ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:遠藤さくら

びーむ色調補正3

そして何かが託された


アンコールからは桜井玲香卒業セレモニーでした。

ドレスを着て登場した彼女がひとりでファンに語りかけます。
そして歌われたのは、この場が最初で最後の披露となるソロ曲『時々 思い出してください』でした。最初は笑顔だった桜井。しかしステージ上に登場してきたメンバーの寂しさを感じ取り、自らも涙を流します。

続く曲は『夜明けまで強がらなくてもいい』。
イントロの4期フロント3人と先輩が手を取り合う振り付け。遠藤さくらの手を取った桜井が何か語りかけ、感極まったさくちゃんは力強く頷きながら顔をくしゃくしゃにして泣き出します。そこに被さるファンの「オイ!オイ!」の絶叫。いやあ、あれはグッときました。

「あとは任せたよ」なのか、それとも「あなたなら大丈夫」か。
初代キャプテンから、未来のエースへ。何かが託された瞬間でした。

桜井玲香の『夜明けまで』。大阪ドームと神宮、わずか4回しかステージ上では披露されなかった特別なものです。正直この曲あんまりだったんですがこれを見せられては抗えるはずもなく、好きな曲のひとつになりました。
ちなみに以前の記事で「ヘイはいらん」と書いたのですが、ライブではめちゃめちゃ盛り上がります笑


継承の儀式が済んだところで『ロマいか』から『僕だけの光』。
そしてトロッコで場内一周しステージに戻ってきた桜井が叫びます。「にゃんが来てくれたよ~!」。ただひとりこの日のステージに参加していなかった井上小百合がここでサプライズ登場!

この日は出演するミュージカル『リトル・ウィメン』の開幕2日前。既に劇場入りして劇場稽古を行なっている切羽詰まった状況の中、キャプテンの最後を見届けるために駆け付けます。
94年組。他星ユニット。犬メン。いくつもの共通点を持つふたりの間にはファンに見えている以上の深い結びつきがあるのでしょう。

そして先日卒業を発表した井上小百合にとってもこれが最後の神宮となりました。


思い出で散らかった部屋を出てゆくよ


次期キャプテン秋元真夏から心のこもった手紙が読まれ、最後はやはり『乃木坂の詩』。
涙にくれるメンバーに囲まれながら桜井は笑顔で最後の挨拶をし、退場していきました。

それでも「玲香」コールが鳴り止みません。

それに応えて駆け出してくるメンバーたち。そして歌われたのはなんと『会いたかったかもしれない』!!

ここでこの曲を持ってくるか!

AKB48の公式ライバルとしてスタートした乃木坂の歴史。
オケも歌詞も同じ、メロディラインをちょっといじっただけの、タイトルからしていかにもネタ先行の秋元康の思い付きっぽい曲。「パチモン」と呼ばれAKBファンから嘲笑されたけれど、ライブではやたらと盛り上がるので初期のセットリストでは重宝されていた曲。
しかし乃木坂が独自の個性と評価を確立した現在となっては歌われる機会も減っていました。

個人的には最初のプリンシパルが忘れられません。Bフレでメンバーが両サイドのカメラに駆け寄るシーンを下手側最前列で観た時に「一体俺はどこを見ればいいんだ!可愛いが多すぎて脳が処理できない!」と思ったあの日の衝撃。まあこれは完全に余談ですが。

この曲が選ばれた理由はきっと、
初心に返る。

言葉にするのは簡単だけれど、あまりにも状況が変わってしまった今となってはとても難しいこと。

初めて撮影したMVで、何が正解かもわからないままただ懸命に言われることをやっていたあの頃、メンバーもスタッフもそしてファンさえも、乃木坂がここまで大きくなるとは誰も思っていなかったあの頃へ。

