ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:岩本蓮加

タオル補正

思えば平和な時期だった


乃木坂46の26thシングル『僕は僕を好きになる』。

前の記事ではセンター山下美月についてでしたが、今回はアンダーについて書きたいと思います。

今回の選抜をもって、完全に「ボーダーメン」という概念がなくなった。
なくなってしまった。

そう感じました。

プロフィールにも書いている通り、私の推しは卒業した井上小百合です。
なので本当は「ボーダーメン」という揶揄するような呼び方が大嫌いです。

ただ、それが明確に存在したここ数年は今にして思えば平和な時期だった

17th『インフルエンサー』から『Sing Out!』までの2年ちょっと。
その間にバリバリの選抜固定メンへと成長したのが梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希という3期生の5人。

そしてその同じ期間にさらにこれだけの動きがありました。

1、2期の選抜復帰 斉藤優里、中田花奈、樋口日奈、北野日奈子
2期の初選抜 鈴木絢音、寺田蘭世、渡辺みり愛
3期お試し 伊藤理々杏、岩本蓮加、阪口珠美、佐藤楓

11人も試せたわけです。繰り返しになりますが、バリバリの選抜固定メン5人以外に、です。

思えば初めて選抜人数が20人超となったのが『インフル』。
「多すぎる」という批判もありましたが、これだけの動きが取れたことによってグループ全体の厚みが増したのは疑うべくもありません。

かつての「選抜固定17人+中元北野」だった『太陽ノック』から『サヨナラの意味』の時期と比べれば、どれほどアンダーメンバーに希望があり3期生が夢を見ることができたことか。もちろん、そのファンも。

しかし24th『夜明けまで強がらなくてもいい』25th『しあわせの保護色』と、2作連続で「ボーダーメン切り」が行なわれます。

さらに続く配信シングル『Route 246』の選抜18人は「これが新たな選抜固定メンか」と思わせる硬直感でした。

『保護色』は1期生全員集合という特殊な選抜でしたが、1期生以外で見れば動きがあったのはこれだけ。

24thから25th 筒井あやめOUT、岩本蓮加IN
25thから246 筒井あやめIN

岩本蓮加の連続選抜。

『乃木坂工事中』でフォーチュン中田に仕事運ナンバーワンと言われた時からそう遠くないタイミングで訪れるだろうと思っていた、れんたんの選抜定着です。
『高校生クイズ』テーマソングで全体曲の単独センターという快挙(3期生では『空扉』の梅澤美波に次ぐ2人目)を成し遂げ、もはやボーダーメンではないのは誰の目にも明らか。

そして筒井あやめ。

『保護色』選抜落ちの時点で、選抜入りしたり落ちたりを繰り返し様々な経験をしながら成長する齋藤飛鳥パターン(れんたんはこっちでした)の可能性も残っていたあやめん。
しかし人数が絞られた『246』でただひとりINし、26thでもその座を守ったとなればもはや選抜定着のよだももパターンがほぼ確定的。

関連記事:


つまり『夜明けまで』から『246』までの3曲で、2期生以降は以下のメンバーがほぼ選抜固定メンであることが明らかになったのです。

北野、新内、堀、岩本、梅澤、久保、山下、与田、遠藤、賀喜、筒井

そして1期生はといえば。

秋元、生田、飛鳥、高山、星野、松村

最も短い飛鳥ですら11th『命は美しい』以降5年半に渡り選抜に入り続けていますので、もはや選抜に入らないことが想像できないメンバー揃いです。

ここまでで既に17人。

壁が厚すぎます。

夢は瓦礫の下でまだ呼吸をしている


26thをもってついに3作連続、いや『246』も考えれば実質4作連続のボーダーメン切りになりました。

選抜発表のたびに載せていますが、並べるとちょっと衝撃的です。

『Sing Out!』時点
伊藤理々杏、佐藤楓(連続選抜) > 岩本蓮加、鈴木絢音(アンダーを1作挟んで復帰) > 寺田蘭世、樋口日奈(3作連続アンダー)

