ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:2021新作



2019年に国内正規品が復活したセイコー5。
第1弾の「ボーイ」そして翌2020年にその「スムースベゼルバージョン」と来て、2021年新作がこちら。

セイコー5では昔からあるミリタリー調のデザイン、いわゆる「セイコーミリタリー」です。

細かな仕様違いに見えるこだわり


今回採用されたのはこちらのフィールド系のデザイン。
(逆輸入版ではもうひとつアビエーション系のデザインもあります)


まあミリタリーウォッチとしてはド定番の顔。

有名どころでいえばハミルトン「カーキフィールド メカニカル」とデザイン的にはほぼ同じですね。(機能的には「オート」なんでしょうけど顔がちょっと違います)
ちなみにクオーツですがタイメックス「キャンパー」なんかもほとんど同じ。

元々は視認性の高さを求めたデザインですが、どんなファッションにも合う万能性が魅力です。
現在でも手に入る逆輸入版セイコー5の類似モデルと比較するといくつか手が加えられています。

まずプリントだったアラビアインデックス(以下「インデックス」)がエンボス加工になり立体感が出ました。
そしてはっきりした段差をつけていたチャプターリングがなくなり、その分40mmアンダーへサイズダウン。
ムーブメントもハック機能なしの7S系からありの4R系にグレードアップしています。

ムーブメント変更+質感の向上により逆輸入版との差別化を図るという手法。これは第1弾「ボーイ」の時と同じです。

スペックは基本的にこれまでの「ボーイ」や「スムースベゼル」と同じです。10気圧防水、デイデイト表示にパワーリザーブ41時間のキャリバー4R36。
サイズは厚さ 13.2 ㎜、横 39.4 ㎜、縦 48.1 ㎜。アンダー40㎜で使い勝手の良いサイズになっています。

バリエーションは6種類。
なのですがすべて細かく仕様が異なっており少々複雑なラインナップになっています。

メタルブレス、NATOベルト、レザーベルトがそれぞれ2モデルずつ。

文字盤はメタルブレスモデルがサンレイダイヤルでそれ以外はマット、かつ表面にやや荒らし加工あり。さらにそのうち2モデルはグラデーションダイヤル。
インデックスはシルバー、ベージュ、ゴールドの3通り。ちなみに一見光りそうなベージュも夜光ではないようです。

ケースは基本サテン仕上げで、メタルモデルはケースとブレスのサイドがポリッシュ。それ以外は全面サテン。

この細かさ、こだわりを感じさせますね。
(いずれも写真を見ての判断ですので間違えていたらすみません)

まあ文章ではわかりづらいので下の写真をご覧ください。

SBSA111

ブラックダイヤル+シルバーインデックス、メタルブレス。



SBSA113

ネイビーダイヤル+シルバーインデックス、メタルブレス。

SBSA115

軽く荒らしたグレーダイヤルに同色のNATOベルト。シルバーインデックス。



SBSA117

荒らしブラックダイヤルにベージュインデックス。時分針の夜光とNATOベルトもベージュ。

SBSA119

荒らしネイビーダイヤル(恐らくグラデーションもかかっています)+ゴールドインデックス。ブラックレザーベルト。

SBSA121

ブラックPVDケースに荒らしダークブラウンのグラデーションダイヤル。インデックスと時分針夜光は117と同じベージュ。ブラックレザーベルト。



価格とまとめ


定価29,700円(税込、以下同じ)。実勢価格は流通限定で値引きなし。ポイント10倍還元で実質価格は26,730円。

例によってメタルブレスとNATOベルトの価格は同じなのですがブラックPVD加工の121だけ高く設定されており、定価34,100円で実勢同じの実質30,690円となっています。


結論としては、いい時計だと思います。

上でも書いたハミルトン「カーキ」に思いっきりぶつけてきたなあとは思いますが笑
まあユーザーにとって選択肢が増えるというのはいいことです。こちらの方が約2万円安いですし。

安心安全の国内正規セイコー5で使い勝手のいいサイズ感。そしてどんなファッションにも合うミリタリーフィールドウォッチのデザイン。もちろん職種やTPOによりますが、メタルモデルはスーツにもさほど違和感なくつけられます。

