ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:筒井あやめ

タオル補正

思えば平和な時期だった


乃木坂46の26thシングル『僕は僕を好きになる』。

前の記事ではセンター山下美月についてでしたが、今回はアンダーについて書きたいと思います。

今回の選抜をもって、完全に「ボーダーメン」という概念がなくなった。
なくなってしまった。

そう感じました。

プロフィールにも書いている通り、私の推しは卒業した井上小百合です。
なので本当は「ボーダーメン」という揶揄するような呼び方が大嫌いです。

ただ、それが明確に存在したここ数年は今にして思えば平和な時期だった

17th『インフルエンサー』から『Sing Out!』までの2年ちょっと。
その間にバリバリの選抜固定メンへと成長したのが梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希という3期生の5人。

そしてその同じ期間にさらにこれだけの動きがありました。

1、2期の選抜復帰 斉藤優里、中田花奈、樋口日奈、北野日奈子
2期の初選抜 鈴木絢音、寺田蘭世、渡辺みり愛
3期お試し 伊藤理々杏、岩本蓮加、阪口珠美、佐藤楓

11人も試せたわけです。繰り返しになりますが、バリバリの選抜固定メン5人以外に、です。

思えば初めて選抜人数が20人超となったのが『インフル』。
「多すぎる」という批判もありましたが、これだけの動きが取れたことによってグループ全体の厚みが増したのは疑うべくもありません。

かつての「選抜固定17人+中元北野」だった『太陽ノック』から『サヨナラの意味』の時期と比べれば、どれほどアンダーメンバーに希望があり3期生が夢を見ることができたことか。もちろん、そのファンも。

しかし24th『夜明けまで強がらなくてもいい』25th『しあわせの保護色』と、2作連続で「ボーダーメン切り」が行なわれます。

さらに続く配信シングル『Route 246』の選抜18人は「これが新たな選抜固定メンか」と思わせる硬直感でした。

『保護色』は1期生全員集合という特殊な選抜でしたが、1期生以外で見れば動きがあったのはこれだけ。

24thから25th 筒井あやめOUT、岩本蓮加IN
25thから246 筒井あやめIN

岩本蓮加の連続選抜。

『乃木坂工事中』でフォーチュン中田に仕事運ナンバーワンと言われた時からそう遠くないタイミングで訪れるだろうと思っていた、れんたんの選抜定着です。
『高校生クイズ』テーマソングで全体曲の単独センターという快挙(3期生では『空扉』の梅澤美波に次ぐ2人目)を成し遂げ、もはやボーダーメンではないのは誰の目にも明らか。

そして筒井あやめ。

『保護色』選抜落ちの時点で、選抜入りしたり落ちたりを繰り返し様々な経験をしながら成長する齋藤飛鳥パターン(れんたんはこっちでした)の可能性も残っていたあやめん。
しかし人数が絞られた『246』でただひとりINし、26thでもその座を守ったとなればもはや選抜定着のよだももパターンがほぼ確定的。

関連記事:


つまり『夜明けまで』から『246』までの3曲で、2期生以降は以下のメンバーがほぼ選抜固定メンであることが明らかになったのです。

北野、新内、堀、岩本、梅澤、久保、山下、与田、遠藤、賀喜、筒井

そして1期生はといえば。

秋元、生田、飛鳥、高山、星野、松村

最も短い飛鳥ですら11th『命は美しい』以降5年半に渡り選抜に入り続けていますので、もはや選抜に入らないことが想像できないメンバー揃いです。

ここまでで既に17人。

壁が厚すぎます。

夢は瓦礫の下でまだ呼吸をしている


26thをもってついに3作連続、いや『246』も考えれば実質4作連続のボーダーメン切りになりました。

選抜発表のたびに載せていますが、並べるとちょっと衝撃的です。

『Sing Out!』時点
伊藤理々杏、佐藤楓(連続選抜) > 岩本蓮加、鈴木絢音(アンダーを1作挟んで復帰) > 寺田蘭世、樋口日奈(3作連続アンダー)

