ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:掛橋沙耶香

びーむ色調補正3

出てこい歌メン


ひとつ前の記事とも関連しますが、これからの乃木坂に求められることのひとつが歌唱力。

多くの楽曲でオリジナルメンバーが卒業し、まあストレートに言えば生歌(被せ含む)の比率が高くなっています。まして2019年に卒業したメンバーのうち衛藤美彩、伊藤かりん、桜井玲香はいわゆる歌メンでした(ゆったん、ゴメン笑)
さらに2020年卒業の井上小百合と白石麻衣も歌えるメンバーです。

被せにしろ純生歌にせよ、ライブをやる以上はある程度の歌唱力が必要になる。

バスラの4日間、伊藤純奈と久保史緒里は大車輪の働きでした。

逆に言うと純奈と久保ちゃんだけに頼っている(恐らく、運営が)のは正直、がっかり。
歌えるメンバーはもっと積極的に歌ってほしいし歌わせてあげてほしい。

3期生の中ではかなり歌えるのが岩本蓮加。アンダラ行っている人ならご存じでしょう。
前の記事でふれた中村麗乃ももちろん期待できます。
特別上手いわけではないですが与田祐希も実はそこそこ歌えます。彼女の場合、自信がなさそうなのでスタッフが上手くそこを伸ばしてあげるといいのでは。

4期では賀喜遥香が完全にそのラインに乗っていますが、前にも書いたように私の4期イチオシ歌唱メンはしばゆうこと柴田柚菜。リズム・ピッチとも安定感があり安心して聴いていられます。
清宮レイもなかなか良いです。しばゆうと笑顔満開の歌うまコンビですね。

4期ライブの記事でも書いた通り、4期は全体にそれなりに歌えるメンバーが多いです。
『乃木坂工事中』のお披露目で弾き語りを披露した掛橋沙耶香もいますしね。

まあ何期生であっても、歌メンが不足していることを認識して「自分、歌えます」とアピールするメンバーがでてきてほしいものです。

現在の乃木坂において「歌が上手い」という理由だけで選抜に入れることはないでしょう。でもライブでは間違いなく歌えるメンバーが求められています。そこではっきりと力を見せればきっとファンは増える。

今回伊藤純奈が見せた存在感。これに続くのは誰でしょうか。

楽天ブックスの乃木坂46ストアはこちらから!


「可愛いの天才」が見せた歴史と責任感


真夏の全国ツアーに比べメンバー間の登場頻度に偏りがあった今回。

特に4期生は遠藤さくら、賀喜遥香、筒井あやめの3人以外はほとんど出番がありませんでした。

既に書いた通り全曲披露という縛りと準備期間の都合と思われますので今回はやむを得なかったのでしょう。

幻となった2020年5月の白石麻衣卒業コンサートではどんなセットリストでそれぞれのメンバーにどのような出番が準備されていたのでしょう。

まいやんのユニット曲は全部やるとして、そこであまり接点のなかった色々な後輩と絡んでほしいですね。いつか開催できる日を楽しみに待ちたいと思います。チケット取れる気がしませんが笑


この日、特に印象に残ったメンバーをひとり挙げるとすれば星野みなみ。

『Against』と『ぐるぐるカーテン』で生駒里奈の不在を埋めていました。

あの無我夢中だった最初の頃、隣でその姿を見てきた彼女。
「偉いねえ」の彼女が凛々しい表情で中心に立ち『Against』のソロダンスを踊っている。

その姿にはやっぱり、ちょっとグッとくるものがあります。

もう1期は本当に少なくなって。この日は白石麻衣不在、井上小百合もほとんど出番なし。
そんな中で彼女が見せた歴史。そして責任感のようなもの。

まだまだ、齋藤飛鳥をひとりにしないであげてほしいです。

推しの最後を見送るということ


井上小百合にとって、この8thバスラがアイドルとして行った最後のライブになりました。

さゆ自身は翌日も出演したけれど、私はこのDAY1のみの参加でした。

8年半応援してきた推しが、代表曲である『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』を最後にパフォーマンスする姿を現場で観れたので悔いはないです。