私も、乃木坂46も。
もう一度、初心に返ろうよ。

そんな桜井玲香からのメッセージではないでしょうか。


最後に場内を一周する彼女の前に現れたのは相方、若月佑美(この日も相変わらず驚くほど美形!)。

「よく頑張りました」

この言葉にすべてが込められていた気がします。


セレモニーの中で桜井玲香はこう語っています。

「グループの外で、これからも乃木坂を作り続けていく」

私が外の世界でグループの価値を上げてくる。そう言ってるんです。

見ようによってはもの凄い自信。
でも、彼女だからこそ言える言葉。

全方位にハイスペックなポテンシャルを持つ彼女。これまではグループのことを第一にして、どこかブレーキをかけていた部分があったのかもしれません。

でもこれからは。

自分が全力を振り絞ることがグループのためになる。
そう信じて、堂々と「元乃木坂」を名乗っていく。

なんて頼もしい。惚れそうだ笑

これからの彼女がどんな姿を見せてくれるのか、本当に楽しみです。


前へ   次へ
2/2ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



びーむ色調補正3
今年もやってまいりました、聖地・神宮球場。幸いにも千秋楽に参戦できました。
ツアースタート地点である名古屋も(2日目でしたが)行きましたのでので、結果的に今年の全ツの最初と最後を目撃することができました。ナゴヤドームとの比較を中心にレポします。

いつもと違う夏の風物詩


8月30日からこの日まで3DAYSだった今回の神宮。千秋楽を最後にキャプテン桜井玲香の卒業がアナウンスされていましたので、例年以上に特別な意味を持つツアー最終日となりました。

神宮初日からいよいよ大園桃子も復帰し、井上小百合以外の全メンバーが揃います。

セトリはこちらです。

Overture
01. ガールズルール
02. 太陽ノック(飛鳥)
03. 夏のFree&Easy(堀)
04. 裸足でSummer

05. 三番目の風
06. 4番目の光
07. トキトキメキメキ(3期生&4期生)
08. キスの手裏剣(3期生&4期生)

乃木坂46ミュージアムコーナー
09. 自由の彼方(堀センター、佐々木、理々杏、佐藤、北川、早川)
10. 他の星から(飛鳥、遠藤)
11. 白米様(生田センター、純奈、久保、賀喜)
12. 自分じゃない感じ(桜井センター、中田、和田、阪口、金川)

13. インフルエンサー(白石、飛鳥)
14. 命は美しい(飛鳥)
15. 何度目の青空か?
16. シンクロニシティ
17. 滑走路
18. 日常

19. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた(生田)
20. ここにいる理由(寺田)
21. 不等号(飛鳥)

22. 僕のこと知ってる?(飛鳥)
23. そんなバカな…
24. ハウス!

齋藤飛鳥ドラムパフォーマンス(M25~29まで生バンド演奏)
25. 世界で一番孤独なLover
26. スカイダイビング
27. おいでシャンプー
28. ジコチューで行こう!
29. Sing Out!

EN
EN1. 時々 思い出してください
EN2. 夜明けまで強がらなくてもいい
EN3. ロマンティックいか焼き
EN4. 僕だけの光
EN5. 乃木坂の詩

WEN
WEN1. 会いたかったかもしれない


全35曲、3時間半。夏の終わり。やっぱり神宮は特別、って感じです。

アンコール前までのセトリは日替わりのミュージアムコーナーを除けば名古屋から大きな変化はありませんでした。

名古屋では不在だった白石麻衣と大園桃子がいましたので『ガルル』『シンクロ』『三番目の風』がオリジナルセンターでの披露。

名古屋では2ブロック目でやった「選抜とアンダーの融合」が後半に移されていました。これは『咄嗟』でさゆがサプライズ登場するために違いない!と思ったのですが違いましたね笑

その後に『そんバカ』『ハウス!』という沸き曲が追加。

そして変更点ではありませんが印象に残ったのが『スカイダイビング』。
神宮でこの曲をやると2017年、期別ライブからの全員集合で乃木坂の底力を見せつけたあの日のことが思い出されます。

そして斉藤優里がいない寂しさも。


雲の隙間 差し込む光たち


最初のハイライトはやはり『他の星から』。

齋藤飛鳥と遠藤さくらが左右のサイドステージに分かれて登場し、センターステージへと歩み寄ります。モニターでは交互に映し出されるふたりのアップ。

2017年東京ドームの『逃げ水』でもこれと同じ演出がありました。
大園桃子と与田祐希。リリース当時はサビ前の『月光』部分ですら間を持たせられなかったふたりが堂々と歩く姿に感動したものです。
しかし今回のさくちゃんのパートナーは共に困難に立ち向かった同期ではなく、飛鳥ちゃん。

