ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:スモウ


狂乱の2020年笑が明け平穏な1年が訪れるかと思いきゃ、2021年もセイコーさんは飛ばしています。

年明け早々から前年同様、セイコーダイバーのリリースラッシュ。

1月 ペプシベゼルのPADIコラボモデル2種(当記事)
2月 国内正規初登場の「ミニタートル」 → こちらの記事
3月 「小径ツナ缶メカニカル」第2弾 → こちらの記事

この記事では最初のPADIコラボについて、と言いつつ個人的にソーラーは興味ないので機械式のSBDC121だけ取り上げます。(2月以降発売のモデルも順次記事にしていきます)

ブラックダイヤルがスマート


こちらは肉厚のケースと大銀杏に見えなくもない12時位置のインデックスにより「スモウ」という愛称で親しまれるモデルです。

そのデビューは2007年。
以来、中堅ムーブメントである6R系を搭載しながら実勢価格アンダー5万円という価格設定で長らくセイコーダイバーのコスパ最強モデルとして君臨してきました。

2019年の3代目へのモデルチェンジを機に残念ながら値段は大幅アップしてしまいます。
しかしムーブメントは70時間ロングパワーリザーブへのパワーアップ。さらに細やかなデザインのリファインと仕上げの質感向上により高級感が増し、引き続き高い人気を誇っています。

このあたりのスモウの特徴や先代からの詳細な変更点、そしてグレーにオレンジの差し色が格好いいSBDC097の魅力を熱く語った記事はこちらです。

関連記事:

基本スペックは標準モデルであるSBDC083等と同じです。
自動巻きキャリバー6R35、パワーリザーブ70時間。200m潜水用防水。SSケース+サファイヤクリスタルガラス。サイズ厚さ 12.9 ㎜、横 45 ㎜、縦 52.6 ㎜。

このPADIモデルだけの仕様としては6時位置の「PADI」ロゴ、秒針の差し色、そして2色が使い分けられた夜光。

せっかくなので先代スモウのペプシモデルであるSBDC057、そして現行の標準ブラックダイヤルのSBDC083と比べてみましょう。

上からSBDC057、SBDC121、SBDC083

実は以前に「新旧スモウ比較」記事で「新型(今では現行)スモウのペプシはブラックダイヤルで出してくれないかな」と書いたのですが、その希望が叶いました。

セイコーダイバーのペプシはネイビーダイヤルが基本なのですが、PADIモデルはブラックダイヤルを採用することが多いみたいですね。

予想通り、SBDC057と比較するとベゼル書体やインデックス形状にダイヤルカラーも相まってよりスマートな面持ち。
写真見る限りではSBDC083よりダイヤルがグレーがかっているように思えますが実際のところはどうなんでしょうね。
ついでに同じ記事で引き合いに出したチューダーのブラックベイGMTとも並べてみましょう笑
 
上がSBDC121、下がブラックベイGMT

ブラックベイの方が全体にクラシカル。
ネイビーがくすんだ色合いなのとドーム型風防なのが主な要因でしょうか。チャプターリングのないデザインなのですべての針が長いのもその印象を強めています。あとは赤青の配置が逆ですね。

ちなみに値段も実勢価格で約4~5倍ですので本来は並べて比べるものではございません。

価格とまとめ


定価は96,800円(税込、以下同じ)。流通限定で値引きなし、ポイント10倍還元で実質87,120円。標準モデルとは定価で3,300円の価格差に収めています。

6R系ムーブメント搭載のセイコーダイバーでは唯一のアンダー10万円。
他のSBDC系であるファースト現代、セカンド現代、1968現代、ショーグンは軒並み4~5万円上の値付けですからスモウは価格的に優位です。