『夜明けまで強がらなくてもいい』時点
伊藤理々杏、岩本蓮加、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(1作アンダー) > 寺田蘭世、樋口日奈(4作連続アンダー)

『しあわせの保護色』時点
岩本蓮加、樋口日奈(1作選抜) > 伊藤理々杏、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(2作連続アンダー) > 寺田蘭世(5作連続アンダー)

『Route 246』時点
岩本蓮加(連続選抜) > 筒井あやめ(1作選抜) > 樋口日奈(1作アンダー) > 伊藤理々杏、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(3作連続アンダー) > 寺田蘭世(6作連続アンダー)

『僕は僕を好きになる』時点
岩本蓮加(3連続選抜) > 筒井あやめ(連続選抜) > 樋口日奈(2作連続アンダー) > 伊藤理々杏、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(4作連続アンダー) > 寺田蘭世(7作連続アンダー)

25thの時も書きましたが、寺田蘭世には腐らないでほしいです。
最近個人でInstagramを開始し彼女らしい世界を繰り広げているようですので、何か新しい仕事につながるといいですね。

今年に入って現役メンバーに解禁しだしたのは「これで新規の女性ファン引っ張ってきたら認めてあげるよ」ってことなんでしょうか?

関連記事:
 

個人的に一番納得いかないのは、やはり「ボーダー枠」をゼロにしていながら「4期お試し枠」はふた枠あること。

当ブログの記事をご覧いただいている方はご存知かと思いますが、私は4期生にかなり好意的です。
でも、だからこそ4期推し以外の反発を買いファン同士の対立をもたらすような采配は避けていただきたかった。

4期からふたり新選抜が出ることに文句があるんじゃありません。
4期お試し枠がふたつあるなら、ボーダー枠もせめてひとつ残してほしかった。

はっきり言って3列目なんてほとんどTVに映りません。「歌番組で世間に見つかる」なんて推しの幻想です。長年井上小百合を推してきた私が言うんだから間違いありません。

だったら。
別に人数絞らなくてもいいじゃないですか。

わざわざメンバーとファンの夢も希望も奪い去る意味が、正直よくわからない。
『シンクロニシティ』から『Sing Out!』まで21人とか22人の選抜を続けてきたくせに、なぜここでそれができないのか。

コロナのため人数は20人以下にしてくれというTV局の要望でもあるんでしょうか。

あとひとりふたり増やして、蘭世でも絢音でもでんちゃんでも入れればいいじゃないですか。
まあこれも毎回書いていますが、できるならば「思い出選抜枠」もひとつ作って2期3期の初選抜メンを入れてほしいのが正直なところなんですが。

白石麻衣卒業後の新たな乃木坂が形成されるこの先の極めて重要な時期。
運営は分断ではなく融和を推し進めるべきだと思います。



前へ    4 次へ
2/4ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



びーむ色調補正3

出てこい歌メン


ひとつ前の記事とも関連しますが、これからの乃木坂に求められることのひとつが歌唱力。

多くの楽曲でオリジナルメンバーが卒業し、まあストレートに言えば生歌(被せ含む)の比率が高くなっています。まして2019年に卒業したメンバーのうち衛藤美彩、伊藤かりん、桜井玲香はいわゆる歌メンでした(ゆったん、ゴメン笑)
さらに2020年卒業の井上小百合と白石麻衣も歌えるメンバーです。

被せにしろ純生歌にせよ、ライブをやる以上はある程度の歌唱力が必要になる。

バスラの4日間、伊藤純奈と久保史緒里は大車輪の働きでした。

逆に言うと純奈と久保ちゃんだけに頼っている(恐らく、運営が)のは正直、がっかり。
歌えるメンバーはもっと積極的に歌ってほしいし歌わせてあげてほしい。

3期生の中ではかなり歌えるのが岩本蓮加。アンダラ行っている人ならご存じでしょう。
前の記事でふれた中村麗乃ももちろん期待できます。
特別上手いわけではないですが与田祐希も実はそこそこ歌えます。彼女の場合、自信がなさそうなのでスタッフが上手くそこを伸ばしてあげるといいのでは。

