ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:乃木坂46

deux補正2
前の記事では私個人として初めて接した「つか舞台」から受けた衝撃について書きましたが、この記事ではキャストの皆さんについての感想を書きたいと思います。

前の記事:

クレイジー、では伝えきれない


一言でいえば、みんな「キグルイ」。

まあ、そもそもこの数日前に「なんちゃら人狼舞台クラスター」発生が発表され調査が進められている最中でした。

そんな状況下で観客を入れて舞台をやる、
言葉を選ばずに言えば、やる方も行く方も正直まともじゃない。

そして登場人物はみな明らかに常軌を逸した、でもクレイジーという言葉では伝えきれないどこか哀切ななにかを抱えている人々でした。

憧憬と畏怖と憎悪の入り混じった感情を向けられながらも、自らの思う自分であるために周囲の者を傷つけ破壊しながら走り続ける銀ちゃんと中村屋。

口汚く罵られ足蹴にされても自分にとって大切な何かを手放すまいと懸命に亀の姿勢で耐えるヤスや小夏。

さらに演者自身もまごうことなき演劇グルイ。

かつて私はさゆの演技について「全然違う役柄をすべて見事に演じ分けているのに、それでも役のどこかにいつも彼女の生き様が透けて見える」と表現しました。

 

しかしこの『銀ちゃんが逝く』では味方良介さんも植田圭輔さんも細貝圭さんも、演者すべてがそうであるように感じました。

演者と役が一体化したような。
役柄を自分のものにしているとかそういうレベルじゃなく、憑依型というのもちょっと違う気がします。

うまく言葉にできないんですが、

「味方良介という名の銀ちゃん」
「小夏という名の井上小百合」

みたいな。

そこにいるのはまさに小夏で、それと同時に間違いなく井上小百合でした。

だからこそ、
傍若無人な振る舞いから漏れ出てしまう銀ちゃんの寂しさとか。
銀ちゃんという絶対的存在に委ね切った自分には何ひとつないことにとっくに気づいているヤスの自己嫌悪とか。
自分よりも家族よりも大事なものを背負わされた中村屋のどす黒い怒りとか。
(凄まじさ、という意味では二幕の細貝さんはとんでもなかった)

そういう全部がどうにもこうにも息苦しいほど生々しくて、辛くて。

胸が掻きむしられるようでした。

人間そのもので勝負できる役者さんが揃っていたのか。
この舞台と脚本、そして取り巻く状況が演者にそこまでのものを出させたのか。

汗をボタボタ垂らしガチで涙を流しながら叫ぶ彼らの姿は異様でおぞましくて、でも憧憬をかき立てられる。

もしかしたら観客の我々が観る彼らの姿=ヤスが仰ぎ見る銀ちゃんの姿、という関係式が成り立つのかもしれません。

銀ちゃんにずっと「テレビ上がり」呼ばわりされていた監督の「あんたが撮りたくて」も味わい深かったです。



「役者だから」


最後に改めて井上小百合の演技について感じたことを書きます。

まさかさゆが小夏を演じる日が来るとは思ってもみませんでした。
だって、あの松坂慶子さんが演じた役ですよ。

若さゆえの「蓮っ葉な」や「ぶっきらぼうな」ではなく、どこか年齢を感じさせる「擦れた」部分が求められる小夏は、これまでのさゆにはなかった役柄です。

そして小夏は激しく揺れ動く、難しい役でした。

女、妻、母、役者

自身の持つ様々な側面のプライオリティが劇中でどんどん-もしかしたら台詞と台詞の間ですら-、移り変わっていくのです。

混乱して矛盾しているけれど、全部嘘じゃない。
人間って、そういうものだから。

観ている者にそう感じさせることができた彼女の演技は素晴らしかったと思います。


上で書いたように「小夏であると同時に井上小百合」であったからこそ、その台詞が、所作が激しく心を揺さぶりました。

特に心に残ったふたつのシーンを挙げておきます。

日本脳炎の後遺症で手足がくっついていて周囲から「だるま」と呼ばれているヤスの甥「マコト」。

そのマコトが「小夏お姉ちゃんと海に行きたいから一生懸命風呂場で泳ぎの練習をしている」ということを聞かされた彼女は泣きながら微笑んで言います。

「笑わないよ。一緒に海に行こう?」と。

サユリスト歴が長い方には説明不要ですよね。井上小百合は決してマコトを笑ったりなんかしない。

もうひとつ。

ラスト、銀ちゃんの階段落ちで彼を斬る役目を任された小夏。
愛する男を斬り、階段から突き落とすことができるのか。
そう問われた彼女は不敵、と言ってもいい笑みを浮かべます。

