ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:2期

タオル補正

最年少と元最年少


前の記事で書いたように、今回の1期生全員集合は個人的にこれしかなかったと思っています。

ただ、結果として1期生を除けば今回も選抜固定メンだけの構成になりました。

その壁を破ったのはただひとり、岩本蓮加。

どんどんビジュアルの完成度が高くなる彼女。アンダーセンターも経験して堂々の選抜入り。個人的には「アンダラ座長は次のセンターを隣で支えてから選抜入り」というさゆまりが築いた様式美を引き継いでほしかった気がしますが笑

仲良しの筒井あやめと同時に選抜入りできなかったのは少し残念ですね。

そのあやめん。
前作から選抜落ちした唯一のメンバーとなりました。そして4期生からの新たな選抜入りはなし。

これは正直やむを得ないかと思います。

白石麻衣の旅立ちに4期生も加わってほしいところではありますが、いかんせん既に人数が多すぎる。
遠藤さくらだけ残すとまたアンチが湧くでしょうし賀喜遥香はとにかくワークレートが凄い。とはいえあやめんまで残すと3人が連続選抜で他の4期生と差がつきすぎ、モチベーションや関係性に懸念が生じます。

そしてなんといっても彼女はまだ中学生なのですから、いったんここで選抜から外して足元を固める判断は正しいでしょう。ただ、あやめんにはこのあたりの要素を誰かが上手に説明してあげてほしいところです。だって、まだ中学生ですから。

さらに4期生について。
彼女たちのアンダー合流はこのタイミングでやるべきです。
2年前にも3期生が『シンクロニシティ』から合流したのでそれと同じですね。

現在の乃木坂が急速な移行期にあるのは間違いありません。4期生はこれまで順調な歩みを見せてきましたが、悠長な育成をしている暇がないという状況に変わりはありません。
キラーコンテンツのひとつにまで成長したアンダラを、一刻も早くそしてひとりでも多くの4期生に経験させてほしい。その神髄を知るメンバーがいるうちに。まあ本当言うとこれは和田まあやなのでしょうが…

今回アンダラが行なわれる場合の座長は誰か、そしてまあや不在でリーダーを務めるのは誰なのか。注目したいと思います。

そして既に3期4期ライブで3期生との距離は縮めているでしょうから、今度は2期生とも親しくなって甘えられるようになってほしいですね。

チームに安定感をもたらすもの


すごく勝手な心配なんですが、実を言うとちょっと2期生の孤立が気になっています。

メディアでの度重なる「不遇」発言(『乃木中』のように「今は笑って話せる」で通せば良かったのですが…)で少し暗いイメージがついています。

前作の選抜発表時の考察で私はこう書きました。

「堀未央奈は岐路に立たされている。4期加入は彼女にとって『自分が』『2期が』ではなく、『グループが』という主語で話せるようになる良い機会」

しかし残念ながらむしろ彼女は前作以降さらに2期生ラブの傾向を強めているように思います。

関連記事:

そして2019年11月の3期4期ライブ、25thでの1期大集合ときてこのタイミングでの2期単独ライブ。
これは彼女たちにとっての悲願ですし佐々木琴子卒業の花道としての粋な計らいなのでしょうが、流れだけ見るとなんとなく分断を感じてしまいます。

だからこそアンダーライブで同じステージを作り上げること。そして後輩に立派な背中と7年間の重みをを見せてあげること。それが2期生にも3期4期にとっても重要なのではないでしょうか。

かつて94年組が果たしていた「中盤の底」の役割。
それを今果たせるのは、困難な時期を経験してきたからこその強さを持っている彼女たち2期生だと思います。


井上小百合の卒業によりとうとう「組」ではなくなってしまう94年組(それは92年組も同じですが)。かつて最大勢力だった彼女たちについての考察はまたどこかで別の記事にまとめたいと思います。


続きます。

2/4ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



びーむ色調補正3
!!!注意!!!
これはあくまでも「想像上のライブレポ」です。
実際に行なわれたものではございませんのであらかじめご了承ください。

グループに対し有形無形の貢献をしてきた伊藤かりん。
彼女にはどんな花道がふさわしいんだろう。そんなことを考えていたら色々と想像が膨らんでしまったので、記事にしてみました。

流れ出したのはもちろん、あの曲


開演前の場内。
モニターに映し出されるのは「伊藤かりん卒業式 第1部 2期生単独ライブ」の文字。

待望の2期生単独ライブ。

しかしそれがかりんの卒業と引き換えに実現したのだとすれば、あまりにもやるせない。

そんなファンの感傷をかき消すように、客席が暗転し『Overture』が鳴り響く。

モニターの映像が彼女たちが加入してからの日々に変わる。
かつて北野日奈子が「重い時間だった」と表現した、彼女たちの6年間。
それを観るファンにも様々な思いが去来する中、
流れ出したのはもちろん、あの曲-