結論としてはけっこう魅力的なモデルだと思います。

個人的にセイコーダイバーでペプシを1本選ぶとしたらこのSBDC121かと。

まあ昨年の「モデルチェンジしすぎ問題」により、各モデルがブラックダイヤル・ブラックベゼルのいわゆる標準モデルすら出揃っていない現状ではありますが。

ファースト現代デザインはあの「板!」って感じの無骨さにポップなペプシカラーの相性が悪そう。(逆にどうなるのか見てみたいという気持ちはあります)

植村ダイバー=セカンド現代は明るめのカラーでも格好いいのは既にブルーダイヤル・ブルーベゼルのSBDC123で証明済み。ですがデザイン的にはオリジナルの再現性が高いのでやっぱり標準モデルがいいですね。

まあ完全に好みの問題なんですが笑

 

ちなみにこちらがSBDC123。5,500本の数量限定、シリコンラバーベルト付属で165,000円。流通限定で実勢は同じ、ポイント10倍で実質は148,500円です。
最後になってしまいましたが同時発売のソーラーSBDL067は例によってクロノです。デザインは非常に好きなので実勢価格が12~3万で機械式をで出してくれないかな…無理だろうけど。


いったいなんだったのか。

そう言いたくなるぐらい、2020年は狂乱の1年でした。

2020年セイコーダイバー百花繚乱


まずは2020年の主な出来事を振り返ってみましょう。
基本的にはプロスペックスのダイバースキューバシリーズに関するものですが一部他シリーズ(マリンマスターやアルピニスト)も記載に含めています。

1月

・プロスペックスとして復活した「アルピニスト」SBDC087/089/091/093発売
・オールブラックの限定モデル「ブラックシリーズ」SBDX033(MM300)、SBDC095(スモウ)、SBDL065(ソーラークロノ)発売

2月


3月

・セイコーダイバーズ55周年アニバーサリーモデルが発表(発売は6月)され、その中に「ファーストダイバー現代デザイン」がフルリニューアルされたSBDC107が含まれる

6月

・新型「ファースト現代」SBDC107およびそのバリエーションであるSBDC101/103/105が発売

7月


8月

・「サムライ」のモデルチェンジ「キングサムライ」SBDY065が「Save the Ocean」モデルとして発売、同時発売のSBDY063は「キングタートル」仕様
・マリンマスターシリーズの「ツナ缶」がモデルチェンジ

10月

・「アルピニスト」から簡易方位計を省略したシンプルモデルSBDC115/117/119が発売

12月


整理し直すと、

フルモデルチェンジが「ファースト現代」「ショーグン」「1968現代」。
マイナーチェンジが「タートル」「サムライ」そして「ツナ缶」。
復活したのが「アルピニスト」。
完全新作として「小径ツナ」「セカンド現代」「シンプルアルピニスト」。

まあ正直、何やってんのって感じです笑

ダイバースキューバでは2019年に既にモデルチェンジしていたスモウ以外すべてモデルチェンジ…いやモンスターもしてないか。(モンスターはちょっと現行の位置づけがよくわかりません)

それに加えアルピニストの復活&シンプルモデル発売、マリンマスターではツナ缶系のモデルチェンジと「出せる札を全部出し切った」感が強いです。

個人的に1月2月はワクワクしていてディスコン予想も楽しくて笑
3月のファーストダイバーで盛り上がって、セカンド発表ぐらいまでは「うわ、早く現物見たい!」って感じだったんです。

それが10月のシンプルアルピニストで「さすがに出し過ぎでは?」と思い12月のショーグンと1968現代では「売れるのか?」と心配になりました。

大好物はおいしく食べたい


もちろんロングパワーリザーブの6R35への移行というムーブメントの世代交代を進めたかったのはわかっています。

最初に6R35を搭載したスモウがムーブメント変更&風防のサファイヤクリスタル化で旧型から+27,500円の価格上昇がありました。
さらに流通限定化=値引きなしに変更したためスモウとファースト現代(先代のSBDC051)との間で実勢価格の逆転現象が発生します。それを解消するためにファースト現代をフルモデルチェンジ。すると今度はファーストとショーグンや1968の間で実勢価格が逆転したためそのふたつもモデルチェンジ。