『夜明けまで強がらなくてもいい』時点
伊藤理々杏、岩本蓮加、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(1作アンダー) > 寺田蘭世、樋口日奈(4作連続アンダー)

『しあわせの保護色』時点
岩本蓮加、樋口日奈(1作選抜) > 伊藤理々杏、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(2作連続アンダー) > 寺田蘭世(5作連続アンダー)

『Route 246』時点
岩本蓮加(連続選抜) > 筒井あやめ(1作選抜) > 樋口日奈(1作アンダー) > 伊藤理々杏、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(3作連続アンダー) > 寺田蘭世(6作連続アンダー)

『僕は僕を好きになる』時点
岩本蓮加(3連続選抜) > 筒井あやめ(連続選抜) > 樋口日奈(2作連続アンダー) > 伊藤理々杏、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛(4作連続アンダー) > 寺田蘭世(7作連続アンダー)

25thの時も書きましたが、寺田蘭世には腐らないでほしいです。
最近個人でInstagramを開始し彼女らしい世界を繰り広げているようですので、何か新しい仕事につながるといいですね。

今年に入って現役メンバーに解禁しだしたのは「これで新規の女性ファン引っ張ってきたら認めてあげるよ」ってことなんでしょうか?

関連記事:
 

個人的に一番納得いかないのは、やはり「ボーダー枠」をゼロにしていながら「4期お試し枠」はふた枠あること。

当ブログの記事をご覧いただいている方はご存知かと思いますが、私は4期生にかなり好意的です。
でも、だからこそ4期推し以外の反発を買いファン同士の対立をもたらすような采配は避けていただきたかった。

4期からふたり新選抜が出ることに文句があるんじゃありません。
4期お試し枠がふたつあるなら、ボーダー枠もせめてひとつ残してほしかった。

はっきり言って3列目なんてほとんどTVに映りません。「歌番組で世間に見つかる」なんて推しの幻想です。長年井上小百合を推してきた私が言うんだから間違いありません。

だったら。
別に人数絞らなくてもいいじゃないですか。

わざわざメンバーとファンの夢も希望も奪い去る意味が、正直よくわからない。
『シンクロニシティ』から『Sing Out!』まで21人とか22人の選抜を続けてきたくせに、なぜここでそれができないのか。

コロナのため人数は20人以下にしてくれというTV局の要望でもあるんでしょうか。

あとひとりふたり増やして、蘭世でも絢音でもでんちゃんでも入れればいいじゃないですか。
まあこれも毎回書いていますが、できるならば「思い出選抜枠」もひとつ作って2期3期の初選抜メンを入れてほしいのが正直なところなんですが。

白石麻衣卒業後の新たな乃木坂が形成されるこの先の極めて重要な時期。
運営は分断ではなく融和を推し進めるべきだと思います。



前へ    4 次へ
2/4ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正

最年少と元最年少


前の記事で書いたように、今回の1期生全員集合は個人的にこれしかなかったと思っています。

ただ、結果として1期生を除けば今回も選抜固定メンだけの構成になりました。

その壁を破ったのはただひとり、岩本蓮加。

どんどんビジュアルの完成度が高くなる彼女。アンダーセンターも経験して堂々の選抜入り。個人的には「アンダラ座長は次のセンターを隣で支えてから選抜入り」というさゆまりが築いた様式美を引き継いでほしかった気がしますが笑

仲良しの筒井あやめと同時に選抜入りできなかったのは少し残念ですね。

そのあやめん。
前作から選抜落ちした唯一のメンバーとなりました。そして4期生からの新たな選抜入りはなし。

これは正直やむを得ないかと思います。

白石麻衣の旅立ちに4期生も加わってほしいところではありますが、いかんせん既に人数が多すぎる。
遠藤さくらだけ残すとまたアンチが湧くでしょうし賀喜遥香はとにかくワークレートが凄い。とはいえあやめんまで残すと3人が連続選抜で他の4期生と差がつきすぎ、モチベーションや関係性に懸念が生じます。