「できるよ、役者だから」

役者になりたくて、なれなくて。もがいた年月を経て、ついにこの台詞を堂々と言えるところまで来た。

本当によかったな、とか思っちゃいました。

もう完全に小夏と井上小百合の区別がついていませんね笑


観ていて辛くて苦しくて、でも素晴らしい舞台でした。

本当に観てよかった。

前へ   次へ
2/2ページ






deux補正2
2020年7月に新宿紀伊國屋ホールで行なわれた舞台『銀ちゃんが逝く』の配信を観劇しましたのでレポートします。

仰いだ青い空が青過ぎる


本来は通常の舞台として2020年7月4日~27日に全24公演を予定していましたがコロナウイルスの影響により開催中止が発表されます。

しかし「リモートによる稽古で、向き合わず、俳優のエネルギーを伝えあう演劇」に挑戦し「朗読という名の演劇」へと形を変え、7月10日~12日のわずか3日間、全5公演の開催となりました(後に追加公演としてさらに5公演ありました)。

まあ「朗読劇」と謳ってはいましたが実際には朗読でも何でもなく「胸ぐら掴むのと抱き合うのだけはNGにした普通の舞台」でした。演者が台本を手元に置いていたのはナレーションを行なう時だけだったと思います。

公式による解説とあらすじはこちら。

蒲田行進曲とは

つかこうへいの代表作『蒲田行進曲』は1980年紀伊國屋ホールで発表された。
同年第15回紀伊國屋演劇賞を受賞。その後、小説として第86回直木賞を受賞、1982年映画化され、第6回日本アカデミー賞を独占した傑作中の傑作である。
そして1987年蒲田行進曲の完結編として発表された『銀ちゃんが、ゆく』は1994年舞台化され、1997年新国立劇場小劇場の柿落とし公演として上演された。

あらすじ

「新撰組」の撮影が進む東映京都撮影所。
初の主演映画に意気込むスター俳優銀ちゃん(味方良介)が、子分の大部屋俳優ヤス(植田圭輔)に 自分の恋人小夏(井上小百合)を押しつけることから物語は始まる。小夏は妊娠しているのだ……。
ヤスは銀ちゃんに見せ場を作り、小夏のお産の費用を稼ぐために、 危険な「階段落ち」に挑戦する。

しかし、ヤスが命をかけて生まれた娘のルリ子は、不治の病に冒されていた。そして小夏も、心の底からヤスを愛することはできなかった。
銀ちゃんは、自分の貧しく卑しい生まれの血のせいでルリ子が病気になってしまったのではないかと苦悩する……。

そして、新たな「新撰組」の撮影が始まる。
銀ちゃんは「俺の命と引き換えに娘の命を助けてくれないか」と祈る様な気持ちで一世一代の「函館五稜郭の石階段落ち」に挑む。
果たして銀ちゃんの祈りは、娘の病に打ち勝てるのだろうか?

(公式サイトより引用)


一幕がヤスの階段落ちまで、要するに『蒲田行進曲』部分。
二幕は銀ちゃんの階段落ちの話ということになります。

あまりにも有名な『蒲田行進曲』ですが、実は映画版は観ていません。

学生時代に小説を読み、女性蔑視や下品な表現が含まれた数多くの台詞にかなり強い生理的な拒否感を覚えました。少なくとも敢えて映画を観ようとは思わないぐらいの。
そのためこれまでに触れたつかこうへい作品はその『蒲田』の小説版のみ。

現在の感覚ではなおさらでしょう。コンプライアンスに引っかかりまくり。

ただ井上小百合が出演するとなれば観ないわけにはいきません。

この日、配信とはいえ初めて「つか舞台」に接しました。

衝撃でした。



でも、でも、でも、でも、


そこにあったのは、渦。

とんでもない量のエネルギーと感情が舞台上という中心点で渦を巻いていて、観ているこちらが引きずり込まれそうなある種の恐怖感にも似た感情。もしかしたら、演者たち自身でさえそこに引きずり込まれまいと必死に抗っているのかもしれないとさえ感じました。

