ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:セイコー5



以前に記事にしたセイコー5の2021年新作「ミリタリー」。

その中で「今回採用されたのはこちらのフィールド系のデザイン。(逆輸入版ではもうひとつアビエーション系のデザインもあります)」と書いたら、すかさずそれ=アビエーションも出ました。

2021年10月に第1弾、記事作成時点では第2弾(恐らく2021年12月)まで発売されているのですが、この記事では主に前者を扱います。

SBSA111他のフィールド系デザイン(以下「フィールド」)の記事はこちら。
 

洗練された無骨


「アビエーション」=航空。要するに飛行機乗りの時計ですね。

今回取り上げるモデルは内周に時表示、外周が分表示というダイヤルが特徴。
「フィールド」同様にミリタリーウォッチとしてはド定番の顔です。

ハミルトンでいえば「カーキアビエーション パイロットデイデイトオート」。
ただあちらの類似デザインは46mmのビッグサイズ。

ややマイナーなメーカーですがLACOのフラッグシップ「ファーロ」あたりがもろにこのデザインです。

現在でも手に入る逆輸入版セイコー5の類似モデルと比較するといくつか手が加えられています。

アルファ針というか菱形(若干左右非対称)のぺらっとした感じの針が力強いものに替わり、ベルトも肉厚になり裏面は差し色のレザー。

文字盤表面にはこれまた力強いブラスト仕上げが加えられており、インデックスのプリントも厚めに盛られている印象。
写真ではケースの仕上げも向上しているように見えます(サテンの筋がはっきり見える)。

そしてムーブメントもハック機能なしの7S系からありの4R系にグレードアップ。

全体に素軽い印象の逆輸入版に対し、国内正規は細部をアップデートし完成度を高めています。
「ボーイ」や「フィールド」といった先行モデル同様に「ムーブメント変更+質感の向上により逆輸入版との差別化を図るという手法」ですね。

スペックは基本的にこれまでの「ボーイ」や「スムースベゼル」と同じです。10気圧防水、デイデイト表示にパワーリザーブ41時間のキャリバー4R36。
サイズは「フィールド」と同じ厚さ 13.2 ㎜、横 39.4 ㎜、縦 48.1 ㎜。同一ケースなのでしょう。横37 mmだった逆輸入版からサイズアップしてしまったのは少し残念。

第1弾のバリエーションは3種類。

ケースは基本全面サテン仕上げ。メタルブレスのSBSA139はケースとブレスのサイドがポリッシュ。

SBSA139

ブラックダイヤル+クリームインデックス、メタルブレス。


出典:セイコー公式サイト

SBSA141

カーキダイヤル+ホワイトインデックス、表がカーキで裏がオレンジのナイロンベルト。



SBSA143

PVD加工のブラックケースにブラックダイヤル+オレンジのインデックスと針。表がブラックで裏がオレンジのナイロンベルト。


価格とまとめ


定価29,700円(税込、以下同じ)。実勢価格は流通限定で値引きなし。ポイント10倍還元で実質価格は26,730円。
139と141は定価29,700円(税込、以下同じ)。実勢価格は流通限定で値引きなし。141は公式以外のオンラインショップならポイント10倍還元で実質価格は26,730円。

ブラックPVD加工の143は定価34,100円で実勢同じの実質30,690円となっています。

結論としては、素直にまとめると「フィールド」とほぼ同じなんですよ。

安心安全の国内正規セイコー5で使い勝手のいいサイズ感。そして様々なファッションに合わせやすいミリタリーデザイン。初めての機械式時計にも、セカンドウォッチにもお勧め。

敢えての要望も同じ。できることならアンティークミリタリーっぽさが強まる38mmから35mmのサイズにしてほしかったですね。ハミルトン同様に「ビッグ・パイロットウォッチ」然とした46mmという手もありますがまあコスト的にも日本人の標準的な手首サイズ的にも小径が正解でしょう。