衝撃でした。
いわゆる「画が持つ」力。さくちゃんのそれの凄まじさ。
だって、齋藤飛鳥ですよ。あの今最も画が持つ(俺調べ)飛鳥ちゃんと交互に映されてそう感じさせるって、普通じゃない。

そしてセンターステージで踊るふたりの美しいシルエット。『乃木坂工事中』でバナナマンのふたりが撮った写真でもそれが切り取られていました。


『白米様』…いや『Dear white rice』も強烈でした。

モータウン風アレンジに変更された楽曲を朗々と歌い上げる4人。
生田絵梨花、伊藤純奈、久保史緒里という各期の最強歌唱メンの中に放り込まれた4期生は賀喜遥香。相当プレッシャーだったようですが、しっかりとこなしていました。

個人的には4期最強歌唱メンは柴田柚菜だと思いますが、かっきーの武器は声質。3人の先輩同様にドスの効いた声を出せるので、舞台メンとしての素質を見込まれているのでしょう。

万能型のかっきー。既にあからさまに有能であからさまに酷使されている彼女がこの先どんな目標を見つけるのか、そして運営はそれをどうサポートするのか注目したいですね。山下美月の時と同じ轍は踏まないと信じていますが…


4期生は全体的にだいぶ頼もしくなった印象でした。2ヶ月かけて全国を回り、また神宮も3日目で慣れたのか落ち着いてパフォーマンスしているメンバーが多く、楽しそうな姿は非常に好感が持てました。


続きます。

前へ   次へ
1/2ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正

『夜明けまで強がらなくてもいい』ファーストインプレッション


3.今回の選抜に期待すること

決まったことにいつまでも文句ばかり言ってもしょうがないので笑、最後に今回の選抜に期待することを書いて終わります。

まず楽曲。記事作成時点で音源まで公開されました。タイトルは『夜明けまで強がらなくてもいい』。最初に感じたのは「アンダー曲っぽい」。
そして何度か聴くうちにサビのメロディで『ありふれた恋愛』、アコギを強調したアレンジでは『サイレントマジョリティー』を連想しました。

詞はイマイチかなあ…不安の中でセンターを務める遠藤さくら、そして変革期を迎えた乃木坂への当て書きなんでしょうが、そもそもさくちゃんのことがまだあまりよく見えていないという感じですね。あとヘイはいらんでしょう笑

彼女の魅力を最大限に引き出すならあまり笑顔のない曲がいいと思っていたのでそこは満たしているようです。現時点でまだカメラの前ではぎこちなくしか笑えないでしょうから、スペシャリティである「物語性のある佇まい」を最大限に活用してほしいですね。

となると本当は『君の名は希望』や『無口なライオン』のようなセンチメンタルでノスタルジックなミディアムバラードで、ドラマチックな展開のある編曲のものが良かった気がします。

夜ではなく秋の夕暮れ、茜色の空。
なにか言いたげな表情で佇むさくちゃん。絵になりますよね。

まあ大サビや曲終わりで彼女がどんな表情を見せてくれるか、そこに注目しています。


新たな魅力を見せるのは誰だ


またこれは選抜メンバーに限った話ではありませんが、4期生との関係性は先輩メンバーたちにとっても大きなチャンスです。

かつて一匹狼的な雰囲気だった西野七瀬が与田祐希とのペアリングでお姉さん感を醸し出し、新たな魅力を発揮したのが好例ですね。

既にれなちさんが猫舌SHOWROOMで引率者感を出したりLINEライブで久保ちゃんが溺愛お姉さんぶりを見せたりしています。

3期加入時に全体にとしてあまりお姉さん感を出せなかった2期(例外はみり愛ぐらいでしょうか)はここでもうワンチャンありますね。

特に堀未央奈は今、岐路に立たされている気がします。
『バレッタ』での経緯からどうしても個人のイメージが強い彼女。本人は2期生ラブを強調していますが、それにこだわり過ぎると4期は「ライバル」になってしまいます。でも24thのフロントを任されてそれじゃ困りますね。
4期加入は彼女にとって「自分が」「2期が」ではなく、「グループが」という主語で話せるようになる良い機会ではないかと思います。