うわ…画面越しでこれかよ。
そう思いました。

この熱量の芝居をリモートで稽古した?
信じられない。

「激情」「ハイスピード、ハイテンション」などと表現されるつか舞台。

その特徴のひとつともいわれるのが早口でまくし立てるような台詞回し。
でも演者の皆さんが上手いのでしょう、台詞の聞き取りはそれほど苦ではありません。

ただ普通に喋る台詞と叫びに近い台詞(これがまた頻繁にある)との音量の差が激しく、観ながらたびたびビクッとしました。ライブ配信なんで極めて困難でしょうが、ここはもうちょっとPAで調節していただけなかったものかと。

観る前に懸念していた自分自身の拒否反応は、やはりゼロではありませんでした。

特にヤスが身重の小夏を罵倒し足蹴にするところは観ていていたたまれない気持ちになり、早くこのシーン終わってくれと思っていました。

でも。

さんざん小夏をいたぶり倒した後で、汗と涙と鼻水でグチャグチャになった顔で「切なかったんだ、この心が」と吐露したヤスが、「銀ちゃん、小夏は俺の宝なんです」と語るヤスが、

なんかもう、愛おしかった。

幸せになってほしかった。

そう思ったってことは、私もきっとつかこうへいのマジックにかかったのでしょう笑


個人的に思ったのは現在のコンプライアンスに則って、かつ時代設定も現在にしてやったらどうなるんだろう。と。

スターになるために付き合ってた彼女を捨てる、のはまあありそうな話としても「スターになる」が確定するのってどのタイミングだろう、とか。
階段落ちに相当するような命がけの仕事ってなんだろうか、とか。

色々考えていたらちょっとここに書くとお叱りを受けそうな黒~い想像になってしまいました笑

ヤスも現在を舞台にしたらもっとサイコパスなキャラクターになりそうで怖い。
部屋でふたりきりになったとたん豹変したり、SNSで小夏の私生活を流して攻撃させたり。

うあ~絶対観たくない笑


だいぶ話が逸れてしまいました。

私は本当なら誰も虐げられない話が観たい。『リトル・ウィメン』が理想です。完璧に美しい世界だけど決しておとぎ話ではなく、しっかりと現実を生きる人間の美しさがある。そして現実もそうであればどんなに良いかと思います。


 

ただ、この『銀ちゃんが逝く』の登場人物たちの自分勝手で矛盾していて醜悪でありながら、己の命を燃やす姿に美しさを感じたのも事実です。

それはつか作品について時折使われる「弱者に寄り添う姿勢」によるものなのかもしれません。

うまく言葉にできないし、全面肯定もできません。
でも、観てよかった。

それだけは間違いなく言えます。


各キャストについては次の記事で書きます。

続きます。

前へ   次へ
1/2ページ






タオル補正
『羽根の記憶』
乃木坂46の12thシングル『太陽ノック』カップリング曲。セブンイレブン限定版収録。2015年7月22日リリース。歌唱メンバーは『太陽ノック』選抜メンバー18人、センターは生駒里奈。

杉山楽曲そして乃木坂の「美」のワンオブザベスト


杉山勝彦楽曲の中でも屈指の名曲。

と言うたびに友人からは「いやMV補正入ってるだろ」とつっこまれますが、まあそりゃ補正も入りますわな。

誤解を恐れずに言えば「一番美しい頃の乃木坂46を永久保存したMV」でしょう。

こういうことを言うと「1期至上主義者かよ」と叩かれそうですが、私は正真正銘のWMD(割とみんな大好き)ですのでまあ怒らずに最後まで読んでください。

乃木坂の全盛期はいつか。

ファンそれぞれに思うところがあるし、そもそも推しメンが誰かによって全然認識も違ってくることでしょう。何なら非常に揉めるところです笑
個人的にはその話題になると頭をよぎるのがこの『羽根の記憶』のMVです。
(まあグループとしての全盛期がここだとは正直思っていないんですが)