そして自分個人として観た推しの最後の姿がデビューシングルってのもなかなか胸に迫るものがありました。

最新シングルで始まり、デビューシングルで終わる。
4DAYSの1日目ですが、なんというかある意味バスラとして完結していました。

やっぱりバスラって特別です。(以前に「やっぱり神宮は特別」と書きましたが笑)

なんというか、どうしたって思い出がよぎるんですよね。

あのメンバーがいないとか、あのライブでのこの曲は凄かったとか。
でもそれが嫌じゃない。懐古厨でも現状の否定でもなく、美しい思い出と美しい現在の幸福なオーバーラップ。

そりゃ正直私だって、『行くあてのない僕たち』をさゆまり以外の誰かが歌うのは拒否反応があります。でも過去に歌ったメンバーたちみんなが先輩と楽曲への敬意を言葉にしてくれているのを見ると、心から嬉しく思います。

上手く表現できませんが、自分にとってはさゆまりの『行くあて』が至高だけれど、それでも意味のある二人組が意味を持って歌ってくれればそれでいいと思うんです。さゆまりとは別の物語を持つふたりが、自分たちの何かと重ねて自分たちなりの解釈で歌ってくれれば。

それがまた誰かの新しい思い出になるのでしょう。

そうやって歴史が続いていけば素晴らしいですね。


前へ    次へ
3/3ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正

『I see…』
乃木坂46、25thシングル『しあわせの保護色』のカップリング。歌唱メンバーは4期生11人(4期追加メンバーは参加せず)。

前の記事はコロナ禍の真っ只中にある日本でこの曲が流れる意味、みたいな大上段に構えた内容でしたが、ここでは打って変わってMVのメンバーのここが可愛い!ということをつらつらと書きます。久保史緒里ばりに秒刻みで笑

チームの魅力×個人の魅力


ストーリー部分+衣装でのパフォーマンスという、まあ非常によくある構成。
でもストーリー部分ではとにかく笑顔全開でメンバーの仲良く楽しげな様子を見せて4期のチームとしての魅力を伝え、衣装に着替えてのラスサビでは各個人の綺麗さ・可愛さを強調するという2段構えなのは効果的ですね。

そして改めて思うのは4期の「乃木坂感」。
派手派手な曲にカラフルでスピーディなMVなのにクドくならずに何度も観れる。
これはやっぱり乃木坂らしさですよね。1期生の持つ「いい意味での押し出しの弱さ=奥ゆかしさ」が4期にも継承されていると感じます。

以下、それぞれのメンバーの見どころについて。

柴田柚菜
2:30の笑顔全開。普段は声も小さくて体温低めな感じなのに、笑うとニッコニコな彼女。そのギャップがキュートだし観ていて幸せな気にさせられます。
ひとりだけ短いスカートの服装なんでちょっとドキッとしてしまったのは内緒です。

清宮レイ
いつでも笑顔のサンフラワー。全編を通じて最高のハッピー製造機ですが、特に1:49の黒子を追いかけるシーンで前を見て走らなきゃいけないのに思いっきり横のカメラを見て笑っちゃってるとこが可愛い。

このMVのハッピー感を支えているふたりでしょう。言葉にするとなんだかバカみたいですけど、笑顔ってホント大事。

筒井あやめ
3:59からのNGシーンの愛くるしさたるや…圧倒的。
顔に布がかかって「わー!」って感じの手が萌え袖と相まってめちゃめちゃ可愛い。普段は落ち着いて見えるあやめんの、ふいに現れる子供っぽさが良いですね。

早川聖来
本人も「すべて全力のMV」と言っていましたが、その通りの楽しげな表情と少々オーバーなくらいの演技。演技派の彼女がやる「クサい演技」。楽しい撮影だったんだろうなと思わせます。
ラストのサビ、3:23の「もったいな~い」では本来の美形っぷりが出ていてこれも良し。