そして3期生。

向井葉月が言っていたように先輩を取られる恐怖があると思いますが、そこを押し殺して積極的に後輩に絡みにいってほしいところです。

実際には下の兄弟がいるのにグループでは妹キャラな大園桃子と与田祐希は新たな一面を見せてくれそうで楽しみです。「ももこの方が年上なんだからね!」と胸を張るぞのっちの姿が目に浮かびます。

また年少組の伊藤理々杏と岩本蓮加が先輩風を吹かせて嬉しそうにしたり照れ臭がったりしたら微笑ましくて好感度高いですね。

ただ個人的希望としては、山下美月はお姉さん感を出さずに一人っ子感をまき散らしてほしい笑
上手にお姉さんぽく振る舞えず途方に暮れる姿が見たいです。


とりとめもなく書いてきましたが、実際ファンは結構ここを見て評価しているものです。

一緒の現場があると一気に距離が縮まるでしょうから、運営はセットでのグラビアなどガンガン売り込んでやってほしいですね。『セラミュ』も期待大です。


原点回帰のフォーメーション


散々文句を言ってきてなんですが、今回のフォーメーションってちょっと原点回帰だなとは思うんです。

生生星の後ろを御三家が固めていたあの頃、フレッシュなフロントを綺麗なお姉さんたちが見守るスタイル。

ただその「綺麗なお姉さん」が当時と同じ白石麻衣と松村沙友理なのがなんとも笑
ふたりが今もグループに在籍してくれていることは個人的に全面肯定したいですし驚異的だなあと思うのですが、やっぱり本当なら成長した生生星が2列目で綺麗なお姉さんをやってほしかったという感があります。それでこそ「継承」かと。

いやいやそれを言うなら3期生フロントで2列目中央に94年組の西野桜井若月も見たかった、せっかくなのでそこにうちの推しの井上小百合も混ぜてくれ、なんて妄想がとめどなく膨らみます。

こういうことを考えると、メンバーの成長や人気、卒業タイミングは思い通りにはいかないことを改めて感じてちょっと切なくなります。

様々な偶然と必然が交錯して現在があるということを思い知らされますね。

それとやっぱり、綺麗なお姉さん枠が不足している気がします。2年後ぐらいには山下美月や久保史緒里がそうなっていそうですが、賀喜遥香も大いに素質を感じさせます。


…と、だいぶ話が逸れましたが笑、遠藤さくらには凄く期待しています。

近い将来、原点回帰したあの頃の乃木坂を見せてくれるんじゃないか。
その時隣にいるのは、そして2列目中央は…

今回のシングルがファンひとりひとりにそんなことを思い描かせれば大成功でしょう。

美しい未来の、その可能性を見せてほしい。そう願っています。


前へ      次へ
5/5ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正

新規開拓か既存顧客防衛か


以前の記事に書いた通り、4期は1期推しファンの受け皿として大きな可能性があります。

敢えて言葉にしたくはないですが、今回の選抜を見ると噂通り年内にもう1枚シングルが発表され、それは極めて重要なメンバーの卒業センターとなる可能性が高いのでしょう。

そのタイミングで3列目に4期生を入れても話題にはならないしTVの前の視聴者にも気づかれない。それは確かにそうかもしれません。

でも、別に一般視聴者に気づかれる必要はないと思うんですよね。

1期推しの受け皿と考えるならば、既存ファンに注目してもらえれば十分ではないでしょうか。1期至上主義のファンに「1期生はだいぶ抜けちゃったけど、ちゃんと乃木坂感のある次世代がいるんだな」と認識させること。それが至上命題であり、それさえできればファンの心を乃木坂に留まらせるだけの魅力が4期にはあると思うのですが。

運営は3期での成功体験から新規ファンを取り込むことを狙ったのかもしれません。
学生メンバーがほとんどいなくなっている(!)ことを考えると中高生の新規ファン獲得には4期生の若さが必要。その判断もわかります。
しかし推しメンの卒業を機に大量に離脱していくであろうファンを留めることの方を優先すべきです。