こんな単純な話ではないと信じたいですが…これ以外に理由があれば教えてほしいです。
6R15の生産を止めてすべて6R35にしたいという生産効率の話はもちろんあるでしょうが。

ただね。
これ、ぜーんぶセイコーさんの都合です。

ユーザーがどう感じるかという観点が全く欠落しているようなので教えてあげますよ。

2020年みたいなことをやると、ユーザーはこう感じるんです。

「雑に扱われた」
「自社製品に対する愛がないメーカーだ」

そしてこうも思うんです。

「長期的な視野も販売戦略もないんだな」

ダイバースキューバは数多くのラインナップを抱えるシリーズになりました。
SBDC系はスモウ、ファースト、セカンド、1968、ショーグン。
SBDY系がタートル、サムライ、モンスター、小径ツナ。

これだけあるんですから普通に毎年SBDC系でひとつずつモデルチェンジすればいいんですよ。それこそロレックスのスポーツモデルみたいに。

そうすれば好事家は毎年買ってくれるかもしれない。
でも1年で全部出したらマニアでも呆れるだけです。

ユーザーはセイコーダイバーが大好物なんです。でも大好物も全部同時に出されたら食べきれない。

自分で価値を下げてどうすんだ、って感じです。

2021年はセイコー創業140周年だそうです。
きっと2020年に出たモデルに勝るとも劣らぬ魅力的なモデルが数多く準備されているのでしょう。

だったらなおさら2020年に出したモデルを上手く見せてほしかった。
というか55周年でファースト現代デザインを使ったならセカンド現代デザインは残しておけば良かったのに。なぜ140周年記念モデルとして出さなかったんですかね。なんか隠し玉が準備されているんでしょうか。



価格設定もそうです。

旧型がこの値段で、モデルチェンジに伴う変更点がこれだから+いくら。
ちなみにモデルチェンジを機に流通限定にするので値引きはなくなるよ。

みたいな。

いや、それは全部そっちの理屈じゃん。
あと、それで売れんの?

6R35へ最初に移行したスモウの新型がデキも評判も良かった(きっと売れ行きも良かったんでしょう)ので、勘違いしちゃったんでしょうか。

ここでもユーザー目線が全くないし、価格戦略もない。
どういう層にどういう訴求をしてどれだけ売れるか、ちゃんと予測しているんですかね。

流通限定にして定価販売を強いたいのであれば値付けは抑えればいい。
変更点に対する価格上昇はモデルを跨いでも同じにしなきゃいけないというなら、それは思考が硬直化してますね。

売れなきゃ値段を下げるのは正しい。でもセイコーさんが欲しい(はずの)ブランド価値を下げるんだから最初からそうならない値付けをしてくれればなお良いですね。


あとはモデルチェンジした1968、ショーグン、サムライでプレーンなブラックダイヤル・ブラックベゼルモデルを出さないのも気に入らないです。
タートルは文字盤エンボス加工でちょっとプレーンとは言い切れないSBDY049がありますがこれもネット流通限定。

これまでは標準的なモデルをきちんとユーザーに見せてきたのに、どうしちゃったんですかね。


さて、新年早々めちゃめちゃ文句言ってきましたが笑、言いたかったのは要するにこういうことです。

私にとってセイコーダイバーはとても魅力的な時計です。

だからこそ、もう少しセイコーさんにも大切に扱ってほしい。

それだけなんです。




実店舗に置かれず、公式サイト上に情報もないセイコーの「ネット限定」モデル。
メーカーが作らないならば、と今回手作業でカタログを作成してみました。

そのあたりの経緯を書いたインデックス記事はこちらです。

 

SBDY~のモデル(タートル、サムライ、モンスター、ベビーツナ)はこちらです。

 

