ロスジェネはえてしてこだわりすぎる

タグ:3rdダイバー


セイコーが150m防水ダイバーズウォッチの第3世代として1976年にリリースした「サードダイバー」。

その亀に似た独特のケース形状から「タートル」というペットネーム(愛称)でも親しまれており、2018年からは国内正規品でも復刻版が販売されています。

タートルの特徴および現行「キングタートル」ことSBDY049について詳しく書いた記事はこちらです。

関連記事:


今回取り上げるのはそのコンパクト版、なので通称「ミニタートル」。
国内で正規品が発売されるのは今回が初めてとなります。

キングタートルとの比較


素直にキングタートルと並べて比べてみましょう。

上:SBDY049、下:SBDY085

第一印象は「似てるけど似てない」。

タートルの最大の特徴と言えばCラインと呼ばれる卵型のケース形状。
今回のミニタートルはその基本的なイメージは踏襲しつつも個々のパーツはほとんど別物。
同じなのは分針と秒針ぐらいですかね(これも違うかも)。

実はかつて販売されていたキネティックダイバーSBCZ021あたりとダイヤルからベゼルまでのデザインはかなり近いです。あちらは外胴でしたがこちらは既に述べたCラインケース。そして36912時以外のインデックスはドットでしたがこのミニタートルは違います。

何というか「梨汁ブシャー」のあの人みたいな笑インデックスデザイン。なかなか個性的ですね。

個人的にはラグから続くケース側面がベゼルの外まではみ出すデザインがなんかスピードマスター・プロフェッショナルを思い出しました。スピマスは3時側だけ(リューズガードの役割を果たしているため)の非対称なのに対しこちらは左右対称ですけれど。

途中までポリッシュ、そこから面を変えてサテンと使い分けるラグの加工はSBDC083等の「スモウ」と同じですね。

デイト表示が3時位置なので当然リューズも3時になっています。

バリエーションは3種類。

SBDY083

グリーンモデルでメタルブレス。秒針とチャプターリングの36912時位置マーカーがイエローの差し色。


SBDY085

ブラックモデルでメタルブレス。秒針と「DIVER’S 200m」ロゴが赤の差し色。

SBDY087

ケースやベゼル側面にブラックPVD加工が施されたオールブラックモデル。シリコンラバーベルト。こちらだけ500本という数量限定です。



スペックと価格とまとめ


基本スペックは以下の通り。
自動巻きキャリバー4R35、パワーリザーブ約41時間。200m潜水用防水。SSケースで風防はハードレックス。サイズ厚さ 12.6 ㎜、横 42.3 ㎜、縦 43 ㎜。

キングタートルとの差は、あちらの風防がサファイヤクリスタルでベゼルインサートがセラミックであることとデイデイト表示。そして厚さ 0.6 ㎜、横 2.7 ㎜、縦 4.7 ㎜キングタートルの方が大きくなっていますので腕に乗せた時はかなりサイズ感の違いがあるでしょう。

まあ機械式セイコーダイバーとしてはミニマムのスペックなのですが、その分最安値の設定になっています。

Amazonの表記によれば定価56,100円(税込、以下同じ)。実勢価格はその2割引きで44,800円。以前はネット限定モデルは値引きなしという縛りがありましたが最近は柔軟な価格設定になってきたようです。ただポイント5倍の縛りは続いているようでで実質価格は42,560円となります。

ちなみにSBDY049は定価77,000円、実勢は2割引きで61,600円、実質は同じくポイント5倍で58,520円。実質で約16,000円差という絶妙なライン笑をついています。


さて、ここまでキングタートルとの違いを中心に書いてきましたが、実はこの両者はキャラクターの違う時計だと思います。

歴史的デザインに無骨さとゴツさが際立つキングタートル。
コロンとした愛嬌のあるフォルムだけどちゃんとセイコーダイバー伝統の実用性を兼ね備えたミニタートル。

このポップなデザインが使い込まれていくうちにどういう表情になるのか、ちょっと興味があります。無骨さを兼ね備えてきたら面白いですね。

そしてもうひとつ、セイコーダイバーのエントリーモデルとしての役割も担っています。

価格帯的にも現行機械式ダイバースキューバ最安値で、ちょうどセイコー5とキングタートル(そしてサムライ)の中間に位置していますね。

関連記事:



セイコー5はダイバーズデザインの普通の時計(100m防水)ですから、そこに物足りなさを感じるユーザーにもこのミニタートル、いいんじゃないでしょうか。

そして43mmという縦径は特筆ものです。ダイバーズウオッチに憧れつつも諦めていた細腕さんや女性もぜひ一度腕に乗せてみてほしい…のですがネット限定なので店頭で試せないんですよね。

このあたりがどうにもこうにもセイコーさんらしい笑

!!!あくまでも私の個人的な考察ですので、予想が外れても一切の責任は負いません!!!