なのになぜ、その1期推しが一番嫌うサプライズセンターをやってしまうのか。
残念でなりません。


乃木坂にスーパールーキーは似合わない


これも以前に書きましたが、24枚目シングルでは4期生を全員アンダーにすべきだったと思います。

アンダーライブを経験し先輩の実力を体感すること。そして今後選抜入りした時にはそんな先輩たちの前に立つのだという重みを知ること。
これによって互いを認め合う現在の乃木坂の雰囲気の良さを4期にも継承できるのではないかと考えているからです。

そしてもうひとつ。
全員そこから始める(そして願わくば選抜も3列目から)ことによって、坂道を一歩ずつ上ってきた先輩たちのイメージと4期の歩みを重ねることができるから。

スーパールーキー、天才、飛び級、無敗。
挫折を知らないゆえの無垢な美しさ。純白の眩いばかりの輝き。それはもちろんとても魅力的でしょう。

ですが、乃木坂にはそぐわない。

私の思う乃木坂は眩いほどの純白ではなく、生成り。
それはもしかしたらデビュー曲がオリコン1位を取れなかった乃木坂46の、敗北から始まった彼女たちの歴史に由来しているのかもしれません。

『シンクロニシティ』のMVを思い出してください。メンバーたちが着ていた衣装は確かに純白でした。しかしその撮影場所はスポットライトに照らされたステージではありませんでした。窓から差し込む木漏れ日を背に踊る彼女たち。その姿は柔らかな色味を纏っていました。


即戦力の3期では初選抜即福神入りが相次ぎました。結果的に大成功だったのは認めつつも、当時はどこか釈然としない気持ちを覚えたものです。

乃木坂感の4期、生成りの美しさを持つ4期には、できることなら一歩一歩坂道を上らせてほしかった。

西野七瀬や深川麻衣や衛藤美彩、そして齋藤飛鳥のように。


「光を、もっと光を」


今回、前作からバッサリ選抜メンバーが減りました。
ストレートな表現を使うと、ボーダーメン切り。

これも2年前と全く同じ。『逃げ水』の時もよだもも以外は当時選抜固定だったメンバーだけ。最強布陣で次世代を支えるってやつです。抜擢メンバー以外に初選抜を入れても薄まるからという理由も恐らくあるのでしょう。

他に運営の狙いを推し量るとすれば、競うべき相手また越えなければならない壁を明確にして奮起を促すといったところでしょうか。

でも、ここで選抜固定メンバーをはっきりさせることの弊害は大きすぎます。
今後4期生がどんどん選抜に入ってくることが予想される中、特に選抜未経験のメンバーがどれほど追いつめられるか。

安易な方法ではありますが、やっぱり「思い出選抜」1枠だけならあってもいいのではないでしょうか。

『逃げ水』に収録されたアンダー楽曲を憶えていますか。
当時、メンバーの心を破壊したとまで言われた『アンダー』です。
(個人的には卒業を決めていた中元日芽香のための当て書きだった気がします。だとしても劇場のない乃木坂のアンダーメンバーに対して「ステージを支えてる」という歌詞は無関心にも程があるかと)

アンダラ九州シリーズのひめたんときいちゃんの姿を思い出すと今でも少し胸が痛みます。

アンダーメンバーが希望を持って活動できること。
乃木坂のわちゃわちゃした雰囲気の良さを保つために、これは極めて重要な要素のひとつだと思うのですが、今回の選抜にはその部分に対する配慮が欠けていると感じられてなりません。


続きます。

前へ      次へ
2/5ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



タオル補正
やりやがったな。
TVの前で私はそう思っていました。

言いたいことは山ほどあります。
が、ここはひとつ冷静に、論点を整理してまとめてみましょう。

1.今回の選抜に反対する理由(=デメリット)
2.どうするのがベストだったのか
3.今回の選抜に期待すること

ちなみに推しの井上小百合が選抜に入れなかったのですが、今回は事実上の欠場という認識ですのでその点については触れません。触れたら感情的な文章になって他のメンバーを攻撃する恐れもありますので笑