当記事にはモデル名SBDC~のものをまとめました。

なお情報は全て記事作成時点、楽天市場で調べたものであることをお含みおきください。
また価格は全て税込です。
(調査日:2020年10月8日)

ファーストダイバー現代デザイン(旧型)


1965年発売の国産初のダイバーズウォッチ、通称「ファーストダイバー」のデザインを現代風にアレンジしたもの。2020年にフルモデルチェンジした現行モデルが現在絶賛大ヒット中。

このファースト旧型について詳しく書いた記事はこちら。

 

ファースト現行についての記事はこちらです。旧型との比較もこちらをご参照ください。



 

ちなみにファースト現行のネット限定モデルは現在のところリリースされていません。

共通スペック:
自動巻きキャリバー6R15、パワーリザーブ50時間。200m潜水用防水。SSケース+サファイヤクリスタルガラス。サイズ厚さ 13.8 ㎜、横 42.6 ㎜、縦 49.8 ㎜。

SBDC077

グリーングラデーションダイヤル+メタルブレス。実勢88,000円、実質83,600円。

SBDC085

ブルーグラデーションダイヤル+メタルブレス、オールブラック。実勢88,000円、実質83,600円。

1968ダイバー現代デザイン


1968年に初の300m空気潜水用防水を実現した通称「1968ダイバー」。そのデザインを現代風にアレンジしたものです。

なし

こちらのシリーズのネット限定モデルはありません。
1968ダイバーはオリジナルのデザインをほぼ踏襲したレギュラーモデル「MM300」が別にあるので、現代デザインは人気がいまひとつなのかもしれません。

調査日時点でレギュラーモデルのSBDC061に一部店舗ではなんとアンダー8万円の値段をつけていましたのでディスコンが近いのかもしれません。だとすればSBDC051の時と同じで「パワーリザーブもデザインも現行に不満がないのであれば今が買い」ですね。

スモウ(旧型)


「スモウ」というユニークな愛称で知られるシリーズ。由来はマッシブなケース形状がそっぷ型の力士を思わせるとか12時位置のインデックスが大銀杏っぽいからなど諸説あります。

下の現行スモウとの実機比較記事はこちら。

 

共通スペック:
自動巻きキャリバー6R15、パワーリザーブ50時間。200m潜水用防水。SSケース+ハードレックスガラス。サイズ厚さ 13.3 ㎜、横 45 ㎜、縦 52.6 ㎜。

SBDC069

ブルーダイヤル+メタルブレス。実勢52,800円、実質50,160円。在庫僅少。
上のリンク先記事で書いたSBDC057と同様に、旧型スモウを新品で購入するのはほぼラストチャンスでしょう。


スモウ(現行)


旧型からムーブメントも外装も正統進化した実に正しいモデルチェンジ。(その分値段も上がってしまいましたが)

スモウの特徴と旧型との詳細な変更点、そしてSBDC097の魅力を熱く語った記事はこちらです。

 

共通スペック:
自動巻きキャリバー6R35、パワーリザーブ70時間。200m潜水用防水。SSケース+サファイヤクリスタルガラス。サイズ厚さ 12.9 ㎜、横 45 ㎜、縦 52.6 ㎜。

SBDC097

グレーダイヤル+メタルブレス。実勢93,500円、実質88,825円。

SBDC099

ブルーグラデーションダイヤル+メタルブレス。実勢93,500円、実質88,825円。



これまでネット限定モデルは値引きなしが通例でしたが、ファースト現代デザイン旧型のSBDC077と085は2割引きになっています。
(SBDY系はほぼすべてのネット限定モデルが2割引きでした)