4期では賀喜遥香が完全にそのラインに乗っていますが、前にも書いたように私の4期イチオシ歌唱メンはしばゆうこと柴田柚菜。リズム・ピッチとも安定感があり安心して聴いていられます。
清宮レイもなかなか良いです。しばゆうと笑顔満開の歌うまコンビですね。

4期ライブの記事でも書いた通り、4期は全体にそれなりに歌えるメンバーが多いです。
『乃木坂工事中』のお披露目で弾き語りを披露した掛橋沙耶香もいますしね。

まあ何期生であっても、歌メンが不足していることを認識して「自分、歌えます」とアピールするメンバーがでてきてほしいものです。

現在の乃木坂において「歌が上手い」という理由だけで選抜に入れることはないでしょう。でもライブでは間違いなく歌えるメンバーが求められています。そこではっきりと力を見せればきっとファンは増える。

今回伊藤純奈が見せた存在感。これに続くのは誰でしょうか。

楽天ブックスの乃木坂46ストアはこちらから!


「可愛いの天才」が見せた歴史と責任感


真夏の全国ツアーに比べメンバー間の登場頻度に偏りがあった今回。

特に4期生は遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめの3人以外はほとんど出番がありませんでした。

既に書いた通り全曲披露という縛りと準備期間の都合と思われますので今回はやむを得なかったのでしょう。

幻となった2020年5月の白石麻衣卒業コンサートではどんなセットリストでそれぞれのメンバーにどのような出番が準備されていたのでしょう。

まいやんのユニット曲は全部やるとして、そこであまり接点のなかった色々な後輩と絡んでほしいですね。いつか開催できる日を楽しみに待ちたいと思います。チケット取れる気がしませんが笑


この日、特に印象に残ったメンバーをひとり挙げるとすれば星野みなみ。

『Against』と『ぐるぐるカーテン』で生駒里奈の不在を埋めていました。

あの無我夢中だった最初の頃、隣でその姿を見てきた彼女。
「偉いねえ」の彼女が凛々しい表情で中心に立ち『Against』のソロダンスを踊っている。

その姿にはやっぱり、ちょっとグッとくるものがあります。

もう1期は本当に少なくなって。この日は白石麻衣不在、井上小百合もほとんど出番なし。
そんな中で彼女が見せた歴史。そして責任感のようなもの。

まだまだ、齋藤飛鳥をひとりにしないであげてほしいです。

推しの最後を見送るということ


井上小百合にとって、この8thバスラがアイドルとして行った最後のライブになりました。

さゆ自身は翌日も出演したけれど、私はこのDAY1のみの参加でした。

8年半応援してきた推しが、代表曲である『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』を最後にパフォーマンスする姿を現場で観れたので悔いはないです。

そして自分個人として観た推しの最後の姿がデビューシングルってのもなかなか胸に迫るものがありました。

最新シングルで始まり、デビューシングルで終わる。
4DAYSの1日目ですが、なんというかある意味バスラとして完結していました。

やっぱりバスラって特別です。(以前に「やっぱり神宮は特別」と書きましたが笑)

なんというか、どうしたって思い出がよぎるんですよね。

あのメンバーがいないとか、あのライブでのこの曲は凄かったとか。
でもそれが嫌じゃない。懐古厨でも現状の否定でもなく、美しい思い出と美しい現在の幸福なオーバーラップ。

そりゃ正直私だって、『行くあてのない僕たち』をさゆまり以外の誰かが歌うのは拒否反応があります。でも過去に歌ったメンバーたちみんなが先輩と楽曲への敬意を言葉にしてくれているのを見ると、心から嬉しく思います。

上手く表現できませんが、自分にとってはさゆまりの『行くあて』が至高だけれど、それでも意味のある二人組が意味を持って歌ってくれればそれでいいと思うんです。さゆまりとは別の物語を持つふたりが、自分たちの何かと重ねて自分たちなりの解釈で歌ってくれれば。