違いとしてはこのアビエーションはさすがにミリタリー感強すぎるダイヤルなので、オンには向かないことぐらいですね。

第2弾は4種類エントリーされ、針の夜光は白で(SRPH21KCはアイボリー)ダイヤルはブラスト加工なしのマット仕上げのようです。ミラネーゼブレスがなかなかいいですね。



SRPH21KC 出典:セイコー公式サイト


SRPH23KC 出典:セイコー公式サイト


SRPH25KC 出典:セイコー公式サイト


SRPH31KC 出典:セイコー公式サイト

ナイロンベルトのSRPH31KCは定価29,700円。直営店オンリーなので実勢実質同じ。
以下同様にミラネーゼブレスの21KCと23KCは34,100円、ミラネーゼ&PVDの25KCは38,500円です。

個人的に7モデルの中から1本選ぶならSRPH23KCですね。


ということで基本的にはいい時計です。

ですけども。

上でチラッと書いていますが第1弾3モデルのうち最もプレーンな139、そして第2弾は4モデルすべてが全国に4店舗しかないセイコー直営店限定なんですよ。オンラインで買えるのも公式サイトのみ。

ナンバリングもSBSAxxxから第2弾ではSRPHxxxxに変わっちゃいました。

相変わらずセイコーさんの販売戦略はなんだかよくわからないな~笑

無礼を承知でいえば出し惜しみするような時計じゃないと思うんですよね。
デザインも価格帯も多くの人の目に触れて多くの人に手に取ってもらってなんぼでしょ。

これ見るためにわざわざセイコー直営店まで出向かなきゃならないというのはちょっとハードルが高いんじゃないでしょうか。

ファッションビル内の時計屋さんで、セイコー5がずらりと並んだ中での1本とか、それこそハミルトンを扱っているお店で比較対象として売るか。

そのどちらかが正しいと思いますがいかがでしょう。



2019年に国内正規品が復活したセイコー5。
第1弾の「ボーイ」そして翌2020年にその「スムースベゼルバージョン」と来て、2021年新作がこちら。

セイコー5では昔からあるミリタリー調のデザイン、いわゆる「セイコーミリタリー」です。

細かな仕様違いに見えるこだわり


今回採用されたのはこちらのフィールド系のデザイン。
(逆輸入版ではもうひとつアビエーション系のデザインもあります)


まあミリタリーウォッチとしてはド定番の顔。

有名どころでいえばハミルトン「カーキフィールド メカニカル」とデザイン的にはほぼ同じですね。(機能的には「オート」なんでしょうけど顔がちょっと違います)
ちなみにクオーツですがタイメックス「キャンパー」なんかもほとんど同じ。

元々は視認性の高さを求めたデザインですが、どんなファッションにも合う万能性が魅力です。
現在でも手に入る逆輸入版セイコー5の類似モデルと比較するといくつか手が加えられています。

まずプリントだったアラビアインデックス(以下「インデックス」)がエンボス加工になり立体感が出ました。
そしてはっきりした段差をつけていたチャプターリングがなくなり、その分40mmアンダーへサイズダウン。
ムーブメントもハック機能なしの7S系からありの4R系にグレードアップしています。

ムーブメント変更+質感の向上により逆輸入版との差別化を図るという手法。これは第1弾「ボーイ」の時と同じです。

スペックは基本的にこれまでの「ボーイ」や「スムースベゼル」と同じです。10気圧防水、デイデイト表示にパワーリザーブ41時間のキャリバー4R36。
サイズは厚さ 13.2 ㎜、横 39.4 ㎜、縦 48.1 ㎜。アンダー40㎜で使い勝手の良いサイズになっています。

バリエーションは6種類。
なのですがすべて細かく仕様が異なっており少々複雑なラインナップになっています。

メタルブレス、NATOベルト、レザーベルトがそれぞれ2モデルずつ。

文字盤はメタルブレスモデルがサンレイダイヤルでそれ以外はマット、かつ表面にやや荒らし加工あり。さらにそのうち2モデルはグラデーションダイヤル。
インデックスはシルバー、ベージュ、ゴールドの3通り。ちなみに一見光りそうなベージュも夜光ではないようです。