そしてなんといっても彼女はまだ中学生なのですから、いったんここで選抜から外して足元を固める判断は正しいでしょう。ただ、あやめんにはこのあたりの要素を誰かが上手に説明してあげてほしいところです。だって、まだ中学生ですから。

さらに4期生について。
彼女たちのアンダー合流はこのタイミングでやるべきです。
2年前にも3期生が『シンクロニシティ』から合流したのでそれと同じですね。

現在の乃木坂が急速な移行期にあるのは間違いありません。4期生はこれまで順調な歩みを見せてきましたが、悠長な育成をしている暇がないという状況に変わりはありません。
キラーコンテンツのひとつにまで成長したアンダラを、一刻も早くそしてひとりでも多くの4期生に経験させてほしい。その神髄を知るメンバーがいるうちに。まあ本当言うとこれは和田まあやなのでしょうが…

今回アンダラが行なわれる場合の座長は誰か、そしてまあや不在でリーダーを務めるのは誰なのか。注目したいと思います。

そして既に3期4期ライブで3期生との距離は縮めているでしょうから、今度は2期生とも親しくなって甘えられるようになってほしいですね。

チームに安定感をもたらすもの


すごく勝手な心配なんですが、実を言うとちょっと2期生の孤立が気になっています。

メディアでの度重なる「不遇」発言(『乃木中』のように「今は笑って話せる」で通せば良かったのですが…)で少し暗いイメージがついています。

前作の選抜発表時の考察で私はこう書きました。

「堀未央奈は岐路に立たされている。4期加入は彼女にとって『自分が』『2期が』ではなく、『グループが』という主語で話せるようになる良い機会」

しかし残念ながらむしろ彼女は前作以降さらに2期生ラブの傾向を強めているように思います。

関連記事:

そして2019年11月の3期4期ライブ、25thでの1期大集合ときてこのタイミングでの2期単独ライブ。
これは彼女たちにとっての悲願ですし佐々木琴子卒業の花道としての粋な計らいなのでしょうが、流れだけ見るとなんとなく分断を感じてしまいます。

だからこそアンダーライブで同じステージを作り上げること。そして後輩に立派な背中と7年間の重みをを見せてあげること。それが2期生にも3期4期にとっても重要なのではないでしょうか。

かつて94年組が果たしていた「中盤の底」の役割。
それを今果たせるのは、困難な時期を経験してきたからこその強さを持っている彼女たち2期生だと思います。


井上小百合の卒業によりとうとう「組」ではなくなってしまう94年組(それは92年組も同じですが)。かつて最大勢力だった彼女たちについての考察はまたどこかで別の記事にまとめたいと思います。


続きます。

2/4ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正

新規開拓か既存顧客防衛か


以前の記事に書いた通り、4期は1期推しファンの受け皿として大きな可能性があります。

敢えて言葉にしたくはないですが、今回の選抜を見ると噂通り年内にもう1枚シングルが発表され、それは極めて重要なメンバーの卒業センターとなる可能性が高いのでしょう。

そのタイミングで3列目に4期生を入れても話題にはならないしTVの前の視聴者にも気づかれない。それは確かにそうかもしれません。

でも、別に一般視聴者に気づかれる必要はないと思うんですよね。

1期推しの受け皿と考えるならば、既存ファンに注目してもらえれば十分ではないでしょうか。1期至上主義のファンに「1期生はだいぶ抜けちゃったけど、ちゃんと乃木坂感のある次世代がいるんだな」と認識させること。それが至上命題であり、それさえできればファンの心を乃木坂に留まらせるだけの魅力が4期にはあると思うのですが。

運営は3期での成功体験から新規ファンを取り込むことを狙ったのかもしれません。
学生メンバーがほとんどいなくなっている(!)ことを考えると中高生の新規ファン獲得には4期生の若さが必要。その判断もわかります。
しかし推しメンの卒業を機に大量に離脱していくであろうファンを留めることの方を優先すべきです。