『バレッタ』。

突然の堀未央奈センター抜擢。それにより2期生はある意味で引き裂かれた。あの日に生まれた名状しがたい複雑な感情と、そこからの道のりと。
それぞれ抱く思いは違っても、決して忘れることのできないはじまりの曲であることに変わりはない。

そしてさらに曲は続く。
北野が2期生の第2弾として選抜入りし、その壁の高さに打ちのめされた『気づいたら片想い』。2期生全員がアンダーだった時の『嫉妬の権利』。どれも決してまぶしい思い出ではないけれど、とても大切な楽曲たち。

3曲が終わり、この日最初のMC。堀が口火を切る。

「皆さ~ん、こんばんは!」
「せ~の!乃木坂46、2期生です!」
ほとんど記憶にないこの挨拶に、どよめく客席。

「いや~始まっちゃったね~」と話し出すかりんを、新内眞衣が遮る。
「いやいやいや、今日ぐらいは仕切りは他のメンバーに任せてかりんはどっしり構えてなさいよ!」

その新内の「ちょっと重めで始まったんで明るい曲をやりま~す」という言葉の後に披露されたのは『そんなバカな…』『人はなぜ走るのか?』の2曲。

2度目のMCで堀が言う。
「気づいた人いますかね?実は今日のセトリ、2017年の神宮でやった期別ライブと同じなんです!」


あの日と同じセトリ、あの日とは違う彼女たち


そう、2017年7月に神宮球場で行なわれた乃木坂ライブでは各期別に時間が割り振られていた。
キラキラした輝きをまき散らす3期と圧倒的な貫録を示す1期に挟まれ、彼女たち2期は涙を流しながら歌い踊った。「不遇」と言われ続けた彼女たちにしか出せないあの日の激情がファンの脳裏をよぎる。

そんな思いを知ってか知らずか、堀は呑気な声で叫んだ。
「ということで、次はこの曲で~す」
そして始まるエスニックなイントロ。

『別れ際、もっと好きになる』。「ボーダー組」と呼ばれた研究生たちが初めて参加したアンダー曲だ。
さらにたたみかけるように、その『ボーダー』。
研究生として先の見えない日々の中で与えられた、メンバーにとってもファンにとっても決して忘れることのできない楽曲。この曲を聴くと極寒の西武ドーム、3rdバスラで正規メンバー昇格を告げられ流した歓喜の涙を思い出す。
そして初めての2期生曲、『かき氷の片想い』。

神宮と同じセットリスト。
あの日と同じ熱さをほとばしらせるメンバーたち。
だが、あの日悲痛な表情で涙を流していた彼女たちはもういない。
そこにいるのは、自信に満ち溢れた表情で堂々と歌い踊る2期生たちだった。

神宮ではこの後に『きっかけ』を歌って終わった。

しかし、流れ出したのは明らかにそれとは違うエキセントリックなイントロ。

そして、「こんばんは~来ちゃいました~」というポワポワした声。

ステージに現れたのは相楽伊織だった。
すかさず北野が全力疾走で駆け寄り彼女を抱きしめる。くしゃくしゃの笑顔で喜ぶ北野と優しく微笑む伊織。

彼女の登場でオリジナルメンバーが揃い、『ライブ神』そして『スカウトマン』の2期生曲が披露された。

最後の曲は『きっかけ』。

46時間TVで深川麻衣の、そして東京ドームで伊藤万理華と中元日芽香の卒業を見送ってきたこの特別な曲。
この日、伊藤かりんもそこに名を連ねた。


すべての楽曲が終わり、ステージ上で横1列に並んだメンバーが挨拶をする。
「ありがとうございました!乃木坂46、2期生でした!」

客席からの大歓声を浴び、誇らしげな笑顔を浮かべるメンバーたち。
6年間で積み上げてきたそれぞれの魅力をファンに見せつけるかのようなライブだった。


(つづく)

前へ    次へ
1/3ページ


note上で乃木坂46に関する有料記事を公開しています。どちらも無料で読める部分がありますのでぜひご覧ください。

『アンダラ伝説』¥300
伝説のアンダーライブ2ndシーズンを題材にしたセミドキュメンタリー小説。あの頃の熱量を叩き込んだ渾身の50,000文字です。
 

マガジン「2019年の乃木坂46」¥200
当ブログに掲載された記事を再構成し加筆したもの。総文字数10万文字、加筆部分だけでも22,000文字以上のボリュームでブログをご覧の方にも楽しんでいただけることと思います。



このページのトップヘ