ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:セイコーダイバー



新型ファーストダイバー現代デザイン、3モデル公開!


待ちわびてたやつが来ました!笑

2020年の大注目モデル、リニューアル版ファーストダイバー現代デザイン。
当ブログでも先代のSBDC051を「ディスコンしそうなモデル」、さらに3月5日に発表されたリニューアル版の限定モデルSBDC107も「満点のフルリニューアル」として取り上げてきました。




※ファーストダイバーとは何ぞや、につきましてはSBDC051の記事をご参照ください。

そしてこのたび、いよいよセイコー公式サイトで新型の通常モデル2種と新たな限定モデル1種が公開されました!

基本スペックと各モデルの特徴


サイズは厚さ13.2 ㎜、横40.5 ㎜、縦47.6 ㎜。先代から厚さで0.6mm、縦横共に2.0mm以上小さくなっていることはかなりの装着感向上が望めます。
ムーブメントはおなじみの70時間ロングパワーリザーブ6R35。200m潜水用防水で風防はサファイアガラス。

これらの基本スペックはSBDC107含め、すべて共通です。

SBDC101

ブラックベゼルにチャコールグレーダイヤル。最もオリジナルのファーストダイバーの雰囲気を残すいわばプレーンなモデルです。オリジナルはラバーベルトですがこちらはメタルブレス装着。
ちなみにセイコーグローバルブランドコアショップのみでの販売、いわゆる流通限定モデルです。



SBDC103

SBDC101からダイヤルカラーをブラウンに、インデックスと針の夜光を退色ベージュに変更したもの。セイコーブティックのみの300本限定モデル。

SBDC105

同じくダイヤルカラーをダークブラウンに、インデックスのフチと針、ベゼルやダイヤルの印字をゴールドに変更。そしてシリコンラバーベルト。流通限定モデル。


SBDC107

既に発表済みのこちらは、ダイヤルカラーはブルーグレー、秒針と6時位置の「DIVER’S 200m」がイエロー。メタルブレスでラバーベルト付属。世界限定5,500本。流通限定。
ちなみに発売日は6月19日となっていましたが、今回発表された3モデルとあわせてすべて6月下旬発売予定に変更されています。



価格と気になるモデル


価格はSBDC101と103が143,000円(税込、以下同じ)で105は121,000円。107がラバーベルト付属で154,000円ですから、まあ予想通り。本数限定とそれ以外で価格差をつけていません。

また全モデル値引き対象外ですので実勢価格も上の通り。実質価格はブティック限定の103を除きポイント10倍になりそうですのでSBDC101が128,700円で105は108,900円、107は138,600円となります。

個人的な注目は101と105ですね。

101はやっぱり一番オリジナルのイメージに近いので気になります。ダイヤルカラーもいいですね。

一部ショップさんの拡大写真を見るとかなりダイヤルが荒らして(ブラスト加工)あるようにも見えるのですが実際はどうなんでしょう。あとはダイヤルのギラつきがあるのかどうか。個人的にはマットなダイヤルの方が好みです。

 

そして105はなんというか賛否両論分かれそうですね。
ある意味「めちゃめちゃ中途半端」な気もするし「とんでもなくいいとこどり」の気もします。今のところ私は後者です。

まずこのダークブラウンというダイヤルカラー。恐らく「トロピカルダイヤル」を意識してのものでしょう。トロピカルダイヤルとは経年劣化によって変色した文字盤のことで、一般的なものはブラック文字盤のブラウンへの変色。ロレックスなどのアンティーク市場では非常に高額で取引されています。

まあフルスイングでトロピカルダイヤルを意識しているのは103の方なのでしょう。写真で見る限りでは105よりも明るいブラウンで、夜光もアンティークな退色ベージュですし。
105も同じ夜光にすればいいのに限定と差をつけるいつものやり方ですね笑

そしてインデックスのフチと針、各種印字をゴールドにしていますが、これはオリジナルの1968ダイバーを思わせますよね。ラバーベルトなこともその印象を強めています。

要するに105って、ファーストダイバー現代デザインなのに1968ダイバーのイメージもありつつトロピカルっぽいダイヤルだけど夜光は退色ベージュじゃない。

どうです、なんとも言えないところをついていると思いませんか笑

 