それがまた誰かの新しい思い出になるのでしょう。

そうやって歴史が続いていけば素晴らしいですね。


前へ    次へ
3/3ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正

最年少と元最年少


前の記事で書いたように、今回の1期生全員集合は個人的にこれしかなかったと思っています。

ただ、結果として1期生を除けば今回も選抜固定メンだけの構成になりました。

その壁を破ったのはただひとり、岩本蓮加。

どんどんビジュアルの完成度が高くなる彼女。アンダーセンターも経験して堂々の選抜入り。個人的には「アンダラ座長は次のセンターを隣で支えてから選抜入り」というさゆまりが築いた様式美を引き継いでほしかった気がしますが笑

仲良しの筒井あやめと同時に選抜入りできなかったのは少し残念ですね。

そのあやめん。
前作から選抜落ちした唯一のメンバーとなりました。そして4期生からの新たな選抜入りはなし。

これは正直やむを得ないかと思います。

白石麻衣の旅立ちに4期生も加わってほしいところではありますが、いかんせん既に人数が多すぎる。
遠藤さくらだけ残すとまたアンチが湧くでしょうし賀喜遥香はとにかくワークレートが凄い。とはいえあやめんまで残すと3人が連続選抜で他の4期生と差がつきすぎ、モチベーションや関係性に懸念が生じます。

そしてなんといっても彼女はまだ中学生なのですから、いったんここで選抜から外して足元を固める判断は正しいでしょう。ただ、あやめんにはこのあたりの要素を誰かが上手に説明してあげてほしいところです。だって、まだ中学生ですから。

さらに4期生について。
彼女たちのアンダー合流はこのタイミングでやるべきです。
2年前にも3期生が『シンクロニシティ』から合流したのでそれと同じですね。

現在の乃木坂が急速な移行期にあるのは間違いありません。4期生はこれまで順調な歩みを見せてきましたが、悠長な育成をしている暇がないという状況に変わりはありません。
キラーコンテンツのひとつにまで成長したアンダラを、一刻も早くそしてひとりでも多くの4期生に経験させてほしい。その神髄を知るメンバーがいるうちに。まあ本当言うとこれは和田まあやなのでしょうが…

今回アンダラが行なわれる場合の座長は誰か、そしてまあや不在でリーダーを務めるのは誰なのか。注目したいと思います。

そして既に3期4期ライブで3期生との距離は縮めているでしょうから、今度は2期生とも親しくなって甘えられるようになってほしいですね。

チームに安定感をもたらすもの


すごく勝手な心配なんですが、実を言うとちょっと2期生の孤立が気になっています。

メディアでの度重なる「不遇」発言(『乃木中』のように「今は笑って話せる」で通せば良かったのですが…)で少し暗いイメージがついています。

前作の選抜発表時の考察で私はこう書きました。

「堀未央奈は岐路に立たされている。4期加入は彼女にとって『自分が』『2期が』ではなく、『グループが』という主語で話せるようになる良い機会」

しかし残念ながらむしろ彼女は前作以降さらに2期生ラブの傾向を強めているように思います。

関連記事:

そして2019年11月の3期4期ライブ、25thでの1期大集合ときてこのタイミングでの2期単独ライブ。
これは彼女たちにとっての悲願ですし佐々木琴子卒業の花道としての粋な計らいなのでしょうが、流れだけ見るとなんとなく分断を感じてしまいます。

だからこそアンダーライブで同じステージを作り上げること。そして後輩に立派な背中と7年間の重みをを見せてあげること。それが2期生にも3期4期にとっても重要なのではないでしょうか。

かつて94年組が果たしていた「中盤の底」の役割。
それを今果たせるのは、困難な時期を経験してきたからこその強さを持っている彼女たち2期生だと思います。


井上小百合の卒業によりとうとう「組」ではなくなってしまう94年組(それは92年組も同じですが)。かつて最大勢力だった彼女たちについての考察はまたどこかで別の記事にまとめたいと思います。


続きます。

2/4ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正

連続選抜の重さ


そしてパターン2。

どうしてもこのシングルで4期抜擢をする場合。

であればフロントと2列目の両サイド、齋藤飛鳥・堀未央奈を山下美月・与田祐希にスイッチですね。
3期4期だけで構成されたフロントで本気の世代交代をアピール。そして2列目は最強布陣で全力サポートする。この図式を強調した方が良かったと思います。