なぜに毎回アンチを作りにいくのか


1.今回の選抜に反対する理由

過去の記事をご覧いただければわかるかと思いますが、私は4期生に対してかなり好意的です。乃木坂感に溢れる1期の正統後継者として大いに期待しています。

しかしそんな私でも4期のセンター抜擢には大反対です。
理由は以前に「4期生育成計画」の記事で書いた通り、アンダーに落とせない「聖域」が生まれ大量のアンチがつくから。そしてメンバー間に溝を作るから。

毎回思います。
なんでわざわざ大量のアンチを作りにいくんじゃ。
生駒里奈、堀未央奈、そして大園桃子が今なおそれに苦しんでいるのがわからんのか、と。

4期生加入以降、基本ずっとセンターの位置にいた遠藤さくら。ぞのっちと一緒です。
プリンシパルで結果を出せなかったことも同じ。私はたまたま唯一彼女が二幕に出演した日を観劇できたのでそのポテンシャルを高く評価していますが、一幕の彼女の演技しか観ていないファンは「なんで」と思うでしょう。

堀ちゃんの時はひとりでセンターに放り込んで大炎上。
じゃあ3期はぞのっちだけではなく1番人気の与田っちょをスケープゴートとしてつけちゃおう、さらに白石麻衣と西野七瀬の両エースを後見人にしよう。
これはまずまず成功だった。じゃあ4期はさらに増やして3人でどうだ。

いや、安易かよ。

今回批判をかわすために使われたのは賀喜遥香と筒井あやめのふたり。

2年前、私は与田っちょのことが心配でした。
スタート時の4番手評価から着実にファンを増やしていた彼女。せっかく自らの足で階段を上っていたのに、ここで抜擢されることによって「ゴリ押し」のレッテルを貼られヘイトを集めてしまうのではないかと。

結果的にそれは回避されましたが、それは彼女自身が持つ異次元の愛くるしさ、そしてなーちゃんとの姉妹感が予想以上にはまるという巡り合わせもあってのことでした。

かっきーとあやめんは大丈夫なのかと思ってしまいます。ましてあやめんは秘蔵っ子として大事に育てるべきではないでしょうか。

ついでに言うと、3人ともせっかくの好素材なのにビジュアルが垢抜けていない段階で前に出して「可愛くない」とか言われるのも個人的には悔しいです(これ、よだももの時も全く同じことを思ってました)


阻害される一体感、未形成の支持基盤


そしてメンバー間、特に同期との間に生じる溝も決して無視できないものでしょう。

堀ちゃんと他の2期生との間に生じた複雑な感情は当事者であるメンバーたちも認めているところです。

4期は3期とほぼ同じ超促成栽培のスケジュールを歩んできました。
しかし、違いもあります。センター抜擢時点で単独での冠番組をまだやっていないこと、そして単独ライブが1日だけでしかも大箱だったことです。

この差は意外と大きいのではないでしょうか。

バラエティの洗礼を受けること。そして、連日同じ舞台に上がり続けること。
特に3期単独ライブは後に与田っちょが「12人の青春みたいな時間」と表現した特別な日々でした。
彼女たちは完全別動隊として経験を積むと同時に、12人全員で汗と涙を流しながら困難に立ち向かうことにより結束を強めました。

そしてそんな姿を観たファンの中からも「3期箱推し」が形成されていきます。

『逃げ水』の時点で3期箱推しは明確に存在していたことは、選抜発表がオンエアされるより前の2017年7月1日2日神宮球場で期別ライブのオープニングを務めた彼女たちへの声援が凄まじいものだったことからも伺えます。

翻って、4期はどうでしょうか。

正直、3期の時に比べて「全員が揃った時のワクワク感」の醸成がまだ進んでいないように思います。「4期箱推し」というファンが増えてくるのはこれからですね。

「期推し」自体の是非はさておき、まだ支持基盤の形成が十分に進んでいないタイミングでの3人の抜擢は大いに疑問です。

今後さくちゃんだけ突出していくのか、かっきーあやめんも聖域として選抜に定着していくのかはわかりませんが、いずれにせよ4期全体での一体感と4期推しの拡大にはマイナスの効果しかありません。


予想通り長くなりましたので、続きます。

前へ      次へ
1/5ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



このページのトップヘ