まあでもそもそも完全復刻じゃなく現代デザインですからね。オリジナルとの差をとやかく言うこと自体が野暮かなと。素直に一番格好いいと感じたモデルでいいと思うんですよね。

ということで個人的に現時点では105が一番気に入っています。

例によって現物観たいです。101の実物が渋くてそっちに心を惹かれる予感でいっぱいです笑




復刻サードのネット流通限定モデル「キングタートル」が2割引きに!


以前に紹介したSBDY049の値下げがどうやら解禁されたようです!

セイコーが150m防水ダイバーズウォッチの第3世代として1976年にリリースしたモデルの復刻盤、「復刻サード」。海外ではその亀っぽい愛らしいフォルムから「タートル」というペットネームで親しまれてきました。

その最新モデルSBDY049/051は質感の部分でグレードアップしており、一部では「キングタートル」などと呼ばれています。

そのキングタートルの魅力については以前にこちらの記事で紹介しましたのでご参照ください。

 

この記事の中で「不満は価格設定と販売戦略(ネット流通限定)」と書いたのですが、このたびその価格が下がりました。

記事作成時点で各ネットコアショップにおける価格が77,000円(税込、以下同じ)から61,600円へ変更されています。2割引きですね。

これまで流通限定モデルでは値引きなしを原則としていたセイコーがついに動きました。
というかSZSB011/012/013/014も値引きを行なっていたようなので方針転換でしょうか。



コロナ禍によるインバウンド需要への壊滅的な打撃を受けてのテコ入れか、近く発表されると噂の2ndダイバー現代モデルとの価格帯における住み分けか。いずれにせよ購入を検討していたユーザーにとっては非常に嬉しいニュースですね。

SBDY049の紹介記事と同じように、現行(今となっては先代でしょうか)タートルSBDY013と比較してみましょう。

SBDY013

定価63,800円、実勢価格は2割引きで51,040円。楽天やYahoo!ショッピングでの付与ポイントは概ね10倍なので実質45,936円。

SBDY049

定価77,000円、実勢価格は2割引きで61,600円。楽天やYahoo!ショッピングでの付与ポイントは以前と変わらず5倍で実質58,520円。

これまでの+27,214円から+12,584円へ、実質で価格差が14,630円圧縮されました。
これはかなり値上げに対する心理的抵抗が少なくなりましたね。

この価格差で型押しダイヤル、ベゼルインサートがセラミック、風防がサファイヤクリスタルになりとどめにサイクロップスレンズ。全体の質感はかなり向上していると思われます(ネット限定のため「思われます」)。

楽天スーパーセールやYahooショッピングの5の日などと併用すれば、実質5万円に近い金額で手にすることができるわけです。

これはかなり魅力的ですね。

現物を見たい派の私でもちょっと揺さぶられます笑

その他のモデルの価格動向


まず念のためセイコーHPを確認しましたが相変わらずカタログに載っていませんでしたので、ネットのみという流通限定そのものを解除したわけではないようです。

また、他の流通限定モデルについても値引き解禁したのか確認したところ、この「キングタートル」と同じく2020年1月にリリースされたネット流通限定モデルSBDY053/055も同じく当初価格から2割引きになっていました。
「モンスター」の外胴プロテクターつき、いわゆる「ベビーツナ」ですね。48mmも横幅があってどこが「ベビー」なのか甚だ疑問ですが笑

すべてを確認したわけではありませんが、2020年2月にリリースされたSBDC097/099をはじめ他のネット流通限定モデルおよび流通限定モデルの値引きは相変わらず行なわれていないようです。(一部家電量販店では以前から流通限定モデルを値引いていますが)

関連記事


アルピニストも値引きなしです。

関連記事

今後他のモデルへも値引きが波及するのか、流通限定モデルの価格戦略がどうなるのかはわかりませんが引き続き注視していきたいと思います。

以前に「ディスコンが気になるモデル」としてファーストダイバー現代デザインSBDC051を取り上げましたが、その結論が出ました!