矢久保美緒
ラストのサビ、3:25からの「素直になろう~」でピョンピョン飛んでいる姿が可愛いですね。0:28からレイちゃんのフードの引っ張り方がエグい…のかと思ったらこれは相手のリアクションが大きいだけでした笑

遠藤さくら
0:20前後のイヤホンをして何気なく外を眺める姿。
4期に関する過去の記事で何度も書いている彼女の「物語性のある佇まい」がこのMVの冒頭からいきなり炸裂です。

そして私はやっぱりさくちゃんに橋本奈々未を感じてしまうのです。
『夏のFree&Easy』のMV(全員がヘッドホンしてリップシンクしたり踊ったりする)、開始10秒で音楽を聴きながら空を仰いで目を閉じるななみんの姿が反射的に思い出されました。

関連記事:

掛橋沙耶香
3:47の「胸騒ぎの腰つき」の印象が強すぎる彼女ですが、個人的には0:38以降の最初のバス車内でのさくちゃんとの絡みが好きですね。まず乗り込んでポーズをとった時の満面の笑み。キラキラしていて「ザ・アイドル」って感じです。黒子の分際で笑

照れながらためらいがちに踊るさくちゃんとノリノリの掛ちゃんの対比がお互いの良さを際立たせていますよね。控えめなさくちゃんはなんというかいわゆる西野七瀬的。(やっぱりななみんとなーちゃんのハイブリッド!笑)
2:23に繰り出すゴッドフィンガーもなんか好きです。

金川紗耶
歌衣装になるとグッと美人度が増す感じが良いです。アップで抜かれるカットがないのが惜しい。3:21ぐらいに一瞬横切るのですが…

北川悠理
風船をポンポンやってるところも無邪気でいいのですが、1:42黒子を追いかけるシーンでチラッと映る彼女の楽しそうな顔が良いです。

田村真佑
1:06カフェに入っていって腕組みしてニヤッと笑うとこ。
彼女のお姉さんっぽさとキュートさが混じった魅力、さらば青春の光・森田氏の言うところの「チャーミング」な部分が良く出ているシーンですね。

「大丈夫だよ」と彼女は笑った


賀喜遥香
この曲のセンターはミス・パーフェクトにしてミス末広がりのかっきー。

「何をやらせても絶対に平均点以上出す」彼女。
個人的には平均点どころか常に80点以上出してると思いますけれど。

できて当たり前と思われる辛さは、経験した者にしかわかりません。
50点を80点に上げるより90点を95点に上げるための努力の方が遥かにしんどいということも。

県内屈指の進学校出身と噂される彼女。
どれほど地道な努力を重ねて来たことでしょう。

そしてそのスペックに加えてあのビジュアル。勝手な想像ですが、周囲からのプレッシャーやジェラシーにさらされたこともあったかもしれません。

それでも現在の彼女はそんなすべてを乗り越えて、穏やかで魅力的な「えへへっ」という笑顔を浮かべています。

本編最後の「大丈夫だよ」と語りかけるようなあの笑顔。
4期生が皆、口を揃えて「かっきーの笑顔を見ると安心する」と言うあの笑顔。

やっぱりこれも別に運命とか特別な意味なんてない、単なる巡り合わせに過ぎないけれど。
『I see…』のセンターが賀喜遥香で良かった。


胸を張って言います。今、日本を元気にしているのはこの曲です。

チームとしての4期、そして個々のメンバーの魅力を感じながら観てください。
そして最後のかっきーの笑顔を。

どんどん濃くなる暗闇に飲み込まれそうな現状ですが、自分の場所で頑張ろうって気になれます。



こちらの楽曲は音楽配信サイト「レコチョク」でも購入できます>>>
『I see...』/乃木坂46



前へ   次へ
2/2ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



deux補正2

波乱続出、大荒れの投票結果


そして発表された結果は衝撃的なものでした。
(カッコ内は落選者50音順)