セイコーがなりふり構わなくなってきたのか…あるいはディスコンして売り切りなのかもしれません。ネット限定の買い時がさらに難しくなったということですね。



「独断と偏見で選ぶ!価格帯別腕時計ベストバイ2019年版」のインデックスです。

価格帯は定価で区分しています。
対象は2019年に発売されたモデルですが、本数限定のモデルは外しています。

アンダー5万円部門


SCXP155/セイコー

クオーツ。100m防水。SSケース+ウレタンストラップ。ケース径35mm
セイコーマニア垂涎の「SUS」復刻版。
ザラリとした質感のブラスト仕上げのケース、途中でぶった切られたような四角い棒状の無骨な時針が格好いい。機械式でないのが非常に惜しい。

このモデルの魅力や実勢価格など、詳細な情報は個別記事へどうぞ
>>>「アンダー5万円&5~10万円部門」

5~10万円部門


SBDC083/セイコー

自動巻き。200m防水。SSケース+SSブレス。ケース径45mm
セイコーダイバー信頼の機能性、70時間ロングパワーリザーブ、そしてアンダー10万円とは思えない優れた外装。一度現物を見てほしいクオリティです。

このモデルの魅力や実勢価格など、詳細な情報は個別記事へどうぞ
>>>「アンダー5万円&5~10万円部門」

10~30万円部門


アイコン オートマティック 39mm/モーリス・ラクロア

Ref.AI6007
自動巻き。200m防水。SSケース+SSブレス。ケース径39mm
まさに「本当に手が届くラグスポ」。
収まりが良く華美にならず、ビジカジ両用できる。若いサラリーマンに「予算20万まででちょっといい時計欲しいんですけどお勧めありませんか」と言われたら全力でオススメできる1本。

このモデルの魅力や実勢価格など、詳細な情報は個別記事へどうぞ
>>>「10~30万円部門」

30~50万円部門


ブラックベイ P01/チューダー

Ref. M70150
自動巻き。200m防水。SSケース+ハイブリッド(レザー&ラバー)ストラップ。ケース径42mm
1960年代後半にアメリカ海軍に提供したプロトタイプの再現モデル。
弓環に「エンドリング」という特殊パーツを配し、ツール感満載の「ザ・無骨」。

このモデルの魅力や実勢価格など、詳細な情報は個別記事へどうぞ
>>>「30~50万円部門」

50~70万円部門


ブラックベイ クロノ S&G/チューダー

Ref.M79363N
自動巻き。200m防水。SSケース+レザーストラップ(取り外し可能ブンド付き)。ケース径41mm
実物見たらきっとあなたも一目惚れ。
男くささと伊達者っぽさが問答無用にミックスしたべらぼうな格好良さ。
インダイヤルに使われたゴールドがもの凄くアンティーク感があって渋いです。

このモデルの魅力や実勢価格など、詳細な情報は個別記事へどうぞ
>>>「50~70万円部門」

70~100万円部門


エル・プリメロ A384 リバイバル/ゼニス

Ref. 03.A384.400
自動巻き。5気圧防水。SSケース+レザーストラップ。ケース径37mm
クロノグラフ好きなら誰もが一度は憧れる「エル・プリメロ」ファーストモデルの復刻版。
オリジナルモデルの部品をデジタイズしたという忠実な再現性と、クラシックにしてアバンギャルドなデザインに痺れまくりです。

このモデルの魅力や実勢価格など、詳細な情報は個別記事へどうぞ
>>>「70~100万円部門」


ぜひ各個別記事もご覧ください。

これまで腕時計ではセイコーの記事しか書いていないんですが、ちゃんと腕時計全般が好きです。
コレクションの4割ぐらいがセイコーなんで確かにセイコーファンではありますが笑

ということでセイコー以外の時計にも興味があることを証明せんと笑、こんな企画をやります。

「独断と偏見で選ぶ!価格帯別腕時計ベストバイ2019年版」

最初は2019年に発売された腕時計ランキングを書こうと思っていたのですが候補をリストアップしていくと上手い具合に価格帯が分かれていたので価格帯別にベストバイ1本を選ぶ形式にしました。