関連記事:

ほぼ満点のフルリニューアル!


今、めちゃめちゃ興奮しながら記事書いてます笑

今回アナウンスされたのは

DIVER SCUBA ヒストリカルコレクション
1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン SBDC107

まずなんといっても時分針のデザインが変更されたのが大きい!私が願っていた「SBDC027っぽいやつ」になってます!(MM300に近い気もします)
しかも!秒針がちゃんとファーストダイバーのやつ!

インデックスもより短く四角いものになりかなりファーストダイバー感向上しています。

しかも現行SBDC051の厚さ13.8 ㎜、横42.6 ㎜、縦49.8 ㎜から新型SBDC107は厚さ13.2 ㎜、横40.5 ㎜、縦47.6 ㎜へサイズダウン。これはかなり嬉しい。厚さ0.6mm、縦横共に2.0mm以上小さくなっていることはかなり装着感が向上しているでしょうし使い勝手も良くなります。

もちろん予想通りムーブメントは70時間ロングパワーリザーブの6R35へ変更されています。

素晴らしい。ここまでは文句なく満点です。

敢えて「ほぼ」の部分、個人的に気になる点を挙げるとすれば、若干ベゼルが太く感じることと文字盤カラーでしょうか。

ブラックではなく今回のコンセプトカラーである「ブルーグレー」です。これは限定モデルのためと思われるので、標準モデルの発表が期待されます。

あとは毎度同じこと言ってますが値段ですね。

ラバーベルト付属で154,000円(税込)。
そして例によって流通限定=値引きなし。現行の標準的な実勢価格88,000円から66,000円の上昇。

標準モデルを出す際には流通限定を解除してほしい…せめてラバーベルトなしにして値段を下げてほしいところですね。

発売予定日は2020年6月19日(金)で世界限定5,500本です。

最後に改めてまとめると、

デザイン大幅強化・サイズダウン・ロングパワーリザーブ。限定モデルで文字盤はブルーグレー。実勢価格は66,000円アップ。

ということになります。

詳しくは公式サイトの特集ページをご覧ください。

写真がめちゃめちゃ格好いいので、こちらを見れば私の興奮が皆さんにも伝わると思います笑

同時にハイエンドの復刻3部作(ファースト、1968、ツナ缶)もアナウンスされたのですが、正直そっちは値段も高いし売れないんじゃないかと思っちゃうぐらいこのSBDC107は素晴らしい。
早く現物見たい!そして標準モデルの発表が待ち遠しい!

その暁には何卒流通限定の解除を…お願いしますよセイコーさん。

!!!2020年6月13日追記!!!
ファーストダイバー現代デザインに新たに3モデルが追加されました!



これまで腕時計ではセイコーの記事しか書いていないんですが、ちゃんと腕時計全般が好きです。
コレクションの4割ぐらいがセイコーなんで確かにセイコーファンではありますが笑

ということでセイコー以外の時計にも興味があることを証明せんと笑、こんな企画をやります。

「独断と偏見で選ぶ!価格帯別腕時計ベストバイ2019年版」

最初は2019年に発売された腕時計ランキングを書こうと思っていたのですが候補をリストアップしていくと上手い具合に価格帯が分かれていたので価格帯別にベストバイ1本を選ぶ形式にしました。

また本数限定のモデルは除外しています。結果的に転売ヤーを喜ばすだけですから。

価格帯は実勢価格だとブレるので定価で区分しました。
記載の価格はいずれも記事作成時点のもので税込です。
また併記している実勢価格は楽天市場調べで各店舗の表示価格=ポイント還元等を含まない金額となります。

それでは価格の安い方から順に発表します。

アンダー5万円部門



SCXP155/セイコー

クオーツ。100m防水。SSケース+ウレタンストラップ。ケース径35mm

セイコーマニア垂涎の「SUS」復刻版です。
SUS(サス、と発音します)とは「Simple&Storong」を意味しており、1990年代後半にリリースされたセイコーのシリーズ。当時はさほど人気がなく早めにディスコンになってしまったのですが、まさにシンプルで力強い、ある意味潔いカッコよさが後に評価され人気モデルとなりました。