初めての機械式時計にも、セカンドウォッチにもお勧めです。
お若いビジネスマンのファーストウォッチならメタルモデルが良いでしょうし、学生さんがNATOモデルを選んでおいてお仕事を始めた後は(オン用に別の時計を買って)こちらは休日のセカンドウォッチとして使うなんていうのもありですね。

敢えて要望を書くと、できることならアンティークミリタリーっぽさが強まる38mmから35mmのサイズにしてほしかったですね。

それとミリタリーデザインの基本からすれば立体感のあるアラビアインデックスは蛇足なのでしょう。視認性を求めてマットなブラックダイヤルに真っ白いインデックスが本来の姿。特にシルバーはブラックアウトとまではいかなくても角度によっては見づらいのでは?と思います。

ただ個人的にはこれはこれであり。
これによって逆輸入版(やカーキ)との差別化がなされているわけですし、結果的にメタルモデルがスーツと合わせやすくなっています。
そもそもシルバーインデックス以外のバリエーションも準備されていますしね。
どうしても嫌なら117かそれこそカーキを買えばいいんですから笑

個人的に1本選ぶならその117ですね。
カラーリングといい荒らしダイヤルや全面サテン仕上げによる無骨さといい、ど真ん中のフィールドウォッチな佇まいが素直に格好いいです。



アストロンとは、その歴史


アストロン。
セイコーが1969年に発売した世界初のクオーツウォッチ。
その圧倒的な精度(と後に進んだ低価格化)で機械式時計そのものを絶滅寸前まで追い込み「クオーツショック」と呼ばれるのですがそれを話し出すと長くなるので省略します。

その名が復活するのは2012年。
セイコーは新たに開発した世界初のGPSソーラーウォッチに、再び「アストロン」の名を冠します。

最先端技術と超高精度。
それこそがアストロンの特徴であり、公式サイトでも「セイコーの先進性を象徴するブランド」と表現されています。

ということでセイコーのフラッグシップのひとつであることは間違いないのですが、個人的にはそれほど興味をそそられる存在ではありませんでした笑

機械式時計マニアなのが最大の理由ですが、そもそも「デカい」。
GPSソーラーを実現するためのパーツを格納するためには47mmとか48mmの巨大なケースが必要だったのです。

しかし技術の進歩により小型化が進み、現在ではなんとアンダー40mmのモデルも発売されています。

前置きが長くなりましたが、そんな私でも気になるアストロンがリリースされました。

それがこちらの「アストロン ソーラー電波ライン」。

なんとGPSじゃないんです。
いや、現行アストロンってGPSソーラー電波時計であることこそがアイデンティティじゃなかったんかい!とは思いますが。

見てくれこの独特の顔(誉めてます)



最大の売りはこのデザイン。

公式サイトではアストロンの全シリーズに下の同じ説明文を載せています。

「おおらかなカーブを描くケースシルエット、大きく張り出したラグ、細身のベゼルなど、<クオーツ アストロン>のデザインコードを継承しつつ、現代的な解釈を加えたメリハリのある立体形状と歪みのない美しい仕上げが特徴です」

いや、現行アストロンのすべてのモデルがこのデザインコードに則っているというのはさすがに適当過ぎるのでは笑

オリジナルのアストロンは大雑把にいえばCラインケースですね。
なのでこのSBXY003/005/007(そして限定の001)のケース形状こそが最もそれに近いと思います。

そして極端に短いインデックス、これがまたレトロ感があって秀逸。
個人的には6時位置のインダイヤルや丸みを帯びたケースと合わせてアンティークの「スピードタイマー 6139」を思い出します。
限定モデルの001を除き針とインデックスが退色ベージュ夜光なのもその印象を強めています。

なんとも特徴的で、しかもそこはかとなくオールドセイコー風味がある絶妙なデザインです。

ケース・ブレスとも大部分がサテン仕上げ(ベゼルとケースエッジのみポリッシュ)のため、マットな質感。ダイヤル上の情報量は多いものの、はっきり空間があるためにガチャガチャした感じがないのも個人的には好感が持てます。