なのになぜ、その1期推しが一番嫌うサプライズセンターをやってしまうのか。
残念でなりません。


乃木坂にスーパールーキーは似合わない


これも以前に書きましたが、24枚目シングルでは4期生を全員アンダーにすべきだったと思います。

アンダーライブを経験し先輩の実力を体感すること。そして今後選抜入りした時にはそんな先輩たちの前に立つのだという重みを知ること。
これによって互いを認め合う現在の乃木坂の雰囲気の良さを4期にも継承できるのではないかと考えているからです。

そしてもうひとつ。
全員そこから始める(そして願わくば選抜も3列目から)ことによって、坂道を一歩ずつ上ってきた先輩たちのイメージと4期の歩みを重ねることができるから。

スーパールーキー、天才、飛び級、無敗。
挫折を知らないゆえの無垢な美しさ。純白の眩いばかりの輝き。それはもちろんとても魅力的でしょう。

ですが、乃木坂にはそぐわない。

私の思う乃木坂は眩いほどの純白ではなく、生成り。
それはもしかしたらデビュー曲がオリコン1位を取れなかった乃木坂46の、敗北から始まった彼女たちの歴史に由来しているのかもしれません。

『シンクロニシティ』のMVを思い出してください。メンバーたちが着ていた衣装は確かに純白でした。しかしその撮影場所はスポットライトに照らされたステージではありませんでした。窓から差し込む木漏れ日を背に踊る彼女たち。その姿は柔らかな色味を纏っていました。


即戦力の3期では初選抜即福神入りが相次ぎました。結果的に大成功だったのは認めつつも、当時はどこか釈然としない気持ちを覚えたものです。

乃木坂感の4期、生成りの美しさを持つ4期には、できることなら一歩一歩坂道を上らせてほしかった。

西野七瀬や深川麻衣や衛藤美彩、そして齋藤飛鳥のように。


「光を、もっと光を」


今回、前作からバッサリ選抜メンバーが減りました。
ストレートな表現を使うと、ボーダーメン切り。

これも2年前と全く同じ。『逃げ水』の時もよだもも以外は当時選抜固定だったメンバーだけ。最強布陣で次世代を支えるってやつです。抜擢メンバー以外に初選抜を入れても薄まるからという理由も恐らくあるのでしょう。

他に運営の狙いを推し量るとすれば、競うべき相手また越えなければならない壁を明確にして奮起を促すといったところでしょうか。

でも、ここで選抜固定メンバーをはっきりさせることの弊害は大きすぎます。
今後4期生がどんどん選抜に入ってくることが予想される中、特に選抜未経験のメンバーがどれほど追いつめられるか。

安易な方法ではありますが、やっぱり「思い出選抜」1枠だけならあってもいいのではないでしょうか。

『逃げ水』に収録されたアンダー楽曲を憶えていますか。
当時、メンバーの心を破壊したとまで言われた『アンダー』です。
(個人的には卒業を決めていた中元日芽香のための当て書きだった気がします。だとしても劇場のない乃木坂のアンダーメンバーに対して「ステージを支えてる」という歌詞は無関心にも程があるかと)

アンダラ九州シリーズのひめたんときいちゃんの姿を思い出すと今でも少し胸が痛みます。

アンダーメンバーが希望を持って活動できること。
乃木坂のわちゃわちゃした雰囲気の良さを保つために、これは極めて重要な要素のひとつだと思うのですが、今回の選抜にはその部分に対する配慮が欠けていると感じられてなりません。


続きます。

前へ      次へ
2/5ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正
やりやがったな。
TVの前で私はそう思っていました。

言いたいことは山ほどあります。
が、ここはひとつ冷静に、論点を整理してまとめてみましょう。

1.今回の選抜に反対する理由(=デメリット)
2.どうするのがベストだったのか
3.今回の選抜に期待すること

ちなみに推しの井上小百合が選抜に入れなかったのですが、今回は事実上の欠場という認識ですのでその点については触れません。触れたら感情的な文章になって他のメンバーを攻撃する恐れもありますので笑