もちろんそれぞれのメンバーにおける「美の極致」は時期がバラけるでしょう。ただこと「1期生」というくくりでは全員のビジュアルがひと通り洗練され完成の域に達したのはこの頃だと思っています。

それはつまり、最後のピースである齋藤飛鳥のビジュアルが仕上がったということを意味します。

MV開始1分過ぎの飛鳥の美しさたるや。
彼女が15thシングル『裸足でSummer』のセンターに抜擢され一気にブレイクするまだ1年前のことです。

歌唱メンバー=『太陽ノック』の選抜である18人も、斉藤優里を除けば全員が後に選抜固定となる強力布陣。ちなみに新内眞衣はこの時が初選抜でしたのでちょっと初々しいです。

さらにそのメンバー全員がきちんとフィーチャーされるカット割り。
これだけのビジュアルが揃っていればそれを素直に見せるだけで素晴らしい作品になるということを証明しています。秋元康なら「こんな当たり前のことやってもしょうがないんだよ!」とか的外れな指摘をするところでしょうが笑

そして何より、深川麻衣と橋本奈々未がいます。

グループにおいて特別な役割を果たし、多くの年少メンバーから慕われ、高い人気でグループを牽引したふたり。

乃木坂を乃木坂たらしめたのは間違いなく1期生たちで。
そんな彼女たちの作り上げた世界の完成形こそ、この頃から翌2016年6月にまいまいが卒業するまでの1年にも満たない期間。

私はそう考えています。

「ベストワン」はそれぞれのファンの思い入れで決めればいい。
ただ乃木坂の「美」という視点では、まいまいとななみんがいるこの時期が「ワンオブザベスト」に入るのは間違いないでしょう。

まいまい卒業寸前の『NOGIBINGO!6』でのメンバーのビジュアルは本当にとんでもなく素晴らしいです。これ書いちゃうと論旨がずれますが笑





やはりこの人、橋本奈々未


そしてもうひとつ。
この曲、個人的には「あらかじめ作られた乃木坂の解散シングル」だと思っています笑

 想像してみた 10年後の自分

こんなセンチメンタル全開のフレーズで始まるこの曲。

MVで描かれるのは「乃木坂後」のメンバーの姿。
ただ星野みなみと齋藤飛鳥が学生服なので少なくとも「10年後」ではないですね笑

彼女たちは離れ離れで、それぞれの場所でそれぞれの時間を生きています。

明らかに芸能界に残っている描写なのは生駒里奈、生田絵梨花、そして松村沙友理の3人だけ。他のメンバーは一般人に戻っているような日常が描かれています。

そしてその中でも異彩を放つのがやはりこの人。

橋本奈々未。

彼女のいる場所はコインランドリー。

生活感。
ななみんのシーンだけ、それがあるのです。

ずっと前から、卒業する時は芸能界引退と決めていた。
だからあえてこんな生活感を醸し出すシチュエーションでの撮影を選んだんじゃないか。

他のメンバーたち(どこかスタイリッシュな日常を切り取ったイメージ)との対比でそんな幻想を抱かせるのも彼女ならではですね。

 その時2人 友達のままで
 冗談言いながら 生きていられたらいい

既に歌唱メンバーの過半数が卒業している現在、この歌詞を聴くとそれだけで切なさを覚えます。


この曲が出た2015年夏。

全ツファイナルの神宮球場で桜井玲香が叫びました。

 絶対皆さんを後悔させないようなグループになります!
 どこにも負けないようなグループになります!
 なので乃木坂のことを愛し続けてください!

まだ紅白もレコ大も東京ドームも知らない、坂の途中にいた彼女たちの記憶です。


そしてあれから5年近くが経った2020年春。

再びこの『羽根の記憶』が脚光を浴びます。

配信ドラマ『サムのこと』で4期生5人(遠藤さくら、掛橋沙耶香、金川紗耶、田村真佑、早川聖来)が演じる解散したアイドルグループ「ホワイトベアーズ」のデビュー曲としてこの曲が使われたのです。アイドル時代のMV、さらに解散後に当時を思いながらカラオケで歌うというシーンもあります。

美しさの極みにあった2015年の乃木坂が10年後の自分たちを思って歌ったこの曲を、当時を知らない後輩たちが5年後に歌う。劇中でアイドルとして、そしてアイドルでなくなった者として。