ケースは基本サテン仕上げで、メタルモデルはケースとブレスのサイドがポリッシュ。それ以外は全面サテン。

この細かさ、こだわりを感じさせますね。
(いずれも写真を見ての判断ですので間違えていたらすみません)

まあ文章ではわかりづらいので下の写真をご覧ください。

SBSA111

ブラックダイヤル+シルバーインデックス、メタルブレス。



SBSA113

ネイビーダイヤル+シルバーインデックス、メタルブレス。

SBSA115

軽く荒らしたグレーダイヤルに同色のNATOベルト。シルバーインデックス。



SBSA117

荒らしブラックダイヤルにベージュインデックス。時分針の夜光とNATOベルトもベージュ。

SBSA119

荒らしネイビーダイヤル(恐らくグラデーションもかかっています)+ゴールドインデックス。ブラックレザーベルト。

SBSA121

ブラックPVDケースに荒らしダークブラウンのグラデーションダイヤル。インデックスと時分針夜光は117と同じベージュ。ブラックレザーベルト。



価格とまとめ


定価29,700円(税込、以下同じ)。実勢価格は流通限定で値引きなし。ポイント10倍還元で実質価格は26,730円。

例によってメタルブレスとNATOベルトの価格は同じなのですがブラックPVD加工の121だけ高く設定されており、定価34,100円で実勢同じの実質30,690円となっています。


結論としては、いい時計だと思います。

上でも書いたハミルトン「カーキ」に思いっきりぶつけてきたなあとは思いますが笑
まあユーザーにとって選択肢が増えるというのはいいことです。こちらの方が約2万円安いですし。

安心安全の国内正規セイコー5で使い勝手のいいサイズ感。そしてどんなファッションにも合うミリタリーフィールドウォッチのデザイン。もちろん職種やTPOによりますが、メタルモデルはスーツにもさほど違和感なくつけられます。

初めての機械式時計にも、セカンドウォッチにもお勧めです。
お若いビジネスマンのファーストウォッチならメタルモデルが良いでしょうし、学生さんがNATOモデルを選んでおいてお仕事を始めた後は(オン用に別の時計を買って)こちらは休日のセカンドウォッチとして使うなんていうのもありですね。

敢えて要望を書くと、できることならアンティークミリタリーっぽさが強まる38mmから35mmのサイズにしてほしかったですね。

それとミリタリーデザインの基本からすれば立体感のあるアラビアインデックスは蛇足なのでしょう。視認性を求めてマットなブラックダイヤルに真っ白いインデックスが本来の姿。特にシルバーはブラックアウトとまではいかなくても角度によっては見づらいのでは?と思います。

ただ個人的にはこれはこれであり。
これによって逆輸入版(やカーキ)との差別化がなされているわけですし、結果的にメタルモデルがスーツと合わせやすくなっています。
そもそもシルバーインデックス以外のバリエーションも準備されていますしね。
どうしても嫌なら117かそれこそカーキを買えばいいんですから笑

個人的に1本選ぶならその117ですね。
カラーリングといい荒らしダイヤルや全面サテン仕上げによる無骨さといい、ど真ん中のフィールドウォッチな佇まいが素直に格好いいです。

年が明けてから既にだいぶ経過してしまいましたが、昨年に引き続きこの企画をやります。

「独断と偏見で選ぶ!価格帯別腕時計ベストバイ2020年版」

2019年版はこちらからご覧ください。



対象は2020年に発売されたモデルですが、本数限定のモデルは対象外としています。

価格帯は実勢価格だとブレるので定価で区分しました。
記載の価格はいずれも記事作成時点のもので新品税込です。
また併記している実勢価格は各店舗の表示価格=ポイント還元等を含まない金額となります。

それでは価格の安い方から順に発表します。

アンダー5万円部門


SBSA045/セイコー

自動巻き。10気圧防水。SSケース+SSブレス。ケース径40mm

2019年に国内正規版が復活したセイコー5。
その2020年モデルは前年の「ボーイ」のスムースベゼル(=回転ベゼルなし)バージョン。

こちらの時計については以前に記事にしていますのでその魅力の詳細はこちらをご覧ください。

関連記事:


一言でまとめるならばコンパクト&シンプル&スポーティ。
ミニマルデザインにセイコーダイバー伝統の4時位置リューズがアクセント。そして「ボーイ」より横幅が2.5mm短いというサイズ感も良好ですね。

便宜上一本選ぶ必要があるため(※)一応ベストバイという観点からブラックダイヤルのメタルブレスという最も無難なモデルにしました。NATOベルトモデルと価格も変わりませんし。
そのままオールマイティな時計として使うもよし、記事にも書いた通りベルトを換えて色々楽しむのもまたよしです。
※セイコーさんが明確なシリーズ名を付けていないのでモデル名(Ref.名)をそのまま記載せざるを得ない
定価:30,800円(税込、以下同じ)
実勢価格:30,800円(楽天市場調べ、以下同じ)

この価格帯の機械式時計も少なくなってきた昨今、3万円という値段も評価できます。
セイコー5はバリエーションが豊富なので、その中から1本選ぶ楽しみもありますね。

さて、ベストバイはこちらなのですが既に記事にしている時計ですので「次点」も発表します。

アンダー5万円部門・次点



アトランティスヌプシ/タイメックス

クオーツ。10気圧防水。レジンケース+レジンバンド。ケース径40mm

この価格帯ですと中心になるのはクオーツ、となれば本命はやはりG-SHOCK。
…なのでしょうが個人的にその方面には疎いのと、多くのモデルが細腕さんにはデカすぎるためこちらをチョイスしてみました。

アメリカン・カジュアルウォッチの雄、TIMEX(タイメックス)。

1990年代に発売されていたモデルを日本限定プロダクトとして復刻しました。

2020年新作なのはこの「ヌプシ」という称号のつくモデル群で、プレーンなブラックとシルバーは前年に「アトランティス100」として発売済み。

「ヌプシ」はチベット語で「西」と「峰」を意味する言葉を組み合わせたものだそうですのでヒマラヤを指しているのでしょうか。アトランティスでヌプシって「海底なのか頂なのかどっちじゃい!」と突っ込みたくなりますが、たぶん意図としては「海底から頂まで」なのでしょう。10気圧防水なので海底は無理ですが笑

最大の魅力は定価税込でアンダー1万円というその価格。
そしてもう遠慮なくバキバキ使えるツール感、というよりもむしろトイ感。いい意味で抜群のおもちゃっぽさやチープさ、それがそのまま味になっています。



黒をベースにケースが差し色になっているデザインが秀逸です。
バリエーションは5色。個人的にはカーキかグリーン、いやパープルもいいな笑

定価:9,680円
実勢価格:9,680円

素材の「レジン」は初耳だったのですが「樹脂」のことですね。
デジタルなので機能は豊富で時間、日付、クロノグラフ、アラーム、タイマー、セカンドタイムゾーンと装備しています。
余談ですがタイメックスではペプシカラーの「TIMEX Q」が話題を呼びましたね。
こちらのデザインもけっこう好きです。ただ思いっきりダイバーズデザインで5気圧防水というのは個人的には受け入れられないので外しました。せめて10気圧にしていただけないものか。(同デザインコードの機械式モデル「M79 オートマチック」も5気圧なんです…)



ROUND1,FIGHT!


日本国内正規販売開始からもうじき1周年を迎えるセイコー5。
先日スムースベゼルを取り上げたばかりですが、早くも次の展開が来ました。

ジョジョ、ブライアン・メイに続くコラボ。
今回のお相手は「ストリートファイターⅤ」です。



マンガ、ミュージシャン、そしてゲーム。

いずれも(程度の差こそあれ)世界中にファンがいるものをテーマにしているのが見て取れますね。

関連記事:


基本的な構成要素はジョジョの時と同じ。

機能面はベースモデルと同様で、ムーブメントは4R36。10気圧防水にハードレックス風防で裏蓋はスケルトン。そしてケースと針の形状も同じですね。

ベゼルと文字盤、インデックスとベルトに個々のキャラクターのビジュアル・特性に合わせたモチーフを取り入れたデザインがなされています。そして裏蓋には「ストⅤ」ロゴと各キャラクターの必殺技コマンド入り。