なぜに毎回アンチを作りにいくのか


1.今回の選抜に反対する理由

過去の記事をご覧いただければわかるかと思いますが、私は4期生に対してかなり好意的です。乃木坂感に溢れる1期の正統後継者として大いに期待しています。

しかしそんな私でも4期のセンター抜擢には大反対です。
理由は以前に「4期生育成計画」の記事で書いた通り、アンダーに落とせない「聖域」が生まれ大量のアンチがつくから。そしてメンバー間に溝を作るから。

毎回思います。
なんでわざわざ大量のアンチを作りにいくんじゃ。
生駒里奈、堀未央奈、そして大園桃子が今なおそれに苦しんでいるのがわからんのか、と。

4期生加入以降、基本ずっとセンターの位置にいた遠藤さくら。ぞのっちと一緒です。
プリンシパルで結果を出せなかったことも同じ。私はたまたま唯一彼女が二幕に出演した日を観劇できたのでそのポテンシャルを高く評価していますが、一幕の彼女の演技しか観ていないファンは「なんで」と思うでしょう。

堀ちゃんの時はひとりでセンターに放り込んで大炎上。
じゃあ3期はぞのっちだけではなく1番人気の与田っちょをスケープゴートとしてつけちゃおう、さらに白石麻衣と西野七瀬の両エースを後見人にしよう。
これはまずまず成功だった。じゃあ4期はさらに増やして3人でどうだ。

いや、安易かよ。

今回批判をかわすために使われたのは賀喜遥香と筒井あやめのふたり。

2年前、私は与田っちょのことが心配でした。
スタート時の4番手評価から着実にファンを増やしていた彼女。せっかく自らの足で階段を上っていたのに、ここで抜擢されることによって「ゴリ押し」のレッテルを貼られヘイトを集めてしまうのではないかと。

結果的にそれは回避されましたが、それは彼女自身が持つ異次元の愛くるしさ、そしてなーちゃんとの姉妹感が予想以上にはまるという巡り合わせもあってのことでした。

かっきーとあやめんは大丈夫なのかと思ってしまいます。ましてあやめんは秘蔵っ子として大事に育てるべきではないでしょうか。

ついでに言うと、3人ともせっかくの好素材なのにビジュアルが垢抜けていない段階で前に出して「可愛くない」とか言われるのも個人的には悔しいです(これ、よだももの時も全く同じことを思ってました)


阻害される一体感、未形成の支持基盤


そしてメンバー間、特に同期との間に生じる溝も決して無視できないものでしょう。

堀ちゃんと他の2期生との間に生じた複雑な感情は当事者であるメンバーたちも認めているところです。

4期は3期とほぼ同じ超促成栽培のスケジュールを歩んできました。
しかし、違いもあります。センター抜擢時点で単独での冠番組をまだやっていないこと、そして単独ライブが1日だけでしかも大箱だったことです。

この差は意外と大きいのではないでしょうか。

バラエティの洗礼を受けること。そして、連日同じ舞台に上がり続けること。
特に3期単独ライブは後に与田っちょが「12人の青春みたいな時間」と表現した特別な日々でした。
彼女たちは完全別動隊として経験を積むと同時に、12人全員で汗と涙を流しながら困難に立ち向かうことにより結束を強めました。

そしてそんな姿を観たファンの中からも「3期箱推し」が形成されていきます。

『逃げ水』の時点で3期箱推しは明確に存在していたことは、選抜発表がオンエアされるより前の2017年7月1日2日神宮球場で期別ライブのオープニングを務めた彼女たちへの声援が凄まじいものだったことからも伺えます。

翻って、4期はどうでしょうか。

正直、3期の時に比べて「全員が揃った時のワクワク感」の醸成がまだ進んでいないように思います。「4期箱推し」というファンが増えてくるのはこれからですね。

「期推し」自体の是非はさておき、まだ支持基盤の形成が十分に進んでいないタイミングでの3人の抜擢は大いに疑問です。

今後さくちゃんだけ突出していくのか、かっきーあやめんも聖域として選抜に定着していくのかはわかりませんが、いずれにせよ4期全体での一体感と4期推しの拡大にはマイナスの効果しかありません。


予想通り長くなりましたので、続きます。

前へ      次へ
1/5ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



このページのトップヘ