このシチュエーションもかなりグッとくるものがあります。

これについて本気で語りだすとかなり長くなりそうなので、いつか『サムのこと』に関する記事で書きたいと思います。





タオル補正
2020年7月10日、アシスタントを務めているラジオ番組内で中田花奈さんの卒業が発表されました。

自身の冠番組で「本当はもう卒業しているはずだった」という発言をしたばかりでしたので特に驚きはありませんが、やっぱり寂しいですね。

「下がっていくアイドル」


「上から読んでもなかだかな、下から読んでもなかだかな、横から読んだら、だ!」

この乃木坂史上屈指の秀逸なキャッチフレーズでスタートダッシュを決め、デビューシングル『ぐるぐるカーテン』で選抜入り。2ndシングル『おいでシャンプー』では初のフロント&福神入り。

しかし彼女自身の言葉を借りればこれが「中田の全盛期」となります。

続く3rdシングル『走れ!Bicycle』も選抜入りしたものの、4th『制服のマネキン』では秋元真夏サプライズ選抜入りのダシに使われる形で無念の選抜落ち。

5th6thは連続で選抜されるものの、以降はアンダー定着。
彼女が再び選抜に戻ったのは実に約3年9ヶ月後、17thシングル『インフルエンサー』まで待つ必要がありました。

その後、19th『いつかできるなら今日できる』では映画『あさひなぐ』出演メンバーとして、25th『しあわせの保護色』では1期生全員福神という形での選抜入りがありましたがそれ以外はすべてアンダーでした。

アンダー曲でセンターを務めたのは4thでの『春のメロディー』そして21stでの『三角の空き地』の2回。それ以外はアンダーでもあまりフロントはなくほぼ2列目でした。(ただし3列目になることはありませんでした)

とはいえ比較的多くのチャンスをもらったメンバーでもありました。
他星ユニット、サンクエトワール、女子校カルテットなど数多くのユニットに参加し、乃木團やさゆりんご軍団の一員でもありました。グループ内舞台の『じょしらく』『弐』『セラミュ』にも出演しています(演技には苦手意識があったようですが)。

長きにわたり配信番組とラジオのレギュラーを持ち、趣味の麻雀を活かして冠番組をゲットするなどの活躍も見せました。

しかし選抜の硬直化、後には3期生たちの躍進もあり、彼女がかつてのような存在感を取り戻すことはありませんでした。

あの日見せた会心の笑み


なんか器用そうに見えて不器用な人だったな。
それが私の印象です。

賢くて色々考えてしまう彼女は自分と他のメンバーを比べ、グループの中での立ち位置を計算していたのだと思います。そして意図して王道ではなくカウンターであろうとしたのでしょう。
ですが悲しいかなセルフプロデュース能力はそれほど高くなかった。

その言動がたびたび批判を浴びました。

3期生バレンタイン企画で(2期の時の同企画で齋藤飛鳥が立候補しては振られまくった結果跳ねたのを模倣して)立候補しまくったり、たびたび父親との不仲ネタを話したり。もちろん「台本じゃん」と言われればそれまでですが、だとしても彼女はこの手のネタをやるのに向いていなかった。

有名私立女子校出身で勉強もでき、乃木坂初代頭脳王の座にも輝いたこと。そしてクールな性格っぽいビジュアル。これらのバイアスによりどこか「可愛げがなく」映ることがあったように思います。個人的には「ウチ」という一人称も良くなかったかと。

そして前述の「中田の全盛期」をはじめとした自虐。

本当にそう思っているのか、アイドルは弱みを見せないものという美学なのか、それとも単なる自己防衛本能なのか。これも見ようによっては「わかってます」「効いてない」アピールのようで、プライドが高いという印象を与えたのではないでしょうか。

また「クセが強い欲しがりで聡い」という同タイプに秋元真夏という強力なライバルがいたことも不運でした。早々にぶりっ子キャラを確立しやり切る真夏さんに対し「バカになり切れない」かなりんはどこか思い切りが悪く、それもプライドの高さと感じられてしまったように思います。いや「カナヲ」はとてつもなく振り切ってるんですが笑