厚さ 11.3 ㎜、横 41.3 ㎜、縦 45.3 ㎜というアストロンとしては非常にコンパクトなサイズ。特に縦径の短さが良いですね。

GPSこそないもののソーラー電波に10気圧防水にサファイヤクリスタル風防、軽量のチタンケースと実用性も上々。

カラーバリエーションは4種類。

SBXY003

ブラックダイヤルにメタルブレス。



SBXY005

ベージュダイヤルにブラックのベゼルとチャプターリング。ダークブラウンのレザーベルト。

SBXY007

ダークグリーンのダイヤルにブラックレザーベルト。



SBXY001

シルバーダイヤルにブルーのチャプターリング。メタルブレス。
セイコー創業140周年記念モデル。限定600本。



価格とまとめ


定価はメタルブレスの003が143,000円(税込、以下同じ)でレザーベルトの005/007は132,000円。実勢価格は基本3割引きで101,000円と92,400円。実質価格はポイント10倍還元で90,900円と83,160円です。
限定モデルの001は定価が143,000円の実勢は2割引きで114,400円。実質は102,600円となります。

チタンで軽くて実勢でアンダー10万。
GPS外してこの価格ってこれ完全に「ブライツキラー」じゃないですか。大丈夫ですか?笑

まあ本当はシチズン「アテッサ」の対抗商品なのでしょう。

シンプルな方が良ければ同シリーズにSBXY009~019というモデルがあります。

こちらはよりエッジのあるデザイン。
サムライのような斜めに断ち切ったラグ。ブレスの1コマ目もそれに沿う形状になっていますのでいわゆるラグスポ調というやつですね。

ちなみに横径は同じなのですが、厚さはこちらが0.7mm薄く縦径は逆に2.6mm長くなっています。



価格的にもこちらがアテッサの本命ライバルでしょうね(AT8181シリーズと同価格)。
定価で110,000円、実勢が3割引きで77,000円、ポイント10倍で実質約7万円弱という高コスパモデルです。
最後に改めてまとめると、

SBXY001~007は独特の表情がある優れたデザインとノンGPS化に伴うコンパクトサイズそして低価格が魅力。普段使いにソーラー電波時計で人とはちょっと違うデザインを探しているのであればベストマッチの1本だと思います。

逆にクセのないデザインが良い人にはさらに2万円安いSBXY009~019も準備されています。

自分が1本選ぶなら圧倒的に005です。
いいですよね~この顔。ほんと一目見た瞬間に思いましたよ「カールおじさんじゃん!」って。
ベゼルがブラックなのだけ惜しい。これもシルバーの方が絶対いいと思うんですけどね。



いや、これゴリゴリに格好いいですわ。

小径ツナ缶メカニカルに第2弾の登場です!

単なるカラバリを超えた魅力


ツナ缶とはなんぞや、を一言でいうとごっつい外胴プロテクターが特徴のプロユースダイバーズです。それをタウン向けにリファインしたのがこちらの小径ツナ缶で、以前はソーラーばかりだったのが2020年に初めて機械式を出しました。

さらに詳しい話は第1弾の方で書いているのでよろしければそちらもあわせてご覧ください。

 

第1弾SBDY059/061は「サファリ」をコンセプトに、それぞれベージュとグレーというライトカラーをダイヤルに配しカジュアルな仕上がりでした。
それに対しこの第2弾はベースコンセプトこそはそのまま(らしい)ですがダイヤルカラーを濃色にすることによって一気に艶やかさが増した印象。

基本的には単なるカラバリなんですが、わざわざ記事にまとめたくなるぐらい、めちゃめちゃ格好いいんすよ。

 

ダイヤルカラー以外に変更ポイントを挙げると、デイデイト表示だったのが4時と5時の中間位置のデイト表示に。インデックスとベゼルの印字は全て退色ベージュ。ベゼルは第1弾でブラックだった部分=12時から4時位置がベージュになっています。そしてケースのチャコールグレーのPVD加工がなくなりプレーンになりました(オールブラックのSBDY091を除く)。