さらに歌番組では司会者の隣に喋れる先輩(白石・生田・飛鳥、あるいは高山・真夏・松村の誰か)が座り「今回は後輩を売り込みに来ました!」と明るく紹介してくれれば。
それが「いやいや私はまだまだ卒業する予定はないんで場所を譲るつもりはないんですけど~」と言える(本当に当面卒業予定のない)メンバーであればなお良いですね。

そしてもうひとつ。
24thでボーダーメン切りをするのであれば、前作『Sing Out!』選抜の時点でもっと細やかな配慮が必要だったと思います。

現時点で改めて前作の選抜を眺めてみると、こんな判断が働いていたように推測されます。

4期合流前に阪口珠美と渡辺みり愛を初選抜することは確定。
伊藤理々杏と佐藤楓は22nd『帰り道は遠回りしたくなる』で1回限りのお試し初選抜というシナリオだったのが、ふたりとも握手が売れすぎた(4次で30部完売)ため外しづらくなった。片方だけ外すわけにもいかず両者残留。

また運営として「りりれん」の間で扱いに大きな差をつけることは望んでいなかったので岩本蓮加が選抜復帰。れんたんよりも握手完売速度の早いメンバーが複数いるのでもう1枠増やすことになり、そこを鈴木絢音、寺田蘭世そして樋口日奈で争った結果、絢音ちゃん。

つまり、たまちゃんとみり愛の選抜は既定路線だったが、より握手完売速度の早いメンバーが何人もいたためそのバランスに苦慮し、最終的に蘭世とひなちまが割を食う形になった。

しかし結果として連続で選抜入りしたりりあとでんちゃんのふたりはアンダーメンバーのファンから大きなヘイトを集めてしまいました。

連続選抜=選抜定着がこれまでの流れであり、過去何人ものメンバーがこの厚い壁に跳ね返されてきました。
24thのアンダーメンバー(活動休止の井上小百合と大園桃子を除く)で連続選抜の経験があるのはこのふたりと6th『ガールズルール』以前の中田花奈だけです。
そう考えると「ふたりにはまだ時期尚早」という拒絶反応が出てくるのもある意味無理からぬことではないでしょうか。

運営はもう少し「連続選抜」というものの重みに自覚的であるべきだと思います。


どうか心を折らないで


さらに気になるのは蘭世とひなちまのショックです。
選抜実績という切り口ではりりあ、でんちゃん、れんたん、絢音ちゃんとの勝負づけがついてしまったように見えるのです。本人たちもファンも、これは非常につらい。

『Sing Out!』時点
りりあ、でんちゃん(連続選抜) > れんたん、絢音ちゃん(アンダーを1作挟んで復帰) > 蘭世、ひなちま(3作連続アンダー)

24th時点
りりあ、でんちゃん、れんたん、絢音ちゃん(1作アンダー) > 蘭世、ひなちま(4作連続アンダー)

この6人は全員揃って24th選抜から外れたので現時点ではいわゆるボーダーメンであると推測されます。そうであれば、前作の時点でここまでの差をつける必要があったか大いに疑問です。


ここまで「どうするのがベストだったのか」と謳って書いてきましたが、正直ここの判断は非常に難しいです。(この6人全員選抜だと人数的にアンダラが成立しないという問題もありました)

ほぼ横一線とみて単純にローテーションで蘭世とひなちま選抜で残りの4人アンダーでも良かった気がします。たまちゃんが憧れのひなちまと一緒に選抜入りというトピックにもなりますし。もうひとり増やすのであればりりれんのバランスを考慮し絢音ちゃんかと。

いずれにせよ苦渋の選択であることに変わりはありません。


全員が納得する選抜などありえません。
ファンに過度に阿る必要もないと思います。

ただ、4期生合流により選抜入りのライバルが11人増えるという極めてナイーブな状況で先輩メンバーたちの心を折りにいくような選択だけは避けていただきたいです。


文句ばかり言い続けてきたので、最後に24thシングルに期待することを書きます。


続きます。

前へ      次へ
4/5ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



このページのトップヘ