※この記事は2020年新作発表を機にディスコンが懸念されるセイコーダイバーについて考察した一連の記事の4番目です。重複を避けるため一部記載を簡素にしている部分がありますので、よろしければ前提として事前にこちらの記事もご覧ください。

関連記事:
セイコー プロスペックス ディスコンしそうなモデルたち(インデックス)
セイコー プロスペックス SBDC051 ディスコンしそうなモデルたち①



ひとつ前のSBDY009の記事を書いている最中にヨドバシ.comで価格を確認していてふと気づきました。

「あれ、ノーマルのタートルがいない…」

「SBDY015」で検索するとそこに現れたのはなんと「販売を終了しました」の文字。

マジか。慌ててセイコーの公式を見るとそこにはまだ掲載されています。
ということで何かの手違いかもしれませんが取り急ぎタートルのディスコンの可能性について考察します。

タートルの特徴についてはSBDY049を紹介した記事に詳しく書いていますのでそちらをご参照ください。



今にして思えばこの記事書いた時点でディスコンの可能性に気づくべきでしたね…

ディスコンの根拠


上で書いた通り、ヨドバシ.comの「販売を終了しました」です。
そして現在、ネットコアショップでも品切れの店が増えています。

特に気になる値動きはしていなかったので個人的には全く想定外でした。

モデルチェンジ時の予想変更点・価格


SBDY049/051との相違がそのまま想定される変更点です。

関連記事:(上のリンクボックスと同じ記事です)
セイコー プロスペックス SBDY049、タートル狙いなら必見のド本命モデル

詳しくはこちらの記事をご覧いただきたいのですが、049と051はネット流通限定で2020年1月にリリースされたモデルで外装の大幅な強化がなされています。
風防がサファイヤクリスタルになりサイクロップスレンズもついたこと。そしてベゼルインサートがセラミックに。さらにダイヤルがエンボス加工の凝ったものになっています。

同じシリコンバンドのSBDY051と比較すると定価の差額は12,000円+税で13,200円。

内訳を想像すると(分かりやすく税抜で書きます)
サファイヤクリスタルで5,000円、サイクロップスレンズで1,000円、セラミックベゼルで3,000円、エンボス加工で3,000円(※)。都合12,000円かな。

※文字盤に波型の模様が彫られていた+専用の秒針が使われていたSBDY031は通常モデル+4,000円でした。
エンボス加工が標準仕様になる可能性は低いと思います。3rdダイバーからの歴史的デザインですのでそこはこれまでのイメージを踏襲するのが基本かと。

しかし049/051の変更点は高級化志向なことを踏まえると流通限定化の可能性はそれなりに高そうです。

ということでまとめると、エンボス加工以外は049/051と同じ変更点、さらに流通限定化と予想します。

予想変更点

×:ムーブメント変更
◎:風防のサファイヤクリスタル化+サイクロップスレンズ
◎:ベゼルインサートのセラミックス化
△:文字盤デザイン変更(エンボス加工)
〇:流通限定モデル化

予想価格

定価:62,000円+税=68,200円
実勢価格:68,200円(税込、以下同じ)
実質価格:61,380円

現在のSBDY015のコアショップでの標準価格がこちら。

実勢価格:46,600円
実質価格:41,940円

実質で133%、2万円上昇ですね…パッと見が変わらずでこれだと厳しいです。

仮に流通限定モデルにならずに2割引きだった場合はこうなります。

実勢価格:54,560円
実質価格:49,104円

これなら質感向上して実質アンダー5万円に収まって、みんなニコニコなんですけどね…そうはならない予感でいっぱいです。

逆にワーストシナリオはエンボス加工なしで051と同価格のパターン。

実勢価格:71,500円
実質価格:64,350円

これはさすがにご勘弁願いたい。

タイプ別買い時ジャッジ


以上の内容を踏まえ、現在の買い時度を5点満点で評価します。

買い時度…5(即買い)

・わしは無骨なタートルが好きなんじゃ!という人
・少しでも安くタートルを手に入れたい人
モデルチェンジした場合は質感向上がメインなので「タートルにラグジュアリー感とか意味不明!」と言い切れる方は今のうちに買ってしまった方が良いかと思います。
私が想像していた以上に在庫は少なくなっているように見えます。

買い時度…3(新作発表を待ちましょう)

・SBDY013/017が欲しい人
013(ブルー)や017(ペプシ)は今のところそれほど動いていないようです。であれば慌てずに発表を待ち、ディスコンが発覚したら即購入でも間に合うのではないかと(もちろん責任は持ちませんが)。

・SBDY049/051が欲しい人
モデルチェンジしてそれがネット流通限定でなければ現物を見れますので、エンボス文字盤以外の質感を確認する機会ができます。そこでセラミックがいい感じなら049をポチっと行きましょう笑

そして私はSBDY049が欲しい人です。

関連記事:
セイコー プロスペックス ディスコンしそうなモデルたち(インデックス)
セイコー プロスペックス SBDC051 ディスコンしそうなモデルたち①
セイコー プロスペックス SBDY009 ディスコンしそうなモデルたち②
セイコー プロスペックス SBDC029 ディスコンしそうなモデルたち④

このページのトップヘ