さらにシリコンバンドのデザインも変更。蛇腹だったのが切込みの入ったシンプルなスタイルに。より「蛇の腹」感が増したので、個人的には前の方が好きですね。ただ凹凸がない分、袖口での収まりはこちらの方が良好。

バリエーションは4種類。

SBDY073

ベースカラーはネイビー。

SBDY075

ベースカラーはカーキ。写真では他モデルに比べダイヤルの光沢感が強め。

SBDY089

ベースカラーはブラック。すごく雑に言うとSBDY059の黒とベージュを反転させたモデルですね。

SBDY091

オールブラックでベゼルの4時位置までだけがベージュ。ケースやベゼル側面もブラックPVD加工。
 

スペックと価格とまとめ


スペックは第1弾と同じです。

ムーブメントは入門機の4R36でパワーリザーブは約41時間。200m潜水用防水に風防はハードレックス、そしてシリコンバンド。

サイズは厚さ12.7 ㎜、横43.2 ㎜、縦44 ㎜。
最近記事にした「ミニタートル」よりわずかに大きいぐらい。厚さはほぼ同じで縦横はどちらも約1mm大きくなっています。とはいえこちらも極端に縦径が短いデザインですので、女性を含めかなりの細腕さんでもなんとかなるのではないかと思います。



サイズの話でいえば、今回はペアウォッチとしてほぼ同デザインで一回り小さいソーラーモデルもラインナップされています。
私は例によってソーラー興味ないのですが、厚さ 10.4 ㎜、横 38.7 ㎜、縦 40.4 ㎜というサイズ感は実にいい、というか最高ですね。男性でも敢えてこちらを選ぶ細腕さんがいそう。
073に対応するのがSTBQ003、075がSTBQ005。089と091のソーラー版は未発売のようです。

価格ですが、073と075は流通限定。定価64,900円(税込、以下同じ)の2割引きで実勢価格51,900円、ポイント還元10倍で実勢価格46,710円。これは第1弾と同じ価格です。

089と091のふたつはネット流通限定で、089が定価64,900円の2割引きで実勢51,900円、ネット限定の縛りでポイント還元は5倍で実質49,305円。
091は定価70,400円の2割引きで実勢56,300円。同じくポイント5倍で実質53,485円となります。

 

結論としては、正直めちゃめちゃいいと思います。
自分はセイコーダイバー大好物なのであれもこれも欲しいのですが、写真だけ見ての訴求力としてはこの「小径ツナ缶第2弾」は最強クラスではないかと。

選ぶなら073か091ですかね。いや089もいいな笑

まあでも1本に絞るなら091ですね。
個人的にはオールブラックの時計ってあんまり好きじゃないんです(自分の実年齢に対して若すぎる気がするので)。

でもこれは凄くいいなあ~。


セイコーが150m防水ダイバーズウォッチの第3世代として1976年にリリースした「サードダイバー」。

その亀に似た独特のケース形状から「タートル」というペットネーム(愛称)でも親しまれており、2018年からは国内正規品でも復刻版が販売されています。

タートルの特徴および現行「キングタートル」ことSBDY049について詳しく書いた記事はこちらです。

関連記事:


今回取り上げるのはそのコンパクト版、なので通称「ミニタートル」。
国内で正規品が発売されるのは今回が初めてとなります。

キングタートルとの比較


素直にキングタートルと並べて比べてみましょう。

上:SBDY049、下:SBDY085

第一印象は「似てるけど似てない」。

タートルの最大の特徴と言えばCラインと呼ばれる卵型のケース形状。
今回のミニタートルはその基本的なイメージは踏襲しつつも個々のパーツはほとんど別物。
同じなのは分針と秒針ぐらいですかね(これも違うかも)。

実はかつて販売されていたキネティックダイバーSBCZ021あたりとダイヤルからベゼルまでのデザインはかなり近いです。あちらは外胴でしたがこちらは既に述べたCラインケース。そして36912時以外のインデックスはドットでしたがこのミニタートルは違います。