ジョジョ同様、今回もなかなかに奇抜なデザインやカラーリングです。
自分の服装では普段使いできそうなのはリュウと春麗ぐらいかな。


各モデルの特徴


リュウ SBSA079



最も標準的なダイバーズウォッチに近いデザイン。ベースカラーは白で文字盤とファブリックのベルトは道着っぽい表面。
そして最大の特徴であるベゼルの荒らし加工、さらに9時位置には風林火山を簡略化したマークがあります。

春麗 SBSA077



ブルーで統一された全体にエレガントなデザイン。ジョジョの方のコラボにいそう笑
12時位置の意匠、そして宝石っぽいインデックスを外周から離して配置しているのもよりスマートに見せようという配慮でしょう。ベゼルのローマ数字も珍しい、というか1~12の数字なので経過時間計測用ではなくもはやインデックスの役割ですね。

ケン SBSA080



リュウ同様に標準的なダイバーズデザインに近いのですが赤黒金というカラーリングと文字盤上の赤いラインにより若干禍々しい雰囲気がありますね笑

ガイル SBSA081



アースカラー、カモフラ文字盤、6時位置のワッペンに9時位置のドッグタグと、詰め込み過ぎではと思うほどミリタリー感満載。
アラビアインデックスとカウントダウンベゼルは良いですね。

ブランカ SBSA083



グリーンにオレンジとイエローを合わせたまとまりのあるカラーリング。NATOストラップの先端には「ブランカちゃん」。
こちらのベゼルはもはや完全にデザインパーツで目盛りもありません笑

ザンギエフ SBSA084



こちらは赤金黄色という極めて押しの強いカラーリング。6・9・12がビッグアラビアインデックスなのがセイコーには珍しいですね。このモデルだけデイデイトにサイクロップスレンズがついています。

価格と気になるモデル


2020年9月26日発売、限定各9,999本。

ジョジョは各1,000本だったのに多いな笑
でもブライアン・メイなんて9,000本で予約完売だったみたいですからね。

価格は一律で51,700円(税込、以下同じ)。これもまた流通限定なので値引きなし、ポイント還元率は10倍で実質46,530円。ジョジョと同じですね。

ストリートファイターファンでこの記事をご覧いただいている方のために書いておきますが、この値段はまあまあ妥当、っていうところです。

ベースとなったモデルが35,000円前後なのですが、大枠以外のデザインはすべて変更して個別パーツを新規作成し、なおかつライセンス料も払っているでしょうから+17,000円は「まあこんなもんかな」って感じです。

当たり前なんですがコラボ相手の愛好家を対象にしたコレクターズアイテム。
極端な言い方をすれば時計好きはハナから相手にしていない製品です笑

でも普段腕時計にはそんなに興味がない人に売れるものを作るのって冷静に考えれば凄くいいことですよね。

ジョジョもブライアン・メイもビジネス的には大成功でしょう。

これでセイコーさんが潤って、結果我々腕時計マニアが好む時計を安い値段で出してくれれば何の文句もないのですが、逆に最近のGSやプロスペックスは強気の値付けが多いのが気になります。


個人的にストリートファイターには特に思い入れがないので買う買わないまでのモチベーションはないのですが、いくつか興味を惹かれるモデルがあります。

リュウのベゼルの荒らし加工。
ガイルのアラビアインデックス。104とかオータヴィアっぽいですね。
そしてザンギエフのビッグアラビア。
この3つについては一般的なカラーリング、黒ベゼル黒ダイヤルとかペプシでも見てみたいです。正直現時点では可能性は極めて低いと思いますが、こういったコラボモデルでの新たなデザイン要素を標準モデルに還元してくれたら嬉しいですね。