このモデルはクオーツ3針モデル。ナノ・ユニバースの監修による復刻です。

当時はほぼ同デザインで機械式もありました。「メカSUS」と呼ばれた機械式モデルは名機と呼ばれる4S15ムーブメントを採用(一説によれば「採算度外視で」)しており、中古市場では今なおプレミアム価格で取り引きされています。

この復刻版、なかなかオリジナルに忠実な仕上がりになっています。

まずSUS最大の特徴であるザラリとした質感のブラスト仕上げのケース。
かなりザラッザラで渋い。遠目ではカジュアルな印象なのにこのケースを見ると一気に渋さがわります。
そしてIWCのマーク12あたりと同じ四角い棒状の時針。この途中でぶった切られたような無骨さが格好いいですよね。


メカSUSだとチャプターリングにガチャガチャした目盛り(1秒未満の目盛り)があり、その方が計器然としていて個人的には好きなのですが、1秒単位で運針するクオーツなのでないのは仕方がないですね。あったら笑われちゃいます。

35mm径という細腕さんには嬉しいサイズ感も非常に良いですね。ウレタンストラップもいいですがレザーNATOに換装すると非常に渋くていい感じになります。
ミリタリーウォッチの範疇に入るデザインだと思いますが、その例に漏れず非常にどんな服装とも合わせやすい汎用性の高さも魅力。

クオーツに興味がない私でもかなり惹かれるモデルです。実勢6万円くらいでメカSUS復刻してくれないかな…
定価:22,000円
実勢価格:22,000円

白やグレーの文字盤、ゴールドやPVDのケース、ストラップもNATOやレザーと様々なバリエーションが存在します。
多彩過ぎて迷っちゃいますね笑

5~10万円部門




SBDC083/セイコー

自動巻き。200m防水。SSケース+SSブレス。ケース径45mm

このモデルの魅力は以前これらの記事でさんざん書いてきた通りです。

関連記事:
新旧スモウ実機比較インプレッション!SBDC057とSBDC083

アンダー10万円とは思えない優れた外装。現物を見るとその素晴らしさに驚かされます。
そしてセイコーダイバー信頼の機能性。さらに70時間ロングパワーリザーブ。

ブラックのダイバーズは非常に汎用性が高いので初めての機械式時計にもお勧めですし、もちろんファーストウォッチがドレス系だったり防水性能が低めでガシガシ使いにくい場合のセカンドウォッチとしても最適です。

本当に弱点はブレスの作りが軽くて文字盤やケースの出来に負けていることぐらい。
あとは旧型のスモウの実勢価格が安すぎてその記憶が残っているとなんか腑に落ちない笑ことだけ。ただこれも何度も言いますが値段上がっただけの価値はあります。
定価:93,500円
実勢価格:77,006円~93,500円

調査日が「楽天スーパーセール」直前だったからでしょうか、とんでもなく安い値段がついていました(大量ポイント付与の店に対する対抗かと思います)。

現状のカラーバリエーションは4種類。個人的に欲しいのはSBDC097ですがこのモデルは2020年発売のためSBDC083を今回選びました。


この記事を書いている時点でもの凄く欲しい時計のひとつがSBDC097。
「スモウ」という愛称で呼ばれるセイコーダイバーシリーズの、ネット流通限定モデルです。
上の記事で書いた通り、スモウは2019年にモデルチェンジし旧型から大幅に質感が向上し同じぐらい大幅に価格が上昇しました。

実勢価格では46,200円→93,500円。なんと2倍です。

しかし、実はこの記事作成時点ではまだギリギリこの値段で買える旧型スモウがあるのです。

それがSBDC057。ペプシベゼルのモデル。
とっくにディスコンしているのですが、さほど人気がないのかまだわずかながら在庫が残っています。

私は既にMM300のSBDX017を所有していますので、セイコーダイバーの本数を増やすなら標準的な黒ダイヤル黒ベゼルでないものがいい。特にペプシは前から1本欲しいと思っていました。そして人とかぶるのが嫌なロスジェネ世代としては人気がないのはむしろプラス要素笑