何というか「梨汁ブシャー」のあの人みたいな笑インデックスデザイン。なかなか個性的ですね。

個人的にはラグから続くケース側面がベゼルの外まではみ出すデザインがなんかスピードマスター・プロフェッショナルを思い出しました。スピマスは3時側だけ(リューズガードの役割を果たしているため)の非対称なのに対しこちらは左右対称ですけれど。

途中までポリッシュ、そこから面を変えてサテンと使い分けるラグの加工はSBDC083等の「スモウ」と同じですね。

デイト表示が3時位置なので当然リューズも3時になっています。

バリエーションは3種類。

SBDY083

グリーンモデルでメタルブレス。秒針とチャプターリングの36912時位置マーカーがイエローの差し色。


SBDY085

ブラックモデルでメタルブレス。秒針と「DIVER’S 200m」ロゴが赤の差し色。

SBDY087

ケースやベゼル側面にブラックPVD加工が施されたオールブラックモデル。シリコンラバーベルト。こちらだけ500本という数量限定です。



スペックと価格とまとめ


基本スペックは以下の通り。
自動巻きキャリバー4R35、パワーリザーブ約41時間。200m潜水用防水。SSケースで風防はハードレックス。サイズ厚さ 12.6 ㎜、横 42.3 ㎜、縦 43 ㎜。

キングタートルとの差は、あちらの風防がサファイヤクリスタルでベゼルインサートがセラミックであることとデイデイト表示。そして厚さ 0.6 ㎜、横 2.7 ㎜、縦 4.7 ㎜キングタートルの方が大きくなっていますので腕に乗せた時はかなりサイズ感の違いがあるでしょう。

まあ機械式セイコーダイバーとしてはミニマムのスペックなのですが、その分最安値の設定になっています。

Amazonの表記によれば定価56,100円(税込、以下同じ)。実勢価格はその2割引きで44,800円。以前はネット限定モデルは値引きなしという縛りがありましたが最近は柔軟な価格設定になってきたようです。ただポイント5倍の縛りは続いているようでで実質価格は42,560円となります。

ちなみにSBDY049は定価77,000円、実勢は2割引きで61,600円、実質は同じくポイント5倍で58,520円。実質で約16,000円差という絶妙なライン笑をついています。


さて、ここまでキングタートルとの違いを中心に書いてきましたが、実はこの両者はキャラクターの違う時計だと思います。

歴史的デザインに無骨さとゴツさが際立つキングタートル。
コロンとした愛嬌のあるフォルムだけどちゃんとセイコーダイバー伝統の実用性を兼ね備えたミニタートル。

このポップなデザインが使い込まれていくうちにどういう表情になるのか、ちょっと興味があります。無骨さを兼ね備えてきたら面白いですね。

そしてもうひとつ、セイコーダイバーのエントリーモデルとしての役割も担っています。

価格帯的にも現行機械式ダイバースキューバ最安値で、ちょうどセイコー5とキングタートル(そしてサムライ)の中間に位置していますね。

関連記事:



セイコー5はダイバーズデザインの普通の時計(100m防水)ですから、そこに物足りなさを感じるユーザーにもこのミニタートル、いいんじゃないでしょうか。

そして43mmという縦径は特筆ものです。ダイバーズウオッチに憧れつつも諦めていた細腕さんや女性もぜひ一度腕に乗せてみてほしい…のですがネット限定なので店頭で試せないんですよね。

このあたりがどうにもこうにもセイコーさんらしい笑


狂乱の2020年笑が明け平穏な1年が訪れるかと思いきゃ、2021年もセイコーさんは飛ばしています。

年明け早々から前年同様、セイコーダイバーのリリースラッシュ。

1月 ペプシベゼルのPADIコラボモデル2種(当記事)
2月 国内正規初登場の「ミニタートル」 → こちらの記事
3月 「小径ツナ缶メカニカル」第2弾 → こちらの記事

この記事では最初のPADIコラボについて、と言いつつ個人的にソーラーは興味ないので機械式のSBDC121だけ取り上げます。(2月以降発売のモデルも順次記事にしていきます)