また本数限定のモデルは除外しています。結果的に転売ヤーを喜ばすだけですから。

価格帯は実勢価格だとブレるので定価で区分しました。
記載の価格はいずれも記事作成時点のもので税込です。
また併記している実勢価格は楽天市場調べで各店舗の表示価格=ポイント還元等を含まない金額となります。

それでは価格の安い方から順に発表します。

アンダー5万円部門



SCXP155/セイコー

クオーツ。100m防水。SSケース+ウレタンストラップ。ケース径35mm

セイコーマニア垂涎の「SUS」復刻版です。
SUS(サス、と発音します)とは「Simple&Storong」を意味しており、1990年代後半にリリースされたセイコーのシリーズ。当時はさほど人気がなく早めにディスコンになってしまったのですが、まさにシンプルで力強い、ある意味潔いカッコよさが後に評価され人気モデルとなりました。

このモデルはクオーツ3針モデル。ナノ・ユニバースの監修による復刻です。

当時はほぼ同デザインで機械式もありました。「メカSUS」と呼ばれた機械式モデルは名機と呼ばれる4S15ムーブメントを採用(一説によれば「採算度外視で」)しており、中古市場では今なおプレミアム価格で取り引きされています。

この復刻版、なかなかオリジナルに忠実な仕上がりになっています。

まずSUS最大の特徴であるザラリとした質感のブラスト仕上げのケース。
かなりザラッザラで渋い。遠目ではカジュアルな印象なのにこのケースを見ると一気に渋さがわります。
そしてIWCのマーク12あたりと同じ四角い棒状の時針。この途中でぶった切られたような無骨さが格好いいですよね。


メカSUSだとチャプターリングにガチャガチャした目盛り(1秒未満の目盛り)があり、その方が計器然としていて個人的には好きなのですが、1秒単位で運針するクオーツなのでないのは仕方がないですね。あったら笑われちゃいます。

35mm径という細腕さんには嬉しいサイズ感も非常に良いですね。ウレタンストラップもいいですがレザーNATOに換装すると非常に渋くていい感じになります。
ミリタリーウォッチの範疇に入るデザインだと思いますが、その例に漏れず非常にどんな服装とも合わせやすい汎用性の高さも魅力。

クオーツに興味がない私でもかなり惹かれるモデルです。実勢6万円くらいでメカSUS復刻してくれないかな…
定価:22,000円
実勢価格:22,000円

白やグレーの文字盤、ゴールドやPVDのケース、ストラップもNATOやレザーと様々なバリエーションが存在します。
多彩過ぎて迷っちゃいますね笑

5~10万円部門




SBDC083/セイコー

自動巻き。200m防水。SSケース+SSブレス。ケース径45mm

このモデルの魅力は以前これらの記事でさんざん書いてきた通りです。

関連記事:
新旧スモウ実機比較インプレッション!SBDC057とSBDC083

アンダー10万円とは思えない優れた外装。現物を見るとその素晴らしさに驚かされます。
そしてセイコーダイバー信頼の機能性。さらに70時間ロングパワーリザーブ。

ブラックのダイバーズは非常に汎用性が高いので初めての機械式時計にもお勧めですし、もちろんファーストウォッチがドレス系だったり防水性能が低めでガシガシ使いにくい場合のセカンドウォッチとしても最適です。

本当に弱点はブレスの作りが軽くて文字盤やケースの出来に負けていることぐらい。
あとは旧型のスモウの実勢価格が安すぎてその記憶が残っているとなんか腑に落ちない笑ことだけ。ただこれも何度も言いますが値段上がっただけの価値はあります。
定価:93,500円
実勢価格:77,006円~93,500円

調査日が「楽天スーパーセール」直前だったからでしょうか、とんでもなく安い値段がついていました(大量ポイント付与の店に対する対抗かと思います)。

現状のカラーバリエーションは4種類。個人的に欲しいのはSBDC097ですがこのモデルは2020年発売のためSBDC083を今回選びました。

このページのトップヘ