ロミオ:筒井あやめ(早川聖来)

なんとここへ来て早川さんが初めて二幕出演を逃します。どよめく場内。
これは完全に8連勝の反動でしょう。「もう他の子に譲ってもいいだろう」という調整思考や「早川無双と聞いていたけどそこまでじゃない」という厳しい目線。
ファン心理という魔物が、ついに早川さんに牙をむいたのです。
筒井さんを祝福する早川さん。その目に光る涙は敗戦の悔しさか、それとも連勝のプレッシャーから解放された安堵なのでしょうか。

場内が騒然とする中、さらなる衝撃が続きます。

ジュリエット:田村真佑(賀喜遥香、北川悠理、柴田柚菜)

田村さん悲願の初勝利に場内大歓声。ジュリエットを得意とする北川さん、そしてここまで5勝の賀喜さんを抑えての二幕選出に、本人も顔を覆って泣き出します。
正直、演技の出来では劣っていましたので同情票を集めたものと思われます。でも、田村さんは胸を張っていいのです。自身の諦めない姿があったからこそ、同情でも何でも「彼女を二幕に立たせたい」と観客に思わせたのですから。

しかし、衝撃はこれで終わりではありませんでした。

ぜんぶ:遠藤さくら(掛橋沙耶香、金川紗耶、清宮レイ、矢久保美緒)

まだ客席から田村さんを祝福する声が飛び交う中、モニターに映し出されたのは「遠藤さくら」の文字!
湧き上がるウォォォォーーーッという大歓声。
一幕で見せた彼女の激情。それが観客の心を動かし、ついに掴んだ初勝利。4期生の発表当初から「エース候補」的な扱いを受けてきた彼女がここまで一度も勝てなかったことは、測り知れない重圧と苦悩だったことでしょう。顔をくしゃくしゃにして泣く遠藤さん。その元に何人ものメンバーが駆け寄り、彼女の頭を手荒になでます。それを見てもどれほど彼女が追い込まれていたかが伺い知れます。

「私たち、ライバルだけど、友達でしょ?」
この一幕の台詞をまさに地で行く4期生たちに、先輩たちの姿が重なります。

例えば『deux』の最終日昼公演。開幕から13連敗していた畠中清羅の二幕出演が発表された瞬間に、ステージ裏から響き渡ったのは「キャーーーーーッ!!」というメンバーたちの悲鳴のような大歓声でした。
誰もが追い込まれてキツい状態の中、それでも他のメンバーのことを気遣う姿勢。

やっぱ乃木坂だな。
今まで何度そう思ったかわかりませんが、これも忘れられないエピソードのひとつです。

新鮮な二幕


そして二幕が始まります。初選出ふたり、筒井さんもロミオでの二幕は初めて。フレッシュ極まりない組み合わせになりました。

筒井さんのロミオは生真面目で純粋。本来はもう少し洒脱な男性像な気もしますが、それには年輪が必要なので仕方ありません笑
本人は「緊張した」とのことですが、張りのある声で立派に演じ切っていました。

田村さんは拙い演技ながらも、それが逆に無邪気で幼いジュリエット役にはまっていた気がします。今後は声音や抑揚の変化をつけられるとより良いのではないでしょうか。

驚きだったのが遠藤さん。
一幕の演技は決して褒められたものではありませんでした。しかし二幕に入ると一変。堂々とした振る舞いと凛々しい表情。本人も反省していた通りたびたび台詞を噛んではいましたが、それをどうこう言う気がしないほどの存在感。

上手い下手ではなく、スター性としか表現しようのない輝きを放ちます。

普段はふわふわしていて舞台に上がると別人、というパターンはありますが、一幕では自信なさげで二幕になると豹変するというのは新しい。衣装やかつらでスイッチが入るのか。それともやるしかないという覚悟が決まったからなのか。