ブラックダイヤルがスマート


こちらは肉厚のケースと大銀杏に見えなくもない12時位置のインデックスにより「スモウ」という愛称で親しまれるモデルです。

そのデビューは2007年。
以来、中堅ムーブメントである6R系を搭載しながら実勢価格アンダー5万円という価格設定で長らくセイコーダイバーのコスパ最強モデルとして君臨してきました。

2019年の3代目へのモデルチェンジを機に残念ながら値段は大幅アップしてしまいます。
しかしムーブメントは70時間ロングパワーリザーブへのパワーアップ。さらに細やかなデザインのリファインと仕上げの質感向上により高級感が増し、引き続き高い人気を誇っています。

このあたりのスモウの特徴や先代からの詳細な変更点、そしてグレーにオレンジの差し色が格好いいSBDC097の魅力を熱く語った記事はこちらです。

関連記事:

基本スペックは標準モデルであるSBDC083等と同じです。
自動巻きキャリバー6R35、パワーリザーブ70時間。200m潜水用防水。SSケース+サファイヤクリスタルガラス。サイズ厚さ 12.9 ㎜、横 45 ㎜、縦 52.6 ㎜。

このPADIモデルだけの仕様としては6時位置の「PADI」ロゴ、秒針の差し色、そして2色が使い分けられた夜光。

せっかくなので先代スモウのペプシモデルであるSBDC057、そして現行の標準ブラックダイヤルのSBDC083と比べてみましょう。

上からSBDC057、SBDC121、SBDC083

実は以前に「新旧スモウ比較」記事で「新型(今では現行)スモウのペプシはブラックダイヤルで出してくれないかな」と書いたのですが、その希望が叶いました。

セイコーダイバーのペプシはネイビーダイヤルが基本なのですが、PADIモデルはブラックダイヤルを採用することが多いみたいですね。

予想通り、SBDC057と比較するとベゼル書体やインデックス形状にダイヤルカラーも相まってよりスマートな面持ち。
写真見る限りではSBDC083よりダイヤルがグレーがかっているように思えますが実際のところはどうなんでしょうね。
ついでに同じ記事で引き合いに出したチューダーのブラックベイGMTとも並べてみましょう笑
 
上がSBDC121、下がブラックベイGMT

ブラックベイの方が全体にクラシカル。
ネイビーがくすんだ色合いなのとドーム型風防なのが主な要因でしょうか。チャプターリングのないデザインなのですべての針が長いのもその印象を強めています。あとは赤青の配置が逆ですね。

ちなみに値段も実勢価格で約4~5倍ですので本来は並べて比べるものではございません。

価格とまとめ


定価は96,800円(税込、以下同じ)。流通限定で値引きなし、ポイント10倍還元で実質87,120円。標準モデルとは定価で3,300円の価格差に収めています。

6R系ムーブメント搭載のセイコーダイバーでは唯一のアンダー10万円。
他のSBDC系であるファースト現代、セカンド現代、1968現代、ショーグンは軒並み4~5万円上の値付けですからスモウは価格的に優位です。



結論としてはけっこう魅力的なモデルだと思います。

個人的にセイコーダイバーでペプシを1本選ぶとしたらこのSBDC121かと。

まあ昨年の「モデルチェンジしすぎ問題」により、各モデルがブラックダイヤル・ブラックベゼルのいわゆる標準モデルすら出揃っていない現状ではありますが。

ファースト現代デザインはあの「板!」って感じの無骨さにポップなペプシカラーの相性が悪そう。(逆にどうなるのか見てみたいという気持ちはあります)

植村ダイバー=セカンド現代は明るめのカラーでも格好いいのは既にブルーダイヤル・ブルーベゼルのSBDC123で証明済み。ですがデザイン的にはオリジナルの再現性が高いのでやっぱり標準モデルがいいですね。

まあ完全に好みの問題なんですが笑

 

ちなみにこちらがSBDC123。5,500本の数量限定、シリコンラバーベルト付属で165,000円。流通限定で実勢は同じ、ポイント10倍で実質は148,500円です。
最後になってしまいましたが同時発売のソーラーSBDL067は例によってクロノです。デザインは非常に好きなので実勢価格が12~3万で機械式をで出してくれないかな…無理だろうけど。

このページのトップヘ