個人的には新型の完成度の高さに惹かれており、だからこそSBDC097が欲しいのですが「実勢価格アンダー5万円でスモウを買えるラストチャンス」しかも「自分としては願ったりかなったりのペプシ」。気持ちが大きく揺さぶられます。

ということで考えてないで実物見てこようと、某大手家電量販店で実際に自分の腕に乗せて見比べてきました。

実機を見比べての感想


SBDC057と比べたのは標準のブラックモデル、SBDC083。

先に手に取ったのは057。
自分の旧型スモウに対する以前からの印象通り、価格からすれば驚異的な仕上げ。やっぱいいな~これでこの値段は凄いなあ。
そして特徴的なコロンとしたフォルム。ペプシってそもそもチープさを感じるカラーリングでそこがいいのですが、絶妙にマッチしてカワイイ印象。

続いて083。
以前グリーンの081は触れたことがあったのですが、083を手に取って見たのは初めて。

めっちゃ質感いい!
なんだこれ。一瞬SBDX017持ってるの忘れて反射的に欲しくなるぐらい質感いい。

なぜか057より083の方がベゼルがフラットに感じます。そもそも色が違えば印象が違うのは当然ですし057はベゼルに膨張色が入っているのもその一因でしょうが、恐らく最大の理由は厚みが違うためかと。

 

ベゼル12時位置のルミナスポイント周辺シルバー部分が旧型は三角になっているのに対し新型は辺が閉じていない=縦長の三角形の途中で終わっている。スモウの特徴である大銀杏が縦にふたつ並んでいるようにも見えますね。
結果としてその部分の横幅も狭くなっていて、数字のフォントが細くなったことと相まってスマートさを増しています。こういう細かなリファインが全体の印象を整えているんですね。

全体の印象として写真で見るよりずっとスタイリッシュ。なんだかスモウじゃないみたいでした。個人的には新型の方が好きですが、旧型の方を好む方もいると思います。


場合によっては057を買うつもりで見に行ったのですが、決められませんでした。

旧型を買うには新型の仕上がりが良すぎる

新型を買うには旧型との価格差があり過ぎる

どっちもどっち、の逆。どっちもいいから決められない!って感じです。

旧型の実勢価格を頭から追い出して新型を買う、または新型の仕上がりを見なかったことにして旧型を買うのか。

悩ましい…



タイプ別買い時ジャッジ


最後に「ディスコンしそうなモデル」の記事と同じように現在の買い時度を5点満点で評価します。

買い時度…5(現在の価格で買えるうちに買いましょう)

・旧型スモウのキャラクターが好きな人
旧型と新型はそっくりだけどよく見るとキャラクターが違います。旧型の「丸っこい」イメージが好きであれば在庫があるうちに買うべき。まさしく今がラストチャンスです。

・ペプシベゼルのセイコーダイバーをなるべく安く手に入れたい人
記事作成時点でペプシベゼルの機械式セイコーダイバーで実勢価格が最安値です。しかも上位ムーブメントの6R系搭載。お買い得なのはまちがいありません。

買い時度…2(旧型は見送った方が無難か)

・新型スモウのスマートさにやられた人
「でも値段が…」わかります。ただここで値段につられて旧型を購入しても新型も欲しくなる可能性が高い。なのでここはじっと我慢してお金を貯めるのが吉かと。
私個人としては新型のカラーバリエーションを色々見てみたい(出してほしい)と感じました。

新型のペプシも見てみたいです。
チューダーのブラックベイGMTみたいなシャープな印象になるかもしれません。
ブラックダイヤルで出してくれないかなあ。セイコーはペプシベゼルにするとネイビーダイヤルが基本なんですよね。
キャッシュレス5%還元期間が2020年6月末までなので、出すなら早めにお願いしますセイコーさん!

このページのトップヘ