終盤はずっと荒い呼吸音をマイクが拾っていました。本人のコメントから察するに緊張のあまり上手に息を吸えなくなっていたようですが、そんなことは感じさせない演技。

彼女はこの先何度も「エース候補」という肩書に苦しめられることでしょう。
それでも、きっと乗り越える。そう思わされる姿でした。

そして4番目の風が吹く


後半戦の始まりにふさわしい、密度の濃い公演でした。

前半戦までの演技力勝負から、それぞれの人間を見せる勝負になってきたように思います。

ですがこれがプリンシパル。
2日目のレポでも書きましたが「当日の演技もこれまでの経緯も同情も判官びいきも推しへの愛もすべてひっくるめて」票は投じられるのです。

その中で強烈な印象を残した遠藤さん。

一幕での壊れた人形のような儚い泣き顔と、二幕で突然見せたスターとしての煌めき。
やはりどこか、西野七瀬を思わせるところがあります。

そして、ただひとりの未勝利となってしまった柴田さん。

悔しくないはずはないですし、相当追い込まれているでしょうが、それでも笑顔で田村さんを称える姿に彼女の矜持を見ました。

それと掛橋さんはこの短期間で目に見える成長を遂げていました。
将来的に演技の仕事を定期的にやっていけば化けるんじゃないでしょうか。


そして最大の収穫は、4期生たちが「やっぱ乃木坂だな」と思わせてくれたこと。

これに尽きます。

この先も千秋楽まで彼女たちは様々な感情を味わうことでしょう。挫折や苦悩で折れそうになることもあると思います。
それでもきっといつの日か、笑顔で「プリンシパルは必要な試練だった」と語ってくれるでしょう。

先輩たちと同じように。


前へ   次へ
2/2ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



deux補正2

分かれる明暗と厳しすぎるレギュレーション


2019年4月16日、乃木坂4期生初公演「3人のプリンシパル」を観劇しましたのでレポートします。

この日は7日目。全日程の半分が終了し、休演日を1日挟んでの後半戦スタートという公演でした。

ここまで8公演の結果は早川さんが負けなしの8連勝。3役制覇も3公演目にストレートで達成し、それ以降もまんべんなく立候補しています。
それに次ぐのが5勝の賀喜さん。まだ射止めていないのはジュリエット。そして北川さんは4勝。1回を除きずっとジュリエット1本でしたが8公演目にぜんぶ役に再挑戦し見事当選しています。

反対にいまだに二幕出演がないメンバーもいます。遠藤さん、柴田さん、田村さんの3人。遠藤さんはぜんぶ役、他のふたりはジュリエット役にこだわっていますがここまでのところ結果につながっていません。

後半戦に入り流れは変わるのか。そこに注目が集まりました。

2日目との違いにポイントを置いて書きます。

【乃木坂46舞台レポ】自分をさらけ出したその先に 4期生「3人のプリンシパル」2日目④

意気込みで語られる内容が2日目とまったく同じ。つまり噂通りここはフリーではなく台詞固定です(おそらく開幕前にそれぞれの思いを元に作られた台詞とは思いますが)。
つまり一幕で使える「言葉」は完全に固定であり、その内容で差をつけることはできません。となると変化をつけられるのは声や間、動きや表情などをひっくるめた「語り方」のみ。
これは非常に厳しいですね。

唯一、ずっと50音順だった演技の順番が、この日から監督の指名によるランダム順に変更されました。
最初のプリンシパルで、毎日高山一実が爆笑をかっさらった直後に自己PRを行なわなければならなかった中田花奈が「この順番キツすぎます」と訴えたことにより途中からランダム順に変更されたことが思い出されますね笑

今回もそれぞれの演技についての個人的な感想を書いておきます。例によって素人の主観です。
(カッコ内はここまでの結果。○:ロミオ、□:ジュリエット、△:ぜんぶ。黒が2幕進出)

