジャガーフォーカス」と呼ぶそうです。さらにブロンズめっきのケースにレザーベルト。限定1,000本。



3月に出した復刻が好評だったようで、7月にほぼ同じものが再度発売されました。
違いは曜日表示が英語なことだけみたいですね。いや限定の再発を出すのは禁じ手でしょう。でもここまですぐだとむしろ潔い気がするしそんな何でもありなところも嫌いじゃない笑

RN-AA0D01B ブラックダイヤル。限定1,500本。
RN-AA0D02R レッドダイヤル。限定500本。
RN-AA0D03E グリーンダイヤル。限定700本。

なぜに後に出た方が通番が若いのかは理解に苦しみますが笑
せっかくキングダイバーを持つならクラシカルな漢字の曜日表示がいいような気もしますが、オリジナルも海外モデルは当然英語表示だったので別に復刻モデルとしての価値を損ねるものではないかと。

スペックと価格


サイズは厚さ14 ㎜、横43.8 ㎜、縦50 ㎜とやや大きめ。ただオリジナルも横43 mmなので幅はそれほど変わりません。写真を比較する限りでは厚みはちょっと増していそうです。

パワーリザーブ40時間。20気圧防水で雨の日も気にせずガンガン使えます。ISO規格準拠のダイバーズではありません。そのためカテゴリは「3針」にしています。


これで実勢価格アンダー4万円なんですよ。

定価49,500円(税込、以下同じ)、実勢価格は2割引きで39,600円。ポイント10倍の店を選べば実質35,640円。

安いなあ。

諸々ディスコンして安価なモデルが消えつつある機械式セイコーダイバーだと一番安くても実勢で5万強のサムライSBDY009とかですから。
むしろ値段的にはセイコー5が比較対象かな。

まあISO規格のダイバーズウォッチじゃないとかツッコミどころはありますが、この値段で歴史的モデルの復刻を手にできるんですから、興味があれば買いです。

個人的に1本選ぶとしたらやはりオリジナルに近いRN-AA0D11Bかな。


このページのトップヘ