でも、メンバーからは慕われていました。

多くのメンバーが彼女を「優しい」と言っていました。
ダンススキルにも定評があり、歌番組に選抜メンバーが出演できない時には代打出場で見事なパフォーマンスを見せ「代打の神様」と称えられることもありました。

切れ長の目をした和風美人。肌の綺麗さもメンバーから羨望の声が上がるほど。
ただ逆に言うと地味目の顔立ちで今どきのアイドル顔ではない気がしますが、先日の『乃木坂工事中』でも松村沙友理が「この顔になりたい」として挙げていましたし井上小百合もかつてモバメで何度も「かなりん美人!」と書いていました。

2018年7月の「シンクロニシティライブ」こと6thバスラでのビジュアルはとんでもなく仕上がっていたのを憶えています。

ブログやモバメは頻繁に更新し、握手対応も良好。
自分のファンにしっかり向き合っていた印象があります。

つい最近書いたように、私としては46時間TVの中で見せた母のような穏やかなたたずまいが非常に好感の持てるものでした。でもきっとあれは卒業を決めていたからこそ素直に出せた姿なのでしょう。



彼女にも忘れられないシーンがあります。

2017年末のレコード大賞における『インフルエンサー』。多分、皆さんと同じですね笑

本編。生バンド演奏に合わせ情熱をほとばしらせて舞い踊るメンバーたち。もうこの時点で受賞を確信する(私が、ですが)ほどの渾身のパフォーマンス。間違いなく乃木坂史におけるベストのひとつでしょう。

そしてこの日のかなりんはフォーメーションのヘソの位置である裏センター。伊藤万理華の卒業に伴い空席となっていたその重要なポジションを務めました。
本来とは違うポジション。しかもレコ大。プレッシャーのかかる条件が揃っている中、彼女は見事に踊りきります。

そしてレコード大賞を受賞した乃木坂46はエンディングで再度の曲披露を行ないました。

その最後のサビ。
カメラに抜かれた彼女は顔をくしゃっと歪め、ちょっと不敵な笑顔を見せたのです。

それはこの日掴んだ勲章とかこれまでの苦悩からの解放とかじゃなくて、ただただ会心のパフォーマンスに対する喜びが溢れ出たように見えました。


最後に今後の彼女に期待することを書きます。

これ本人やファンの方には凄く怒られると思うんですが、乃木坂のスタッフやってくれないですかね。メンバーの活動サポートやアドバイザーとして、様々な浮き沈みを経験した彼女は凄く有能だと思うんですよね。オリジナルメンバーかつダンススキルもあるということで後輩からのリスペクトもあるようですし。

そして10年後ぐらいに坂道とは別の中田花奈プロデュースアイドルグループを見てみたいですね。乃木坂とは似ても似つかないやつを。それを見て言いたいです。「本当はこういうのがやりたかったのか!」って笑


なまじスタートダッシュを決めてしまったゆえに「下がっていく」苦しみを味わったかなりん。

でもそこで代表作『おいでシャンプー』そして「ナカダカナシカ」コールが生まれました。
彼女のアイドル人生には間違いなく「全盛期」と呼べる瞬間があった。それはある意味、とても幸せなことだと思います。

「アイドルはパフォーマンスしてナンボ」

そう語った彼女が卒業前に何らかの形でファンの前でパフォーマンスできることを願っています。

中田花奈さん、9年間お疲れさまでした。







deux補正2
2020年6月に下北沢本多劇場で行なわれた舞台『齷齪とaccept』の配信を観劇しましたのでレポートします。

アーカイブ配信なしのリアルタイム視聴のみ。ビジネス的には明らかにアーカイブありの方が望ましいのにそうしないのは「舞台は一期一会」というこだわりゆえでしょうか。

We are back!!