遠藤さくらさん(△△○△△○△△)
ぜんぶ。トップバッターの重圧からは解放されたものの、完全に自信を失っているようで終始表情を曇らせ俯きかげん。そして意気込みを述べている最中、言葉が途切れ彼女の目から涙が溢れます。「少しずつでも上手くなりたい」という前向きな台詞と自分の現状との乖離に感情が爆発してしまったように見えました。

賀喜遥香さん(●□▲□□●▲●)
3役制覇を狙いジュリエット。2日目に観た時はロミオでしたが、その時と同様に舞台映えする演技が目を引きます。ただ意気込みの台詞が飛んでしまい、頭が真っ白になってしまった模様。台本を何度も見ながら最後まで行きますが、終わった時には痛恨の表情を浮かべていました。

掛橋沙耶香さん(□□□■□□●△)
3役制覇を狙いぜんぶ。演じ分けもそうですが、細かな表情と相手がそこにいるかのように見せる演技がとても良く、正直びっくりしました。掛橋さん、上手くなってます。前回のレポで「プリンシパルでは演技力は上がらない」と書いた私の立場がありません。後ろで他のメンバーの演技を見ている時も表情豊かで、時に爆笑までしていたのも好感度高いです。

金川紗耶さん(△▲□□○□△△)
唯一二幕出演したぜんぶで2度目を狙います。前回からさらにコミカルな方向に振れ、オーバーアクションでやり切る姿勢を見せてくれました。後ろで見ている掛橋さんも爆笑。ただ二幕に選出されるほどのインパクトは正直感じられませんでした。演技後の表情から本人もかなり悩んでいるようで少し心配です。

北川悠理さん(■□△□■■□▲)
3役制覇は狙わずに得意のジュリエット。前回からさらに豊かな感情表現で、いわゆる「憑依型」の迫力ある演技を見せました。ただ…正直、過剰に感じました。初めての恋に目覚めた幼いジュリエット、その強い感情と純粋さが後の悲劇を連想させる。それがこの場面だと思います。狂気すら感じさせるこの日の北川さんの演技はさすがにやりすぎではないかと(解釈の問題ですので意見の分かれるところですが)。

柴田柚菜さん(□□□□□□□□)
ブレずにジュリエット。前回同様やはり無難で印象に残りづらく感じました。新体操やチアの経験がある彼女、もっと身体を使ってダイナミックな演技をしてほしいところです。ここまで未勝利ながら悲壮感を漂わせていないのは個人的に好感が持てますが、人によっては同情を拒絶している感じを受けるかもしれません。

清宮レイさん(○■△□●□○△)
3役制覇を狙いぜんぶ。豊かな表情で楽しそうに演技をする姿が印象的。前回同様、どうしても台詞のトーンが一定になるのが気になりました。

田村真佑さん(□□□□□△□□)
1回を除きブレずにジュリエット。前回同様発声や台詞の間はワンペースで動きも小さいままでしたが、表情についてはだいぶ改善されており、硬い印象はかなり軽減されていました。

筒井あやめさん(△△△▲□○○○)
4公演連続でロミオ。初々しいロミオですが声量があるので凛々しい雰囲気が出ていました。ただやはり表情があまり豊かでないので、パンチに欠ける気がしました。

早川聖来さん(▲●■●▲▲■■)
3役制覇3周目を狙いロミオ。やはり一枚も二枚も上の安定感。とにかく静止した時のポーズが綺麗。一瞬たりとも「ただ立って台詞を言っている」瞬間がありません。台詞ももちろん上手なのですが、この日は前回ほどの声の迫力は感じませんでした。少し力みがあったのか、あるいは連日の二幕出演で疲労がたまっているのかもしれません。

矢久保美緒さん(△○●△△△△△)
こだわり続けるぜんぶ。前回は全く台詞の間が取れていませんでしたが、その部分は劇的に改善されていました。彼女のキャラクターからか、ややコミカルな印象を受ける演技でしたが一生懸命さが伝わってきました。


そして観客投票が終わり、二幕の出演者が発表されます。


続きます。

前へ   次へ
1/2ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



このページのトップヘ