ROUND1,FIGHT!


日本国内正規販売開始からもうじき1周年を迎えるセイコー5。
先日スムースベゼルを取り上げたばかりですが、早くも次の展開が来ました。

ジョジョ、ブライアン・メイに続くコラボ。
今回のお相手は「ストリートファイターⅤ」です。



マンガ、ミュージシャン、そしてゲーム。

いずれも(程度の差こそあれ)世界中にファンがいるものをテーマにしているのが見て取れますね。

関連記事:


基本的な構成要素はジョジョの時と同じ。

機能面はベースモデルと同様で、ムーブメントは4R36。10気圧防水にハードレックス風防で裏蓋はスケルトン。そしてケースと針の形状も同じですね。

ベゼルと文字盤、インデックスとベルトに個々のキャラクターのビジュアル・特性に合わせたモチーフを取り入れたデザインがなされています。そして裏蓋には「ストⅤ」ロゴと各キャラクターの必殺技コマンド入り。

ジョジョ同様、今回もなかなかに奇抜なデザインやカラーリングです。
自分の服装では普段使いできそうなのはリュウと春麗ぐらいかな。


各モデルの特徴


リュウ SBSA079



最も標準的なダイバーズウォッチに近いデザイン。ベースカラーは白で文字盤とファブリックのベルトは道着っぽい表面。
そして最大の特徴であるベゼルの荒らし加工、さらに9時位置には風林火山を簡略化したマークがあります。

春麗 SBSA077



ブルーで統一された全体にエレガントなデザイン。ジョジョの方のコラボにいそう笑
12時位置の意匠、そして宝石っぽいインデックスを外周から離して配置しているのもよりスマートに見せようという配慮でしょう。ベゼルのローマ数字も珍しい、というか1~12の数字なので経過時間計測用ではなくもはやインデックスの役割ですね。

ケン SBSA080



リュウ同様に標準的なダイバーズデザインに近いのですが赤黒金というカラーリングと文字盤上の赤いラインにより若干禍々しい雰囲気がありますね笑

ガイル SBSA081



アースカラー、カモフラ文字盤、6時位置のワッペンに9時位置のドッグタグと、詰め込み過ぎではと思うほどミリタリー感満載。
アラビアインデックスとカウントダウンベゼルは良いですね。

ブランカ SBSA083



グリーンにオレンジとイエローを合わせたまとまりのあるカラーリング。NATOストラップの先端には「ブランカちゃん」。
こちらのベゼルはもはや完全にデザインパーツで目盛りもありません笑

ザンギエフ SBSA084



こちらは赤金黄色という極めて押しの強いカラーリング。6・9・12がビッグアラビアインデックスなのがセイコーには珍しいですね。このモデルだけデイデイトにサイクロップスレンズがついています。

価格と気になるモデル


2020年9月26日発売、限定各9,999本。

ジョジョは各1,000本だったのに多いな笑
でもブライアン・メイなんて9,000本で予約完売だったみたいですからね。

価格は一律で51,700円(税込、以下同じ)。これもまた流通限定なので値引きなし、ポイント還元率は10倍で実質46,530円。ジョジョと同じですね。

ストリートファイターファンでこの記事をご覧いただいている方のために書いておきますが、この値段はまあまあ妥当、っていうところです。

ベースとなったモデルが35,000円前後なのですが、大枠以外のデザインはすべて変更して個別パーツを新規作成し、なおかつライセンス料も払っているでしょうから+17,000円は「まあこんなもんかな」って感じです。

当たり前なんですがコラボ相手の愛好家を対象にしたコレクターズアイテム。
極端な言い方をすれば時計好きはハナから相手にしていない製品です笑

でも普段腕時計にはそんなに興味がない人に売れるものを作るのって冷静に考えれば凄くいいことですよね。

ジョジョもブライアン・メイもビジネス的には大成功でしょう。

これでセイコーさんが潤って、結果我々腕時計マニアが好む時計を安い値段で出してくれれば何の文句もないのですが、逆に最近のGSやプロスペックスは強気の値付けが多いのが気になります。


個人的にストリートファイターには特に思い入れがないので買う買わないまでのモチベーションはないのですが、いくつか興味を惹かれるモデルがあります。

リュウのベゼルの荒らし加工。
ガイルのアラビアインデックス。104とかオータヴィアっぽいですね。
そしてザンギエフのビッグアラビア。
この3つについては一般的なカラーリング、黒ベゼル黒ダイヤルとかペプシでも見てみたいです。正直現時点では可能性は極めて低いと思いますが、こういったコラボモデルでの新たなデザイン要素を標準モデルに還元してくれたら嬉しいですね。