このブログでも何度も取り上げてきたセイコー5。

2019年9月の日本国内正規販売復活を第1弾、ジョジョそしてブライアン・メイとのコラボを第2弾とすると、第3弾にあたるラインナップがこのたび発売されました。

前回の記事では5ファゾムスとかアトラスを希望したのですが無論かなえられるはずもなく笑

今回の目玉はこの「ボーイ」スムースベゼルバージョン。

実は既存デザインのカラーバリエーションも同時に出ているのですがなかなかエキセントリック方向に振れているので私はスルーです笑

ちょいと「ブラックベイ」風味



最初は正直「なんか中途半端なもの出してきたな~」と思ったんです。
わざわざボーイからデザイン変えてインデックスも針も細身にしてイマイチ…と。

でも何度か見ているうちに気づきました。

これ、チューダー「ブラックベイ」のスムースベゼルモデルのイメージですね。
チューダーが「ブラックベイ32/36/41」と称しているこのあたりのモデル。
どうです、似てると思いませんか。

そう考えだすとなんだか12時位置の細長い三角インデックスも正解のような気がしてくるから不思議です笑

コンパクト&シンプル&スポーティ!



このモデルの魅力は何と言ってもそのサイズ感。

厚さ11.5 ㎜、横40 ㎜、縦44.6 ㎜に抑えてきました。
SBSA001が厚さ13.4 ㎜、横42.5 ㎜、縦46 ㎜ですからそれぞれ1.9mm、2.5mm、1.4mm小さくなっています。加えてこのシンプルなデザインですからかなりコンパクトな印象を与えるかと。

まあ個人的には例によってワンサイズ下(できれば横36mm)を希望したいところですが。

そして上でも書いていますがインデックスがすべて細めに(ドットも少し小さめに)、時分針も細めになり分針はデザインも大きく変わっています。
分針も元のデザインで細身にしたらどうだったか見てみたい気もしますが、まあこれはこれで良いかと思います。

敢えて挙げればベゼルの1段目がフラット(っぽい)なのが少し気になりますね。恐らく厚みを抑えるための工夫なのでしょうが。まあ考えようによってはSUSのDNAと言えなくもない笑


サイズとデザイン以外の基本スペックは第1弾、第2弾と同じです。

ムーブメントは入門機の4R36。デイデイト表示のパワーリザーブ41時間。風防はハードレックスで裏蓋スケルトン、それに10気圧防水。なので「ダイバーズデザインの普通の時計」です。いや回転ベゼルじゃなくなった分、ダイバーズデザインからも少し離れたかな。

カラーバリエーションも豊富でグレー、ブルー、ブラックがメタルブレスとNATOベルト。
(相変わらずメタルブレスとNATOベルトで値段が同じなのはちょっと笑っちゃいますけど)

メタルのみがブラック文字盤の針とインデックスのフチがゴールドのSBSA047、ローズゴールドコンビのSBSA048、イエローゴールドコンビのSBSA050。NATOのみがカーキのSBSA055となっています。

価格とまとめ

気になるお値段は定価30,800円(税込、以下同じ)から。第1弾から-2,200円ですね。
流通限定なので割引はなし、ポイント10倍で実質27,720円。ゴールドコンビモデル2種は37,400円の実質33,660円となっています。

これまたなかなか悪くないチョイスだと思います。

伝統の「ボーイ」の顔でないのは少し残念ですが、どシンプルで見ているうちにだんだんかっこよく感じてくるデザイン。気軽に使える機械式時計でスポーティな雰囲気もあり、サイズも良好。何と言っても実質アンダー3万なのが非常にいい。

「ブラックベイ」のこれみたいにベージュのステッチレザーベルトなんか付けたらかなりいい感じになりそう。起毛っぽいのも合うと思います。
少し話は変わりますが、第1弾で一番人気だったオールブラックのSBSA025のバリエーションが増えました。

メタルブレスのSBSA075、そして今回のスムースベゼルのSBSA059です。

値段はSBSA075が42,900円の実質38,610円、SBSA059が35,200円の実質31,680円。
ただSBSA075は記事作成時点で楽天市場では 「ザ・クロックハウス」さん しか取り扱っていませんでした。


このページのトップヘ