2020年6月1日より下北沢の本多劇場が再開されました。

小劇場の聖地。
私も舞台を観に行くようになる前からその名前ぐらいは知っていました。

行なわれるのは11人の演者の日替わりによる「一人芝居の無観客生配信」。
そしてその中に「井上小百合」の名前がありました。

役者になりたいのに「君には無理だ」と言われて悔し涙を流した少女が、10年後に小劇場の聖地に、かねてから彼女自身「あそこに立ちたい」と言っていたその場所に立つ。

それだけでも感動的なのに

 演劇の灯を消すな

多くの人のそんな願いを込めてこの状況で行なわれる公演に選ばれた。

こんなシナリオ、誰も想像できないですよね。

「元乃木坂」の集客力を期待して。もちろんそれもあるでしょう。
ただ本多劇場に再び灯がともる日にその場にいることを許された。いやそれどころか請われてその場にいるというのはもうそれだけでさゆ推しとしては感極まりそうです。

これだから井上小百合推しはやめられない笑

演じたのは『齷齪(あくせく)とaccept』。
『じょしらく』の川尻恵太さん脚本(そもそも「DISTANCE」全体の企画も川尻さんです)で、初演は同じく『じょしらく』の『弐』で共演した小山めぐみさん。演出のニシオカ・ト・ニールさんも『じょしらく』で演出助手を務めていた方。

ちゃんと、乃木坂としての彼女の日々とつながっているんです。

かなえたい夢があるのに、それに向かって進んでいる感じが全然なかったアイドルとしての最初の数年間。それでも歯を食いしばって歩き続けた本人と、それを支えた周りの人々へのご褒美のような今回の抜擢。

まじめにやればいいことあるもんだな。

そんな感慨すら覚えます。



Baby Goodbye


そして、舞台に立った井上小百合はいつものように我々を驚かせてくれました。

あらすじを一言でいうと、戦争に行って帰ってこない作家の夫を50年間待ち続ける女性の話。

基本的には主人公の若い時から老婆になるまでを演じるのですが、一人芝居かつセットも最小限で衣装替えもなしという制約の中で、夫の書いた小説や回想シーンの登場人物に至るまで様々なキャラクターを流れるように演じ分けていきます。

『奇跡の人』のヘレン・ケラーとサリヴァン先生の名シーンを毒たっぷりに演じたり、「ヤギのマネ」や「恋に落ちたダンス」が気持ち悪い動きで最高に可愛かったり。
個人的に一番良かったのは『ジャック・ザ・リッパーふざけるな』の歌でのすっとぼけた表情ですね。

前半はコメディエンヌとしてのさゆの魅力が存分に発揮されていました。

やがて後半に差し掛かり物語が徐々に趣を変えてゆくにつれ、私はタイトルの意味が分かったような気がしました。

「齷齪と」=懸命に、「accept」=受け入れる。
「齷齪と」は「悪戦苦闘」も掛けているような気がします。
つまり「受け入れがたいことを懸命に受け入れる」姿を描いているのではないでしょうか。

受け入れがたいこと、それは「あなたの不在」。

想いが強すぎるからこそ、それに50年もかかってしまった。
そんな悲しくて滑稽で愛おしい人間の姿。

辛いからふざける。泣きたいからはしゃぐ。
前半のドタバタな演技が物語の後半に見事に収束していく様は圧巻でした。

そしてラストシーンで表現されていたのはふたつの相反する感情。

ひとりでいることの絶望的な孤独と
ひとりでもひとりじゃないと感じられることの暖かさ。

この両方を自分の中に感じた時、やっと主人公は夫の不在を受け入れることができたように思います。(本当は死んだのは夫じゃなくて主人公だったのかな?と思わせる余韻でしたけど、どうなんでしょう)

上で書いた「悲しくて滑稽で愛おしい人間の姿」。そのすべてを表現した井上小百合。

めちゃめちゃ気合入っててめちゃめちゃ強い思いでこの舞台に臨んでいることが観ている者に伝わる、素晴らしい演技でした。

終わった後の噛みしめるような「楽しかった…」がまた良かったですね。


2020年7月6日に井上小百合公式Youtubeで公開された「【井上小百合】「アイドル卒業後の女優業に密着」でこの公演の一部やリハーサルの模様を観ることができます。

川尻恵太さん、そして新たな所属事務所であるシス・カンパニー代表の北村明子さんのコメントも非常に興味深いのでぜひ一度ご覧になることをお勧めします。



そして「DISTANCE」も第2弾として8月に客席稼働率を下げての有観客+配信という形で開催することが発表され、今回も井上小百合は出演者に名を連ねています。



同じ『齷齪とaccept』なのか他の演目なのかはまだわかりませんが、こちらも非常に楽しみです。







このページのトップヘ